« スマホと麻雀 | トップページ | 携帯女「旅館」に現る »

2015年8月 9日 (日)

本日の夕食はタイ風(タイ風シーフード野菜炒め、他)

事の発端はセンタン・チェンライのトップスで買ったシーフードミックス。

J1
シーフードミックス、74.5バーツ(センタンのトップスで購入)

以前、イカとキャベツの炒めものが割と美味しかったので、イカだけでなくシーフードミックスなら、更に美味しいかも知れないという発想。

因みに、以前書いた記事。

----- 2015/03/05(本日の料理)(一部編集) -----

イカとキャベツがあったので、イカとキャベツの炒め物を作る事にした。
ネットでレシピを調べると、他にニンニク(カティアム)と唐辛子が必要らしい。
自転車に乗って市場(タラート)ヘ買い出しに行った。

ごま油とナムプラーも用意して、野菜を洗って、適当な大きさに切って準備完了。
火を掛けたフライパンで、ごま油を熱して、まずニンニクとみじん切りにした唐辛子入れて、軽く炒める。
次に、イカとナムプラーを加えて炒める。
最後にキャベツを入れて更に炒める。

結果、なかなか美味しい、タイ風(ナムプラーと唐辛子を入れたので、タイ風?)の炒め物が出来た。

ただし、唐辛子は0.7個ぐらいでも、自分には辛過ぎた。
今度は、辛さを控えて、マヨネーズ味で再挑戦してみる。

----- ココマデ -----

まず、シーフードミックス以外の材料を揃えないといけない。
キャベツと唐辛子が無かったので、ちょうど、食材売りのバイクが来たので、そこで購入した。
キャベツが10バーツ、唐辛子が5バーツ。
この、バイク商店、ちょっとした物を買うには安くて便利。

J2
食材なら何でも(?)揃うバイク商店

このバイク、村の中を巡回している(らしい)。
家の辺りには、大体夕方、4時~6時頃に来る。


J3
購入した、キャベツと唐辛子

一応、材料は揃ったので作り方をざっと指示して、今日は、奥さんに料理は任せた。
基本的な手順は、前回の、イカとキャベツの炒め物と同じ。

ごま油、ナムプラー、ニンニクは、家にあるものを使用した。

J4
イカのマークのナムプラー(魚醤)

タイの家庭には必ず(?)ナムプラーは有る。日本で言うと醤油みたいなもの。
ナムプラーを入れると旨みが増すので、自分は結構好き。
クイッティオなどにも良く入れるし、カオパット(タイの炒飯)には必ず、ナムプリック・ナンプラーを掛ける。

J5
(奥さん作)タイ風シーフード野菜炒め、の出来上がり

唐辛子とナムプラーが入っているので、タイ風(?)。
一応、美味しかった(ちょっと炒め過ぎだったので「一応」)。

材料費等は、全部で100バーツぐらい(シーフード74.5、野菜類15、その他)。

ここで、ついでに、他のおかずも含めた、本日の家族3人の夕食をご紹介。

ま、勿体付ける程の物じゃ無いですが。
タイの田舎では日頃どういう物を食べているかの、ご参考までに・・・。

と言っても・・・その前に、他の家ではどんな物を食べているのか知らなかった・・・。
考えて見れば・・・これが本当に標準的な食事なのかは分からない・・・。


J6
プラーニンとカオパット(タイの炒飯)

プラーニン・パーパオ。
プラー(魚)ニン(プラーニンで魚の名前)パーパオ(料理の仕方らしい)。
昔は、この魚、美味しいと思わなかったが最近(ここ1年ぐらい前から)美味しいかも知れない、と思う様に成った。

因みにお値段・・・いくらぐらいだと思います・・・?。
奥さんに聞いたら、150バーツだそうです。思ったより高い・・・。日本円で500円以上。この辺の人達の生活を考えれば高級品・・・?。

カオパット・カナー・カイ。
カオ(ご飯)パット(炒める)カナー(野菜の名前)カイ(玉子)なので、カナーという野菜と玉子を一緒に炒めたご飯。
要するに、普通の炒飯。

因みに、お値段40バーツ。ただし、写真に写っている分は(全部ではないので)25バーツ分ぐらい。これは、普通の田舎の値段。

J7
タウチェウロン

大豆(?)、ココナッツミルク、ニンニク、唐辛子、豚の挽肉などを煮込んだもの。20バーツ。
まあ、タイ料理の中に混ざっていれば不味くは無い。
でも、普通の日本料理の食卓に載ったら、手を出す人は少ないと思う。
(大体、ココナッツミルクは、日本的な食事には合わない)

尚、きょうの夕食のおかず、作ったものは、タイ風炒飯だけで、後はプラーニン・パーパオもカオパット・カナー・カイもタウチェウロンも全部、買って来ただけの物。
(この辺はタイらしい)
今日の、夕食、家族3人分、全部で330バーツぐらい(自分の日本米のご飯も含む)でした。
(これは、多分、平均より高い・・・)

本日の結論。
タイの田舎に10年近くタイ人と暮らして居れば、少しはタイ料理も食べられる様に成るし、その中での好き嫌いも出来てくる。
という事で、ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

« スマホと麻雀 | トップページ | 携帯女「旅館」に現る »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

旅館はワットロンクンからどのようにいけばよいですか?教えてください。

tom様
始めにご質問のあった、「携帯女~」の方に回答しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スマホと麻雀 | トップページ | 携帯女「旅館」に現る »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼