« チェンライで獅子舞(中国正月) | トップページ | 本日は洋食屋で飲み会 »

2016年2月 9日 (火)

株価暴落(フライングしたかも)

2016年1月23日の記事、「株価暴落(そろそろチャンスかも)」の追跡記事です。

例によって、株に興味のない方は読み飛ばして下さい。


本日、株価は暴落した。


P1
2月9日、13:40頃(日本時間15:40頃)のYAHOO-JAPAN の経済欄

「終値918円安 下げ幅今年最大」、「円一時114円台 1年3カ月ぶり」、「ゆうちょ貯金金利を引き下げ」などの、経済記事の見出しが並ぶ。


1月23日に記事を書いて以降、株価は乱高下をしていたが、株価水準自体は、あの時の株価とほぼ同じ(日経平均で)17000円近辺で上昇と下降を繰り返していた。
しかし、本日の株価は-981円と急落し、日経平均で16085円と大きく水準を切り下げた。

ちょっと前回の記事を振り返って見る。
以下、1月23日の記事の抜粋。

--------------------------------------------------ここから
今年に入ってから株価が暴落している。
昨日(1月22日、金曜)は日経平均で941円の急反発をしたが、それでも(日経平均で見れば)昨年末の19033.71円から、昨日の終値は16958.53円と10.9%も下落している。

(中略)

まあ、結局何が正解かは分からないのですが、折角、この1月に1割程下がったのだから、少しは打診買いを入れてもいいかな、と思っている。
--------------------------------------------------ここまで

で、自分は、この見通しに沿って2月1日に打診買い(と一部利益確定の売り)を入れた。

2月1日の売買。

三井住友銀行を3685円で500株買い。
日本電信電話を5385円で400株売り。

三井住友銀行は、本日の終値3106円なので、単純計算で
(3685-3106)×500=289500円、の損をした事に成る(評価損)。

日本電信電話は、本日の終値5101円なので、
(5385-5101)×400=113600円。
単純計算で、これは、113600円分、早く売って良かった事に成る。

両方の合計では289500-113600=184900円の損(?)をした計算。
(ただし、NTT株の売却自体は、安い時に買っているので、手数料を引かれた後でも728129円の現実益が出ている。税金の計算はしていない)

結論から言えば、やはり2月1日の売買は失敗。
買に手を出すのが早過ぎた。

急落や急騰している時は、安易に売買に手を出さない様に注意はしているのだが、基本、売買をしたくてしょうがない(株が好き)ので、「もうそろそろいいかな」と思って失敗する事が多い。
ただし、まだ打診買いの段階なので、2月1日の売買自体は実質的にも心理的にも大したダメージはない。
それよりも、手持ちの株の評価額が下がって、今朝まであった株等の評価益が、(多分)今日マイナスに転じたのが大きい。

しかし、あえて、負け惜しみ(?)を言えば、悪い事ばかりではない。

「円高」は円とバーツの交換レートを良くするので、日本からお金を持ち込んで生活している立場からすれば有利である。
株が下がった要因の一つが円高に振れた事らしいが、円高自体は(株が下がらなければ)有利に働く。


P3
2016年2月9日14:30(タイ時間)のベストレート

大体スーパーリッチ・プラトゥーナムがベストレートの事が多いが、他の両替屋の方がいい時もある。
現時点では、サイアム・エクスチェンジが、スーパーリッチより、10000円に付、5バーツいい。

数日前は(日本円10000円に対して)3000バーツを切っていたので、それと比べると、交換レートは大分良く成っている。

その他、有利な点を無理矢理探すと。
各金融機関の金利低下は、相対的に固定金利の既発債権を所有していれば有利に働く。
ただし、社債などは、極端に経済が悪化すれば、倒産→債務不履行の危険もあるので、手放しでは喜べない。
(トヨタやソフトバンクの社債などを所有している)

米国やオーストラリアの外債は(円高では)マイナス。

商品は、金は最近上がっているが、原油の下落が痛い。
商品取引はしてないが、三井物産や三井海洋開発など石油価格と連動性の高い株を持っているので、石油価格のこれ以上の下落はちょっと辛い。

しかし、分散投資してあるので、株が少しぐらい下がっても慌てる必要はない。
やっぱりここはチャンスと思って株価の成り行きを、注意深く、しかしワクワクしながら見て行きたいと思っている。

でも、流石に今の下げの勢いは強いので、少し落ち着くまでは、固まっていようか・・・?。

結局、投資(博打?)なんて、どうすればいいのか分からないのです。

でも、面白い・・・。ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


余談。

同じ(?)博打と言っても、宝くじ(タイの場合はロッタリー)やカジノ(ポイぺトやゴールデントライアングル)は余りやる気がしない。
(遊びで試しにちょっとだけ、ならいいけど)
何故かと言うと、上手い下手が無いから。確率の問題で損をする様に出来ている。期待値が1以下のギャンブルは積極的にやろうとは思わない。
麻雀や株、債券、金取引は上手い下手が有る様な気がして、考える要素があるので面白い。
FX(為替保証金取引)は自信がないのでやらない。
土地取引は手続きが面倒くさそうなのでやらない。
不動産を買うとすれば、投資ではなく消費。
.

« チェンライで獅子舞(中国正月) | トップページ | 本日は洋食屋で飲み会 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

16,000円まで下落したので、「買い」かとも思うが、2016年は年初から、日本市場だけではなく、世界の市場が下落なので、手を出しにくい。
12,000円まで下落するとの予測もある(高名な方)。
米国経済が7年に及ぶ景気拡大期が終わり、景気後退期に入ったという説があり、そうなると、利上げどころではなく、ゼロ金利に復帰するかも?ドル安・円高が100円まで進むと、北タイの爺さんたちは御喜びだろうが、日本株は1万円までつっこく可能性も?
もうひとつ気になるのがドイツ銀行の不良債権問題、第二のリーマンショックはドイツ銀行と言われている。メルケルがどこまで支え切れるか?

銀行株が暴落し、三井住友FGも3000円を切れそうな雲行きだ。PER5倍、配当は4%と言っても、2012年には2,000円まで突っ込んだことがあるので、買う勇気がでない。
3000円割れで少しだけ打診買いに入ろうか?

東京市場はヘッジファンドの先物売りで、個人投資家の現物売買など屁みたいなもの。

投資は予測が困難なので、現在は、下記サイトにあるような「放ったらかし」投資術が人気だ。
下記サイトで人気のファンドを買って20年も保有し、その間の値動きは無視、従って精神衛生上は非常にいいそうだ。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20160123-00047516-biz_gendai-nb

三井住友FGの最高買い価格は2009年6月の3928円。これは、公募増資で買ったもの。
この、公募、ちょっと問題だと思った記憶が有る(公募価格をすぐに大きく下回るって、発行会社の責任ではないかも知れないけど、ちょっとな~、という感じは残った)。
二番目の買い高値が今回の3685円。
逆に、安値買いの一番は、2011年11月の2039円。

売りは、2015年4月の5283円が最高値。今と成っては、この値段で全株売っておけば良かったと思うが、株なんてこんなもん。
売りの最安値は、2013年3月の4060円。

今の所、この銘柄では損をした事が無いので、何匹目かのドジョウを狙って買いのチャンスを窺っている所です。

アベノミクスと日銀黒田の対応がまずかったな。

いやはや相場はジェットコースターからウォーターホールですね。
でもなんかワクワク感がw なんでも物色できる期待感がムクムクとw
とりあえず来月半ばは超円高期待wなんで、年度末あたりまで我慢かなw

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チェンライで獅子舞(中国正月) | トップページ | 本日は洋食屋で飲み会 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼