« タイの階級社会を垣間見た(?) | トップページ | 本日の一品は妖怪百目 »

2015年6月13日 (土)

本日の一品はパッタイ、ついでにファクトーン・ナームカティなど

今日の朝食は奥さんが買って来たパッタイ。

E1
田舎のパッタイ

本にはパッタイは「タイ風焼そば」と書かれている。
まあ、確かに、日本の焼そばに似ていなくもないが、ソース味の日本の香ばしい焼そばとは大分違う。

写真のパッタイは太麺なのでパッタイ・センヤイ

パッタイは、バンコクで1人暮らしをしてる頃、一時マイブームに成って良く食べた。
(13年程前、バンコクのスクムビット・ソイ33でアパートを借りていた。パッタイはソイの入り口辺りの屋台で売っていた)
その頃良く食べたパッタイは、パッタイ・タレー(海鮮パッタイ)。
牡蠣の様な貝や小エビ、ピーナッツを砕いたものやもやし、が入っていて美味しかった。
写真のパッタイは黒っぽいけど、昔食べたパッタイはもっと明るい色、オレンジとかピンクぽい色をしていた。
たぶん、そっちの方が一般的なパッタイだと思う。

このパッタイは太麺の他はカナーという野菜と玉子焼の欠片みたいのが入っているだけ。
まあ、不味くはないが美味しくもない、という程度。
砂糖と唐辛子が入った小袋が付いている。

1個10バーツで、写真のパッタイは1.5個分ぐらい。15バーツ≒50円ぐらい。


E2
カノム・ティアン・サイ・トゥアルアング、ブア・ファクトーン・ナームカティ

パッタイの他に奥さんが買って来た、おかず(?)、は上の2種類。

無理やり日本語にすれば、黄色豆入りティアン菓子とココナッツミルク・カボチャ。
(ティアンの意味とブアの意味が分からない)

黄色豆入りは、薄甘でピリ辛。多分、豆を潰したものに唐辛子などを混ぜて固めた餡を餅の様なもので包んである。
バナナの葉に包んで売っている。
写真の、下1つは、バナナの葉を取って、半分食べたもの。
まあ、ちょっと美味しいけど、沢山食べると直ぐに飽きるかな、という感じ。

ココナッツミルク・カボチャも、一応、美味しい(黄色豆入り、より美味しい)。
ただし、タイのカボチャは日本のもの程、甘味がないので、スイーツとしては物足りない。
まあ、カボチャは緑黄色野菜で健康の為には良さそう。

カノム・ティアンが1個2バーツ、ファクトーン・ナームカティが5バーツ、なので、写真に写っている全部で15バーツ≒50円。

で、今日の朝食、奥さんと2人で45バーツ(パッタイが3個で30バーツ、カノム・ティアンが5個で10バーツ、ファクトーン~が5バーツ)。全部で150円ぐらい(ただし、オレンジジュースを除く)。
田舎は安い!(でも、残念ながら、そんなに美味しくない!)。


一応、自分の知っている範囲でタイ語の解説。

カノム(お菓子)、サイ(入れる)、トゥア(豆)、ルアング(黄色)、ファクトーン(カボチャ)、ナームカティ(ココナッツミルク)

宜しければポチッと、お願いします→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ



« タイの階級社会を垣間見た(?) | トップページ | 本日の一品は妖怪百目 »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タイの階級社会を垣間見た(?) | トップページ | 本日の一品は妖怪百目 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼