« 本日の一品はカツ煮 | トップページ | タイのお寺は目立ちたがり屋(その1)(パーンのお寺) »

2015年5月20日 (水)

蟻と電線

5月12日の記事「蟻の通路」に、5月17日の記事「蟻の浸入路」の記事を加えて、新たに「5月20日」の記事として「マンゴーの木の伐採」を加えて「蟻と電線」という記事にしました。


2015/05/12(蟻の通路)

家の中を、体長3~4mmぐらいの黒い蟻(日本に一番多く居る種類の蟻と同じ?)が沢山歩き回っている。
普段は、この蟻は、家の中には余り入って来ない。
暫く(2ヶ月弱程)家を留守にしている間に、沢山入って来るようになった(らしい)。

沢山、固まって居る所に殺虫剤を散布して殺しても、(多分)次々と家の中に入って来るので、切りが無い。
で、蟻の通路を断つべく(或いは巣を見付けて一網打尽にするべく)、蟻の帯を追いかけていった。

結果、どうやら電線を伝わって上空から侵入して来るらしい(ほぼ間違いない)。
電線を伝って来た蟻が、家の壁を伝って、家の中に通じる小さな穴から入って来る。
で、取り敢えず、穴から電線までの通路に居る蟻を殺虫剤で退治して、通路を断った。

電線は、自分の背の届かない高さにあるので、脚立を持って来るが、それでも微妙に届かない。
上に向かって殺虫剤を散布すると、蟻がバラバラと電線から落ちて来る。
電線は7mぐらい先の電柱から繋がっていて、途中でマンゴーの木と数か所接触している。
多分、そこのどこかから伝って来るらしいが、現時点ではまだ分からない。

というのが、きのうの話し。

今日は、蟻が入って来ていない。
通路を断った効果は、一応あったらしい。
しかし、一時的なもので、その内また、入って来る様な気がする。

電線を切る分けにもいかないし、電線に接触している木の枝を切るのも大変だし、切ったところで、電柱から這い上がって来るかも知れない。

いい考えが思い浮かばない。


2015/05/17(蟻の浸入路)

(2015/05/12(蟻の通路)の記事の続編)

家の中を、体長3~4mmぐらいの黒い蟻が沢山歩き回っている、と言うのが前回の記事。
その後、蟻の浸入は一時止まっていたが、また、入って来る様になった。

今回は経路を辿って、遂に、木から電線へ伝わって来る場所を突き止めた。

B3
蟻の通路

中央のマンゴーの木の葉っぱから、蟻が伝わって来るのが見える。
ここは背の届く高さではない。脚立を使っても届かない。
しかし、そうは言っても、蟻の問題もあるけれども、電線に木が接している事自体、危ないので、もっと下の方から枝を切らなければならない、と思っている。

B4
家と電線とマンゴーの木

因みに、中央は洗濯と物干し場。右に見える白い2つの塔は井戸水をろ過して貯めて置く貯水塔。


2015/06/20(マンゴーの木の伐採)

蟻の浸入路を断つ目的もあるけれども、電線に木が接触しているのは危ないので、マンゴーの木の伸びている枝を今日、切り落とした。

B1_4
枝を切り落としたマンゴーの木と電線

これで、暫くは大丈夫だと思うが、隣のバナナの木や、再びマンゴーが伸びるかも知れない。


補記。

電線に木が接しているのは危ないと思うのだが、家の近所の電線を見たら結構、木と接触している所がある。
この件については、「樹木と電線」で別記事にします。

宜しければ、ポチッとお願いします→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

« 本日の一品はカツ煮 | トップページ | タイのお寺は目立ちたがり屋(その1)(パーンのお寺) »

タイの生活、チェンライの生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の一品はカツ煮 | トップページ | タイのお寺は目立ちたがり屋(その1)(パーンのお寺) »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼