« 日・タイ、マナー比較(ゴミ捨て)(後) | トップページ | 日本帰国(後編) »

2012年6月 1日 (金)

日本帰国(前編)

久しぶりの日本帰国。
今回は3月28日タイ入国、6月1日出国なので、ちょっと長くタイに居た。
5月31日 PM 6:30 頃、家を出発。
妻の運転で娘と3人でチェンライ空港へ。
途中、ビッグC(チェンライで1番大きいスーパーマーケット)で、ちょっと買い物をして PM 8:00 頃、空港到着。
エアアジアのカウンターで搭乗手続きをする。
チケットを購入する時(5月23日にセントラルデパートの地下で購入、2200バーツ)手荷物料金を払っていなかったので490バーツも追加料金を徴収された。こんなに取られたのは初めて。
スーツケースは大きいけれども中身はスカスカで、重量は5kgも無い筈。

2階のコーヒー屋で、コーヒー等を飲みながら暫しの別れを惜しむ。
娘(7歳)と離れるのが、ちょっと寂しい。妻とは・・・。
最近1年間程は家族で日・タイの往復を繰り返していたのだが、今回は1人での帰国。
飛行機は PM  9:15 頃、チェンライ空港をほぼ定刻通りに出発。
時計を持っていないので、携帯の電源を切ると正確な時間が分からない。
スワンナプーム空港には、定刻の PM 10:35 より若干早く到着。
沖止めだった為、バスにて空港の建物へ。

ターンテーブルから荷物が出て来るのを待つ時は、何時もドキドキする。
今迄2回、荷物が受け取れなかった事がある。
1回はオーストラリアからタイへ戻って来た時で(当時はドンムアン空港)娘の乳母車(折り畳み式)が無かった(シドニーに置きっ放しにされたらしい。これは後で戻って来た)。
もう1回はバンコクからチェンライへ来た時で、これも娘の物の入ったバッグが1つ無かった。
この時は、荷物を預ける時に貰う(バーコードの)引換証が無かったので、紛失を証明出来ず、戻って来なかった。
それ程、大事な物は入っていなかったが、無くなった物をビッグCで買う羽目になった。

日本へ向かう飛行機は明朝6時発、なので時間がある。
こんな事なら、午前0時発ぐらいのANA便にすれば良かったと思うが、チケットを買う時は、いつも値段優先で買うので、(早朝便しか無い?)ユナイテッドとかデルタ便が多くなる。
(ちなみに 今回のUA便は往復で19289バーツ)
暇なので、空港内をブラブラして新聞(読売 75バーツ)を買って読んだり、食事をしたり、ブログ用の記事(この記事)を書いたりして過ごした。

食事は3階の食堂街を歩いて探した。
今回は1人なので和食でも食べようと思い、和食の店の店頭に置いてあるメニューを見ると、焼肉丼が250バーツ。今のレートなら650円ぐらいでそんなに高くは無いが、何故か高い気がしたので、ここはパスした。たぶん「すき屋」や「吉野家」の牛丼の方が安くて美味しい。もうすぐ、日本に帰って、いくらでも食べられる。
結局、何時もの「Caffe Nero」で鶏肉とエビ餃子入りのバミーを食べた。
バミーが150バーツでオレンジジュースが90バーツ。合計で264バーツ。「あれ?」計算が合わないぞ。サービス料が10%取られている。

3階は中央付近にレストランが集中し左右の隅は何かの事務所の様になっていて、夜は余り人が居ない。
(自分のお気に入りはお店の在る方を向いて左側の隅)
自分の様な暇潰しの人が仮眠を取ったりしている。
椅子は5人横に座れる椅子が空いているので、横になって寝られる。
固いので痛いがガマンすれば良い。明るいのが難点だが、その為に安眠マスクも用意してある。寒さ避けにセーターも持って来ている。
只今、午前1:00。アラームをセットして、そろそろ仮眠に入ります。
おやすみなさい。

以下、日本帰国(後編)へ続く

« 日・タイ、マナー比較(ゴミ捨て)(後) | トップページ | 日本帰国(後編) »

日・タイ、往復」カテゴリの記事

コメント

スワンナプーム・バンコク国際空港で、安く、食事をするなら、3Fをウロウロしてはいけませんよ。

1Fへ降りて下さい。

1Fには、両端に2店、空港職員用及びエコノミー旅行者のための食堂があります。

バーミーナムは30~40Bとチェンライ並みの価格です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本帰国(前編):

« 日・タイ、マナー比較(ゴミ捨て)(後) | トップページ | 日本帰国(後編) »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼