« 洋館のレストラン(カフェパン・サイ・クルアイが美味しかった) | トップページ | 田舎のロイカトン »

2015年11月25日 (水)

タイ人と間違い電話-2

さっき、誰かから電話が掛かって来た。
電話口で(多分)タイ語でごちゃごちゃ言っている。

「เฟิัำระสาเเหอ่ำฟื่ร・・・」、何の事か分からない。

「もしも~し・・・」

相変わらず、「เฟฟ่ืำเสืหำฟะฟศน・・・」、ごちゃごちゃ言っている。

多分、間違い電話だと思ったけど、一応、(タイ人)の奥さんに聞いて貰おうと思って、携帯を持って行った途端に切れた。

何故かタイ人って間違い電話が多い。多分、頭がわ○い・・・からだと思う・・・?。
しかも、間違えているのに、なかなか気が付かない人もいる。やっぱり頭が○るい・・・?。
こちらが日本語で話し出した途端、謝りもせず、ピッと切る人も居るけれども、いつまでも話し続ける人が結構いる。
(いつまでも話し続けられても困るけど、いきなりピッと切るのも失礼だろ~)

酷いのになると、(タイ人の)奥さんに代わった途端に怒り出す奴も居た。
自分の彼女に掛けた積りなのに男(自分の事です)が出たので、勘違いして怒り出したらしい。
奥さんが、「ここはチェンライで○○ではありません」と一生懸命説明していた。

同じ人が(正確に言うと同じ電話から)間違い電話が何回も掛かって来る事もある。
一回間違えたら、次からは同じ番号に間違い電話を掛けて来るなよ、と思うのだが・・・全く・・・学習能力のない奴らだ。

履歴を調べたら、何回か同じ番号から間違い電話が掛かっていたので、その番号は「間違い電話かな」で、電話帳登録した。
普通は、「井之頭五郎」とか名前を登録する所に、「間違い電話かな」と入れた。
これなら、また掛かって来てもすぐ分かる。

M1
自分のスマホに掛かって来た間違い電話

自分は、日本に年間100日ぐらい居るけれども、日本では間違い電話は殆ど掛かって来ない。
やはり日本人の方が、しっかりしている・・・?・・・らしい。
(日本でもNTTドコモの携帯を持っている)
その代り(?)日本の家の固定電話には、よく勧誘などの電話が掛かってくる。
いきなり自分の自己紹介を始めて、「この度、私ども○○を始めまして・・・」。
なかなか、話が途切れない。前置きが長くて、なかなか本題(用件)に入らない。だんだんイライラして来る。
こういう時は、「資産運用とか、そういうお話でしたら間に合ってます」、「忙しいので、切ります」などと言って一方的に切ってしまう。
多分、そういう電話の何割かは「詐欺まがい」の電話の様な気がする。

ちょっと話が逸れたけど、最近は、日本に居るから安心、タイ人の間違い電話は掛かって来ないと思って油断していると、スマホに替えてからタイからの間違い電話も掛かって来る様になった。
仕掛けは良く分からないけど国際ローミング(?)とか、そんなので、AISのSIMカードの入ったスマホ(写真のスマホ)にタイからの間違い電話が掛かって来る様に成った。

多分、タイ国内の知り合いに掛けた積りの電話が、国際電話になって日本に繋がったとは、掛けた本人(タイ人)は夢にも思っていないのだろう。

タイに在住している、日本人からも掛かって来る事がある。
この場合も、こちらが「今、日本です」と言わなければ、タイに居ると思われてしまう・・・?。
(転送電話は、転送された時に分かるが、国際電話に成った時も、気を付けて聞いていれば分かるのか・・・?)
(補足。何故タイのスマホを日本へ持って行くかというと、LINEでタイ国内の知り合いや家族と連絡を取る為)

いずれにしても、「自分が絶対に正しい」と思っているタイ人、例え間違い電話をしたとしても、マイペンライ、で気にも止めない。

お気楽でいい人達。ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


2014/11/07にも同じような記事、「タイ人と間違い電話」を書いた。
昔、この話題でブログを書いた記憶はあったのだが、それは見ないで、この記事を書いた。
両方共、自分の書いた文章なので似ていて当たり前だけども、同じような事を1年前にも考えていた事が分かった。
.

« 洋館のレストラン(カフェパン・サイ・クルアイが美味しかった) | トップページ | 田舎のロイカトン »

タイ人気質&おバカなタイ人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 洋館のレストラン(カフェパン・サイ・クルアイが美味しかった) | トップページ | 田舎のロイカトン »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼