« チョコレートが溶けた | トップページ | タイのホテルの朝食ビュッフェ(前編) »

2016年5月 5日 (木)

夜の路上でクイッティオ(バンコク、パディパットホテル付近)

1週間程前に、日本からタイへ戻った。
今回の帰国は、家族を連れて2週間程、東京に滞在した。
日本からは、成田→ドンムアンでバンコクに着き、此処で(バンコクで)3泊してから、チェンライへ戻った。

バンコク滞在中にブログ用の写真を撮って、本当はもっと早く記事にする予定だったが、少し遅れて、今日、記事にしました。

あと1~2回、バンコク関連の記事を書く予定です。


2016/04/28(夜の路上でクイッティオ)

4月28日、深夜2時半頃、バンコク、サパーンクワイ付近のパディパットホテルの向かいの屋台で、家族3人で深夜食を食べた。

何で、こんな所で、こんな時間に、家族で深夜食に成ったかというと、成田からドンムアン空港に着いたのが深夜1時頃。
それから、入国手続や荷物の受け取り、タクシーに乗ってパディパットホテルにチェックインしたのが、深夜2時頃。
で、荷物を置いて、サンダル、短パン、Tシャツに着替えて外に出たのが2時半頃。


N1
クイッティオ屋さんから見た今夜の宿、パディパットホテル

パディパットホテルは以前このブログにも書いたが、何人かの人から、随分古い、昔懐かしのホテルだと聞かされた。

この辺りは、バンコクと言っても外れの方に成るのか、街の雰囲気も何となく(すこし汚らしい)昔のバンコクという感じがしていい。

深夜の2時3時でも、屋台が出ているのは流石バンコク。
自分の様な、夜行性人間には嬉しい所。
しかも(?)今日は、家族3人で深夜の徘徊。

Tシャツ、短パン、サンダル、という気楽な格好で歩きまわるには、気温も、周囲の雰囲気も丁度いい。
奥さんと娘を連れた2週間の日本滞在から解放されて、まだ、奥さんも娘も一緒だけれども、此処まで来ればもう、責任から解放された気分。


N2
いい感じのクイッティオ屋さん

立地は完全に路上(歩道上)。


N3
別の角度から見たクイッティオ屋さん

深夜にも係わらず、結構、お客さんが居る。


N4_2
クイッティオ

お腹が空いていたせいもあるだろうけど、久し振りに食べたクイッティオは美味しかった。
味覚が、少しタイ人に成っていて、たまには、クイッティオが食べたく成る。
それだけではなくて、多分、此処のクイッティオは他のお店と比べて美味しい。


N5_4
深夜食堂(?)

路上の屋台でクイッティオ、或る意味、最もタイらしい風景かも知れない。

奥さんも娘も、(自分と同じように)タイに戻って来た事を実感したのではないか・・・?。

これで、家族で120バーツ(約400円)。日本から比べるとタダみたいに安い!(大袈裟?)。

タイの、こういう、何となくユルイ感じ、好きです・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

.

« チョコレートが溶けた | トップページ | タイのホテルの朝食ビュッフェ(前編) »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

それでも一人40Bですから、値上がりしてますね。具は多そうですが。

はじめまして。
以前よりブログ拝読しております。
この屋台の写真何ともいえずいいです。タイのゆるい感じが写真からいい感じ
で伝わってきます。
下町感から、サパンクワイ周辺=タイの板橋区などと呼んでいる人もおりますね・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チョコレートが溶けた | トップページ | タイのホテルの朝食ビュッフェ(前編) »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼