« ちょっとした事(2015年2月-1) | トップページ | タイ人は一人で病院に行けない(群れたがる4) »

2015年2月12日 (木)

日経平均7年半ぶりの高値(2015年2月12日)

きょうのヤフーニュースの経済欄に標記の見出しが出ていた。
何でも、(日経平均の)終値1万7979円は2007年7月24日以来の、7年半ぶりの高値らしい。
自分の場合、主として手持ちの株や預金を取り崩して生活する、一種の「竹の子生活」みたいなものなので、竹の子の太る事、すなわち日本の株価が上がる事は好ましい。

安倍政権に成って(2012/12/26~)株価は随分上がった。
(自分が)ベンチマークとしている日経平均で見ると、

2012年末、  2013年末、      2014年末、      今年1月末、    今年2月12日終値
10395→16291(56.7%増)→17450(7.1%増)→17674(1.3%増)→17979(1.7%増)

と成っている。
それに対して、自分の竹の子の増加分は、

20.8%増(2013年末の対前年末比増加率)→6.0%増(2014年末の対前年末比)→3.3%増(今年1月末の対前年末比)、と成る。

今年の1月末と2月12日(今日の)終値との比較は集計していないので分からないが、主要株だけの概算値では、7.3%増と成っている。

全体的に見れば、日経平均の上昇率に比べて、自分の成績は悪いが、これは、預金や債券、その他を含んでいるのでしょうがない。
(なお、評価の難しい不動産資産は含めていない)
仮に、日本の株価が暴落などした場合には、預金・債権等が生活を下支えする(積り)。
(ただし、もの凄い大不況や戦争に成れば話は別。債権が紙切れに成ったり、物凄いインフレで、お金の価値自体が大幅に縮小する可能性もある)
(あと、この計算は円ベースなので、円安を考慮すると増加分はかなり目減りする)

最近(今年に入って)ちょっといい感じなのは、日経平均の上昇率を自分の竹の子達の成長が上回っている事で、特に2月に入ってからの成績がいい。

まあ、数字だけ見れば、「悪くは無い」のだけれども、感覚的には、どうも今の状況は居心地が悪い。
何故かと言うと、2年程前から、株価の上昇に伴って少しずつ、株を売って来た。
株は、資産としての意味の他に、趣味みたいな所があって、買って上がるのを楽しみにしている。
しかし、どんどん上がるので、株を売ったお金で、次に買う株が見付からない。
なので、これから上がりそうな株を捜したり、買ったりする、楽しみがない。

買った株が、予想通り上がれば、もっと嬉しいのだが、昔、こういう状況で、無理に買って痛い目にあった記憶があるので、おいそれと新しい株には手を出せない。
なので、国債とかMRFの様な、運用利回りの良くない債権に資金が眠る事に成る。
このままどんどん株が上がり続けると、ベンチマークと比べた運用成績は落ちるばかりに成る。
こういう時が一番対応が難しい。


補記。

鋭い人ならば、この記述の矛盾点に気が付いたかも知れない。
それは、2013~2015年1月までの生活費は何処から出ているか、という点。
少しぐらいの利益など、生活費で吹っ飛んでしまう。
事実そうなので、生活費の分が、丸々マイナスされれば当然(?)、増加分など無く成ってしまう。
この件に関しては、ブログでは省略します。

« ちょっとした事(2015年2月-1) | トップページ | タイ人は一人で病院に行けない(群れたがる4) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっとした事(2015年2月-1) | トップページ | タイ人は一人で病院に行けない(群れたがる4) »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼