« お義父さんのお葬式 | トップページ | チェンライの果物 »

2013年5月13日 (月)

トッケーを捕る

午前1時、妻がトッケー(タイのトカゲ)を取ってくれと言って来た。
見に行くと、床に15cmぐらいの長さのトカゲが居て、じっとしている。
トカゲなんか取った事がないし「どおしたものか?」と考えて、近付いて見ると、サササッと小走りに逃げて行って部屋の隅で止まった。
棒で叩いて潰したら後始末が面倒くさそうだし、摘んで外に捨てる事にしよう。
しかし、トッケーがどんなものなのか知識がない。
「噛まれたら嫌だな」とか「毒は無いのか」とか色々考えたが、逆にそんな危険の有るかも知れない物を部屋の中に置いておく分けにもいかない。
(でも、見た目はそんなに凶暴な感じはしなかった、むしろ大人しそうな感じの生物だった)
一歩下がって、妻が心配そうに見ている(推測)(後ろに居る妻を見る余裕はない)。
しょうがないので、スーパーのビニール袋を手袋がわりにして、そぉ~と、そぉ~と(本当は、おっかなびっくりに)、トッケーに手を近付けて、意を決して、ムギュと掴んだ。
トッケーのおなかのグニュグニュした感触がビニール袋を通して指に伝わって来る。
どうやら捕獲は成功したようだ。
威嚇なのか、苦しくてなのかは分からないが、トッケーは大きく口を開いている。
「助けて!、お願い!」と訴えかけている様にも見える。
よく見ると、ちょっと可愛らしくて愛嬌のある顔をしていて、捨ててしまうのは勿体無い気もしたが、ベランダまで持って行って、遠くへ投げ捨てた。
もう、来るんじゃないぞ~。

後から、何でトッケーが居るのが分かったのかを妻に聞いたら「トッケー、トッケー」と鳴いていたという事であった。
(鳥も鳴かずば打たれまい)
(実は、この生物が本当にトッケーなのかという確証はない、ただ普段見かけるチンチョとは大きさも、形状も明らかに違っていた。ネットの画像でも調べて見たが、多分トッケーで間違いないと思う)
でも、此れがヘビでなくて良かった。
ヘビなら、長い棒を持って来てひっぱたいて殺すのだろうけれども、毒が有るかも知れないし、相当怖いという気がする。
都会育ちの文明人には、タイの田舎暮らしは危険が一杯です(ちょっと大袈裟)。

« お義父さんのお葬式 | トップページ | チェンライの果物 »

タイの動物、チェンライの動物達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トッケーを捕る:

« お義父さんのお葬式 | トップページ | チェンライの果物 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼