« 日本で呑気に生活中(回転寿司など) | トップページ | 日本で呑気に生活中(滞在7日目) »

2016年3月 1日 (火)

群れたがる1&3

タイ人の、特に田舎のタイ人の特徴的な性質の1つに、「群れたがる」というのがある。
ここでいう、「群れたがる」とは、「怠け者」、と密接に関連していて、自分で努力をせず、考えず、人に頼ろうとする、マイナスのイメージを持っている。
皆で協力して何かを行う、とか、皆で助け合う、とかいうプラスのイメージのものとは違う。

タイで、タイ人と暮らす様に成って、この「群れたがる」という性質に違和感を持った事は多い。
その都度、何でそう成るのか、正しくはどうするべきなのか、を考えて来たが未だによく分からない。

ただ、タイの田舎の発展が遅れている理由の1つが、この「群れたがる」性質、自分で努力をせずに人に頼ろうとする性質、に由来している様な気がする。
「群れたがる」というのは、タイ人の事を考えるキーワードとしては重要なものだと考えている。

群れたがる1~5は、それぞれの時点で起った事、考えた事、を書いたものです。
1~5の順番は特に意味は有りません。

また、何を、どう、群れたがるのかも、其々異なりますが、その根っこに共通したものを感じたので、「群れたがる」として、シリーズ化しました。
各記事へのリンクは、この記事の終わりに貼ってあります。

尚、「群れたがる1」の部分は古い記事で、以前、他の記事の中に入れたものですが、より関連の強いここに移しました。


2013/11/29(群れたがる1)

チェンライに居ると感じないが、バンコクではまたまた、タクシン派と反タクシン派で、もめているらしい。
大勢のデモ隊で、官公庁などが占拠されているという話し。
まあ、政治的な事は分からないので置いておくとして、何か違和感がある。
自分のイメージでは、タイ人は流される人達で、正義感に燃えて世の中を変えていこう、などと面倒な事を真剣に考える人達ではない。
(そういう人も少しは居ると思いますが)
そこで、思い当たった事。
もしかしたら、タイ人の「群れたがる」という性格が影響しているのではないか?。

自分のまわりのタイ人を見ても、とにかく「群れたがる」。
病院や役所に行くにも、1人で行けばいいのに、5人も6人もついて行く(事もある)。
昔、奥さんとの結婚の手続きには、役所に8人付いて来た。
ちょっと用事が有って遠出をする時も、関係無い人まで含めて、定員5人の車に7人も詰め込んで行こうとする。
自分が日本に帰る時、空港への見送りに、お義兄さんの家族や近所の子供まで付いて来た事がある。
(いちいち見送りなど、いらないのに)
結婚式、新築祝い、大学の卒業祝い、お葬式、誕生日のお祝い、など何かに付けて大勢の人を集めて宴会を開きたがる。
(新築祝いと、お葬式は村中の人を集める、大学の卒業祝いは一族全員を集める、誕生祝いや結婚式でもかなり広範囲の人を集める)
(我が家の新築祝いには、200人ぐらい来た)

まあ、宴会や個人の用事と、政治的なデモを同一視するのは、ちょっと無茶な気もするが、とにかくタイ人は大勢集まって騒ぐのが大好き。
(政治的な主張と言うより、みんながデモに参加するから自分も参加する、大勢で騒ぎたい、という人が、かなり混ざってるんじゃないか?)
ついでに言うと、行動が過激になるのは、理性的に考える事が苦手で、感情に流され易い為だと思う。

どうも、そういうタイ人の性格を利用して、裏で糸を引いているスポンサーがいる様な気がする。


2016/02/29(群れたがる3)

田舎のタイ人の、「群れたがる」性質は、元々は、村や一族の中で孤立しては生活する上で著しく不利になる事が最大の原因だったと思う。

日本でも、「村八分」という言葉があって、孤立は不利に成るのだろうけれども、日本の場合はある程度、公平性が保証されているのと、1人1人の(家々の)独立性が尊重されているので、タイ人程群れる必要がない。
(日本の田舎には住んだ事が無いので、推測です)

日本には自分の事は自分でやる(家の事は其々の家で責任を持つ)という文化があるので、タイ人の様に、一族で「もたれ合う」事は少ない。
逆に言うと、タイ人は問題(例えば経済的な問題)が有った時に、自分で努力して解決しようとせず、一族の誰かに頼る(事が日本人と比べて多い)。
しかし、タイの田舎が経済的に発展する為には、この「もたれ合い」の体質を変えて行く必要があると思っている。

例えば、もたれ合いだと、お金に困った時に、一生懸命仕事をして、苦労して(工夫して)お金を稼ぐ事をせずに、援助をして貰う事で解決しようとする。
これでは、一時凌ぎで問題の本質的な解決にはならない。

更に、こういう事が常態化すると、努力して援助する方がバカみたいになる。
努力してもしなくても(頭を使っても使わなくても)結果が同じなら、努力してもしょうがない、と思う人だって出て来る。
結局、お互いの足を引っ張り合う事に成る。
(みんなが努力しなくなる)

この地に住む日本人は、その感覚に悩まされる事に成る。
日本人は一般的に援助をする方に回るので、何の努力もしていない人達に(少なくとも、日本人から見れば、そう見えるタイ人が田舎には多い)何で援助をしなければならないのか、と成る。
例えば、小さい例だけれども、お義兄さん夫婦と食事に行くと毎回、支払は日本人の家族の側に成るケース。
兄弟姉妹は対等の関係なのだから、割り勘にするとか、1回交代にするのが正しいハズだが、タイ人相手にこの理屈は通じない。

兄弟姉妹間で有ろうと家計は別々という考えが日本ほど強くないので、金は有る方が払うのが当たり前という(間違った)風潮がある。

日本でも、昔は、(結婚したりして)独立しても、兄弟姉妹間の助け合いはあったかも知れないが、最近は少なく成っていると思う。
タイもバンコクなどは大都会で、そういう意味では、だんだん日本の様な、個々が独立した社会に成って行くのだろうけれども、バンコクと言っても、そこに住む人達は北タイやイサーンの田舎の出身者も多いし、都会らしく成った歴史も浅いので、まだまだ日本の様な、自己責任の確立した社会には成っていない。

兎に角、貧しいと思ったら誰かの援助を期待するのではなく、自分で努力して稼ぐようにする。
それ以前に、貧しく成らない様に、最初から勉強したり、工夫したり、考えたりする努力をする。
そういう社会にして行かなければ、タイの田舎は、経済的にますます取り残されていく様な気がする。
「群れ合って」一人一人が努力しない、考えない、社会は昔はそれでも良かったのかも知れないけれど、経済が発展して来た今では、流れに付いて行けない。

金銭の問題に限らず、文化や生活の向上も、人に頼らず、自分で頭を使って解決するように、していく必要がある。

タイの田舎が発展する為には、「群れたがる」という性質を変える必要がある、と自分は考えている。

今日の文章、何だか良く分からない・・・?。でも、ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


尚、以下は過去の群れたがるシリーズの記事へのリンクです。

2014/05/30 群れたがる2 
2015/02/24 タイ人は一人で病院に行けない(群れたがる4)
2016/02/16 タイ人同士の付き合いに私を巻き込まないで(群れたがる5-1)
2016/02/19 タイ人同士の付き合いに私を巻き込まないで(群れたがる5-2)
2016/02/20 タイ人同士の付き合いに私を巻き込まないで(群れたがる5-3)
2016/02/26 タイ人同士の付き合いに私を巻き込まないで(群れたがる5-4)
.

« 日本で呑気に生活中(回転寿司など) | トップページ | 日本で呑気に生活中(滞在7日目) »

タイ人気質&おバカなタイ人」カテゴリの記事

コメント

タイの田舎の識字率、教育というのは日本と比べて低いのですか。

睡蓮様
調査をすれば明確に分かると思いますし、多分、そういう調査はあると思いますが、自分は確認していません。
ただ、日本では字が読めるのは当たり前ですが、タイの田舎の人、特に50歳以上の高齢の人には、読み書きの出来ない人が居る様です。
自分の経験では、家を訪ねて来た人に、「(本人ではない)名前を書いてくれ」といったら、「字が書けない」と言われた事が有ります。また、或る知り合いが、街で迷子(大人です)になって、タイ人どうしで電話連絡をしたのですが、字が読めないので、自分が何処に居るか分からない、という事もありました。
タイ語は基本的に表音文字ですし、家の近所を見ても、みんな小学校には通っているので、40代ぐらいの人達は読み書き出来ると思いますが、それ以上の人には読み書き出来ない人も居る様です。
自分がタイに居れば、周囲の人達に確認する事が出来るのですが、いま日本なので、それが出来ません。

誠実なお話ありがとうございます。やはり、教育の大事さを強く感じます。私は教育者でも何でもないですが。日本では落ちこぼれ、引きこもり、不登校、ご存知の通り、様々な事件が報道されています。
今、正しい教育というものが希求されていると思います。知識偏重ではない智慧を育むと言う様な教育が。それは、タイも一緒だと思います。アフリカもインドも世界どこの国でも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本で呑気に生活中(回転寿司など) | トップページ | 日本で呑気に生活中(滞在7日目) »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼