« タイ、チェンライの標準的な食事(カオマンガイなど) | トップページ | 車の事故、タイでは後始末もイライライラ »

2013年8月 6日 (火)

娘の入院(チェンライ)

娘が入院した、昨日、一昨日と2日間入院していて、先程退院して帰って来た。
まだちょっと心配だが、医者が退院してもいいと言っているし、本人も一応元気そうなので取り敢えず良かった。
タイの、医療水準は、まあまあと聞いている。
実際、何回か行った感じではそんなに悪い感じはしない。
タイは病院によって、治療水準の格差が大きいらしい。
日本と違って(?)、いい病院は治療費が高く、そうでもないところはそれなり、という事らしい。
妻が言うには、チェンライでいい病院(治療費の高い病院)はO病院とS病院で、うちはS病院が若干近いので、何時もS病院を利用している。
実際のところ素人には治療の善し悪しはよく分からないが、スタッフの対応はいい。
日本の大病院の様に、長い事待たされないのがいい。

自分の感じでは、タイの病院は取り敢えず入院させて、取り敢えず点滴を打とうとする。
自分も2回程経験があるが、娘も早速、点滴を打たれていた。
部屋は普通の個室にした。
(VIPルームは空いて居なかったが、空いていてもたぶん普通の個室にしたと思う)
ホテル並の広さで(すごく高いホテルは知りません)、ちょっと豪華なシャワー室も付いている。冷蔵庫もあるしテレビもある、見晴らしも良い。電器ポットやコーヒー等も置いてある。中級のホテルの一室といった感じ。
むしろ、ホテルより明るくていい(ホテルに多い、天井に蛍光灯がなくて暗い部屋は嫌い)。ここは電気がいっぱい有って明るくて良い。

支払いは保険が効かない(補足)ので、現金払いになるが、今回の費用は二日分の部屋代を含めて17973バーツ(6万円弱)だった。
(部屋代は確か1泊3500バーツだったと思うが、明細を見てもどれとどれが部屋代に該当するのか分からなかった)

(マイフォトに一部、写真有ります)
(病室の写真を撮っておけば良かったと思いますが、ちょっと余裕が無かったです)


補足。

昔、自分が治療を受けたときに、試しに日本の国民健康保険の請求をした事がある。
事前に日本の国保の請求用紙を用意しておいて(日本から持って来たもの、今でも持っている)、病院側に記入して貰った(主に医師が英文で記入する)。
当時は日本語の通訳が病院に居た(今は居ない)ので、彼女に頼んでやって貰った。
その書類を日本へ持って行って、区役所の担当部署へ提出したら、記入不備で郵便で戻って来た。
折角なので最後までやろうと思い、その次にS病院へ行った時に、不備の場所を再度書いて貰って、再度、日本の区役所に提出した。
最終的には、3000円程国保から入金されたが、手間のかかる割には利益が少ないので、それからはしていない。
病院で書類を書いて貰って、日本へ行って(請求)、戻って、また行って(不備の知らせを受け取る)、また戻って(病院で再度の記入依頼)、またまた行って(再請求)、またまた戻って、またまたまた行って、やっと入金の確認がとれた。ここまで1年ほどかかった。
バンコクのバムルンラート病院だと、日本語受付窓口の担当者に言えば書類を全部揃えてくれるので、簡単だが(それでも、日本での請求は自分でやらないといけない)、チェンライの病院では面倒くさい。
(まあ、こんな事をする人は殆ど居ないからしょうがないか)
(1回でOKになれば、それ程面倒でも無いし?)

« タイ、チェンライの標準的な食事(カオマンガイなど) | トップページ | 車の事故、タイでは後始末もイライライラ »

タイの生活、チェンライの生活」カテゴリの記事

コメント

以前娘がバンコク銀行を通うし民間の医療保険に入るとき、担当員に聞きました。子供の場合、入院費や治療代等総額幾らぐらい有れば安心ですか?自己負担を無しにしたいのですけど?担当員いわく20万バーツ有れば大丈夫でしょう、ただしオーバーブロック病院ですよ!、シブリン病院では高いので足りませんと言われました。娘の保険は支払い総額30万バーツで入りました。その結果娘が以前デング熱でオーバーブロック入院した時全額保険でまかなえました。5日間個室で治療し総額1万6千バーツでした、個室1日1500バーツでした。ビックリ2日間で約18000バーツ高~!娘さん早く退院出来本当に良かったですね、家計的にも。娘さんに貯蓄型医療保険お勧めしますよ、うちの娘の場合は年間1万2千バーツの保険料払ってます。あと嫁は言わないですが、嫁にも休業給付金が日あたり1000バーツ出たみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 娘の入院(チェンライ):

« タイ、チェンライの標準的な食事(カオマンガイなど) | トップページ | 車の事故、タイでは後始末もイライライラ »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼