« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の7件の記事

2014年12月31日 (水)

一人で呑気に帰国中(2014年12月)(外食編)

以下の記事、1つに付き、最低1枚、写真あります。

荻窪近辺、外食シリーズ目次(日本に帰国中は大体こんな外食をしています)。

31日 吉野家の牛丼
30日 小諸そば
29日 マクドナルド
26日 ジョナサンのランチ
24日 回転寿司
23日 日高屋のラーメン
22日 吉野家の牛すき鍋膳
21日 てんやの天ぷら
20日 CoCo壱番屋のカレー
18日 春木屋のワンタン麺
18日 ジョナサンの海鮮丼膳
17日 松屋のカルビ焼き肉定食


2014/12/31(吉野家の牛丼)

2014年の外食シリーズもこれで終わり。
日本でファストフードと言えば、やっぱり、マクドナルドのハンバーガーと吉野家の牛丼が歴史的に見ても、実績でも、代表選手でしょ。
で、今回は有終の美を飾って、吉牛です。
ま、そんな大そうな事じゃないですが。

牛丼は具材が多めの「頭の大盛り」、これに生玉子を掛けて混ぜる。
ごぼうサラダも注文。
紅生姜を木箱から摘まんで、丼の上に添える。
これで準備完了。
後は、掻っ込むだけ。
時々、サラダ。

んまい。

お会計は670円也。


2014/12/30(小諸そば)

飲み会で遅く成った時は、やっぱ麺類。ラーメンかおそば。
で、今日は、天玉そば。
(荻窪駅前の小諸そばにて)
天ぷら(かき揚げ)だけじゃもの足りないし、玉子(生玉子)だけでも物足りない、やっぱりこの組み合わせが最高。
(イカ玉そば、も捨てがたい)


2014/12/29(マクドナルド)

麻雀で帰りが遅く(午前0時15分頃)成ったので、駅前のマクドナルドでビックマックセット。
サイドメニューはサラダ、飲み物はコークゼロ。
お腹がへっている時は、こういう肉系の食べ物が食べたく成る。
ビックマックはタイでもたまに食べるけれども、日本の方が、ソースや野菜が美味しい気がする(でも、同じかも知れない)
定価だと660円ぐらいだが、クーポンがあったのでタダ。


2014/12/26(ジョナサンのランチ)

昼飯は家の近所のジョナサンでランチ。
ランチは日替わりで洋食と和食の2つから選べる。
きょうは、洋食を選択。
ハンバーグ、白身魚のフライ、鶏の唐揚げ(小さい)、にレタスなどがちょっと添えてある。
ごはんは、大盛りも選べるので、大盛りを選んだ。
他に、今日はドリンクバーが割引のクーポン券があった(前回行った時にくれた)ので、それも注文。

このお店はコスパがいい。
全部で770円で、美味しかったし、お腹も膨れた。


2014/12/24(回転寿司)

1時頃、駅前でちょっと空き時間があったので、軽く寿司でも食べようと思った。
お店は、いつもの元禄寿司(回転寿司)。
回転寿司屋としては15席ぐらいの比較的小さなお店。
駅に近くて、味もまあまあ、値段も手頃なので、日本に帰国した時、最低1回は行く。

始めに、あさりのみそ汁(120円+税)を注文。
次にガリを小皿に取って、粉茶でお茶を作って準備完了。
さあ、寿司を食べるぞ!。

まず、回って来たサーモンをターンテーブルから取る。
すごく美味いという程では無いが、一応、美味しい。
そのあと、順序は忘れたけど、アンキモ、さば、鰻、ねぎとろ、○○を食べる。
このうち、注文したのは、鰻、だけで、後は、回って来たものを取っただけ。

アンキモはメニューに書いて無かったので、注文しなかったが、回って来た。
やっぱり、冬は有るのか。
アンキモは自分の好きな寿司ネタで、好きな寿司ネタベスト5には入る。

久し振りに食べた、ねぎとろ、も美味しかった。
(一時期、ねぎとろが好きで寿司屋に行くと必ず食べていたが、最近はちょっと飽きていた)

しゃこが無かったので、その代りに頼んだ鰻も美味しかった。
(しゃこ、鰻、穴子の共通点、甘ダレを付ける事、甘ダレ系の寿司も好きです)

○○はイカかな、と思って取ったのだが、食べて見たらイカじゃない。
何だか分からない・・・?。何かの貝か・・・?。お店の人に聞いたら、タコ、だった。
タコには赤い吸盤が付いているという先入観があったので、気が付かなかった。
言われてみれば、確かにタコだ。白い部分だけのタコ。

ここまでは、一皿125円+税の、スタンダードなお寿司。
最後は、奮発して(?)、特上の中トロ、380円+税(合計410円)を注文した。
たった1皿(2個)で410円。他の寿司なら3皿食える。
日高屋ならラーメンが1杯食べられる。
クィティオなら3~4杯食べられる。お腹いっぱい食べられる(ていうか、食べ切らない)。
それが、たった1皿で410円(しかも小さい!)の超高級品!。
清水の舞台から飛び降りる気持ちで注文した(ちょっと大袈裟・・・?)。
結果、値段と味は関係ないとは言っても、やっぱり高いものは美味しい。
今迄のものとはレベルが違う。

回転寿司屋の寿司で余りの美味しさに感激した迷人でした(これも大袈裟・・・?)。

お会計は1350円。
始め4~5皿、軽く食べる積りだったのだけど、美味しいから結局、いつもと同じぐらい食べてしまった。

これで、年内の主要ターゲットはクリアした。
今回のブログの外食シリーズも終わりかな・・・?。
でも、先日、食べそこなった丸信のラーメンとか、ドトールコーヒーとか、富士そばとか、まだまだ、荻窪近辺の外食産業も奥が深い(?)ので、もう少し続きます(予定)。


2014/12/23(日高屋のラーメン)

今日の昼食は何にしようか。
丸信のラーメンにしようと思って、店の前まで来たら、4人並んでいる(全員おじさんだった)。
外に4人並んで居るという事は、中にも、空き待ちの席があるので、多分7人ぐらい待って居るハズ。
待つのは嫌いなので、きょうの丸信は中止して、他の店、ドトールコーヒーでレタスドッグ(バンにレタスとソーセージが挟んである)とホットコーヒーにしようか、日高屋でラーメンにしようか、或いは、回転寿司に行こうか迷って、決めかねていた。

まず、ドトールコーヒーの前に来て、中をのぞいたら満員だったので、次に日高屋へ。
ここは、混んではいたけれども、空席はあったので、今日の昼食(大体1:40頃)は日高屋に決定。

まず、決める事。
ラーメン系でいくか、ご飯もの系でいくか、或いはハイブリッドで(例えば、ラーメンと半チャーハンとか)いくか・・・?。
ちょっと迷ったが、当初予定が丸信のラーメンだったので、きょうはラーメン系でいく事にした。

で、無難に(?)葱ラーメンと餃子の小(3個入り)を注文。
ネギは結構大盛りで来る。それをラーメンに乗せて食べる。
ネギのしゃきしゃき感とちょっとした辛さがラーメンと合って美味しい。
ラーメンはネギと麺を一緒に掴んで食べる。
ラーメンを食べる間に、餃子を食べる。
ラーメンとネギ→餃子→ラーメンとチャーシュー→餃子→ラーメンとシナチク→水。
こんな順。
美味しかった。

まあ、日高屋のラーメンは春木屋や丸信にはかなわないが、タイで、お気に入りの8番ラーメンよりは美味しい。
後、日高屋のいいところは、値段を気にしなくていい事。
今日のメニューは610円だったけれども、株主優待の500円券を1枚使ったので、実質110円。
株主優待券は、もしかしたら使い切れないぐらい沢山ある(有効期限がある)。


2014/12/22(吉野家の牛すき鍋膳)

今日の昼飯は、吉野家の牛すき鍋膳。
牛肉、玉葱、白菜、豆腐、きしめん、などが甘味を含んだ醤油味の濃いスープで煮込んである。
鍋の下には火が有るので、ホントに熱々。冬によく合う。
まあ、材料はそんなにいいものじゃないけど、全体的には良く出来ている。
熱々の鍋は、素材の欠点を上手くカバーしていて十分美味しい。
生玉子を溶いて鍋に入れると、味が一段とレベルアップする。
(肉などを生玉子に付けて食べる食べ方もあるが、今回は面倒くさかったので、鍋に入れてしまった)
濃いめのスープが絡んでいるので、ご飯と交互に食べると、ご飯がすすむ。

大盛りで730円。
株主優待の300円のクーポンを2枚使ったので、実質130円だった。


2014/12/21(てんやの天ぷら)

きょうの夕食は遂にてんやの天ぷら。
大海老イカの天ぷら定食だったかな、それにトッピングでマイタケとキス。
まずはマイタケから。
サクサクした衣の中に、もちっと、したマイタケがある、絶妙の食感(ちょっと大袈裟?)、旨い。
その後、ご飯を挟みながら、キス、いんげん、海老、かぼちゃ、なす、の順(だったかな?)で食べる。
何を食べても旨い。
先日、チェンライのシャブシで食べた海老の天ぷらも美味しかったけれど、日本の天ぷらは衣のサクサク感が違う。

小瓶に入れてある漬物も美味しかったので、ご飯にいっぱい掛けて食べた。
ご飯はおかわり自由なので、おかわりもした。
最後はイカの天ぷら。
一番好きなのを最後に残した。
天つゆをタップリ付けて、更に醤油を付けて食べた。当然旨い!。
(関東の人間は醤油味大好きです)

あ~旨かった。なんか夢中で食べちゃった。
食べ終わった後の、この、満足感というか充足感はタイでは味わえない。

因みに、これで970円。決して高くない。
300バーツぐらいじゃ、タイじゃこんなに旨い物食べられない。


2014/12/20(CoCo壱番屋のカレー)

きょうはCoCo壱番のカレー。
カレーと言えばビーフカレー。
カレーと言えば福神漬け。
ついでにサラダ。合計885円。

気のせいかバンコクのCoCo壱番より日本のCoCo壱番の方が大盛りのような・・・?。


2014/12/18(春木屋のワンタン麺)

今日の夕食は何を食べよう。
一人なので作るのもメンドクサイ。ていうか、食材が家に何も無い。

日本に来てからまだ1回も買い物に出掛けてないので、冷蔵庫はカラカラ。
で、夕食と買い物を兼ねて出掛けた。

てんやの天ぷらにしようか、CoCo一番のカレーにしようか・・・?。
今朝が海鮮丼だったので、天ぷらだと材料がダブル、今回はカレーにしよう。
そう思って、CoCo一番に向かって歩いているうちに気が変わって、ラーメンが食べたく成った。
CoCo一番のお店の少し先に荻窪のラーメンの有名店、春木屋がある。
その看板が目に入ったら急にラーメンが食べたく成った。
やっぱり、こう寒いと、カレーよりはラーメンの方がいい。
春木屋は有名店なので、結構、客が並んでいる時が多い。
もし、客が列を作って待って居たら、当初の予定通りカレーにしようと思って行ってみたら、スンナリはいれたのでラーメンを食べる事にした・・・。
が、しかし、その時、目の前に「当店の一番人気、ワンタン麺」の写真入りの看板をみて、気持ちがコロッと変わって、結局、ワンタン麺を注文した。
(優柔不断は自分の持ち味です)

いや~、美味しかった。
その証拠は写真を見て下さい。

因みに、ワンタン麺1200円。ちょっと高い。


2014/12/18(ジョナサンの海鮮丼膳)

今日の朝食(昼食?)は、ジョナサンで海鮮丼膳、1299円(税込)。
これも、写真に撮りました。


2014/12/17(松屋のカルビ焼き肉定食)

この話、最近何回も書いている。
一人で日本に帰国した時は、まず、松屋の「カルビ焼き肉定食」を食べるのが習慣に成っている。
(家族で来た時はサイゼリアが多い)
大体、安い航空券を買うとタイを早朝に出て、成田に午後3時頃、着く便が多い。
なので、荻窪駅に着くのは夕方4時~6時くらい。

タイを早朝に出る便は、朝メシは付くが、後は、到着の少し前に軽食が出るぐらいなので、荻窪駅に着く頃には腹ペコ状態。
今回も1時半頃に、チーズ&ハムのパンを食べただけなので、荻窪駅に(5時半頃)着いた時には、腹ペコだった。
一刻も早くガッツリしたものが食べたい。遠くの店まで待てない。
で、一番駅に近い松屋で焼き肉を食べる事に成る。
もう、習慣に成っているので、東京駅で電車を乗り変えて、中央線の新宿駅を通り過ぎた辺りから、気分は焼き肉モード。

きょうも、駅を出てからキャリーバッグをガラガラ引いて、真っ直ぐに松屋へ行って、「カルビ焼き肉定食」630円を注文(券売機)したのでした。

この感想はもう何度も書いているので、今日は、写真を撮りました。


余談。

次のターゲットはラーメンか回転寿司、或いは天ぷら。
ラーメンは春木屋か日高屋か丸信。回転寿司は、元禄寿司。天ぷらは、てんや。
その後、CoCo一番のカレーと吉野家の牛すき鍋膳。ジョナサンのランチも捨てがたい。

目標は年内に全店制覇という事にしておきます。

2014年12月30日 (火)

一人で呑気に帰国中(2014年12月)(生活編)

2014/12/30(飲み会)

学生時代の友人4人で飲み会。
新橋で午後5時に待ち合わせ。
自分以外の3人のうち、2人はまだ現役で仕事をしている。
残る一人は、年末で退職という事らしい。
やっと、(無職の)仲間が一人増えたと思ったが、来年(2015年)になったら、また新しい仕事を探すらしい。

皆さん、なかなかしぶとい。
そんなに仕事がしたいのかな~、と思うが人それぞれ。
ていうか、日本人は仕事が出来る内はしたい、と思う人が多数派の様だ。
チェンライでは、仕事を見切って自由な生活を楽しんで居る人が殆どだが、こっちの仲間の方がいいよ~。

一次会は居酒屋で、二次会はカラオケ屋で。

やっぱ、日本の刺身は美味しい。
タイで食べる物とは全く違う。
バンコク辺りで、金に糸目を付けなければ日本レベルの美味しい刺身も食べられるのだろうけど、自分は知らない。
チェンマイで、友人に、「ここの刺身は旨い、オーナーが(タイの南の)海まで行って仕入れて来る」という日本料理屋に行った事があるが、確かに美味しかったけれども、それでも日本のレベルには達してないな、と思った。

カラオケ屋(?)では、中国系のお姉さん達が接客してくれた。
大体、昭和40年代の歌で盛り上がった。
ここは、ちょっと高くて、1人11000円だった。
こういう、サービス関連の料金はタイの方が安い。


2014/12/29(本日の麻雀)

多分、今年最後の麻雀。
午後の6時半スタートで11時までの、4時間半。
途中で、麻雀をやりながら食べたラーメンが旨かった。
結果は。

3着→3着→1着→3着→2着→2着→2着→2着 で +70。

今日のメンバーは手強と思っていたが、結局勝ちで、遂に12連勝。

だれか止めてくれ~。

もう勝つの飽きた。


2014/12/23(今日のお仕事1)

今朝は珍しく早く、6時頃、起きた。
大体、飲んで帰った日はすぐに寝てしまうので、昨日、飲んで帰って来て早く寝たからだと思う。

折角目が覚めたので、久しぶりにゴミ捨てをした。
火金が可燃ゴミを捨てる日で、先週の金曜日と、前回日本を立つ前(10月)の数日分のゴミを纏めて捨てた。
いつも9時過ぎに起きる生活をしているので、7時半頃までのゴミ出しは結構きつい。

今朝は洗濯もした。
タイと違って今の時期の日本は、午前中の早い時間に干さないと1日では乾かない。
(この点はタイの方が絶対有利。タイなら3時間ぐらいで乾く)
今日は9時頃干したので、夕方には乾いた。

午後からは、食事と買い物に」出掛けた。

今日の買い物。

ミネラル麦茶、パックご飯、プチエクレア、ポテトサラダ、牡蠣フライ、豚肉バラ薄切り、金目鯛の開き、わけぎ、ミックスフルーツ、食べるラー油、茄子、コールスローサラダ、鉄火巻き、市田柿。

タイで買う食材とは全く違う。似てるのは、豚肉ぐらい。
全部で3921円。


2014/12/23(今日のお仕事2、年賀状を作った)

グーグルで「年賀状 無料 ソフト」で検索して、一番上に出てきた日本郵便の「はがきデザインキット2015」で作った。

ポイントは、チェンライのダチョウ牧場で撮った、羊と一緒に写っている写真をはめ込む事。
(鶏年ならダチョウでもいいかも知れないけど、来年の干支は羊なので)
なかなかスンナリと思う様には出来なかったが、色々やっている内に、何とか、それらしい絵には成った。
まだ宛先を書いてないので仕事が終わった分けではないが、表面(裏面?)のプリントは終わったので、一安心。
尚、ハガキは先日買った、インクジェット写真用のはがき(1枚62円)を使用した。

その後、このブログ用に編集した年賀状も作ったので、それは、元旦に公開する予定です。


2014/12/22(昼間から麻雀)

きょうは昼間(PM1:00)から麻雀。
メンバーは全員、元○○株式会社の退職者。要するに自分の元同僚。
他の3人は自分より入社年次が上の先輩だが(でも歳は殆ど同じ)、退職した年次では、自分の方が先輩。
(そんな事、自慢にならんか・・・?)

日本に帰国した時は、昔の仲間と麻雀をするのが楽しみなのだけど、段々、現役のメンバーが集まらなく成って来て、遂に今日はOBだけで平日の昼間からの麻雀となった。
(今までは、メンバーが殆ど現役の会社員だったので、夕方6時スタートぐらいだった)

1時集合で、12時55分に雀荘に入ったら、他のメンバーは既に席に着いて居たので、ちょっと驚き。
「集合時間の10分前には来るものだろ~」と言われたが、こっちは、少しタイ人が入っているので、時間前に着いただけでも上出来(?)。
(タイ人は、まず集合時間前には来ない、30分遅れ、1時間遅れもマイペンライ(問題ない))。

もう一つ驚いた事。
どうせガラガラだろうと思って入った雀荘が、満員だった事。
平日の昼間から満員・・・?。
日本に何が有ったんだ・・・?。
と思ったが、実は今日は、雀荘の「健康麻雀大会」の日で特別だったらしい。
女性も結構来ていた。

麻雀の結果は。

1着→3着→2着→1着→2着→2着 で +136。

結構大きな勝ちだけど、実はもっと勝てた。
いつもと違うルールだったので(今まで日本に戻った時とも違うルールだった)、点数の数え間違いを多発。
赤5筒、赤5索、赤5萬を見逃したて計算したり、入れ替えればいいのにツモってきた赤5○をツモ切りしたり。
割れ目(サイコロの出目の席は、点のやりとりが2倍になる)を見逃して、割れ目で親満をツモって、本来なら8000点オールなのに4000点オールしか取らなかったり。
多分、気が付かなかった分も含めると、5~6回ぐらいミスした様な気がする。
(相手が気が付いても黙っていれば、自分は知らないままで済むけど、暫くしてから、「さっきハネ満だったよね」とか言って、落ち込まされる)

まあ、でも、勝ったので良かった。
これで、タイの分と通算すると、なんと!、破竹の11連勝。 (^o^)/
向かうところ敵なし。

麻雀が終わった後は、(雀荘の)近所の中華屋で軽く飲み会&食事をしたのでした。

(雑記帳フォト2014に写真あります)


2014/12/20(本日のお買い物)

きょうは、ここ数日の寒さから比べると、少し、寒さが和らいでいた。
何より、外を歩いていて風が無いので、普通に日本の冬の服装で歩いている分には、全然寒くない。

で、きょうのお買い物(の一部)。

(雑記帳フォト2014に写真あります)

UCCのコーヒー。(タイの)知り合いに頼まれた。彼曰く、「タイ(で売っている)のコーヒーは美味くない」。
アタックの洗剤。別に花王のファンという訳ではないですが、洗剤はタイでもアタックを使っています(今日買った分は、当然、日本用です)。
サランラップ。タイ用。日本製はラップの切れ味がいいので、タイへ買って来る様、奥さんの指令が出ている。
「フライパン用アルミホイル」と「レンジで煮魚カップ」タイの家はグリルとか調理機器が揃ってないので、魚を美味しく食べる方法を研究中です。
黒綿棒。日本用。黒いと、取れた耳カスが良く見えるのでいい、と知り合いが言っていたので、今回始めて買ってみた。気に入ったらタイにも持って行く。
箸。日本用。
洗濯バサミ。タイ用。挟む所が丸く成っている洗濯バサミが最近BIG-C(タイのスーパーマーケット)で売ってない。
カレンダー。一つは日本用、もう一つはタイ用。今の季節を逃すともう売ってない。企業の(宣伝用の?)カレンダーより、日付の升が大きいので、色々予定を書き込めるので便利。歳と共に進む記憶力の低下を補ってくれる。大事な用事はサインペンで書き込む。
年賀状。インクジェット写真用のお年玉付き年賀状。これから作らなきゃ。

以上、本日のお買い物。
食材はもちろんだけど、日用品も日本の方が買いやすいし、便利な物が揃っている(様な気がする)。
因みに、黒綿棒と、箸と、洗濯バサミと、カレンダーはキャンドゥのクーポンで買ったので、実質タダ。


2014/12/19(飲み過ぎ)

19日は飲み過ぎで頭が痛いので、すぐ寝てしまった。
日本だといいのは、いくら飲んでも電車で帰れる事。車を運転しなくていい。
もっとも、実は、そんなに飲んでなかったと思うのだけど、ちょっと弱く成ったカナ?。
2人で13000円弱だった。


2014/12/18(日本で最初の買い物)

兎に角、食べ物が冷蔵庫に殆どない。
バターやケチャップじゃどうしょうもないし、すぐに食べられそうな物は非常用のカンパンぐらい(カンパン食べました、お腹が空いていると意外と美味しい)。

で、スーパーで、お買い物。

ミネラル麦茶。季節に係わりなく良く飲みます。
つややかごはん(5パック入り)。一人だとご飯を炊くのも面倒なので。
みかん。やっぱり、日本の冬は炬燵にみかん。古いか・・・?。
バターロールパン。
コールスローサラダ。野菜不足にならない様に。胡麻ドレッシングを掛けて食べます。
イカ巻き。おでんの種ではベスト3に入るぐらい好きです。電子レンジでチンして醤油を掛けて食べます。
海苔ピー。おかきと海苔の相性、おかきとピーナッツの相性がバツグン!。
しじみのみそ汁。みそ汁の具材でしじみはベスト3に入るぐらい好き。でも、最初から作るのは面倒くさいのでインスタント。
あじの干物。タイには無い食材。プラートゥーじゃありません。首はお辞儀をしていません。
おしんこ。これも、タイには無い。STATIONで売っているとか言わないでネ。
あじフライとコロッケ。安くて美味しい。トンカツソースを掛けて食べる。
市田柿。実はこれ、自分の大好物なんです。干し柿はチェンライのメーサイなどでも売ってますが、日本の物の方が、甘味が強くて美味しい。それに、タイで売っている干し柿って、なんか薬物汚染がありそ~で怖い。
フルーツミックス(缶詰)。
チョコレート(メルティーキッス)。冬季限定(?)のチョコレート、冷蔵庫で冷やしても、食べると口の中でとろける感じが最高です。
チェコレート(マカダミアナッツ)。これはタイでも結構売ってるので、タイでも良く食べます。大韓航空のア○娘が問題を起こした関係で、韓国でマカダミアナッツの需要が急増したとかで、その影響がなければいいのですが。

以上、駅前の西友ストアでのお買い物でした。因みに全部で3150円。
一人暮らしだと、自分の好きな物だけを、気兼ねなく買えるのでいい。

(雑記帳フォト2014に写真あります)


2014/12/18(カード、寒さ、株)

日本に着いてから、まだ1円も使っていない。
といっても、現金の話で、実際にはカードを使っている。
昨日の電車とバスの交通費、松屋の食事、今朝のジョナサンの食事、全てカード決済、全てスイカカード。
このへんはタイと違って日本は便利だ。
タイでも、BTSのカードとか、MRTのカード(両方共電車のカード)とか持っているが、それしか使えないので余り便利ではない。

食事に行くために外に出ると寒い。
きょうは風が強く、冷たい風なので、寒い。
「さみぃ~」という感じ。

今週前半下げていた株価が、今日は大幅値上がりしているので、気分的にはちょっと暖かく成った。
午後13:07現在、(日経平均は)439円の値上がり。
12月の10日にIPOで買ったテクノプロHDは、公開価格1950円を下回って15日に上場され、「やられた!」と思っていたが、今日はほんの少しだけ、公開価格を上回って来たので、売ってしまった。
大体、新規公開株で上場時に公開価格を下回るなんて、ちょっとインチキくさい。
まあ、今回は1992円で売れたので、単純計算で差し引き21000円の差(500株の売買)。
NISA扱いで購入したので、(売却益に対する)税金は掛からないが、売りに対する手数料は証券会社に取られるので、手元に残る利益は15633円にしかならない。
でも、損しなかったし、年の瀬の小遣い稼ぎには成ったので、まあいい。


2014/12/17(自宅到着)

さっき(PM6:00)東京の家へ着きました。

やっぱり日本は寒い。予想はしてたけど。
室温6℃。エアコンを入れて、今は20℃に成った。

家の前に来ると中に数か所、灯りが点いている。
アレ?、誰か居るのかな?。そんな分けないし。
良く考えたら、泥棒避けの為にわざと数か所、灯りを点けっ放しにしておいたのでした。
(泥棒さんは灯りの点いている家が嫌いという説がある)

玄関を開けると、郵便受けに郵便物が沢山溜まっていた。
これは、今回の帰国中に整理しなければならない。メンドクサイ。

まずは各部屋、異常がないか点検。どうやら、泥棒さんには入られていない様なので一安心。

次に、兎に角寒いのでエアコンの暖房を入れてから、雨戸を開けたり、トイレの電気を入れたり、日本の携帯の着信を確認したり。
で、次に、パソコンとインターネット、の立ち上げ。
始め、パソコンがフリーズした様に成って、インターネットが立ち上がらなかったので焦った。
良く分からないけど、暫く使わないと立ち上げに時間がかかるみたいだ。

で、メールの点検や市場の確認、ブログの書き込みなどをやろをと思ったのだけど、寒くてそれどころじゃない。
取り敢えず、コタツじゃ炬燵。
ついでに、風呂を沸かそう、フ~ロ~。

炬燵に入ってやっと少し落ち着いた。
で、パソコンで取り敢えず必要な事を調べてからブログのまとめ。
後は、風呂に入ってテレビをちょっと見て、きょうは寝ま~す。
タイからの長旅は流石に少し疲れる。

2014年12月28日 (日)

日本で健康管理

日本へ来る理由の1つに医療機関での受診がある。
別にタイでもチェンライでも医療水準が日本と比べて特別に劣るという感じもしないし、タイにも診療所も総合病院もある。
タイの医療水準は、日本の地方都市並み、というのを何かの本で読んだ記憶もあるが、概ねこの考えは的を得ている気がする。
医療の質は専門家ではないので、よくは分からないけれども、医療に付随するサービスはむしろ日本よりタイの方がいい気がする。
何より、タイの病院では待たされないのがいい。
(最も、これは病院にもよるのだろうけれども)
(自分の家族は、大体、バンコクならバムルンラート病院、チェンライならシーブリン病院)
日本では、眼科や皮膚科など1時間待ち、2時間待ちは普通で(自分の行っている杉並区内の開業医の場合です)、総合病院など3時間ぐらい待たされた事もある。

では、何故、わざわざ日本で受診するのかというと、ちょっと前まで、今年の前半くらいまでは、日本の国民健康保険に入っていたから、というのが1つの理由だった。
しかし今は、住民登録を抜いて海外転籍した(国民健康保険を脱会した)ので、それは理由にはならない。
ただ、皮膚科と眼科に関しては、以前から日本で決まった所で受診していたので、その、継続性を考慮して、という事はある。
しかし、一番の理由は、「日本語で意思疎通が図れる」という点に尽きる。

先日(3日前)、健康診断を受けた。
1年に1回、毎年この時期に日本に来て健康診断を受ける様にしている。

健康診断の場合、最後に医師が(分かっている範囲で)結果の説明をしてくれるが、当然、日本語の説明なので分かり易い。
何が原因で、○○の症状に成ったのか、とか、今後、何を注意すれば良いか等の質問も出来る。
タイ語や英語では、(自分の語学力)では、質問や十分な理解は得られない。

健康診断の中に、今回は「胃カメラ」があった。
こういう、ちょっと怖い検査、危険や痛みを伴いそうな、治療や検査の場合には特に、日本語が通じる、理解出来る、というのは心強い。

最初に、喉の麻酔をする為に麻酔剤を口の中に入れるが、看護婦さんに「上を向いて、飲み込まない様に、出来るだけ喉の奥に貯めて、2分間我慢して下さい」と言われた。
例えば、これが仮に、英語やタイ語だったらば、十分に理解出来ずに飲み込んじゃった、かも知れないし、喉の奥に止めて我慢する、事も出来なかったかも知れない。
仮に、何とか分かって、出来たとしても、本当に此れでいいのか、という不安は消えなかったと思う。

口の中に管を通す時も、要所では、「ちょっと、痛いけど我慢して下さい」(正確に何て言ったは忘れた、ただ、何を言っているかは理解出来た)とか、言うので、痛くても「これは、想定内の事で、慌てる必要はない」と、思えるので、安心して(それでも、実はかなり不安だったけれども)居られた。
しかし、これが、タイ語や英語の説明だったら、もっとずっと、心細かったし、怖かったと思う。
(英語は苦手です)

数週間後には結果の説明も届くはずで、これも、(医学記号を除いて)日本語で届くハズなので、英語のものよりは分かり易い。
(この、レポートをどうやって受け取るかは別の問題で、昨年はチェンライの家へ国際郵便で送って貰った。今年はどをするか、まだ決めて無い)

兎に角、こういった理由で、今回の帰国でも、何回か医療機関を受診した。
眼科と皮膚科は帰国の度に受診している。
12月は健康診断も受けた。
インフルエンザの予防注射もした。
あと、健康診断で歯科の受診も勧められたので、年明け5日に歯科の予約をした。
今の所、大きな問題(例えば腫瘍の存在など)は見付かってないし、眼科と皮膚科の受診も終わったので、今回の帰国時の医療関係の作業はほぼ目途が付いた。

因みに、今回の医療費は以下。

12月19日、インフルエンザ予防注射。3150円。
12月24日、眼科、病院、7000円、薬代、5550円。
12月24日、皮膚科、病院、2950円、薬代、12690円。
12月25日、健康診断、113966円。
尚、今回の健康診断は頭部MRI とか、CT とかやったので高く成っている。
病院も薬代も保険が効かないので、100%自己負担。
全部で、145306円。
これに、後、歯科の分が加わるので、合計15万円ぐらい。
ちょっと、高いけれども、「命あっての物種」と言う言葉もあるし、薬代は2ヶ月分だし、家はまだ娘も小さい(10歳)ので、そう簡単に死ぬ分けにもいかないし、ある程度の健康は維持しないとならない。
病院に沢山行けば、健康を維持出来るというものでもないけれども、検査などは、やるに越した事はない。
基本的に、医療費はケチらない方針。


余談1。

健康診断は検査だけなので、それをやれば、健康に成るものじゃないけれども、前日から食事を抜たり、MRの様な大袈裟な機械でチェックを行ったりすると、それだけで、少し健康に成った気がして来る。
終わった後は、理論的に矛盾しているとは思うけれども、ちょっと健康に成った気がした。
(大きな問題が無かった事も気分を良くしている)


余談2。

市販薬も日本から買って行く事が多い。
これも、以前に使った事が有って安心感がある、とか、取説が日本語なので分かり易い事などが、理由である。
ムヒやウナコーワ、正露丸、薬ではないが日焼け止めなども良く買って行く。
今回は、「しみ、そばかす、日やけ、かぶれによる色素沈着」を防ぐように、シオノギのシナールEXを買った。


余談3。

日本に帰国する理由、健康管理の為、介護施設に居る母の訪問の為、日本に経済の基盤を置いているので各種の管理をする為、たまには日本の美味い物を食べたい為、浦島太郎にならない為、など、色々有るのだけれども、行き帰りが面倒くさいし航空券などの出費もばかにならない。
なので、少しずつでも、(回数を)減らして行こうかとも、思っているのだが、みんなある程度定期的に日本に戻らなければならない用事なので、簡単には行かない。
それに、たまの日本、ある意味、息抜きに成って面白い(実は、これが一番大きな要因だったりして)。

2014年12月14日 (日)

チェンライ日本人会の餅つき大会に行った

日本人会の行事への参加は久し振り。
餅つき大会は、妻にも娘にも好評なので機会が有れば出る様にしているが、年末年始は日本に居る事が多いので出られない年もある。
今年は17日に帰国予定だったので、きょう14日は参加出来た。

大体60数人の人が来ていたと思う、その内、日本人会の正会員は30人ぐらい。
家族会員など、正会員以外の方が多かった。今回はお子様も沢山来ていた。
チェンライ日本人会の正会員だけだと何だか「老人クラブ」の様に成ってしまうので、子供さんや奥様方が大勢居た方が祭としては、いい感じになる。
(お爺ちゃまとお孫さん、の様に見えて実は、お父さんと娘さんだったりする)
(60代70代の爺様だけの、餅つき大会、ではちょっと寂しい)

受付で自分と妻の分の会費200バーツ(10歳の娘は無料)を払ったら、早速、神輿担ぎの役割を仰せ付けられた。
「いい歳(63歳)して肉体労働はちょっと」と思ったけど、他の会員も殆ど60代70代なので、まあしょうがない。
餅つき大会の準備を行った役員の方々のご苦労から比べれば、なんてことはない。

日本人会の会員も6年に成るので、会場には顔見知りの方も沢山居た。
年に1~2回ぐらいしか合わない方、日本人会の行事でしか顔を合わせない方が殆どだが、「○○さんは、まだチェンライで元気でお暮らしの様だ」、などと確認出来て挨拶を交わすだけでもちょっと安心する。
中には、新しく日本人会に入られた方や、始めてお会いする方もいる。
自分は、人見知りをする方なので自分から積極的に話をする事は余り無いが、何人かで話しているのを聞いていると、少しずつ相手の方の事が分かってくる。
やっぱり、タイのチェンライなどという辺境の地で、なんで暮らす事に成ったのかとか、どういう暮らしをしているのか、何を考えているのかとか、同じ日本人として興味が湧く。

餅つきは、役員さん達の挨拶の後、直ぐに始まった。
実は、日本では「餅つき」をやった事が無い。
日本的な行事の餅つきを日本でやった事がなくて、タイの、それもチェンライで経験した。
でも、4~5回突いたら疲れちゃったので、やったうち、には入らないかも知れない。

お餅は美味しかった。自分は海苔の付いた餅が一番だったが、妻と娘には「きな粉餅」が大好評だった。
タイ人の(女性の)口にも「きな粉」は合うらしい。

他の行事としては、神輿担ぎと、カラオケと、抽選会、と今回は盛りだくさん。

神輿担ぎは、8人ぐらいで神輿を担いで、餅つき会場の駐車場の中をぐるっと回っただけ。
多分、ものの5分ぐらい(もっと短かったか・・・?)。
やっぱり、推定平均年齢65歳では、威勢のいい神輿担ぎには無理がある(?)。
(神輿自体は立派なのだけど)

カラオケは好きな人(?)が集まってやっていた。
日本語カラオケはレーザーディスク10枚、200数十曲あったらしい。
始めの数曲は日本の歌で、途中からタイ語の歌に成った。
タイ人の奥さま方の方がノリがいい。

最後は、抽選会。
からくじ無しで、1人1枚配られた抽選券を持っている。
景品は、ぬいぐるみ、米、衣類、おもちゃ(?)、物入れ、サンダル、など。
うちは、物入れ、と、キティちゃんのサンダルが当たった。
娘が一番欲しがっていた、ペンギンの縫い包みは当たらなかったが、隣で聞いていたWさんに当たって、娘にプレゼントしてくれたので、娘は大喜び。

結局、景品は幾つか余って、「欲しい人にあげる」事に成って、妻が2つ程(衣類ともう一つ縫い包み)貰って来た。
自分は「いらない」と言ったのだけど、物欲しがりの妻は止められない。
結局うちは、全部で5つ景品をGETして、物欲しがりの妻としては、十分満足出来る成果だった。

まあ、今回は、妻も娘も十分満足した様なので良かった。

2014年12月10日 (水)

センタンのシャブシに行った

センタンに有るシャブシ(Shabushi by OISHI)に行った。
最近(1年ぐらい前だっけ・・・よく覚えてない)出来たシャブシ、何回か入ろうと思ったのだけど、いつも満員で、待たされるのが嫌なので入った事が無かった。

今日は、ちょっとした用事が有って街に出たので久し振りに、「一休ラーメン」にでも行こうかと思ったら、店が閉まってた。
で、センタンに来て、試しにシャブシを覗いたら、待たされずに入れたので、始めてのシャブシと成った。

ブッフェ形式(タイでは食べ放題のお店をブッフェという)の和食(「和食もどき」という説もある)のお店で、メインは鍋料理(だと思う)。

鍋は、中央分離帯(?)が有って2種類のスープが選べる。
今日は、(タイらしく)トムヤムスープ、と、良く分からないけど、牛乳入りの白いスープ。
(妻が選んだ)

鍋の具材は、回転寿司のようにターンテーブルに乗って回って来る。

多分、昔なら覚えられたと思うのだけど、今は記憶力が落ちて来て覚えられない。なのでメモを取って置いた。
ブログに書こうと思うと、メモを取ったり、写真を撮ったり、結構面倒くさい。
落ち着いて食べられない事もあるので、常にブログを書くのも、アレ、だけど、まあ、それ程の負担じゃないし。

で、具材。

貝、いか、えび、レバ、パックブン(空芯采)、とうもろこしの小さいの(他、名前の知らない数種類の野菜)、キャベツ、レンコン、玉子、牛肉、豚肉、(多分)鶏肉、麺、白身魚、練り物(数種類)、豆腐、きのこ(数種類)、きくらげ、等。

貝は見た目、ハマグリ見たいで美味しそうなのだけど、そんなに美味しくない。
イカも、美味しい種類のイカじゃない。タイによくある、白くて小さいイカ。
えびは、気のせいか(?)滅多に回って来ない。

まあ、全体的には不味くはないが、旨みタップリ、何を食べても美味しい日本の鍋から比べると大分落ちる。

タレは、タイ風の赤い色(オレンジ色?)の辛いタレがあるが、自分は、寿司コーナーに置いて有った醤油を使った。
(日本人はやっぱり醤油)
マナーオ(ライムの液体)やすりおろしニンニクも置いて有った。

鍋以外では。

お寿司(もどき?)。
しめ鯖、サーモン、イカ、タコ、えび、玉子、などのお寿司や巻き寿司。これは、まあまあだった。

えび天、カニカマ(なぜかこれ、タイ人大好き)、揚げギョーザ、焼さば、揚げシシャモ。

きょう一番のお気に入りは、えび天で、5本食べた。
(天ぷら用のつゆが置いて有った)

その他に置いて有ったもの。

ジュース類、タイ製のインチキお茶、アイス、果物(パイナップルやスイカなど)、サラダ(材料は、きゅうりとレタス)、キムチ、カオパット(タイの焼き飯)。
おでん(ゴボウ巻きなど)も有った。

大体、タイでジュースを飲む時は、自分はナームファラン(グァバジュース)が多い。今日も2はいぐらい飲んだ。

これで、家族で1077バーツ(359×3人)。
今のレートで大体3900円ぐらい(1人1300円ぐらい)。
これを、高いと思うか安いと思うか。
まあ、自分(大人の男性)は安いと思うが、妻と娘はそんなに食べない(2人合わせても自分の1人分より少ないと思う)ので、ちょっと高いかも知れない。
まあ、いちいち注文せず、「見て」欲しいものが直ぐに、好きなだけ、食べられるので、全体的には妥当な値段だと思う。

(雑記帳フォト2014に写真あります)

2014年12月 9日 (火)

ちょっとした事(2014年12月)

2014/12/09(山岳少数民族のお祭り)

メーサイの町の南で、山岳民族のお祭りがある、と言うので行ってみた。
どうせ、土産物屋の様な売店があって、客寄せで、ちょっとした舞台があって、山岳民族の踊りか何かをやっているだけの、しょぼいお祭りかと思っていたが、想像以上に規模の大きなお祭りで、メーサイの様な辺境の町にこれだけ大勢の人が集まる事に、ちょっと驚いた。

まあ、内容は想像通り、売店と食べ物の屋台の集合体みたいなものだったが、(パーンの田舎暮らしの)自分も含めて、娯楽や文化的刺激の少ない地域に住む人間には、ちょっとワクワクする催しではある。

タイの田舎祭りって、なんか子供の頃の(日本の)夏祭りが思い出されて、ちょっと懐かしい感じもする。

(雑記帳フォト2014に写真あります)


2014/12/09(本日の麻雀)

1着→4着→2着→1着→4着 で +19。

これで9連勝。
連勝街道が止まらない。


2014/12/08(本日のボーリング)

なんか久々のボーリング。
スコアの方は例によって、ブログに書く程のものじゃないけど、きょうのハイライトはスプリット。
4、7、10のスプリットが出た。
一番奥の左右の2本(7番10番)と左奥の一列前に1本(4番)残ってるやつ。
(自分の腕では)絶対取るのは不可能な残り方。
なので、確実に左の2本を取ろうと思って投げた球が、手元が狂って少し左に流れた。
で、結果、手前の4番ピンの左側に掠る様に当たり、ピンが右側に転んで10番ピンを倒した。
4番ピンを倒したボールは、引き続き前に有る7番ピンも倒したので、見事にスペア達成。

なまじ、中途半端に上手ければ、4番ピンの真ん中に当たるので10番ピンは取れない。
まさに、「下手のなせる技」でした。

これ取れたの、多分、生まれて始めてだと思う。
麻雀で役満を上がるより難しいかも知れない。


2014/12/06(SINGHA PARK)

11/29日の記事、ビアシンの農場の続き。

結局、先週、妻が行きたがっていたシンハーパーク内のレストランに今日、行く事に成った。
バンコクからお義兄さんが来ていたので、お義母さんと、うちの家族の計5人で行った。

シンハーパークは出来て間もないので、チェンライ出身のお義兄さんも、お義母さんもまだ行った事が無い。
なので、うちの家族が案内するような感じに成った。

今日は、乗り合いの園内見学のバスではなく、家の車で園内を周った。
ここは、茶畑とかお花畑とか、先週聞いたばかりの話を、さも、物知りのように解説して周った。

きょうは、前回行かなかった、自転車のコースにも行った。
2人乗りの自転車が1時間150バーツで、娘と2人で自転車に乗って遊んだ。
(2人乗りの自転車は始めて乗った)

で、6時頃から、お目当てのレストランで食事。
先週は何かコンサートが有ったらしくて、物凄い混雑だったのでパスしたが、今日は先週程の混雑ではない。
しかし、レストランの予約はして無かったので、ちょっとだけ待たされた。

自分はビアシンの生ビールと牛ステーキ、サラダなどを食べたが、結構、美味しかった。
タイのレストランチェーンのブラック何とかとか、S&何とかよりは全然美味しい。
これは、(日本などから)お客さんが来た時に、ちょっと使える。
ちょっとした、観光が出来るのもいい。

(雑記帳フォト2014に写真有ります)


2014/12/06(日本人にタイ語を聞くなよ)

娘が私の部屋へやって来て、「アレ、何て言うの、耳に入れる・・・(日本語)」と聞いて来た。
一瞬、タイ語を聞いているのか、日本語を聞いているのか迷ったが、タイ語で、「カッタバッ・・・?」と答えた。
多分、娘は「綿棒」と言っても分からない。
要は娘は、私の部屋に置いて有る綿棒を欲しかっただけなのだが、日本人にタイ語を聞くなよ。

娘は、日・タイのハーフで、タイで暮らして居るのでどっちかと言うとタイ人(のハズ)なのだが、へんなタイ人だ。

(今、「カッタバッ」を調べてみたら、英語の俗語の 「cotton bud」が語源らしい)


余談。

家の中では、自分の部屋が一番整理されているので、妻も娘も、ちょくちょく物を借りに来る。

多いのは、爪切り、はさみ、綿棒、ムヒ、絆創膏、鍵など。
ムヒは代わりにウナコーワが有るハズだし、他の物も持っているハズなのだけど、自分に借りに来る。
貸す(或いは持って行く)のは構わないけど、困るのは、持ってって返さない事。
「ここに有ったハズの爪切りが無い」と言う事が度々ある。
なので、爪切りなど、何度も妻専用とか娘専用とか買って来るのだけど、すぐになくしてしまう。
多分、捜せば家には5~6個(もしかしたら10個ぐらい)の爪切りがあるハズ。

鍵や携帯もよく失くす。
携帯は私の携帯から電話をすれば、音が出るので分かるが、鍵はそれが出来ないので私の保管している鍵を借りに来る。

後、自分のハンカチがよくなくなる。
多分、タイ人はハンカチを使う習慣がないので分からないからだと思うが、お義母さんが洗濯物を手伝うと大体なくなる。妻が洗濯した後でも、戻って来ない事が多い。
どこに行ったか分からない事も多いので、日本に戻った時にハンカチを買って来る。
多分、これも、捜せば家に10~20枚ぐらい何処かに眠っていると思う。

家には、物を吸い寄せて離さないブラックホールが数か所あるらしい。
(多分、妻と娘の部屋の何処か、実質、物置きに成っている客室か、居間の隅に散らかっている物の山の何処か)

タイ人(もしかしたら妻だけ)は「物」は異常に欲しがるのだが、手に入れた物を大切に、或いは有効に、使おうとしない。
手に入れた事自体で(「物」が有る事だけで)満足してしまう様だ。


2014/12/02(本日の麻雀)

2着→1着→3着 で +32。

これで8連勝。
連勝街道が止まらない。


2014/12/01(孫の手)

今日から12月、朝は大分涼しく成って来て、流石に短パン・Tシャツだけではちょっと寒い。
今朝は、Tシャツの上に長袖を一枚、羽織った。

10日程前から背中がかゆい。
一種の加齢現象だろうが、その内治ると思って放っておいた。
しかし、段々、痒みが増して来て2~3日前から痒くてたまらなく成った。
以前(半年程前)、同じ様な症状が出た時に、医者に行って貰った、痒み止めの塗り薬があったので、それを塗る事にした。

右手の人差指に薬を付けて、背中に手を回して塗ろうとするのだが、思った所に届かない。
始めは、肩の下側から手を回すが届かない。次に、肩の上側から手を伸ばしても届かない。
手をひっくり返して、手の甲、ツメの辺りは届くのだが、薬はツメとは反対側に付けて有るので塗る事が出来ない。
昨夜は奥さんに塗って貰ったのだが、今は外出していて居ない。
鏡を見ながら色々やって見るが上手く出来ない。
まさに、そのものズバリ、「かゆい所に手が届かない」状態。

ここで、閃いた。「孫の手」を使おう。
孫の手なら届くので、孫の手の先端にティッシュを巻いて輪ゴムで止めて、(ちょっと勿体ないけど)ティッシュの上に薬を付けて、背中に回して塗ればいい。

この計画、一応、成功した。

しかし、若い頃は「孫の手」の存在意義が解らなかった。
背中が痒いなら、そんな物使わなくても、自分の手で普通に掻けばいいのに、と思っていた。
孫の手など、一種の面白商品で、まさか実用にする商品だとは思わなかった。
自分の背中に、自由に手が回らなくなるなど、若い頃は考えもしなかった。


追記(2014/12/05)

未だに痒みは止まらないが、毎日、朝夕、背中に手を回して、掻いたり、薬を塗っていたら、腕の関節が柔らかく成って手が届く様に成った。

2014年12月 4日 (木)

知らないタイ人に良く挨拶される

2日間程、自転車運動をサボっていたので、今日は長めにサイクリングをしていた。
そろそろ帰ろうかという時、後ろから来たバイクがブッブーと合図(?)を送って来た。
見ると、ちょっと色黒の小柄なおじさんが、ニコニコしてこちらを見て、軽く挨拶をしている。
「全く」、誰だか分からなかったけれども、向こうは親しそうに挨拶しているので、こっちも思わず日本語で、「こんにちわ~」と返した。
おじさんは、(多分)満足そうにして、背中を向けて通り過ぎて行った。
(もう少し、暗く成りかけていたので、「こんにちわ」、じゃなくて、「こんばんわ」、が正しい日本語だと後から思ったけど、ま、タイ人だからどうせ分からない)
家の近所の人は、こっちは分からなくても、向こうは、かなり、自分の事を知っている(らしい)。

(多分)歳のせいで、人の顔(や名前)を覚えにくく成っているけれども、相手がタイ人だと余計覚えにくい。
どうも、タイ人の顔はみんな同じに見えてしまう。
(タイ人のみなさん、すいません)

先日、旅館(チェンライ郊外にある、軽食や飲み物を出す日本風のお店、和風のカレーやおにぎりが有るので月に1~2回行く)に行った時、そこに居たお客さんと目が合った。
何となく、日本人ぽい顔付だったし、向こうもこちらを見ているので、もしかしたら、何処かでお会いした日本の方かな、と、思って軽く会釈をしたら、向こうも返して来た。
席に着いて、もし、日本の方だったら、「こんにちわ」と挨拶ぐらいしに行こうか、と思って暫く様子を伺っていた。
隣の隣の席に座っていた、その日本人風のお客さん、耳を澄まして聞いていたら、流暢なタイ語を話している。
(何だ、タイ人か)
て、別にこれで終わりの話しなんですが、似た様な事は良くある。

余談。

ちょっと、違う話ですが、日本にいて会社員をやっていた頃の話し。

会社の帰り(電車が空いていたから、飲んだ帰りか、残業か麻雀をした帰り)に、会社の知り合いを見掛けた。
向こうも、こちらに気が付いたらしく、こっちの方を見ている(と思った)。
自分は席に座って居て、向こうは立っている。距離は10m程離れている。
で、手を振って挨拶をした。
しかし・・・良く見ると・・・自分の知り合いではなく、全く知らない人・・・。
振り上げた手の持って行き場所に困った。
で、そのまま腕組をして、目を瞑って寝たふりをした。
(恥ずかしかったな~)

普通はどうかは知らないが、自分は若干目が悪い(裸眼で0.4ぐらい)ので、瞬間的に人の顔を判別出来ない時がある。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼