« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の10件の記事

2016年1月29日 (金)

ワットロンクン、中国客で繁盛中

チェンライに数多い、名所・旧跡・観光スポットの中で、今一番勢いが有るのが、ワット・ロンクンかも知れない。

チェンライの名所・旧跡・観光スポットとしては、国境の町メーサイ、メコン川とゴールデントライアングル、中国国民党の末裔と山岳少数民族の居るメーサローン、絶景のプーチーファーなどが有名だが、単独の施設としては、ワット・ロンクンも結構名が知られている。

ワット・ロンクンの場合、その規模の割に集客力がある。
特に外国人にはよく知られている。
元々、ファラン(白人)の観光客は多かったが、ここに最近、中国人観光客が大量発生している。


T2_3
白いお寺として有名なワット・ロンクン

平日にも関わらず大勢の(多分中国人の)観光客が居た。

歴史の浅いお寺が、例えばタイ人に人気のワット・ホイパカンや、由緒正しい(?)チェンライのワット・プラケオ、ワット・プラシンなどと比べて外国人に人気が有るのは、白で統一した外観のインパクトの強さであろう。

チャルムチャイ・コーシッピパットさんという宗教芸術家の方が造られた施設であるらしいが、お寺としては新参の寺であるにも拘わらず、他の由緒正しい寺に伍して、これだけの集客力を持ち、営業的には大成功しているように見える。
おそらく、チェンライの観光施設としては、最も成功したものではないか。


T1_2
どこにも大勢の客がいる

多いのは中国人と思われるが、中国人って、そんなに仏教徒の多い国だっけ?。
あと、折角大勢来る中国人、お金はちゃんと落として行くのか?。
ここは、入場料みたいなものは取らないので、ただ人が来るだけでは儲からない。
お賽銭の様なものを払っている様でもないし・・・。
日本では、爆買い、が有名だけど、ここには爆買いするようなものも無さそうだし。
ちょっとした、宗教グッズでも買っていくのかな?。
因みに、自分は昔、ここで宗教っぽいデザインのTシャツを買ったけれども、日本では、オウム真理教とか何処かの新興宗教と間違えられそうで、着るのが躊躇われた。
(でも、物はいい物だったのでタイではよく着た)


T3_2
出口

タイ語(ターン・オーク)と英語(EXIT)は分かるのだけど、出口は中国語か・・・日本語か・・・?。
ここでは、中国人のほうが圧倒的に数が多いので、恐らくこれは中国語(中国人の為の表示)だろうな。


T4_2
チャルムチャイ・コーシッピパットさんの作品展示室の案内

今回は、家族3人で旅館(カレーなどの和食もある軽食と飲み物のお店)で食事をした後、近くに有るここにちょっと寄ってみた。

お寺の中はもう何回も見ているので、まだ入ったことのない作品展示室に入って見た。
多分、チャルムチャイ・コーシッピパットさんの描いた絵や、彫刻(オブジェ?)の様なものが展示されていてちょっと面白かった(でも2回目はないかな)。

展示室の前では、チャルムチャイさん本人が、あたかもタレントさんのように写真撮影に応じていた。

信仰心は有りませんが、ワットロンクン、たまには何となく面白い。ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

チェンライのトトロ

2016/01/28(チェンライのトトロ)

昨日までの数日間は最高気温で10℃ぐらいで、チェンライには滅多にない寒い日が続いた。
それと比べると、今日は大分寒さが和らいでいる。
天気も、朝方は曇り空だったが、だんだん晴れて来た。

昨日、今日、明日と何故か娘の学校はお休みで娘も家に居るし、お昼も過ぎてお腹も空いてきたので、みんなで何か、外に食べに行こう、という事に成った。

奥さんと相談して、今日のお出かけ先は、旅館(日本のカレーやおにぎり&甘々の飲み物などの有るお店)に行く事に。

その旅館の近くに、最近トトロが住み着いた。


U3
旅館から見えるトトロ

トトロは竹藪の中で(?)暮らしている。

トトロへ行く道の右側にはイチゴ畑。左側には野菜畑。写真には写ってないが、更にその左側にはお花畑が有る。


U2
トトロとバス停

近づいて行くとこんな感じ。
猫バスを待つトトロ(?)。
(多分)サツキちゃんの貸した傘を差している。


U1
トトロと娘

トトロの隣に居るのはサツキちゃんではなくて、我が娘(身長140cmぐらい)。


U5_2
イチゴ畑のイチゴ、2016年1月28日撮影

一応、赤い実が生っているが小さくて数も少ない。
食べてないので、味は分からない。


U4_2
キャベツ畑

野菜畑には数種類の野菜が植わっている。
このキャベツ、ちゃんと結球するのかちょっと心配。


U6_2
野菜畑の隣はお花畑

昨日までより寒くないが、それでもチェンライの格好としては厚着の娘。


U7_2
トトロの方から見た旅館

道路を挟んで旅館がある。

観光客らしき人も数人来ていた。帰る頃には10人弱の団体さんも来た。


U8_2
まずは記念撮影

我が家の場合、外で、何か飲む前、食べる前は写真を撮るルールに成っている(?)。
自分はデジカメで、奥さんはスマホで写真を撮る。
特に奥さんの写真撮影は一種の儀式みたいなもので、必須と成っている。

実は、旅館の飲み物、余り美味しくないと自分は思っている。

あと、これは何処でも(例えば日本でも)そうだけれども、お茶系の甘いものは好きじゃない。
例えば、抹茶アイスとか、抹茶チョコレートとか、写真の抹茶ケーキとかは嫌い。当然、タイの甘々のインチキお茶(もどき)は大嫌い。

また、昔、日本で甘い粉茶を間違って買って、ご丁寧にタイまで持って来た事がある。
折角、わざわざ日本から買って来たお茶を飲もうとしたら、薄甘い味がして、なんじゃこりゃ、だった。


U9
カツカレーとエビカレー

カツカレー(135バーツ)は自分の注文、エビカレー180バーツは奥さんの注文。
大体いつも、奥さんの方が高いものを頼む。

まあ、チェンライ辺りに居ると、180バーツは高いと感じるが、日本円にすれば600円ぐらいだから、そんなに高くはない(?)。

最後に、娘の頼んだおにぎり。🍙


U10
おにぎりとみそ汁と生姜のセット、75バーツ

おにぎり🍙はタイ語で、カーオパンと言うらしい。
最近、食欲旺盛に成った娘には、全然足りなかったようだ。
(みそ汁と生姜は殆ど私が食べた)

ここのカレーとおにぎりは、普通の日本の味なので、チェンライの様な田舎で食べられるものとしては、美味しい。

旅館で流れているBGMは全部日本の歌だが、今日のBGMは知らない歌が多かった。
自分が生まれる前の古い歌か、多分AKB系かジャニーズ系の新しい歌。
分かったのは、美空ひばり(これも相当古い)と中島みゆきぐらいだった。

♬ ま~わる、ま~わる~よ、時代は~ま~わる ♪ で、ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


追記。

旅館の敷地内に鳥居とか池とかあって、以前は自由に行けたのだけど、今日見たら旅館の宿泊客専用に成っていた。
ちょっとだけ面白味が無くなった。
.

2016年1月25日 (月)

牡蠣フライが食べた~い

2016/01/25(今日の牡蠣フライは30点)

牡蠣フライは自分の好物。
チェンライの日本食材のお店、STATIONで買った牡蠣フライが冷凍庫に置いてあった。

いつもは、奥さんの方から作ろうとする事は無いのだが、今日は何故か奥さんが作ろうと準備を始めた。
作る、と言っても、出来ている(パン粉が付いている)牡蠣フライの素を揚げるだけで、別に難しくはない。

しかし、今日は問題があった。

最大の問題は火力。


V1_2
これから牡蠣フライを作るところ

プロパンガスのガス残量が少なく成っていて、どう調整しても火力が強くならない。


V2
ガス、これで目いっぱい

自分一人なら、今日は諦めるところだけど、折角、奥さんがやる気を起こしているので、やってみる事にした。

まずは、油の量。
フライ、という料理方法を知らない奥さんは、タップリと熱い油で揚げるのが美味しいという事が分からない。
普段は、玉子焼きでも何でも、油でベトベトに作るくせに、フライの油をケチろうとする。
ここで、ちょっと奥さんを説得するのに手間取って、油の量は少なめ。


V3
牡蠣フライ作成中

火力も弱いし、ガスが最後まで持つか心配だったので、先に牡蠣を電子レンジで解凍してから油に入れる事にした。

しかし、なかなか油が十分な熱さにならない。

そのうちガスが無くなりそうだったので、まだ十分ではない(ていうか、全然足りない)のは分かっていたけど、牡蠣を油の中に入れた。
普通は、ジュワ、パチパチパチ、という感じになるが、殆どパチパチとならない。
シーンと静まり返っている。


V4
遂に、ガスが無くなりかけて来た

火力が強ければ何とか成ったのだろうけど、ますます火力は弱くなる。
遂に、ガスが無くなる寸前にまで成った。

これ以上はどうしょうもない。牡蠣フライの成り損ないを油から引き上げたが、きつね色からは程遠い状態。

流石にこれではダメ。
しょうがないので苦肉の策。もう一回、電子レンジにかけてチン。
で、出来上がったのが以下の写真。


V6
牡蠣フライの失敗作

変なタイ料理よりはましだけど(タイ料理ってどんだけ不味いんだ!)、フライとしては、かなり酷い出来。
やっぱし、電子レンジは無理があった。牡蠣の旨みが、溶けて出て行っちゃったらしい。
でも、一応、日本から買って来たタルタルソースを掛けて食べました。
焼きが足りないし、サクサクした食感もなかったけど・・・。

娘に、今日の牡蠣フライはあんまり美味しくない、50点ぐらいの出来だね、と言ったら、それを食べた娘、30点だね、だって。

まあ、今回はプロパンガスのガスが無かったのでしょうがないが、日本だったらこんな事はない(東京ガスのガスが出ないなんて事はない)。
やっぱり、何となく、設備面で、タイは暮らしにくい。

クッソー、今度はちゃんとした牡蠣フライ作るぞ!。ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ついでに、アジフライも作るぞ!。
両方とも、材料はSTATIONでパン粉付きの物を買って来るけど・・・。

.

寒い寒い

2016/01/25(寒い寒い)

1月はチェンライでも朝は寒い。
ここ10日間ぐらいは特に寒かった。

しかし、一昨日はそれ程寒く無くて、日中から夜にかけては、むしろ暑いぐらいだった。チェンライの寒い季節もそろそろ終わりか、と思った。

昨日、外に出掛ける用事があって、朝(8時頃)は少し寒かったのだけれども、どうせまた日中は暑くなるだろうと思って、久々にTシャツと短パンというタイでの標準スタイル(自分だけ?)で出掛けた。
いつもは用心で車の中にセーターの1枚ぐらいは持って行くのだけど、それも必要ないと思って、持って行かなかった。

しかし、時間の経過と共に、暑く成るはずが、逆にどんどん寒く成る。
結局、外出している間中、ほぼ1日中、寒い寒い、と震えていた。
(短パンとTシャツという薄着で、寒い寒い、と震えて居る・・・バカだね!)

今朝も寒かった。

W1
奥さんの服装

娘を学校へ送って行った奥さんの服装が、如何にも寒そうな格好だったので写真を撮った。
何枚も重ね着をした上に、防寒コート(?)にマフラーに帽子。
靴下を履いていないところはタイらしい。

いくら寒いといっても、流石に厚着のし過ぎだろう~。大袈裟過ぎないかい・・・?。
まあ、確かに寒いので、気持ちは分からなくもないが・・・。


W2_2
水道の水も冷たい

我が家の設備としては。
日本と違って給湯器もないので水も冷たい。
電気ストーブ、こたつ、などの暖房設備もない。クーラーは有るが冷房のみで、エアコンじゃない。
車のヒーターは、CRVは有るが、シビックにはない(どちらもクーラーは有る)。
風呂に給湯器は有るけど、これだけ寒いと、なかなか熱くならない。
兎に角、寒さに対する備えは少ない。

補足。
チェンライ在留の邦人に聞くと、電気ストーブのある家は少しは有るようだ。
ヒーターのある車は2~3割ぐらいか?。
風呂場(シャワー用など)を除いて給湯器のある家は殆ど無いのでは。

家の辺りのタイ人の家は、上に挙げたもの殆ど無い。
シャワーでさえ水シャワー。
これだけ寒いと、水行、みたい・・・寒中水行・・・修験者が滝に打たれる様なやつ。
最近買ったコンドミニアムでさえ、シャワーは水シャワーが標準設備だったので、給湯器を自前で付けた。


W5
チェンライの自宅のベランダにて

午前10時現在の気温、9℃。確かに寒い。

今朝のテレビ(タイのテレビ)では、ニュースキャスターの男性が、ワンニー、アカート、ディーマーク(今日はいいお天気ですね)、と言ったら、女性のキャスターが、メイシャイ、ナーウマーク(そうじゃない、物凄く寒い)、と返していた。
多分、バンコクからの放送だろうから、寒いのはチェンライだけではなくタイ全体なのであろう。

(タイとしては)物凄く寒いが、この寒さ、どうもタイだけではなく、日本も台湾もベトナムも寒いらしいので、ユーラシア大陸の東側全体が寒く成っているらしい(詳しく調べた分けではないです)。

ネットで日本のニュースを見ると、連日、記録的寒さ、とか、猛烈寒波、とか、大雪・・・、とかの見出しが載っている。
それを見ると、そんなに寒い時に日本に居なくて良かった、と、つくづく思う。
寒い、と言ってもタイの寒さなんてたかが知れているし、ちょっと着込めばなんていう事はない。
日本の寒さとはレベルが違う。
体が、熱帯人化しているので、日本の本格的寒さは耐え難い(元々寒いのは苦手です)。

しかし、2月下旬頃には一旦、日本に帰らなければならないので、その頃までには、何とか寒波は収まって欲しいと思っている。

今、外は雨も降っていて、寒さを一層強く感じる。

W4
庭のバラに付いた水滴


W3
ブーゲンビリアも寒そう
タイ情報のブログランキングに参加してます、宜しくお願いします。ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


追記。

17時現在、外気温8℃。10時に測った時より更に低く成っている。これからも更に冷え込みそう。
聞くところに依ると、チェンマイの山の方では雪も降っているらしい。

因みに、室温(今、このパソコンを叩いている部屋)は13℃。
外よりは、多少暖かい(?)が、暖房が無いのでそれ程変わらない。セーター1枚では寒いので重ね着をして寒さを凌いでいる。

今、学校から帰って来た娘。
このブログを書いている部屋に入って来るなり・・・パーパ、こたつ有る~(日本語)・・・って。
確かに、こたつが欲しいよね・・・。
.

2016年1月24日 (日)

株価暴落(そろそろチャンスかも)

以下の記事はタイとは全く関係ありません。

単なる自分のメモみたいなものです。株に興味の無い方は読み飛ばす事をお薦めします。


2016/01/23(株価暴落、そろそろチャンスかも)

今年に入ってから株価が暴落している。
昨日(1月22日、金曜)は日経平均で941円の急反発をしたが、それでも(日経平均で見れば)昨年末の19033.71円から、昨日の終値は16958.53円と10.9%も下落している。

自分の持ち株で言えば、8,4%の下落。
日経平均の下落よりは若干ましだが20日余りで1割近い下落は大きい。

自分の場合、こういう時は、株は上がり下がりするから儲かる、と考える事にしている。
また、儲かっている時は、仕事だ、と考えるが、損をした時(或いは、含み損を抱えた時)は、株は趣味だ、と思う事にしている。
趣味にお金が掛かる(この場合、損をする)事はしょうがない。
そう思えば、負けた時の心理的痛みは和らぐ。
(それでも、実質は変わらないけど)

更に、自分に都合のよい理由を探す事もよくある。

今回の場合は昨年1年間の売買を今の値段(1月22日の終値)と比較してみた。

例えば、昨年100万円で売った株が、昨日の時点で80万円に成っていたら、売った事は20万円分正解だったと考える。
(売って良かったケース)
逆に、100万円で売った株が、150万円に成っていれば、売った事は50万円分不正解だったと考える。
(売らなければ良かったケース)

買った株も同様に計算する。
100万円で買った株が、120万円に成っていれば、20万円分正解。
逆に、100万円で買った株が、70万円に成っていれば、30万円分不正解。

この方式で、去年1年間の株の全取引を判定してみた。

以下、日付順に。

1月15日、愛三工業、1000株、1073円で売り、現在値1075円、差-2円、損益-2000円
1月30日、愛三工業、1000株、1036円で売り、現在値1075円、差-39円、損益-39000円
2月3日、富士通、3000株、690.8円で売り、現在値527.2円、差+163.6円、損益+490800円
2月17日、日高屋、200株、3021円で買い、現在値3625円、差+604円、損益+120800円
(買い値の3021円は2割無償増資の修正後の値段)
2月24日、ドトール日レス、100株、1807円で売り、現在値1823円、差-16円、損益-1600円
4月27日、三井住友銀行、300株、5283円で売り、現在値3960円、差+1323円、損益+396900円
4月30日、愛三工業、1000株、1129円で売り、現在値1075円、差+54円、損益+54000円
5月1日、富士通、2000株、646.6円で買い、現在値527.2円、差-119.4円、損益-238800円
6月30日、すかいらーく、900株、1603円で買い、現在値1354円、差-249円、損益-224100円
6月8日、ヘリオス、500株、1200円で買い、現在値1148円、差-52円、損益-26000円
6月16日、ヘリオス、500株、1492円で売り、現在値1148円、差+344円、損益+172000円
6月29日、愛三工業、500株、1161円で売り、現在値1075円、差+86円、損益+43000円
7月1日、愛三工業、1200株、1148円で売り、現在値1075円、差+73円、損益+87600円
7月2日、愛三工業、1300株、1150円で売り、現在値1075円、差+75円、損益+97500円
7月2日、日空ビル、100株、7170円で売り、現在値4520円、差+2650円、損益+265000円
7月2日、JALUX、100株、2416円で売り、現在値2048円、差+368円、損益+36800円
7月30日、すかいらーく、900株、1708円で売り、現在値1354円、差+354円、損益+318600円
9月9日、三井海洋開発、700株、1479円で買い、現在値1342円、差-137円、損益-95900円
9月19日、三井海洋開発、700株、1504円で買い、現在値1342円、差-162円、損益-113400円
10月20日、かんぽ生命、100株、2200円で買い、現在値2670円、差+470円、損益+47000円
10月20日、ゆうちょ銀行、300株、1450円で買い、現在値1478円、差+28円、損益+8400円
10月26日、日本郵政、200株、1400円で買い、現在値1596円、差+196円、損益+39200円
11月5日、かんぽ生命、100株、3900円で売り、現在値2670円、差+1230円、損益+123000円
11月5日、ゆうちょ銀行、300株、1769円で売り、現在値1478円、差+291円、損益+87300円
11月5日、日本郵政、200株、1787円で売り、現在値1596円、差+191円、損益+38200円
11月5日、壱番屋、100株、5800円で売り、現在値5570円、差+230円、損益+23000円
11月10日、三井住友銀行、300株、5156円で売り、現在値3960円、差+1196円、損益+358800円
12月15日、フリュー、300株、3200円で買い、現在値3040円、差-160円、損益-48000円

以上の損益をすべて通算すると+2019100円となる。
単純に計算すれば昨年1年間、何も売買をしないより200万円程得をした計算に成る。
実際には、取引手数料や税金が掛かるのでプラス分はもっと少なくなるので、微妙だけども一応、昨年の売買に関しては上手くいった、という事にしておく。

例えば、郵便局関係の3社の株(かんぽ生命、ゆうちょ銀行、日本郵政)など、IPOで買った株を手放さずに持っていても、若干の評価益(94600円)が出ているけれども、(今から見れば)高い時に売っているので、利益の額はより大きく(94600円+248500円=343100円)成っている。
(備考、普通は(3900-2200)*100+(1769-1450)*300+(1787-1400)*200=343100、と計算する)

今の様に(今年の1月の様に)株価の成績が悪い時(自分の持ち株で言えば8.4%も下落しているのだから、悪い事は明らか)は、固まってしまう(株の売買を控える)事が多いが、視点を変えれば、上手く行っている面もあるのだから、そんなに固まってばかりいる事もないか・・・という気もする。

それに、株は半分趣味みたいなところもあるので、本当は売買をしたくてしょうがない。
これ、競馬や宝くじの趣味と通じるところがあると思う。

で、今の相場の分析(そんな大袈裟なものじゃないですが・・・)。

日経平均のチャートを見ると、直近1年では下値に近いところにある。
自分の場合、安値圏で買ってある程度上がったら売る、というスタンスなので、安値圏だと思えば買いに出る。
しかし、5年のチャートを見ると、まだ高値圏の様にも見える。
4~5年前の日経平均が10000円の頃から比べれば、今の株価は下がったといってもまだ、5割以上高い。

別の視点からの考察。
原油価格が下がると株価が下がる、これは変。
まあ、現実にはそうなっているので、いままでの結果はそうなのだけど・・・。
原油価格が上がると、経済が停滞する。例えば、ガソリン価格が上がれば自動車に乗る事が減るとか、エネルギーや物の値段が上がるので使用量を控える、とかで経済が停滞するので、企業の売り上げや利益が減って株価が下がる、というのが本来の姿の様な気がする。
今は、原油価格が下がっているのだから、(特に、日本の様な原油輸入国には)経済活動には有利なはずで、株価が上がるのが普通だと思う。
こういう、矛盾のある時は狙い目だと思う。
(本来上がるべき株価が、下がっているという意味)

まあ、結局何が正解かは分からないのですが、折角、この1月に1割程下がったのだから、少しは打診買いを入れてもいいかな、と思っている。

では、具体的にどう動くか。

今考えているのは、子供二ーサを利用して優待のいい株を数種類80万円弱買って見ようと考えている。
すかいらーく、ビックカメラ、イオンモール、キャンドゥ、なとり、ハニーズ、などがその候補。

あと、何か1銘柄、自動車の自動運転に関する銘柄か、生体認証に関する銘柄、セキュリティに関する銘柄か、物流の自動化に関する銘柄を探して、少しだけ買ってみようと思っている。

でも、なかなか行動に移さないのが、自分のやり方なので、本当に買うか買わないかは、分からない。
最後は、結局、勘の世界。


ここまで、読まれた方、自分の取り留めもない話にお付き合い頂き、ありがとうございます。

最後に、ついでにポチして頂くと、更にありがたいです。ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

2016年1月22日 (金)

ドンムアン空港国内線

2015/01/11(ドンムアン空港国内線)

ドンムアン空港で迷う、の続き。

結局、最初からドンムアン空港国内線のターミナルへ(ターミナル2へ)行けば良かった。
今なら、タクシーの運転手さんも知っているだろうから、国内線(ドメスティック、或いは、ナイ・プラテート)と言えば分かるだろう。
(一応念の為に言うと、第2ターミナルは、タクシーで行った場合、奥のターミナルです)(コメント有)

X1
ドンムアン空港国内線ターミナル(第2ターミナル)


X2
フライトスケジュールの表示板

自分の乗ったエアアジアのチェンライ行、19:55発、FD3205便はTERMINAL2と成っている。
その他、チェンマイ、プーケット、ウボン、ハジャイなど国内線は(当然の事ながら)ターミナル2に成っている。
逆に、国際線、台北、ヤンゴン、シンガポールなどはターミナル1に成っている。
(チェンナイはターミナル1に成っている)(チェンナイって何処か知らない)


X3_2
国内線の入口、ここから先は搭乗客以外は入れない


X4_2
それぞれの搭乗ゲートへ続く通路

手荷物検査を終えた後は、各搭乗ゲートへ。
セブンイレブンみたいなお店や軽食のお店なども有る。


X5_3
動く歩道も有る


X6_2
今回の搭乗ゲートの近くに有ったコーヒーや軽食のお店。

ここのトンカツが美味しい


X7
トンカツとコーヒー

ちょっとお腹が空いていたので、搭乗前に少し腹ごしらえ。

ここのトンカツを食べるのは2回目。
普通の日本のトンカツの味がして、お腹が空いている時には美味しい。
電子レンジで温めてくれる。ウスターソースも頼めば沢山掛けてくれる。
コーヒーにトンカツ、この組み合わせ結構好きです。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

ドンムアン空港で迷う

2015/01/11(ドンムアン空港で迷う)

ドンムアン空港なんてもう100回ぐらい(多分100回以上)利用している。
今更「迷う」なんて事は有り得ないと思っていた。
しかし、今回は違った。

話は、少し前から・・・。

昨日、日本(成田)からタイ(ドンムアン)に来て、ちょっとした用事を今日済まして、これからチェンライに戻る。
ホテルを出て、タクシーでドンムアン空港へ。

途中、タクシーの運転手さんと、「何処から来たのか」「何処へ行くのか」などの、ありふれた会話をしていた。
チェンライへ行くと言うと、運転手さんは、「寒くて大変だね~」と言っている。
バカな事を言っちゃいけない、こっちは昨日まで、(寒い)日本に居たんだ。
チェンライの寒さ何て、何て事は無い。むしろ涼しくて気持ちがいい。
アユタヤ出身の運転手さんは(バンコクより少し北に位置する)アユタヤでも寒くて嫌だと言っている。
それより遥か北にある、タイ最北県のチェンライなんて、とんでもなく寒い所と思っているらしい。
北海道じゃあるまいし・・・。

まあ、そんなたわいもない会話をしている内に空港に近付いて、運転手さんが「航空会社は何処?」と聞いて来たので、エアアジアと返事した。

で、「いつもの」ターミナルビルの前でタクシーを降りた。

ビルに入ると、そこはエアアジアの赤い表示板が並んでいる、搭乗手続きカウンターがいくつも有る、見慣れた風景。


Y3
ドンムアン空港

エアアジアの国内線のチェックイン受付は出発の2時間前からで、今回は、少し早く着いたので椅子に座って暫く時間を潰してから、搭乗手続きへ。

まずは、荷物をX線検査して(写真左側)、検査済みのテープをキャリーバッグのファスナーに貼られる。

さっき歩いている時にエアアジアの赤い表示板に「チェンマイ」の文字が見えたので、多分その隣辺りかと思って、そこに行って見たら、「チェンナイ」だった。


Y1
(右側)チェンナイの搭乗手続き窓口の表示版

隣は、「インターナショナル」だったので、国内線は何処だ、ドメスティックは何処だ、チェンライはどこだ、と端からグルグルと探すが見付からない。
何処に行っても、赤い表示板には全て白抜きで「INTERNATIOL」と表示されている。


Y2_2
インターナショナルの搭乗手続き窓口

もう、赤い表示のある所は全部見た。

あとは、少し離れた所にノックエアの黄色い表示が見えるが、赤の表示はもう無い。
ここで少しパニックに陥った(ちょっと大袈裟・・・?)。

国内線の搭乗手続き窓口は何処に行ったのじゃ~!。

しょうがないので、その辺に居た、エアアジアのスタッフをつかまえて、「国内線何処・・・?」。
スタッフさん、遠くを指さして「向こうだ」というゼスチャー。
どうやら国内線の搭乗手続きはターミナルが変わったらしい。


Y4
左、国際線出発入口、写真のずっと先(赤丸の方)に国内線の搭乗窓口があるらしい

で、折角貼ったX線検査済みのテープも剥がされて、トボトボと指定された方角に歩いて行きました。
まあ、時間はタップリあるので大丈夫。

そのうち(300mぐらい?)歩いていくと、ターミナル間の連絡通路に出た。
綺麗で明るい通路。

Y5
国内線搭乗窓口のあるターミナルへ続く通路

ここから、少し進むと、新ターミナルに出た。


Y6
ドンムアン空港の国内線用ターミナル

本当に「新」なのかは良く分からない、昔から有った建物を改装しただけかも知れない。
しかし、旧ターミナルから比べると明らかに綺麗で明るい。
普通、国際線と国内線が有れば、国際線の設備の方が綺麗な気がするが、ここは、国内線のターミナルの方がずっと綺麗。

そこで、ドメスティックの赤い表示板(エアアジアの国内線搭乗手続き)を見付けて、そこに並んで、手続きを済ませた。

Y7
ドンムアン空港、エアアジアの国内線搭乗手続き窓口

ドンムアン空港国内線へ続く。
日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


備考。

エアアジアの窓口で、ここは何時オープンしたのか聞いたら、2週間前、と言っていた。
今、ネットで調べたら、新ターミナル(第2ターミナル)は昨年の12月24に開業したらしい。
閉鎖されていた旧ターミナルを改修したものらしい。

タクシーの運転手さんは多分、国内線が新ターミナルに移った事を知らなかったと思われる。


2016/02/24(追記)。

本日、日本帰国の為、ドンムアン空港の国内線と国際線を利用したら、この記事を書いた時より、また雰囲気が変わっていた。
暫くは、色々変わりそうなので、利用される場合は、その事を注意した方がいい。

2016年1月21日 (木)

パソコンにお茶を飲ませた

2015/01/21(パソコンにお茶を飲ませた)

6日前、娘がお茶をひっくり返して、パソコンにお茶を飲ませた。

おかげで、食あたりを起こしたパソコンは眠りに入った。
(一応修理に出してあるけれども、永眠したかも知れない)

しょうがないので、(タイで)新しいパソコンを買う事にした。
今まで、パソコンは日本で買ってタイに持って来ていたが、次に日本に帰るまで待てない。
自分の場合パソコンが使えないのは致命的。
例えば、介護施設に居る母の連絡もメールで来る。
株価の確認も出来ないし(正確に言えばアイパッドで出来ない事はない)ブログも書けない。

アイパッドやスマホでは、ブログは書けない。

Z3
アイパッドで表示したブログの更新画面

改行が br/ (青丸)になる。
この編集画面の表示設定を変更する(赤丸)の画面を出すと。

Z4
ブログの編集モード切替画面

このブラウザはリッチテキストモードに対応していません、と成って改行が出来ない。
(やり方を知らないだけかも知れない)
(これ、もしやり方をご存知の方がいたら教えて頂けると助かります)

兎に角、普通の(アイパッドやスマホではない)パソコンが無ければどうしょうもない。不便でしょうがない。

お茶を飲んだ富士通製のパソコンが動かなく成った(電気が点かなくなった)時、取り敢えず1日待って乾いたら使えるかな、と期待したが1日経っても電気は入らなかった。

奥さんが、修理に出せばいい、と言うので一応修理に出したが、まだ、直るとも直らないとも、言って来ない。
修理の期間は2週間で、途中で部品代が掛かる事が分かったら連絡をくれる事に成っている。
直る事が確実なら2週間待ったかも知れないが、2週間経って直らない、では困る。
(それでも直って欲しい)

修理に出した時、そのお店で新しいパソコンを買う事も考えた。
お店に有ったパソコンを日本語で使える様にして貰えるか聞いたが、お店の人は日本語は出来ない、と言う。
その時点で自分の認識は、WINDOWSは多言語対応で、日本語を選択すればいいだけ、だと思っていたが、お店の人は、日本語にするにはもう5000バーツ程必要だと言っている(正確な値段は忘れた)。
なんか合点が行かなかったので、そこで買うのは止めて、よく調べてから買う事にした。

こう言う時、役に立つのは日本人のネットワーク。
自分は顔が広い方ではないが、チェンライにも日本人は沢山居るし、きっとここで(チェンライで)パソコンを買った人も居るはずだ、日本人の経験者に聞いてみるのが一番確実。そう思った。

で、伝手を頼って詳しい人にお願いして、パソコンの購入に付き合って頂いた。

結果、分かったのはこの辺で(調べたのはチェンライのセンタン内の2店舗だけですが)売っているノートパソコンのWINDOWSソフトはシングルランゲージ(英語以外はタイ語だけ)しか無い、という事。

日本語で使うにはそれ用のソフトを買ってインストールする必要があるらしい。
そういう事ならしょうがない、それ用の(多分マルチランゲージ対応の)ソフトを買って、エイサーのノートパソコンにインストールして貰った。
(3~4時間かかると言われたので、その日はインストールを頼んで帰って、先程、日本語インストール済のパソコンを持ち帰って来た)

で、今、そのパソコンを使ってこのブログを書いている。


Z1
エイサーのパソコン、ソフト込みで28000バーツぐらい

しかし、使い慣れていないせいもあるのだろうけど使いにくい。
タイで買ったパソコンなので、キーボードに日本語が無いのはしょうがない。
(代わりに?、タイ文字がある)
ローマ字で日本語入力するのは問題ないが(元々そうしている)、それ以外に色々問題が有る。

以下、使い方の分からない点、使いにくい点。

① 右クリックが無い(?)ので、前のパソコンでやっていた右クリックを使う操作が出来ない。
② 反応速度が極端に遅くなる事があるが、何故だか分からない。そういう時は再起動してやり直すと正常に戻る。
③ お気に入りに入れたが、お気に入りが何処にあるのか分からない。
④ )とか、(の位置がキーボードと合っていない。
  ) は ( の位置、 ( は アスタリスクの位置、 、 は カンマの位置 、 。 は . の位置。
⑤ アスタリスクの入れ方が分からない。
話し言葉を囲う 「」 は何処を押したらいいか分からない(このブログでは、かっこ、を文字変換して入れた)。
@マークの入れ方が分からない。今は、あっと、と入力して文字変換で半角の@を選択している。キーボードの@の所をシフトして押しても ” と出て来る。@の左右の ! と # は表示通りに出て来るのだけど・・・。(因みにこの ・・・ も ??? と入力している)
⑥ カタカナの入れ方が分からない。大体のカタカナは文字変換で出てくるが、出て来ないものは、一文字ずつ文字変換して選択しなければならない。


Z2
パソコンのキーボード

上から2段目、123456789 を Shiftキーと一緒に押すと !”#$%&’() と成る。
! #$% はキーボードの表示と同じ。
@ が ” に成る。Vの逆さまが & に、& が ’ に、* が ( に、( が ) に成る。
(*はキーボード K の右3個目のキーをShiftと一緒に押したら出た)

ややこし~!。

多分、これは自分がやり方を知らないだけで、他の多くの人は問題なく使っていると思われるので、分かって見れば、な~んだそんな事か、と成るのだろうけど、今現在はパニックに陥りそうな程使いにくい。
(このブログを書いている間にも、少しずつ問題は解決してきた。上に挙げた①と⑤は半分解決)(追記、③も解決)

この記事を読んで、タイで買ったパソコンを使っている人は、何を変な事を言っているのだ、と思われるでしょうが、兎に角、今、買いたて、使いたてホヤホヤの感想としては、訳けが分からない程使いにくい。
後でこの文を読んで自分が恥ずかしくなるかも知れないけど、頭が固く成っているのでしょうがない。新しい機械に対する適応力が昔から比べると大分落ちている(元々そんなに無いけど・・・)。

という事で、暫く休んでいたブログを再開しますが、記事の作成に手間が掛かるので(というより、思う様に入力出来ないので)更新の頻度は減るかも知れないです。

取り敢えず、今まで、書こうと思ってメモや写真を取って有った分を少しづつ記事にして行きます。

今後とも宜しくお願い致します。ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


余談。

今迄、娘が何か問題を起こしても、しょうがないな~、と思うだけだったが、今回ばかりは、クッソー、とちょっと腹が立った。

.

2016年1月15日 (金)

成田空港第2ターミナル(後編)

成田空港第2ターミナル(前編)よりの続き。


S11
4階のショッピングモールより見た3階の国際線出発フロア

搭乗手続きが終わった後は、手荷物検査→イミグレ→搭乗ゲートへと進む。


S12
国際線出発入り口

写真中央がパスポートコントロール。
パスポートを見せて、手荷物検査へ進む。ここから先は搭乗者以外は入れない。


S13
搭乗ゲートへ向かう通路1

パスポートコントロールからイミグレまでは、写真撮影禁止なので、そこの写真は無い。


S14
搭乗ゲートへ向かう通路2


S15_2
搭乗ゲートへ向かう通路3

昔(10年程前?)ここに来た時は、徒歩ではなく電車に乗って行った。
いつの間にか動く歩道に成っていた。


S16
搭乗の順番待ちの列

出発予定時刻が9:15なので、ほぼ予定通りの搭乗時間。


S17
これから乗るエアアジア便


S18
ドンムアン行きエアアジアの機内

プレミアムフレックスの席は空いていた、搭乗率は50%ぐらい。
一般の座席は、空席率1~2割だった。

左の列(1列3席)の通路側を予約してあったので一旦そこに座ったが、窓側にも中央にも先客(多分タイ人の夫婦)が居たので、全員の搭乗が終わる頃を見計らって、3席丸々空いていた隣の、中央の列に移動した。


S19
エアアジアの機内食、照焼きチキンなど

今回は、照焼きチキンなどを予約していた。
飛び立ってから1時間程で食事が出て来た。今日は朝4時半起きで、何も食べていなかったので、お腹が空いている。
照焼きチキンはちょっと量が少なかったが、美味しかった。

食事の後は、3席すべて使って(中央の列の3席は自分1人しか居ない)、座席を仕切る肘掛を立てかけて、横に成って寝て行った。
3席ではちょっと短いけれども、少し足を曲げれば寝られるので、座って行くよりは全然楽だった。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

成田空港第2ターミナル(前編)

2015/01/10(成田空港第2ターミナル)

今回のタイへのフライトは、エアアジア便で成田→ドンムアン。
エアアジア便での日本→タイは今回が2回目(1回目は昨年の11月18日)。

タイと日本の往復をする様に成って十数年、以前はスターアライアンスのANAとかユナイテッド(UA)、稀にタイ航空(TG)やシンガポール航空(SQ)を利用していた。
(ANAのマイレージを貯めていた)(今でも一応貯めている)
数年前に、ユナイテッドやシンガポール航空の東京→バンコクの便が無く成ってからは、(スターアライアンスではない)デルタ便も良く利用していた。

これらの便、スターアライアンス系の航空会社もデルタ航空も、搭乗は成田空港第一ターミナルなので、成田空港第二ターミナルには殆ど来た事がなかった。
成田空港第2ターミナルは、昔JAL便などで数回利用した事があるが、ここ数年は利用した事が無い。
昨年の11月から、エアアジアの成田→ドンムアン便に乗るように成って、急に利用する機会が増えた。

今回は、その成田空港第2ターミナルの紹介と、エアアジアの搭乗手続きなどのお話です。

成田空港は電車で行くと、第一ターミナルは終点、第二ターミナルは一つ前の駅なので、ターミナルによって(航空会社によって)降りる駅が異なる。


S1
成田空港第2ターミナルの入り口

エアアジア便は第2ターミナルなので、電車(京成でもJRでもほぼ同じ)で成田空港第2ターミナル駅を降りて少し進むと、第2ターミナルの(地下の)入り口がある。


S2
第2ターミナルの案内版

国際線出発は3階なので、エスカレーターかエレベーターで3階へ上がる。


S3
成田空港第2ターミナル3階、国際線搭乗手続きフロア

3階に上がるとこんな感じ。JALなどの搭乗手続きカウンターがある。
エスカレーターで4階(?)に上がると、物販や飲食のお店がある(写真、上方左右)。


S4
航空会社毎に搭乗手続きのカウンターが並んでいるのは、何処の空港も同じ


S5
Nがエアアジアの搭乗手続きオフィスの目印

写真には写っていないが、写真右側に搭乗手続きオフィスの入り口がある。
一旦、外に出る様な感じになるので、知らないと戸惑うかも知れない。


S6
エアアジア、搭乗手続きの順番待ちの列

結構混んでいて、30分ぐらい待たされた。
まあ、そのぐらいの時間は見込んでいるので問題ない。

待っている間、暇なので周りのお客さんの観察。
エアアジアのお客はタイ人が多い。日本人も少しはいるが、ファラン(白人系の外国人)は殆どいない。
デルタ航空などの欧米系のキャリアとも、ANAなど日系のキャリアとも客層が違う。タイ航空とも違う様な気がする。
自分のイメージとしては、エアアジアの客層は、少し田舎くさい感じ、あか抜けない感じ、のんびりしている、気取りが少ない感じ、など。
兎に角、我が物顔で巨漢のファランが少ないのはいい。
タイ人は4~5人の団体さん(家族連れ?)が多い。全体に、個人客(ビジネス客?)は少ない。


S7
搭乗手続きカウンターにて手荷物の重量を量る

荷物を預ける時に重量を量るが、いつもギリギリまで詰め込んで来るので、少しドキドキする。
今回は荷物の重量を最大25kgにしてあったので、24.7kgはギリギリ(?)セーフ。

特に指定しないと、荷物は最大20kgに設定されるが、日本からタイに行く時は食材など持って行きたい物が沢山あるので、ネットで予約する時に少し多めに設定した。
あと300グラムで、ジャスト25kg。
係りのお姉さんに聞いたら、「四捨五入して25kgまでならOKにします」と言っていたので、もう700gぐらいは詰め込めた。
もう少し、お菓子でも入れて来れば良かったか。

荷造りをした時、一応キャリーバッグの重さは量ったが、空港で荷物を少し入れ替えたので、量る前はちょっと心配だった。
空港で、それまで着ていたハーフコートをキャリーバッグに入れたが、その増加分は家で量って来なかった。
家には体重計しかないので、キャリーバッグの重さは、最初に(服を着たまま)自分の体重を量って、その後、キャリーバッグを抱えて量って、引き算で計算した。

搭乗手続きは、荷物の重量オーバーも無かったし、ネットで予約した内容に間違いも無かったのでスンナリ終わった。
係りのお姉さんに聞いた話では、(ネット予約に間違えが無ければ)Eチケットが無くても、予約番号が分からなくても、搭乗手続きは出来るらしい。
(これが、たまたま今回だけなのか、エアアジアだけなのか、どこの航空会社でも同じなのかは調べてません)
ただ、予約するときに氏名のスペルなどを間違えると問題に成るらしい。
あと、タイへの入国資格についても聞かれた。
自分の場合、マルチビザの有効期限がまだ十分残っているので、これも問題ない。

搭乗手続きが終わって、少し時間があったので、ターミナルの4階(?)を、ちょっと覗いて見た。


S8
ターミナルの3階(搭乗手続きカウンターのあるフロア)から4階へ上がるエスカレーター

4階の商店街(ショッピング&グルメ)にはエスカレーターで上がる。


S9
4階の商店街

4階には飲食店と物販のお店が50(?)店舗ぐらいあるが、ここのレストランはまだ一度も利用した事がない。
今回も、偵察しただけ。
今度、家族で来た時にでも利用してみる。


ちょっと長く成ったので、「成田空港第2ターミナル(後編)」へ続く。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼