« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の4件の記事

2012年5月27日 (日)

日・タイ、マナー比較(ゴミ捨て)(後)

引き続き、タイでの話である。
自分の暮らす村は、村はずれ(家から500m程)から、さらに50m程、山を上った所に共同のゴミ捨て場がある。
自分は、運動だと思ってゴミ捨てに行っているので、少し遠い事も、上り坂も別に苦にならないが、山を上って行くのを嫌って(?)その手前でゴミを捨てる人が後を絶たない。
村の集会でも度々問題になっている(らしい)(妻からのまた聞き)。
ある時「あの日本人が(山の手前で)ゴミを捨てている」という噂が流れた。
そんな事は全く無いのだが、ゴミを捨てに歩いて行く姿を見て、「わざわざ山を上って行く筈がない。きっと手前で捨てているに違いない」という事になったのであろう。
自分としては、
「こっちは日本人。貴方達タイ人とは違って決められたルールは守りますよ」
「歩くのが嫌いな貴方達には理解出来ないかも知れないけれども、運動も兼ねて山を上っているのですよ」
と言いたかった。
しかしこの噂は、悪意のある噂というよりは、「村の事を知らない外国人のした事で、そのうち分かるさ」ぐらいの感じだった様な気がする。
もしかしたら、外国人のせいにしてしまえば村の誰も傷つかないし、相手は「村の事を良く知らない外国人だからしょうがない」という事になって、全て丸く収まると考えたのかも知れない。
だいたい村の人は、山の手前でゴミを捨てる事をそんなに悪い事だとは思っていないフシがある。その証拠にゴミは溜まる一方で、たまに焼却処分をしても、すぐまた一杯になる。
たぶん、村の人達は、ゴミを捨てる事にクレームを付けた人(土地の所有者?)を除いては、「そんな事どおでもいいじゃん、山を登って行くのは大変だからさ(と言っても、たかだか50m程なのだが)手前に捨てているだけだよ」「どうせ空地なんだし、誰も見ていないんだから」と思っている様な気がする。
しかし、日本では、そうゆう、いい加減な事は許されない。

再び日本での話。
ある時、(日本の家の)近所の人がクレームを付けに家へやって来た。
「お宅のゴミが、決められた曜日以外に捨てられている」と言う容疑である。
ゴミ袋の中身を調べて、ダイレクトメール等で住所・氏名を確認しているのだから間違いは無い。証拠として私の名前の書かれた通知を取り出して、「お宅の物ですよね」と言う。
タイでの場合と違って、こっちはしっかり裏を取り(証拠を持って)クレームを付けて来る。さすが日本人、推測だけで判断するいい加減なタイ人とは違う。
実は母の認知症が表面化して、最初に困ったのがこのゴミ問題であった。
認知症の方を身近に持つ人は分かると思うが、認知症になると、日付や曜日が分からなくなる。
しかし「朝はゴミを捨てる」という記憶はなかなか消えないので、朝になると日付や曜日に拘わらず、なかば条件反射的にゴミを捨てに行ってしまう。
その結果、ゴミの収集日以外に捨てられたゴミは数日の間、道路脇に晒される事になり、自分の家の近くにゴミを放置された人が怒るのは当然である。
この時は、クレームを付けて来た方に事情を説明して丁寧に謝罪し、「今後気を付けます」という事で帰って頂いた。
しかし、これを止めるのはなかなか大変であった。
母に事情を説明して、「指定された曜日以外にはゴミを捨てない様に」と言っても、「暖簾に腕押し」「糠に釘」状態で埒が明かない。
貼紙(目に付く所に「ゴミを捨ててはダメですよ」と書いた紙を貼った)をしたり、寝る前にゴミ袋を隠したり、色々試してみたが、どれも上手くいかない。
しょうがないので朝はいつも、母が家から出て行かないか、を注意していた。
高齢の母は朝が早く5時半頃には起きるので、6時頃、「バタン」と玄関の扉が閉まる音を聞くと、飛び起きて服を着、母を追いかけて行った事も度々有った。
普通は9時頃起きる自分としては、これは結構きつかった。
少し本題から横に逸れましたが、母はそのうち、火の始末が出来なくなり、さすがに危ないので、本人の希望も有り、介護施設へ移って貰った。なので今はこの問題は無い。

話が、あっち(日本)こっち(タイ)に飛びましたが、最後にまとめ(らしきもの)です。
要はゴミ捨てに関するマナーは「日本は厳格」「タイはいい加減」という、タイの事を良く知っている方が、たぶん、日頃思っている事と同じです。
別の言い方をすれば「ゴミ捨てに関するマナーは日本の方が(はるかに)良い」と言う事になる。
しかし、マナーが良い(厳格な)方が暮らし易いかと言うと、ちょっと迷う。
自分の場合は、むしろ、「タイのいい加減さ」の方に居心地の良さを感じる。
日本に居る時は、常に、「周囲に気を使わなくてはいけない」という気がして、堅苦しく感じられるが、タイに来て、タイ人のいい加減さを見ていると、「こっちもそんなに頑張ら無くてもいいか」という気持ちになって、気が楽になる。
最も、大都会の東京と、チェンライの片田舎では、だいぶ前提条件が異なるのだが。

2012年5月25日 (金)

日・タイ、マナー比較(ゴミ捨て)(前)

日本での話である。
買い物をした帰りにバスを待っていた。
娘(当時6歳、日・タイのハーフ)が横でアイスを食べていて、アイスを包んでいる紙が道路に落ちた。
故意に捨てた訳ではなく、たまたま手から滑り落ちた(らしい)。
その時、自分達の後ろでバスを待っていた中年の女性から、すかさず、「拾いなさいよ~」と叱責の言葉が飛んで来た。
言っている事は間違っていないのだが、如何にも「不快である」という感じの、強い口調だったので、この時はちょっと違和感を持った(落ちた紙は自分が拾いました)。
タイ人なら、それくらいの事で注意をする人はいない。と言うか、そんな事は、別に悪い事とは思っていない。
その証拠に自分の(タイの)家の近くの道路脇にはお菓子の包装紙や食材を入れるビニール袋・発砲スチロール等が普通に落ちている。
(たまに自分が拾い集めてゴミ捨て場へ持って行く。それを見て近所のタイ人が「ゴミはやたらと捨ててはいけない」という事に気付いてくれれば良いのだが、まあ無理だろうな。)

今度はタイでの話しである。
自分の関係するタイ人(具体的に誰であるかは言わない)と行楽地に出掛ける時は、ゴミを入れる為のビニール袋を持って行く事にしている。
タイの人達の行楽は親戚や近所の親しい人達と連れ立って水辺(川でも、海でも、湖でも、プールでも良い)へ出掛け、木陰や東屋(場合によってはビーチパラソルやテント)の下で「ござ」を敷いて、そこで飲み食い(カオニヤオ、ソムタム、ガイヤーン、ビール等の酒類)や雑談をする、というのが定番である。
これは、子供達も喜ぶし、お金も余り掛らない手頃な娯楽で良いのだが、帰る時にちょっと問題が起こる。
タイの人達は自分達が食べ散らかした食材や、それらを包んでいたビニール袋等をきちんと後片付けしようとしない。ゴミ箱が近くに有れば、少しは後片付けをするが、ゴミ箱が無かったり、遠くに有ったりすると、きちんと後片付けをせず、散らかしたままで帰ってしまう。
日本人の自分としては、こういうのは、ちょっと厭なので、持ってきたビニール袋にゴミを回収して、ゴミ箱のある所まで持って行くか、無ければ車のトランクに入れて持ち帰る。
たぶん、タイの人達は「この日本人は、何を余計な事をしているのだ?」と思って見ているのかも知れない。

こういう事もあった。
チェンマイからチェンライへ帰る途中で、干し柿を買った。
車(自家用車)の中で食べようとしたのだが、腐りかけていて食べられない。
すると自分の関係者の一人(あえて誰かは言わない、自分の家族ではない)が車の窓を空けて袋ごと(20個入りぐらいだったと思う)、ポイと外に捨ててしまった。いくら山の中とはいえ、動いている車の中からである。
「えっ!」という感じがして、これにはちょっと驚いた。
いったいどういうマナー感覚をしているのか。マナー以前の問題の様な気もする。

以下、日・タイ、マナー比較(ゴミ捨て)(後)へ続く

2012年5月 6日 (日)

タイ料理は不味い(2)

タイ料理を不味くしている3番手はココナッツミルク。
ココナッツ自体は別に嫌いではない。
昔は、ココナッツの内側の白い部分(固形胚乳と言うらしい)をスプーンでこそいで良く食べた。
これは、ちょっと美味しいと思う(余り食べると飽きるが)。
ココナッツミルクが厭だと思うのは、スープに入っている時で、自分は、肉や魚・貝などの旨みのはっきりと出た味(すっきりとした味)のスープが好きなのだけれども、ココナッツミルクが入ると濁ってしまって、その旨みが消えてしまう。
スープによく入れる野菜類やキノコ類は、味に相乗効果をもたらして、より一層美味しくするが、ココナッツミルク(やハーブ類)は逆効果で、せっかくのスープの味を台無しにしてしまう。
だいたいココナッツとかココナッツミルクってお菓子の材料であって、食事の時に使うべき材料ではない。
尚、カオニヤオマムアン(マンゴー乗せもち米ご飯ココナッツミルク掛け)は「おはぎ」の様なスイーツ類と思えばちょっと美味しい。
しかし、トムカーカイ(ココナッツミルク入りチキンスープ?)は食事として食べるものなので、これは不味い。
しかも、トムカーカイにはご丁寧にハーブ類も、ピックキーヌーも入っているので、不味いもの3役揃い踏みである。最も、ここから3役を除いてしまうと、単なる「キノコ入りチキンスープ」になってしまうが。
そう言えば、タイ料理の代表として名を轟かせているトムヤムクン(エビ入りのトムヤム)にも、この3つは入っている(ココナッツミルクは入っていない場合もある)。
トムヤムクンはタイ料理の中では、まともな方だと思っているが、これは、タイで暮らす身の上としては、タイ料理に対して「何でもかんでも不味い」とは言っていられないので、多く方が美味しいと称賛する、トムヤム君に対して敬意を払っている、と言う面もある。
(ちょっと思った事、トムヤムクンの酸っぱさって、ゲロした時の胃酸の感じがする、と、ふと思った)
まあ、鍋料理(スープ?)なら、正直言って、日本の寄せ鍋やスキヤキの方が全然美味しいです。

4番手として挙げたいのは「腐った竹の子」。
ノーオーと言うらしい。
これは、旅行者や、在住者でもタイ人との付き合いがあまり無い人は、出くわす機会は無いかも知れない。
とにかく臭い。
これが、食卓に乗っていると、他の食べ物すべてを巻き込んで、臭くて不味いものに変えてしまう。
妻(タイ人)のお母さん(当然タイ人)が、これが好物なので、ちょっと困る。
お母さんは月に数回、我が家を訪ねて来るのだが、時たま、これを持ち込む。
最初は「何か家の中が臭い」、「う○こ、の様な匂いがする」と思っていたのだが、その原因がノーオーであった。
タイの臭い食べ物でドリアンが有名だが、そんなレベルじゃ無い。
妻とお母さんには悪いけれども「ノーオーだけは持ち込み禁止」にして貰った。
しかし、今でも、少しだけ臭い竹の子(竹の子の腐り具合にも色々あるらしい)は、たまに、食卓に乗る(当然、自分は食べない)。

以下、タイ料理は不味い(3)(終)へ続く。

2012年5月 1日 (火)

タイ料理は不味い(1)

よく、タイを紹介する旅行の本などで「タイは食べ物の美味しい所」、などと書かれているのを見ると「本当かなあ?」、と思ってしまう。
まあ、本は売る為に作っているので、編集者なり執筆者なりが、たとえ本当の事を知っていたとしても「タイは、料理はあまり美味しくありません」、とは書けないのであろう。
他の国の事は良く分からないが、日本に居て、フランス料理やイタリア料理・中華料理の店などに行くと普通に美味しいと思うが、タイ料理の店ではあまり美味しいと感じた事がない(それほど不味くはなかったけれども)。
それでは本場のタイへ来て食べれば美味しいかと言うと、そんな事はない。
むしろ、日本のタイ料理店の方が良い。でも高い。
旅行の本などでは、「外国人のよく行く様な店は、本物のタイ料理ではない、味が外国人向けに調整されている、本当に美味しいタイ料理を食べたければタイ人相手の店に行くべきである」、という様な事が書かれているが、確かに、タイ人から見ればそうかも知れないけれども、一般的な日本人は、日本人向けに調整されたタイ料理の方が食べ易いに決まっている。
相手の文化を知る、という意味では、旅行の時は、普通のタイ人の食べるタイ料理を食べるのも良いが、それと、美味い不味いは別。
一般的な日本人(あるいは、大多数の日本人)には、タイ料理はあまり口に合わないのではないかと思う。

では、何が不味いのか、どう不味いのか。
「美味しくないから不味い(理屈の問題じゃない)」のだけれども、それでは説明にならないので、あえて自分が考える要因を幾つか上げてみた。
ただし、味覚なんて基本的には個人の問題で、他人の味覚など分からない。どっちが正しいかとか、どっちが悪いとか言う問題でもない。
なので、以下はあくまで自分個人の見解です。

タイ料理を不味くしている1番手はパクチーを代表とするハーブ類。
石鹸か、何かの化学薬品の様な感じ。
何でわざわざ、こんなものを食べ物の中に入れる必要があるのか、昔は腹が立った(今は諦めた)。
しかも、困った事にこれが殆どのタイ料理に入っている。
自分はパクチーが入っていても除けて食べるが、知り合いの中には「パクチーが入っている料理は食べない」という人もいる。

2番手はピックキーヌーを代表とするとうがらし類。
実は、自分もとうがらし類は結構好きです。
味噌汁に七味を入れる事もあるし、マーボー豆腐にはラー油を必ず掛ける。チャーハンに掛けるナムプリックナムプラーも好きである(ただし、刻んであるピックキーヌーは入れない様に注意する)。
要は程度の問題で「辛くて美味しい」とか「辛いけれども美味しい」と言える範囲のものなら良いのだけれども、タイ料理の多くがこの範囲を超えている。ただタイの場合、調理方法をある程度指定出来るので、注文する時に辛さを抑える様に指定する事は出来る。
ピックキーヌーが困るのは、そのとびきりの辛さもさる事ながら、色が緑色なので、他の野菜と見分けが付きにくい事。
ピックキーヌーが入っている料理を食べる時は、細心の注意を払ってそれを取り除いて食べるが、間違って「ガリッ」とやってしまうと、自分の場合、暫くシャックリが止まらなくなる。

以上の2つが、日本人がタイ料理を苦手とする2大要因ではないかと思う。
旅行者がタイに来て食事をする場合、この2つの要素をうまく取り除ければタイ料理もだいぶ食べ易くなるのではないか。
元々「ハーブ好き」「激辛大好き」な人は、この心配はいらない。
しかし日本人が(本当は自分が)苦手とする食材はまだまだ他にも有るし、タイ料理が口に合わない本質的な理由はもっと深い所にある。

以下、タイ料理は不味い(2)へ続く。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼