« お義母さんがサソリに刺された | トップページ | 娘は日・タイのハーフ(1) »

2013年9月19日 (木)

今日の食べ物

我が家では、或いは自分は、チェンライの田舎で、どんな食生活をしているのか、「こんな感じです」、という内容です。
写真と合わせて見て(読んで)下さい。


朝食。

奥さんが買って来たカオマンガイ(鶏肉のせご飯)(2013/08/05の記事、「タイ・チェンライの標準的な食事、カオマンガイなど」参照)と鳥のスープ。
40バーツ。

カオマンガイは週に2回、多い時は3回くらい食べる。
日本に居る時は、体のタンパク質の5割は、アジ、さんま、鮭などの魚になると思うが、タイに来ると5割は、鶏肉と玉子の鳥になる様な気がする。
(カイチアオ=玉子焼き、やケンタッキーのフライドチキンもよく食ベます)


おやつ。

(以下、マイフォトに写真あります)

茹でとうもろこし。

村のおばさんが家まで売りに来た(茹でてある)。
13本で10バーツ。1本1バーツ(3円)もしない。安い!。けど小さい。ちゃんと実の付いて無いものもある。
それにしても、わざわざ10バーツの物を売りに来るとは。丸々利益としても30円程にしかならない。
(カゴに沢山しょって来たので、結構売れるのカナ?)
味は・・・?。
これが美味しい。
日本で食べる、ハニーバンダムやピーターコーンの様な甘いとうもろこしでは無いが、もちもちしていて、素朴な味で美味しい。
醤油も何も付けず、そのまま食べるのが美味しい。
カオニヤオ(もち米)でもそうだけれども、北タイのもちもち系の穀類は美味しい。


昼食。

奥さんが出掛てしまったので、自分で用意した。
(ひとりご飯は気楽でいい)
メインはベーコンの玉子焼き。
目玉焼き、より、玉子焼きの方がちゃんと火が通るのでよい。
(自分で言うのも何だけど、メチャ旨だった)
(タイのソーセージはなかなか美味しいものにぶつからないが、ベーコンはまあまあ)
後は、作るのが面倒なので、ある物を寄せ集めただけ。
味噌汁は日本から買って来た、マルコメのインスタントのあさり味。ついでに、乾燥の刻みネギを入れた。
梅干も日本から買って来た南高梅(しそ味)。
海苔はBIG-Cで買った韓国製。
因みに、最近は日本でも、海苔は韓国製。
唯一、タイ製品(中国製?)はニンニクの甘酢漬け。
(最近、ちょっとマイブーム)

以上、昼食でした。

日本から来た直後だと、もっと色々あるのですが、2ヶ月近く経つと、だんだん失くなります。


食事の後は。

日本人なら当然、お茶、です。
半年程前までは、葉っぱから入れていたのですが(伊藤園とかの、日本製のお茶)。
(ドイメーサロンのお茶とかも、試した事はあるのですが、自分には合いませんでした)
(ドイメーサロンの説明。チェンライ県の山岳部にある、中国国民党の残党が作った村。山の冷涼な気候を利用して、お茶を栽培している。加工方法が日本茶と違うらしいので、味・香りとも、日本茶とはちょっと違う)
最近は面倒くさいので、くら寿司で買った、粉茶が多く成りました。
これ、熱いお湯さえ有れば簡単に出来るので便利です。
後で、急須とかを洗う必要も無いし。
でも、香りは、やっぱり、葉っぱから入れたお茶の方が良い様です。


夕食。

今日のおかずは全部買って来たものだった。
妻は、(全くではないが)余り料理はしない(出来ない)。

① パット・カーチョー・サイ・カドゥームー、豚肉がちょっと付いた骨と何かの青い野菜を煮込んだもの。
本当は美味しいものなのだけど、今日のはちょっと・・・。

② ガオラオルークチン。一種のスープ。
(2013/08/05の記事、「タイ・チェンライの標準的な食事、カオマンガイなど」参照)

③ カオニアオ、もち米。
妻の(北タイの人の)主食。自分も食べる。日本人には普通に美味しい。
此れも買ったもの。普通、手掴みで食べる。

④ パット・トフー・トゥアゴーク、豆腐ともやしと何かの葉っぱと豚のひき肉を油で炒めたもの。
材料が豆腐ともやしなので、日本由来の料理かと思ったが、そうではないらしい。

⑤ 日本茶。
お茶大好きです。

⑥ プラーニン。プラーは魚の意味。プラーニンと言う魚を揚げたもの。
此れも買ったもの。家では魚を焼く事は無い。
昔、網焼きグリルを日本から買って来て、焼き魚をした事があるが、面倒なので、今はしない。
骨と皮ばっかりで、しかも揚げてあるので油っこくて、全然美味しくない。
でも、一応魚なので、他の食材よりは増しなので、食べる事は食べる。
(多分)タイでは高級な部類の食材になると思う(でも、美味しくない)。
妻は(タイ人は)手掴みで、カオニヤオに付けて食べる。自分は箸で食べるが、箸では肉が取りづらくて食べにくい。

⑦ 日本米のご飯。
今日のメニューで唯一、妻が作った(炊いた)もの。
日本米は、チェンライのマクロ(街の北側にあるマーケット)で買ったもの。

今日の夕食は(とうがらし味の)辛いものは珍しく、ひとつも無かった。
パクチーなどの香菜類も余りなかったし、一般的なチェンライの田舎の食事とは、かなり違う(と思う)。
一応日本人の(私の)嗜好を考慮してくれた結果だと思うが、でも、ちょっと(本当は全然)違うんだよな~。
これは、(タイ人の)妻には一生分からないだろうと思う。


追記(2013/09/20)

このブログを妻が読める分けはないのだが、きのう、「妻は余り料理をしない(出来ない)」と書いたら、今日の朝食は料理した、おかず、が出てきたので、写真を追加しました。

目玉焼き、きのこの味噌汁、ほうれん草とベーコンの炒め物。
きょうの朝食は、全部、料理したおかずでした。

本当は、きのこと、ほうれん草と、ベーコンの炒め物にする積もりだったのだが、きのこは味噌汁の具になってしまった。
(このきのこは、味噌汁の具には向いてない、でも作ってくれたので文句は言わない)
(ベーコンも、もう少しカリカリに近い方が好きなのだが、でも作ってくれたので文句は言わない)
(本当は、目玉焼きより玉子焼きの方が好きなのだが、でも作ってくれたので文句は言わない)

日本で、サイゼリアやジョナサンに連れて行った効果が出ている?。

« お義母さんがサソリに刺された | トップページ | 娘は日・タイのハーフ(1) »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

以前のアドバイスお忘れですか?チエンライ在住のMさん、彼女がMさんのブログをタイ語に翻訳し全て解読したそうです。
妻がブログを読めるはずが無い、大きな間違いです!迷人は奥さんのみならず娘さんも居らっしゃるので翻訳などお茶の子さいさいでしょう。
たぶんうちの嫁と同じで迷人の悪態に気付いても直ぐは言いません切り札として取つて置くのです。 そして奥さんの堪忍袋が切れたとき、オーバーブロツクかシブりリン病院送りでしょう!
うちは戸締りしません、何故?外部からの不審な進入者より家の中に巣くつてるやからの方が余程危険だと思いませんか?身の危険を感じたら直ぐ逃げ出せるようにしてあるのです(嫁には内緒)
長生きしたければ、嘘でも良いから奥さんを褒める事を書く事です。                                                                  れが私の危機管理に関した貴重なアドバイスと受け取ってください。                   今週末お待ちしてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の食べ物:

« お義母さんがサソリに刺された | トップページ | 娘は日・タイのハーフ(1) »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼