« 一汁三菜 | トップページ | 日本でタイ語 »

2014年7月 7日 (月)

日本でボーリング

チェンライの知り合いから、「ボーリングをしませんか」と言う電話が入った(2人とも帰国中)。
場所は、自分の最寄駅の荻窪駅の近く。
日本でボーリングをするのは30年振りぐらい。

結果は。

139→159→116 で、自分としては、まあまあの成績だった。

折角なので、日本(東京)とタイ(チェンライ)のボーリング場の比較をしてみた。
(と言っても、サンプル数が各1件なので、正確性は不明です)

まず値段、日本は午前中の割引で1ゲーム350円。
タイは、月・水の昼間投げ放題で149バーツ(149バーツ×3.2円/バーツ≒477円)。
5ゲーム投げたとして、1回当たり約100円。
(普通は、1ゲーム45バーツ。最近値上がりして50バーツ?)
貸し靴料は、日本は300円。タイは20バーツ(約60円)。
コスパは、タイの圧勝。日本の方が3~4倍高い。

次に設備。
タイのボーリング場は1ゲームに2~3回、壊れる。
リセットだけで済む場合もあるし、(多分係員が裏でごちゃごちゃやって)数分、待たされる事もある。
日本のボーリング場は、1回も壊れない。
(何でもそうだけれども、信頼性は日本の方が格段にいい)
日頃、いつ壊れるか心配しながらゲームをしているタイから比べると、日本の壊れない設備は感動もの。
全部が、終わった後に、フレーム毎の明細の付いたスコア表までくれる。これも凄い。
(単に、何本倒れたかだけでなく、図解入りで、どのピンが倒れて、どのピンが残ったか、まで分かる)
(日本なら当たり前なのか・・・?。何しろ、チェンライの田舎者なので、良く分からない)
 
此れは、日本の圧勝。

場内の雰囲気。
日本に住まわれている方は、タイのボーリング場なんて場末のボーリング場の様なイメージを持たれるかも知れませんが、そんな事はないです。
タイのボーリング場は、結構、綺麗で立派です。カラオケBOXも併設されていたりします。
なので、これは引き分け(荻窪とチェンライを比べれば、チェンライのやや勝)

客の雰囲気。

まず、日本のボーリング場は日本人ばかり。
チェンライのボーリング場は、国際的。白人も居るし、日本人も居る、(多分お金持ちの)タイ人も居る。
黒人、インド人、アラブ人は見た事が無い。

年齢層は、日本は、(多分、午前中の影響も有って)自分達の様に、(定年退職したと思われる)年寄が多かった。
タイは、日本人、白人は年寄が多いが、タイ人はみんな若い、女性も結構いる。年寄のタイ人は殆どいない。

のり、はタイの方がいい。
日本では、みなさん黙々とゲームをしている。
(当然、時間帯で違うのでしょうが)
タイの場合は、テーブルがあって、結構、飲み食い、ワイワイ、ガヤガヤ、しながらゲームをしている。
ストライクが出れば歓声も沸くし、ハイタッチもする。

(^0^)人(^0^)イェ~イ☆ 

日本はテーブルが無いし、ミネラルウオーターの置き場ぐらいしか無いので、飲み食いしながらやる雰囲気はない。
(自分達の場合は、タイでもちょっと特殊かも知れないけれども、飲み会かスポーツか分からないぐらいベロベロに酔っぱらって、フラフラしながら投げている、時もある)

4~5年程、前迄は、ビール会社のPG(プロモーションギャル)が居て、チアガールかボディコンか、みたいな格好で、ちょっと楽しみが有ったが、最近無くなったのは、ちょっと残念。

ボーリングのレーンとかピンとかは、ほぼ同じ。
日本の方がいいスコアが出るとか、タイの方がストライクが出やすい、という事は(多分)ない。

余談。

本日のラッキースコアというのが有って、今回の場合だと、55、105、155、だった。
(ラッキースコアだと1ゲーム無料券が貰える)
今日の3ゲーム目が、9フレ終了時点で、オープンフレームで99.。
10フレで6ピン倒せば、ラッキースコアに成る。

どうやって6本倒すか・・・?。
ゆるい球をゴロゴロ転がせば、パラパラと6本ぐらい倒れるかな、と思って投げた球は、予定通り、ゆっくり、ゆっくり転がって、ど真ん中に入った。
ピンは、パラパラと嫌そうに倒れて行ったが、結局、全部倒れてストライクに成った。
このやろ!。
何時も、ストライクを出そうと思って力を入れて投げた球がストライクに成らないのに、こんな時に限ってストライクに成る。

« 一汁三菜 | トップページ | 日本でタイ語 »

日・タイ、比較」カテゴリの記事

コメント

55555!日本とタイでは、タイのほうがスコアーが良いようですよ。タイで自称プロといつてる方が日本の木のレーンがおかしいと、ぼやいていました、さらには、何時もの口癖、もうボーリングなんかやるものか!とも。

maesai 様。
OさんからLINEか何かで、早速連絡が入りましたか?。
Oさんの口癖は確か、「もう麻雀なんかやるものか」、だったと思いますが。
ま、今日は、Oさんボロボロでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一汁三菜 | トップページ | 日本でタイ語 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼