« ちょっとした事(2015年1月、バンコクにて) | トップページ | 数字に関する話、色々 »

2015年1月18日 (日)

日本寺、猫カフェ、雲南飯店

チェンライ空港付近のイミグレでパスポートの更新をした後、時間があったので、ちょっと何処かへ遊びに行こう、という話に成った。
こういう時、普段はBIG-Cやセンタンでお買い物、というケースが多いが、買い物はしたばかりだし、妻と娘から、「まだ行った事のない、パパの知っている所へ連れて行って」とリクエストされた。

ちょっと考えて、今、空港付近に居るので、チェンライの街の北側に何か無いか・・・?。
思い付いたのは、メーファールアン大学の入り口より2Km程北側にあるCAT-CAFE。
娘は猫好きだし、あそこなら、景色はいいし、ケーキでも食べさせれば満足するかも知れない。

たまには、家族に娯楽(?)を提供するのも、お父さんの仕事(?)、という気もする。
そうは言っても、ここは日本じゃない。
ホームじゃなくて、アウェイのチェンライだから、そうそう知っている所といっても無い。
元来、出不精なので遊べる所といっても、あまり知らない。

で、CAT-CAFEの他に、これといったものも思い付かなかったので、愛車シビックを飛ばして北上した。

猫カフェに入るソイ(路地)の途中に、WAT-JAPAN、という日本寺が有る。
ここの住職様とは、知り合いなので、試しにちょっと寄ってみた。
ここの、住職さん、自分と同じで、日本とタイの間を頻繁に行ったり来たりしているので、居ない事も多い(ていうか、居ない事の方が多い?)。
最初、扉は閉まって居たので、やはり居ないかと思ったが、飛び跳ねて扉の上から覗いて見たら、居そうな気配もある。
ホーンを押して、扉を開けてみたら開いたので、中に入って大きな声で、「こんにちわ~」。
そしたら、住職さんが出て来た。
良かった、居たんだ・・・。

日本寺といっても小さなお寺なのだけど、本堂の前に招き入れてくれて、テーブルで飲み物や娘の為に、(日本の)菓子などを出して頂いた。
で、暫く世間話など。

妻は、日本贔屓でお寺好き、なので、もしかしたら面白いかな、と思っていたのだが、この両方が揃っている日本寺は、自分の予想以上に、壺に嵌まった様で、線香を上げてお祈りをしたり、鈴(りん)を鳴らしたりして喜んだり(?)していた。
(3回たたくと教わって、その通りにしていた)

ちょっと立ち寄る積りが、長居をしてしまった。
妻が、なかなか帰ろうとしないので、促して、次の目的地(当初の目的地)の猫カフェへ。
(日本寺から猫カフェまでは5分程)
ここでは、自分はカフェモカを注文、妻と娘は其々ケーキ、後、妻は甘いお茶のドリンクを注文していた。

それから、自分と娘は敷地内を探索。
残念ながら猫は、眠っているのか、猫ルーム(?)の中に引っ込んでいて、外に居たのは2匹程だった。
娘は、撫ぜたいのだけど、怖くもあるらしく、猫の方に手を出したり引っこめたり、ちょっと突っつく程度で、猫の方は迷惑そう(?)にしていた。

お店の屋上が見晴らし台に成って居て、ここからは遠くメーファールアン大学のキャンパスも見える。

ここも、妻も娘も、一応、気に入った様であった。

夕方に成って、自分はお腹も空いたので「何か食べに行く?」と提案。
妻と娘はさっきケーキを食べて居るので、どうか?、と思ったが、「食べに行く」というので、メーファールアン大学の入り口付近の、雲南料理店(?)へ。

ここでは、マーボ豆腐、炒飯、玉子野菜スープ、餃子、などを食べた。
ここのお店、タイ料理の香草やココナッツミルクなどが嫌いな自分には合う。
他の日本人にも、概ね評判のいいお店のようだ。
3人で食べても200バーツと、街中(まちなか)のお店より、大分安いのもいい。

帰りは、バンドゥー辺りから渋滞していたので、街中の道を避けて、空港横のバイパスを通って帰った。
この道、一部工事中だけれども、今では、新しいホームプロのある通り(国道1020号線)を突き抜けて、大分先で国道1号線と繋がったので、街中の渋滞や信号を避けたい時は、結構使える。

本日の企画、一応、妻も娘も満足した様だし、予算的にもリーズナブルだった(猫カフェ260バーツ、雲南料理200バーツ、日本寺への若干のお賽銭は妻が払った)ので、成功でした。

(雑記帳フォト2015に写真あります)

« ちょっとした事(2015年1月、バンコクにて) | トップページ | 数字に関する話、色々 »

タイの生活、チェンライの生活」カテゴリの記事

コメント

よく寄っていただきました。確かに不在中が長いので・・・。かわいい女の子ですね。

先日はありがとうございました。
妻が一番楽しんで(?)いました。
日本人がちょっと気軽に立ち寄れる様な所はチェンライには少ないので、これからも宜しくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっとした事(2015年1月、バンコクにて) | トップページ | 数字に関する話、色々 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼