« 狸の現実(株) | トップページ | 洋館のレストラン-2 »

2015年11月 6日 (金)

洋館のレストラン-1

2015/11/05(洋館のレストラン)

奥さん(タイ人)が友達と行ったレストランが良かったと言うので、一緒に行く事に成った。
場所は、国道1号線とチェンライの街の北を流れるコック川の交差する辺り。
川の畔にある。

Q1
洋館のレストラン

細い路地を入って暫く行くと、花や蔦に絡まれた白い洋館が現れる。
此処が、チーウィット・タマダーというレストラン(変な名前だ)。
(写真右側の松は無い方がいい、全体のイメージが壊れる)


Q2
入り口を入った右側がカウンター

ちょっと雰囲気のある雑貨なども置いて有る。洋酒が棚に沢山並んでいる。ケーキは写真左のケースの中から選べる。


Q3
入り口を入った左側が客席

全体的に白を基調とした、建物、内装で、調度品などでレトロな雰囲気を醸し出している。
明るく、落ち着いた雰囲気がある。


Q4
建物の外にも客席が並ぶ

むしろ、建物内よりも外の方が客席が沢山ある。ちょっと感じのいい、オープンエアのテーブル席。
建物の裏側は、コック川に面している。


Q5
コック川を臨むテーブル席

なんとなく、熱帯ポイ感じがしていい。
水辺にレストラン、日本人もこういうロケーションが好きだけれども、日本人以上にタイ人は水辺が好きらしい。

ちょっと気取って、彼女でも連れて来るにはいいかも知れない。
(奥様、・・・でも・・・いいけど・・・)


Q52
コック川沿いのテーブル席

人が大勢居る方には、余りカメラを向けないので、そんなに混んでいる様には見えないが、昼間の3時頃にしては混んでいた。
奥さんの話しでは何時も混んでいて、駐車場にはベンツがいっぱい止まっているという。
奥さんの(田舎のタイ人の)発想では、「ベンツで来る客が沢山いるお店=いいお店」という事らしい(バ○だね!)。
まあ、確かにそういう雰囲気、タイらしくない雰囲気が分かり易く作ってあって、逆にタイらしいお店とも言える。
(雰囲気は悪くなかったです)


Q6
オープンエアのテーブル席

古い写真機、ピアノ、自転車などアンティークな物に囲まれて、優雅にティータイム?。

この後は、料理の紹介など、「洋館のレストラン-2」へ続く。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

« 狸の現実(株) | トップページ | 洋館のレストラン-2 »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 狸の現実(株) | トップページ | 洋館のレストラン-2 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼