« チェンライの暇爺(キーワードは余裕) | トップページ | チェンライの暇爺は、一日に仕事は一つ »

2015年8月21日 (金)

田舎にも洒落た喫茶店(La Moon Cafe)

タイの田舎にも洒落た喫茶店が(?)ある。
何たって、名前が、La-Moon Cafe 、ラ・ムーン・カフェ(と読むのかな?)だもんね。

お店は、(チェンライ県の)パーンの町から、国道1号線に向かう途中にある。

B1
ステーキ59バーツ

ステーキ(สเต็ก)、59バーツ(บาท)と書いてある。
それにしても、この読みにくいタイ文字何とかならないもんか・・・。
a みたいな ส とか、I みたいな เ とか、タイの看板は殆どこの字体だもんな~。 

という愚痴はさておき、ここ数日、円高バーツ安なので、59バーツ、大体200円。本当なら安い。

広告の裏に隠れているのが、今日の話のタネ、ステーキとコーヒーのお店、ラ・ムーン・カフェ。

B2
ラ・ムーン・カフェ

早い話が、農家(?)の一角に小屋を建てて喫茶店(スナック?)にしたお店。

タイには、こういう、コーヒーと甘々の飲み物とケーキ、それと軽食を出すお店が多い。
自分(と奥さん)のよく行くお店だけでも、「旅館」や「アマゾンコーヒー」、など色々ある。
「スタバ」も似た様なお店。

B3
お店の入り口

右側にちらっと写っているのが、外のテーブル席。
真ん中のガラスに映っているのが、自分の車、シビック。

「 La moon Cafe 」、がお店の名前。
営業時間は8:00~19:00。田舎は、開店も閉店も早い。
コーヒー&ステーキと書いてあるが、牛肉は無い!。
有るのは、鶏と豚と魚だけ。

自分のイメージとしては、ステーキと言えば、牛肉だと思うが、その肝心の牛ステーキが無い。
最初来た時、59バーツで(牛)ステーキが食べられる、安い!、どんなものか楽しみ、と思っていたが、「牛は無い」と聞いて拍子抜けした記憶がある。
流石タイ人、一筋縄ではいかない。
(大体、パーンの辺りの人って、殆ど牛肉は食べないからね)

B4
扉を開いて中に入ると、こんな感じ

こじんまりとした、お店。カウンター席が3つ(?)とテーブル席が1つ、ソファーの席が1つ。あと写真に写って無いが、手前に(予備の?)小さなテーブルが有る。
最近、店の外にもテーブル席が2~3出来た。

豪華ではないが、いい感じには出来ている。

自分達(自分と奥さん)が行った時には、カウンターに1人、ソファーに2人(全員、若い女の子の)客が居た。

みんな車で来ていた。
て言う事は、やっぱりこんな田舎でも、こういう店に来るのは、ちょっとハイソって事か・・・?。
(パーンの田舎では乗用車の普及率はまだ低い。女の子で、車で来られるのは、多分ハイソ)
て言う事は、自分達もハイソって事か・・・?。
(ハイ、ソうです。この辺の田舎では普通の日本人は経済的には、ハイソ・・・です・・・?)

2時半頃でも結構客が居る。
奥さんに聞いた話では、何時も結構お客さんで混んで居ると言う話だった。ファラン(白人)も多いらしい。
(店のオーナーに聞いたら、日本人は殆ど来ないらしい)
(奥さんと娘は、週に1回ぐらいは来ている。自分は今日で4回目)

B5
奥のテーブルからの眺め

店長(オーナー)は30代後半ぐらいの若い店長。
ちょっとイラン・インド系が入っている様な、タイ人らしからぬいい顔立ち。

コーヒーなど飲み物類は、此処でオーナーが作るが、食べ物は(多分)裏の農家風の建物で奥さんが作って、持って来る。

夕方、人の(客の)少ない時に行くと、奥さんと子供が店の中で遊んで居たりする。
この辺の、公私混同(?)はタイらしい。
うちの、娘を連れて行くと、子供(ほぼ赤ちゃん)がうちの娘と遊びたがったりする。

B62
飲み物のメニュー

自分が頼んだのが、カフェラテ・ローン。35バーツ(表の白○)。

ホット(ร้อน、ローン)→アイス(เย็น、イエン)→シェイク(スムージー?)(ปั่น、パン)の順で高くなる。
(ปั่นの日本語訳が分からない)
(タイで飲み物を頼む時、この3つの単語を知っておくと便利。ほぼ、カタカナ読みの「ローン(ホット)」、「イエン(アイス)」、「パン(シェイク?)」で通じると思う。

例えば、カフェラテ・パンなら55バーツ。カフェモカ・イエンなら45バーツ。カプチノー・ローンなら35バーツ。
ここのメニューには無いけどテンモー・パン(すいかのスムージー?)自分は好きです。

B7
本日の昼食

手前、豚ステーキとカフェラテ・ローン(自分用)。奥、鶏ステーキと(多分)恐ろしく甘いお茶もどき飲料(奥さん用)。

豚ステーキもサラダもパンも、美味しかった。コーヒーも普通。
「ステーキは牛」に捕らわれなければ、(タイの田舎としては)お店の雰囲気も、食べ物の味も、値段も、いい線いっている。
因みに全部で、奥さんと2人分で202バーツだった。

ここは、無料の「お茶」が置いて有る(ポットから自分で注ぐ)のもいい。

一応、美味しくて、満足しました。ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

« チェンライの暇爺(キーワードは余裕) | トップページ | チェンライの暇爺は、一日に仕事は一つ »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

すてきなお店ですね。空もきれいだし(関係ないか)、食事もおいしそう。

ご家族一緒の楽しい時間が伺えます。(o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チェンライの暇爺(キーワードは余裕) | トップページ | チェンライの暇爺は、一日に仕事は一つ »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼