2017年5月25日 (木)

またまた飲み会

2017/05/24(またまた飲み会)

1週間振りの飲み会、1週間前の記事、「久し振りに飲み会」、と同じメンバー同じ店。

1次会はBIG-Cの道路を挟んで反対側辺りのタイ料理のお店(イサーン料理屋らしいが洋食っぽい料理も有る)。

ここの写真は何回も撮っているので、今日は此処での写真は撮らなかった。

12時から3時頃まで、5人でビールを15本程。

話の内容はブログに書くほどのものでもない。いい歳をした爺さん達が好き勝手、言いたい放題、周りのタイ人が日本語を理解すれば、「何て品の無い話をしている人達だろ~」、というレベルの内容。
でも、(多分?)誰かに迷惑を掛けている分けではないし、面白いからいい。
お店の、オーナーや店員さんも愛想がいいので嫌われてはいない(らしい)。

尚、メンバー5人の内、自分も含めて4人がタイ人の奥さん持ち、1人が独身(日本での婚姻歴あり)。


2次会はこの↓お店。

.
W1
洗車場にコーヒーショップが併設されたお店

こういう形態のお店は初めて見た。
「洗車を待って居る間にコーヒーでも飲んでいてネ」、という事か・・・。

エアコンの効いた部屋の席とオープンエアのテーブル席があって、今回は外の席に座った。

自分はビールはもういいと思ったので、カフェラテを注文。35バーツ(約100円)と安い。
他の2人(最初の5人の内、2次会に来たのは3人)は引き続きビールを注文。ビヤシャーン1本60バーツ(これも、まあまあ安い)。

コーヒーは美味しかったので、直ぐに飲み切ってしまった。
もう1杯頼もうかな、と思っていたら、お店のお姉さんがグラスを持って来てビールを注いでくれたので、自分もまたビールに戻った。
尚、このお姉さん、女の子っぽい男か、男っぽい女の子だった。
多分、後者だと思うけどタイにはこういうの多い。
飲食店などのお店では、おかまさんはサービスがいい場合が多い。

きょうのメンバー何故かタイ人に人見知りしない人達(自分を除く)で、途中から隣のテーブルのタイ人と仲良く成って、ヘンな英語とタイ語で話を始めた。
(この2人は、きょうのメンバー5人の中でも最高齢で1人は75歳)

自分は隣で、ここは話がかみ合ってないな、とか、お~通じている、とか思って聞いていた。
こういうのも、日タイの友好親善なのか・・・?。
多分、タイの人達(若い、身なりのきちんとした男性2人)は、随分ノー天気な日本人の爺様達だと思っていた事であろう。

で、3次会は此処↓。

.
W2
3次会の商店街

写真中央(赤いBOXの左側)が、3次会のお店。1週間前にも来たお店。

BIG-Cから、シンタニー1方面へ向かう道の途中にある路地。

.
W3
右、給油機

赤いBOX、何かの自動販売機かと思ってよく見たら、ガソリンの給油機だった。

.
W4_2
色々売ってます。

赤いBOX、カオニャオ。その手前、カノム・チー(シュウマイみたいな物)。右の方、ケープ・ムーなど。

.
W5_2
カノム・カリーパッ

左、鶏(ไก่)。右、豆(ถั่ว)。1個6バーツ(บาท)
タイのお菓子。自分は余り好きじゃない。

.
W7
別の角度から見たお店の中


.
W8
くじ

ボードの右上に3200と有るのは、くじの総数のことかな?。
今日も10枚買って(20バーツ)全部ハズレた。

.
W9
3次会中

ビールが1本50バーツ(激安)。右のシュウマイ見たいのが6個で20バーツ。

何故か、左上の方に子供が寝ている。この子はいったい誰の子・・・?。

籠の中はくじの料金とハズレくじ。
他のメンバーも含めて、今日は30枚買ったけど、全部ハズレ。
このくじ、他のお店でも買った事があって、今迄(メンバーの分も含めて)100枚ぐらい引いた事があるが、まだ、当たったのを見た事が無い。

.
W10
お店に居た猫の赤ちゃん

メンバーの独り言。

なんで俺はこんな場末で飲んでるんだろ~。

場末感は自分としては微妙だけど、メンバーの一人はそう感じたらしい。

でも、いい歳に成って昼間から遊んで(飲み歩いて)居られるのだから悪くはないと思う。
皆さん、(多分)日本で懸命に仕事をして来て、今、ここでその金で遊んで居られる。そういうのも悪くない。


余談。

チェンライで暮らす人達、皆さん歳の割には元気な人達が多いし、多分、日本で暮らす人達より、「自由」、を持っている。
それはいいのだけど、「高齢」、の悪い面も有って、(多分)自分も含めて、柔軟性、寛容性が足りなく成っている。

自分の考えに固執して、客観的にもの事を見る事が出来ない。自分の考えを人に押し付ける人も多い。
こういうのは、他の立場が理解出来ない、理解しようとしない。自分の出来ない事は自分の都合のいい様に解釈して、安易に他を批判する。

事実でない事を、事実であるかのように評論する人も多いし、客観的な確認をとらないで、自分が思っただけの事を、事実の様に話す人も居る。自分に都合のいい事だけを取り上げて、話を作る人もいる。

公平性、客観性、事実の正確な把握、そういうものに目を瞑らないように気を付けたい。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年5月23日 (火)

コンドミニアムの朝食2

2017/05/23(コンドミニアムの朝食2)

前回と似た様な記事ですが、街に住み始めて食べる物がほんの少し変わったので、そのご紹介です。

尚、料理の名前は奥さんからの聞き取りですが、「なんかテキトーに言ってない?」、みたいな感じも有りますのであしからず。

.
X1_2
本日の朝食

カノムチーン(10バーツ)パット・トゥア・ランタオ(50バーツ)ルン・タオチアオ(50バーツ)トム・チャップチャーイ(50バーツ)ソムタム・マラコー(30バーツ)。
茹で玉子は1個10バーツ。

50バーツの3品は街の時計台(ホーナリカー)の付近のお惣菜屋で買った物、カノムチーン(注)とソムタムは、コンドーの近所のお店で買った物(らしい)。

(注)奥さんの言うタイ料理で、シュウマイみたいのもカノムチーンという。この米の麺みたいのもカノムチーン、どう違うのか良く分からない。

昨日と今日の朝食に共通して言える事は、「普通は料理は作らない、買うものである」、と言う事。

もう少し詳しく言うと、(奥さんの場合)優先順位が、①お惣菜を買う→②外食する→③家で作る、こんな感じ。

多分、日本の(専業主婦の居る)一般的な家庭は、①家で作る→②お惣菜を買う→③外食する、こんな感じに成ると思う。

.
X2
パット・トゥア・ランタオ

タイ人の料理の名前の付け方は、調理法+素材名、が基本(らしい)。
家の奥さんは、料理の名前が分からない時は、この公式に従って言っている(らしい)。

パットは炒める、トゥア・ランタオはさやえんどうの事(らしい)。

その他には、きのこ、とうもろこし、にんじん、エビ、等が入っていた。味の評価は50点。

.
X3
トム・チャップチャーイ

実は、タイ料理の中では、これは好きな料理。
豚肉、白菜、カナー(野菜の一種)、大根、等が煮込んである。
知らなければタイ料理というよりは日本料理っぽい。

多分、これは一般的な日本人なら美味しく食べられると思う。味の評価75点。

.
X4
ソムタム・マラコー

日本語にすればパパイヤ・サラダ。
普通ソムタムと言えば此れだけど、パーンの家の近所では、ソムタム・マムアン(マンゴー・サラダ)も良く食べられるので、それと区別する為に、あえて、ソムタム・マラコーと言った。

原料は、パパイヤ、トマト、インゲン豆(トゥア・ファックヤーオ)、マクア(タイのナス)、小エビ、カニ(の足)、唐辛子、等が入っている。味の評価45点。

.
X5
ルン・タオチアオ

豚肉、しし唐(?)、玉葱、等が入っている。味の評価35点。

タイ料理を不味くしている要因として、1番はパクチーなどの臭い草(幸い奥さんも嫌いなので家では余り出ない)、2番は辛過ぎる物が有る事、他には、ココナッ・ミルクとか腐った料理(竹の子の腐った物)とか色々あるけれど、何となく油っぽい料理が多くて嫌、というのもある。
しかも、油の質が悪い。
今日の朝食でも、このルン・タオチアオの他、パット・トゥアランタオやトム・チャップチャーイなどの油分の多い料理が重なると嫌になる。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年5月22日 (月)

コンドミニアムの朝食

2017/05/22(コンドミニアムの朝食)

街のコンドミニアムでの生活にも段々慣れて来た。
朝は奥さんが娘を学校に送りに行った帰りに、お惣菜を買って来る。
それから、自分と奥さんは朝食。

.
Y1
これから朝食


.
Y2
本日の朝食はタイ料理

主に奥さんが、街の時計台(ホーナリカー)の近くで買って来たお惣菜。

同じ買って来たお惣菜、タイ料理でも、パーンの田舎とチェンライの街中では少し違う。
街の方が種類が多いし若干美味しい・・・ような気がする。

.
Y3
プラートゥ

このブログでも度々登場。タイ在住者にとっては、馴染みの深い(?)プラートゥ(サバ科の魚の干物)。
(日本の)鰺の干物よりは少し落ちるが、タイで売っている食材の中では美味しい方の食材。暖かいご飯によく合う。

.
Y4
茶碗蒸しもどき(カイトゥン)

ブタのひき肉、カボチャ、葱、などが入っている。
日本の茶わん蒸しに似た料理で、不味くはないが、日本の茶わん蒸しと比べると・・・。
和風だしで、銀杏の入ったカイトゥンが食べたい。

.
Y5
カイチアオ・パック・シャオーム

シャオームという野菜入りの玉子焼き。
これもチェンライでは割とよくあるお惣菜。

.
Y6
パック・ブロッコリー・カイ

奥さんに料理の名前を聞いたら、良く分からない様で、中に入っている材料を並べて言っているだけだった。

鶏肉、ブロッコリー、にんじん、コーン、カリフラワー(?)、などの日本人にもなじみの深い食材を炒めた(?)だけの料理なので、食べ易い。

.
Y7
ケーン・ペット・ノーマイドン・サイ・カイ

ケーン(スープ)・ペット(辛い)・ノーマイドン(竹の子の漬物)・サイ(入れる)・カイ(鶏肉)

日本語にすれば、「鶏肉入り竹の子の辛いスープ」・・・こんな感じかな。

これは、ノーマイドンが臭いので嫌い。美味しくもない。


で、本日の朝食の総合評価。
ま、可もなく不可もなく、普通。大分タイ料理に慣れて来たので、このぐらいの物は食べられる様に成った。
田舎の(パーンの)タイ料理よりは、まし。

因みに、値段はおかずだけ全部で200バーツ(約600円)。
カイトゥンと、パック・ブロッコリー・カイと、ケーン・ペット・ノーマイドン・サイ・カイが各50バーツ。カイチアオ・パック・シャオームと、プラートゥと、そのタレ(ナムピック・プラートゥ)がセットで50バーツ。

タイの物価も昔(十数年前)と比べると随分高く成ったと思うと共に、街は田舎よりも若干高い、とも感じた。
でも、味を考慮しなければ日本より安い(?)。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

«深夜食堂(バミー・オンセン)

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼