2023年2月 2日 (木)

オリーブ鍋

2023/01/31(オリーブ鍋)

鍋パーティに呼ばれでやって来た。
参加者は10人程。

鍋パーティーは、家から6km程の日本人のお宅で行われた。
最初、1時間半ぐらい散歩を兼ねて歩いて行こうと思ったが、奥さんが送ってくれる、と言うので車でやって来た。
ついでに奥さんも途中まで参加(下の写真の赤い服)。


230202a
宴会中

写真の正面(左側)と右側の面がオープンエアー(壁が無い)な建物。
木や花に囲まれてタイの自然と調和して、開放感の有るいい感じ。


230202g
オリーブ鍋

今日はここで鍋パーティー。
15:40集合で自分達(自分と奥さん)が10分程遅れて来た時は既に始まって居た。

鍋は出汁を取った水ではなく、オリーブオイルが入っている鍋。
オリーブオイルは爽やかな感じで油っぽくは無い。


230202h
鍋の具材

豆腐、きのこ類各種、茄子、鶏肉、葱、など。

タレは、ポン酢系、醤油、など。
奥さんは辛めのタイ系のタレを使っていた。

こういう開放的な環境でみんなと囲む鍋は野趣に富んでいて、それだけで一味違う感じがする。


230202e
鍋の具材の餃子とルークチン

右上、餃子のタレ。
餃子のタレを付けた餃子も美味しかった。

具材にはタイらしくルークチンも有る。


ところで、ここのところ3日連続で宴会をやっている。
2日前はヘリテージホテルで朝食会。
昨日は「作」でカラオケ&飲み会。
今日はここで鍋パーティー。

イベントが続いた理由の1つは、コロナによるタイの入国規制が無くなって日本からの訪タイが容易に成った事もある。
今の季節、チェンライは丁度いい気候で、観光で来るには最適なシーズン。
(11月頃から1月末頃までが気候的にはいい季節だと思う)
(2月に成ると煙害が始まる)
タイ人や在住の長い邦人は「寒い寒い」と言う人も居るが、実は快適な気候で、寒い日本から比べればそれだけで(寒くないだけで)も来る価値がある。
なので、3年程前までは今の季節に成ると定期的に来ていた邦人の方が、今年はまた来る様に成った。

ヘリテージホテルの朝食会にもそういった方が2人、「作」の飲み会にも3人、今日の鍋パーティにも3人、参加されていた。
(重複参加の方も居るが、それぞれ違うメンバー)

チェンライでは日本人が多過ぎず少な過ぎずなので、邦人の旅行者が来ても、「来るもの拒まず」なところがある。
いつも同じメンバーで宴会をやるよりも、日本からの旅行者が居ると、新鮮な情報をもたらしてくれたり、逆に「教えたがり」の在住者も多いので、そういう人の欲求を満たす、というのも有る。

自分の場合はこのブログの読者さんで、よくチェンライに来られる方と知り合い(Yさん)に成って、その方は未だに旅行者の立場だけれども、もう完全に宴会メンバーの一員に成ってる方が数週間チェンライに滞在しているので、一緒に宴会という事に成った。

(Yさんは)どちらかと言うと「お客様」という立場(日本からの旅行者はみんなお客様です)ながら、今回の宴会の料理の下ごしらえとか、後片付けもやって頂いて、お世話になりっぱなしだった。
(今回はもう直ぐ帰国と言う事なので、次回以降、どこかで埋め合わせしますね)
(勿論、場所を提供してくれただけでなく、ワインとか鶏のから揚げとか、各種の天ぷらとかご馳走して下さった、オーナー夫妻にも感謝です)
(あと、どの宴会のときも、常任幹事長のKさんにも感謝です)
(飛び入り参加の奥さんを快く迎え入れてくれたメンバーの皆さんにも感謝です)


230202f
鶏の唐揚げ



230202c
オニオンリングや海老のから揚げ



230202d
うどん

締めの一品として用意したらしいが、奥さんが「食べたい」というので、早めにうどんを具材として入れた。
腰の有るうどんで噛み応えも有って、オリーブ鍋の味も染みていて、うどんつゆも有って、美味しかった。


230202b
宴会は夜まで続いた(19:30頃)

まあ、何かの縁で地球の片田舎のチェンライに集まった皆さん、それぞれ波乱万丈な人生を送られた方も居るようですが、今日は旨い物を食べて酒を飲んで(下戸の方は2人?)、親交を深めて、いい時間を過ごせました。

本日の会費は、ビールは別にして、1人200バーツ。
オーナー夫妻からも多大な提供を頂いたので十分過ぎる飲み食いが出来ました。

因みに、奥さんは15:50~16:50頃まで居て、帰る時に「19:00(ヌントム)に迎えに来てね」と言ったのだが、結局迎えに来たのは19:50頃だった。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

 

2023年1月29日 (日)

本日の散歩

2023/01/29(本日の散歩)

市街地の方に出掛けるちょっとした用事が有った。
自分の車は故障中だったので歩いて行く事に。

ちょっと歩いただけでも、タイらしいな~、チェンライらしいな~、と思った事が幾つか有ったので、その事について書きます。


230129a
住宅団地内の道路

朝7:40頃。
ちょっと涼しかったので、ウインドブレーカーを羽織った。

団地内の道路は車が少ないし、飛ばしてる車も無いので安心して歩ける。
団地内に小さな公園が数ヶ所あって、団地内の散歩は良くする。


230129b 
庭に黄色い花の咲いている家が有った

チェンライには黄色い花の咲く木が多い。
この花とは違うが、藤の様な形で黄色い花が咲く木も多い。

黄色い花は今頃から数ヶ月間咲いている。道路沿いなどによく咲いている。


230129c 
ランムアン市場

住宅団地の近くにはタラート・ランムアンが有る。
チェンライで最大級の市場。

右側のクリーム色の建物は最近オープンしたばかりの洒落た感じのレストラン(&カフェ&バー)。


230129d 
道端には朝顔のような紫の花が咲いていた

ここだけ見れば綺麗なのだが・・・。


230129e 
タイの道路脇はゴミ捨て場(?)

この辺が如何にもタイ人らしい(?)。
タイ人は公共の場を綺麗に使おうというマナーが無い、非文明人。

昔の話だがお義母さんが走っている車から、窓を開けて食べ終わったゴミの入っているプラスチックの袋を投げ捨てた時は驚いた。


230129m 
道路沿いに居る宝くじ売り

この写真だけ街からの帰り道に撮った。
昼間の時間帯だと宝くじ売りが50m~100m間隔 で並んで居て、結構車が止まっているので売れているらしい。
タイ人は宝くじが大好き。
そんなものに頼らずに働いて稼げばいいのに。
或いは、貯めて置いて「投資」しすればいいのに。その方がずっと期待値は高いハズ。

因みに、宝くじ売りは大体女性で、客が居ない時はスマホをいじっているか、何か食べて居る。
(以前に此処を歩いた時に見た事)


230129g
側道を走る車両

住宅団地の家から市街に出る道(1020号線)は片側2車線に側道が有る。
この側道を歩くのだけど、側道に入って来る車両も結構ある。
普通の乗用車が入って来る事も有るし、バイクも多い。大きなスピーカーの付いた宣伝用の車は側道を目いっぱい占拠して走って来る。
写真左の様にサイドカー見たいのが付いた車も側道をいっぱいに使って走って来る。
しかも、運転しているのは全て、無責任、乱暴、運転下手、のタイ人。

ここで事故に合わない為には自分で防衛するしかない。
なので、自分は必ず前から車の来る側の側道を歩くようにしている。
前からなら、危なそうな車やバイクが来たら避けられる。

因みにタイ人は殆ど歩いていない。
この道を30分ぐらい歩いたが、自分以外に歩いている人は見掛けなかった。
(反対側の側道を歩いている人は居たかも知れないが、気が付かなかった)

歩くのが大嫌いというのもタイ人の特徴。

あと、昔1回、乗用車とバイクの事故を見た時が有って、明らかに急に道を塞いだ乗用車が悪いのだけど、その車、倒れているバイクの女性を助けずに逃げてしまった。
しかも、目撃者が多数居る状態で事故を起こしても逃げてしまった。

まあ、こんな状況だから事故に合わされたら丸損で、タイでは自分で防衛するしかない。


230129i
左側に本日の目的地、ヘリテージホテルが見えて来た

この辺りまで家から約30分。
運動には丁度いいぐらいの距離。


230129h 
道端に立てて有った線香

氏神様(土地の神様)に「お守りください」とお願いする為のものなのかな(?)。


230129l 
ホテルのサンチャーオ(祠)

これも氏神様(守護神?)に災いを防いだりをお願いするものなのかな(?)。
タイ人てこういう、神仏に頼るようなもの好きだな~と思う。
サンチャーオはちょっとした施設には殆ど有るし、個人の家でも有る家が多い。


230129j
ホテルの花壇1

チェンライの人って花を好きな人が多いと思う。
多分、「花が好き」という事に関しては日本人以上かもしれない。


230129k
ホテルの花壇2

チェンライて気候の関係で綺麗な花が育ちやすいのかもしれない。


230129n
食事会中、午前9時頃

本日の散歩はヘリテージホテルでの朝食会に出席するのが目的でした。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年1月26日 (木)

ザ・ヘリテージで昼食

2023/01/25(ザ・ヘリテージで昼食)

1週間ほど前の記事「ホテルでランチ」の続編みたいなものです。
前回行ったヘリテージホテルのランチビュッフェが気に入ったので、今回は奥さんと行った。


230125e
ザ・ヘリテージ

チェンライでは老舗のホテル。

以前は寂れた雰囲気のホテルだったが、改装して少しましに(?)成った。
今日はフロント辺りにお客さんが数名居たし、客の荷物が沢山積んであったので、宿泊客は多そうだった。
もう、コロナの影響はなくなったのかもしれない。

自分達が来た時、レストランに先客は居なかった。
11:50頃から13:10頃まで居たが、客は後から2人来ただけ。
レストランはほぼ貸し切り状態だったので、ある意味、贅沢だったかもしれない。


230125d
寿司コーナー

前回はサーモンが有ったが今日は無かった。
寿司ネタは日によって変わるらしい。


230125b
本日の昼食(2人分)

ビュッフェの良いところは、色々な種類の物を食べられる事。
美味しそうな物を、多くも、少なくも、好きな量だけ食べられる。
メニューから注文するのは、タイ語や英語が分からないと難しい事が有るが、ビュッフェでは見て美味しそうなものを取るだけでいい。
メニュー表を見て、どんなものか想像する必要が無い。
(この機能は外国人には特に便利)
(ただし、タイの場合、見ただけでは、凄く辛いか、辛いか、辛くないか、判別が難しい事も有る)
既に出来ているものを取るだけなので、待ち時間が無い。
(ステーキなど焼いて貰う物は少しは待つ必要がある)
スタッフさんの人件費を節約しているのでコスパがいい場合が多い。

ビュッフェの欠点としては自分で取りに行くのが少し面倒な事。
食べ放題の反面、コストの高い食材は無い事が多い。
例えば、今日の場合、寿司でも「カニカマ」とか「めかぶ」とか「とびこ」の様な安めのネタが多くて、マグロとかハマチとか貝類とか穴子とかが無い。
(前回はサーモンと海老が有ったが今日はそれも無かった)
焼肉でも、牛が無い。豚と鶏だけ。
(これは、安いムーカタ・ビュッフェでも、そういうお店が多い)
不特定多数の人が食べ物を取りに来るので衛生面で少し不安がある。
まあ、もうコロナを心配してもしょうがないし、自分は気にしない。
食べ盛りの若い人は沢山食べられてビュッフェのメリットが大きいが、自分はカロリーを気にしながら食べるので、多くの量は食べられない(食べない)。その点はちょっと不利。
奥さんも少食なので、折角食べ放題なのに勿体ないという気持ちは少し有る。

まあ、歩きながら色々見て楽しむ、美味しそうな物を取って食べて楽しむ、エンタメ的に楽しい感じがするのはいい。


230125f
本日の野菜&フルーツ

野菜も果物もドレッシングも自分の好きな様に組み立てられるのがいい。
(今回はブログに載せる積りだったので、最初から写真映りを考慮して皿に盛った)


230125a
最後はコーヒーとデザート

これで完結(?)。

単品の注文で此処まで揃えると結構高くなるし、タイミングを計るのも面倒なので、ちょっと欲しいと思っても注文しない事が多い。
コーヒーやデザートの有るビュッフェはその点、食べ終わって欲しければ取りに行けばいい。

しかしこの後、奥さんがアイスクリームが欲しいと言い出して、アイスはビュッフェに置いてないので喫茶室(?)から買って来た。
「無い」からといって、簡単に妥協しないのが奥さん。

で、本日のお会計、ビュッフェが1人399バーツ。アイス2個が115バーツ。チップを含めた合計で950バーツ(約3700円)でした。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

«7回目の兎年(その5)

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼