« 今日は忙しい日(後編) | トップページ | 鶏の親子のカオソーイ »

2016年6月10日 (金)

娘の宿題と取り留めの無い話

2016/06/10(娘の宿題)

目下のところ、娘の一番の楽しみはパソコンでゲームをする事らしい。
これって、上手い表現が浮かばないけど、何か変。
そんなバーチャルな世界では無くて、「現実に」、もっと楽しい事は無いのかよ、と思う。

人生で10代~20代って、一番楽しい時期だと思うのだけど、そこでパソコンのゲームが一番楽しいって・・・もっと他に楽しい事が沢山あるだろ~に・・・勿体ない・・・。

このぐらいの年頃(11歳)の子供って、友達と遊ぶのが一番自然という気がするが、娘の生活は、学校から帰ると、宿題とパソコンのゲームで一日が終わる。

確かに、学校は車で送迎する程の距離なので、近くに(歩いて行ける範囲に)同級生が居ない。
タイの階層社会の影響もあって、誰とでも遊ぶわけには行かない、という事もあるのかも知れない。
或いは、タイの気候が影響していて、最近少し涼しく成ったといっても暑過ぎて出歩くのは(外に遊びに出るのは)大変なので、家に籠り易い。
そういった、理由で学校から帰った後は(外に遊びに出掛ける事なく)ずっと家で過ごして居るのか・・・?。

タイの小学校6年生って、みんなこんなものなのかな~・・・?。


宿題は、6年生に成ってから大分増えた様で、5年生までの時と比べると随分苦労している。
長い時は、家に着いてすぐ宿題を始めて(6時頃から)、10時とか11頃までやっている時もある。
(まあ、集中力の問題もありそうだけど)
娘によると、5年までは2組、6年から1組に成ったので、宿題が増えたという事らしい。
(各学年、2組より1組の方が厳しいクラス)

家(うち)の場合、ちょっと可哀そうなのは、娘にとって手に余る宿題でも、親が助けてやれない事。
自分は、小学校6年の宿題を手伝える程タイ語が上手じゃないし、奥さんの能力もちょっと怪しい。
兄弟も居ないので、分からなくても1人でやるしかない。
(たまに、バンコクに居るお義兄さんに、電話やメールで聞いている)

娘にとって、今の一番の楽しみがパソコンのゲームなら、一番の悩みの種が宿題らしい。

だけど、自分の小学生の頃を思い出すと、宿題で苦労した、という記憶がない。
(夏休みの宿題はちょっと苦労した記憶はあるが・・・)
ていうか、宿題って(殆ど)無かった。
娘を、日本の小学校に通わせている時も、宿題ってそんなに無かった。
(小学校5年までしか知らないけど、漢字とか、音読とか、計算問題が少しあった程度)

「タイ人なんて、ろくに勉強しない」、と思っていたけど、最近(?)は日本人より勉強する様に成ったのだろうか・・・?。
(日本とタイというより、私立と公立の違いか・・・?)

兎に角、タイの小学校がこんなに宿題を出す、というのは意外だった。
(タイも段々受験競争が激しく成って来ているらしい)


2016/06/10(取り留めの無い話)

で、娘が宿題をやっている時、自分はパソコンでゲームやテレビを観て遊んで居る事が多い。

それを見た娘、「(遊んでばかりいないで)仕事しろ~」、だって・・・。

まあ、本気で言っている分けではないが、確かに、昼も夜も仕事らしき事は殆どしないで遊んでいる分けだから、宿題で苦労している立場からすれば、「何で自分ばっかり苦労しなければならないのだ」、と思ったのかも知れない。

しかし、「お父さんはね、若い頃からず~っと一生懸命仕事をして来たから、今は遊んでいられるのだよ」、という事は、なかなか娘には分からない。

多分、これは娘だけではなく、奥さんや奥さんのお兄さん等、他の親戚にも分からない。

タイ人は(特に田舎のタイ人は)日本人はみんな金持ちだと思っている。
しかし、別に、日本人だからといって始めからお金がある分けではない。
君達よりずっと大変な仕事をして、長い事、苦労を重ねて来たから、今は、多少の余裕がある、という事が分からない。
「努力の結果お金がある」という事が分からない。

我々から(日本人から)田舎のタイ人を見れば、一生懸命仕事をしない。創意工夫や努力をしない。生産性の高い仕事をしないのだから、収入が少なくて当たり前だと思う。
しかし、タイ人は、お金の有無の差は、ただ単に、生まれた国の差だと思っている。
(タイの農家は流行で新しい作物を作る事は良く有るようだが、皆がやるから自分もやる、というのは創意工夫とは言えない。実際に儲かる事は少ない様だ)

タイの農家は、体は使うかも知れないけど、頭は殆ど使わない。基本的に、昔からのやり方を踏襲しているだけで、これでは、大きな収入は望めない。

日本の会社員の仕事振りは、田舎で呑気に暮らして来た人達には想像もつかない世界なのだろうけれども、半分日本人の娘には、何とか分からせる必要があるな~、と思っている。

決して、お父さんは昔から遊んでばかりいた分けじゃ~ないんだよ。
君の知っているタイの人達より、ず~っと一生懸命に仕事をして来たのだよ。

こういう事は、分かって欲しいな~。

ついでに言うと、(日本人の)親としては、日本人の価値観や自分の価値観も少しずつ娘に教えて行かなければならないと思っている。
ちゃんと伝える事が出来れば、学校の勉強なんかよりず~っと役に立つハズだ.。

日本ブログ村のタイ情報カテゴリーにリンクしています・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« 今日は忙しい日(後編) | トップページ | 鶏の親子のカオソーイ »

娘は日・タイのハーフ」カテゴリの記事

コメント

我が家の娘も同じですね、また近所の子供さんも、(我が家は別として)ある程度裕福な家庭の子供さんが、近所の子供さん達と遊んでいるのを見た事がありません、遊んでいるのを見かけるのは、放任主義か子供にパソコンやスマホ、アイパツトを買う事のできない家庭の子供さんですね。
外で遊ばなくても、スマホやアイパツトで友達と遊んでいますよ。
あと学校の宿題ですが、先生の手抜きでは?娘の小学校でタイ語のまだ習つて無いところが宿題に出されたことが有ります。
親がタイ人ではないので解かる訳ないだろ~!
補習授業月数百バーツはありませんか?
何故宿題が必要なんでしょう、でも担任が代わつたとたん宿題がなくなりました!
我が娘は利口ではありませんが努力してます、将来は解りませんが努力して敗者になつても悔いはないでしょう。
タイは学歴社会です、迷人の娘さんを、来年はチェンライの学校に是非行かせてあげてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は忙しい日(後編) | トップページ | 鶏の親子のカオソーイ »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼