« ちょっとした事(2015年5月-2、チェンライにて) | トップページ | チェンライは今が果物の季節 »

2015年5月31日 (日)

本日の一品はトゥリアン

2週間程前から、チェンライのスーパーでもトゥリアンを見掛ける様に成った。
トゥリアンの品定めには奥さんがうるさいので、先日見掛けた時は、奥さんが居なかったので買うのを見送ったが、今日(5月29日)は奥さんが居たので、今年初めてトゥリアンを買った。

Q1
買って来たトゥリアンの一部

結論から先に言うと、このトゥリアン、メチャクチャ美味しかった。

トゥリアンは割と当たり外れの大きい果物で、美味しいものはホントに美味しい。
上品な甘さと、もっちりとしたクリーミィーな食感がいい。
外れは、甘味が薄くて、ちょっと苦味がある。
今日のトゥリアンは当たり、それも大当たりだった。

よく、トゥリアンの事を、臭い、という説があるが自分はそうは思わない。
むしろ、いい香りだと思う。
実は、昔はちょっと臭いと感じた事もあったのだが、今は、そういう感覚は無く成った。
(でも、熟れ過ぎて、古く成ったトゥリアンは確かに、臭い)

何かトゥリアンって、太陽の光を十分に浴びて、豊かに、栄養たっぷりに育った果物というイメージがあって、ビタミンだか、ミネラルだか、よく分からないけれども、健康にとても良い果物の様な気がしてならない。
大袈裟に言うと、南の国の神秘的な食べ物、神の力を授かる魔法の食べ物の様な気がする。

Q2
トップスの果物売り場

タイに来始めた頃、ドリアンの事をタイ人がトゥリアン(ทุเรียน)と呼ぶのを聞いて、タイ人がドリアンを聞き間違えてトゥリアンと呼んだのか、或いは、西欧人がトゥリアンを聞き間違えてドリアンになったのか、と思っていたが、今調べたところ、元々はマレー語でドリアンだったらしい。
それが、いろいろ伝わって、最終的にタイではトゥリアンとなったらしい。
うちでは、当然、トゥリアンと呼んでいる。

Q3
BIG-Cの野菜・果物売り場

トゲトゲの実から、トゥリアンを取り出している。
(これ、慣れないとトゲで怪我しそう)

Q4
BIG-Cの野菜・果物売り場

取り出されたトゥリアンは、ラップで包んでパック売りされる。
(大体この写真の分で200バーツぐらい)

(奥さんの)トゥリアンの品定めは、指で(ラップの上から)突っついて、固ければダメ(柔らか過ぎてもダメ)という方法。
これ、他のタイ人も結構やるようで、売り場には、「突っつかないように」という注意書きがしてある(らしい)。
(そういうふうに、奥さんが言ってた)

因みに、自分はトゥリアンを食べる時、何故かお茶が飲みたくなる。
多分、トゥリアンだけでは成分が強過ぎて、何かの液体で薄める必要を本能的に感じている為だと思う。
水では物足りないし、コーヒーや紅茶では甘味が被る。ジュース類では果物どうしになるし、ここは、やっぱり、日本人としては、お茶が最適。

ポチッと、して頂けると嬉しいです→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


« ちょっとした事(2015年5月-2、チェンライにて) | トップページ | チェンライは今が果物の季節 »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっとした事(2015年5月-2、チェンライにて) | トップページ | チェンライは今が果物の季節 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼