2021年6月22日 (火)

お茶漬け

2021/06/22(お茶漬け)

娘の新学期は始まったが、学校での授業は半分交代で1日置き。
登校しない日はネットで授業が有るが、拘束はそれ程厳しくないらしい。

テレワークで働いている方はどうなのだろう・・・?。
結構、休み気分で「のんびり」していたりして・・・日本の会社員はそんな事ないか・・・。

月水金の週と火木の週が有る。その他にも臨時の休校日なども有って、学校には週に2回ぐらいしか行かない。
今日も学校に行く必要の無い日で娘はまだ寝ている。奥さんも寝ている。

自分は少し早く起きて、株式市場の値動きなどを眺めていた。
昨日の急落のかなりの部分を取り返していた。
今は、タイに居る間は日本株の取引はしないと決めているので、暴落してもいいけど帰国後まで待って欲しい、と思っている。
(帰国したら利の乗っている株を一部売る積り)
しかし、思い通りにならないのが株だし。

まあ、今日は、今のところ昨日の急落の分をかなり戻しているので、株価ボードを眺めていて、いい感じだった。


「勝ったり負けたり」が面白いゲームのもう一つの方は最近はかなり好調で、「勝ったり勝ったり」に成っているが、コロナで世間一般が自粛中なので、ブログには書き難い。


そんな分けで(←どんな分けだ)、自分以外はまだ誰も起きて来ない、お腹も空いて来たので「一人御飯」をする事にした。


Y1_20210622135301
本日のお茶漬け

自分の好物の一つで、日本でもタイでも良く食べる。

例えば、「お酒を飲んだ翌朝は」、お茶漬け。
昨日はとあるゲームで勝って、気分良くお酒が飲めた。


Y2_20210622135401
お茶漬けの3大具材

お茶漬けの具材としては、鮭フレークが一番。
次に、高菜漬けの様な漬物。

この2つの組み合わせは最強だと思う。
これに海苔が加われば、なおいっそう良い。

という事で、お茶漬けの3大具材は、鮭、漬物、海苔、に決定。

実は、他にもいい物があるかもしれないが、今は考えるのが面倒臭い。


Y3_20210622140001
本日の朝食

最初、本日の朝食はお茶漬けだけにしようと思ったのだけど、それではちょっと寂しいのでアメリカンブレックファスト風のおかずを追加。

これを書いていたら、珍しくコーヒーが飲みたくなった。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2021年6月21日 (月)

食卓の国境線(カルビ焼肉)

2021/06/20(食卓の国境線)(カルビ焼肉)

最近は自分と娘の日本食連合軍が合同演習(注)の成果で強力に成って来た。
(注)(自分が料理を教えて娘に作らせたり、一緒に作ったり)
その為、奥さんのタイ料理軍は孤立を深めている。

タイ軍は戦いの場に現れない事も多いが、今回は日本軍がタイ軍を招待する形で共通のテーブルを囲んだ。
タイ軍の孤立を避けるため、欧米軍にも一部参加して貰った(オムレツ)。


Z1_20210621012701
本日の昼食

 自分の領域(日本軍本体)
 娘の領域(日本軍支援部隊)
 奥さんの領域(タイ軍)

日本軍のメイン部隊はカルビ焼肉。
奥さんは宗教的理由で牛肉は食べないので、ここが私と娘の連合軍と奥さんの単独軍との決定的な違い。

今回は日本軍の合同演習にタイ軍が参加した形なので他はほぼ同じだが、日本軍の主食が日本米のご飯なのに対して、タイ軍の主食は赤いご飯(注)。
(注)(タイ人がたまに食べる「カオサンヨット」という赤みの掛かったご飯。自分はこのご飯も結構好き)


Z6_20210621014701
左上、カルビ焼肉。左下、オムレツ。右上、豆苗のサラダ。右下、辛子高菜。

カルビ焼肉はエバラ焼肉のタレを付けて。
ちょっと固かったけど、肉の味、自体は良かった。

オムレツはケチャップを付けて。これだけ欧米料理(?)。
玉子焼きは日本にもタイにも有るが、醤油を掛ければ日本料理、何かの草を混ぜたり脂でギトギトに揚げるみたいに作ればタイ料理、ケチャップをつければ欧米料理(?)。

豆苗のサラダは和風玉葱ドレッシングを掛けて。
ゴマドレッシングを掛ける事が多いが、いつも同じでは詰まらないので、今日は玉葱ドレッシング。

辛子高菜。日本料理だけど、何故か奥さんも気に入っている。辛いからか、タイにも似た様な漬物が有るからか(?)。

この他に、海苔と鮭フレーク。

海苔は韓国製。自分と娘は良く食べるが、タイ人の奥さんも少しは食べる。
海苔はタイでも色々なお店で普通に売っているので、タイ人も食べる人が多いのか(?)。

鮭フレークは、自分も奥さんも娘も良く食べる。
今日は(カルビ焼肉が無くて)おかずの少ない奥さんが主に食べていた。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2021年6月19日 (土)

昔の話

2021/06/19(昔の話)

自分は昭和26年の生まれ。
団塊の世代の終わり頃か、団塊の世代の直後ぐらいに生まれた。

最初は中野(東京都中野区)のアパートで暮らして居た。
まだ戦後の雰囲気が残っていた頃だと思う。
ボロボロのアパートで、便所は共同。お化けが出そうで、夜中に便所に行くのが怖かった。

部屋は6畳の部屋と2畳の部屋の2つ。
ここで、父、母、(母方の)祖母、私の4人、で暮らして居た。
父の弟さんや妹さんが一緒に居た時期も有る。
今の感覚から言うと極貧だが、そんな事は分からなかった。

近くには割と空き地が多かった様な気がする。
紙芝居屋やおでん屋、アサリ売りなどが来ていた記憶が有る。
缶蹴り遊びなどをした記憶も有る。

隣にお蕎麦屋が有って、時折、父に連れられてテレビの力道山(相手はルーテーズだったと思う)を見に行った事も有る。
今から考えると、これは結構贅沢だったのかもしれない。

何故か、年長のお兄さんに連れられて、自分達ガキども数人でラーメン屋に行った記憶も有る。
自分がラーメンを食べたのはこの時が初めてだと思うが、味は覚えていない。

兎に角、この頃の記憶は曖昧で、今ではピンボケの世界の出来事である。


小学校1年の時に、中野から豊田(東京都下日野市)に引っ越した。
多摩平団地という大きな団地で、1棟に6軒の家が連なる2階建ての家だった。

1階に4畳半と風呂・トイレ・台所が有り、2階には6畳と3畳の部屋が有った。
広い家だと思った。何より2階まで有るのが凄いと思った。

この頃、家(うち)は中流のど真ん中だったと思う。
両親共、公務員として働いていたので、個々の給料はそれ程ではなくても2人分だから、平均かそれよりちょっと上ぐらいの収入は有ったのではないか。
時は、高度成長期、昭和30年代の3種の神器、洗濯機、テレビ(白黒)、冷蔵庫を次々に買って文化的生活の基礎が整った。

冷蔵庫で出来る氷が珍しくて、氷を食べて、文化的生活を感じたりしていた。
この頃新発売された「渡辺のジュースの素(粉末ジュース)」も凄い物だと思った。

粉からジュースが出来る、まるで魔法・・・凄い!・・・


続編を書く予定です。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




«90日レポートは3分

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼