« 実はトゥリアンが好き | トップページ | 身の程を知らない人の話(二話) »

2016年6月23日 (木)

ブログを書く環境には恵まれている

2016/06/29(ブログを書く環境には恵まれている)

ブログを書くのに必要な要素を考えてみた。

暇とネタ、これが2大要素だと思う。この2つの条件には恵まれている。


先ずは、「暇」。

「暇なのでブログでも書いてみようか」、というのが元々の(ブログを書き始めた4年前の)動機。
この状況は今も昔も変わらない(今も4年前も暇がある)。

有り余る「暇」がある、というのはいい事なのか、悪い事なのか、という問題はあるけれども、取り敢えず、暇が有る事はブログを書く上では有利に働く。

自分の場合、退職して特に仕事もない、頭を悩ますような大きな問題も抱えていない、趣味も麻雀以外大したものは無い、人付き合いもそれ程多くないのでそういう時間(人付き合いに要する時間)も少ない、なので暇な時間は十分にある。


次に、「ネタ」。

このブログを書き始めたそもそもの動機が、「暇な時間をどう使うか」、「日本とタイの、文化・価値観・生活習慣・食事などの違いをブログに書いたら面白いのではないか」、なので、基本的にネタは「日本とタイの違い」、に関するものが多い。

日本とタイは、色々な点で違いが大きいので、タイでの生活の殆どがブログネタの対象に成る。
なので、ネタには困らない。普通の日常生活の中にネタに成りそうな事がいくらでも有るので、ブログを書く上でこれは有利。


例えば、「本日の朝食は○○」。

こんな何でもないような事でも、日本とタイでは、食べる物が違うのでブログネタに成る。

こんな感じ。
♪ 何でも・ないような事が~ 幸せだぁったと・お・も~う~ ♫  by 虎舞竜
全然違うか・・・という事は置いといて・・・。

また、タイで暮らす在留邦人には、他の日本人が、どうやってその違いを乗り越えているのか、或いは、諦めて(?)タイ料理で妥協しているのか、そういう事に興味を持たれる方も多いと思う。


例えば、「タイ人の奥さん」。

実は、このブログの強力な秘密兵器が、タイ人の奥さん。

「ある時は携帯女、またある時は○○○、しかしてその実態は・・・」、こんな感じ。
(ブログに書いているのだから、秘密でもなんでもないけど)

奥さんネタは、自分のブログの中でも評判がいい。
(評判はアクセス数の多寡とか、知り合いから直接聞く評価とか、コメントの内容等で判断している)

奥さんの常識外れ(?)は、奥さんの個人の特性なのか、タイ人の特性なのか、或いはタイの田舎の人の特性なのか、イマイチ分からないのだけど、日本人から見ればとんでもない性格や行動をするので、ブログネタとしては書き易い。
自分の知り合いや読者の方からも「家(うち)の家内も同様です」、というような賛同意見をよく頂く。

更に、都合のいい事に、家の奥さん日本語が読めない(というより、分からない)ので、何を書いてもバレる心配がない。
これが、日本人の奥さんだったら、余り変な事を書くと、後で奥さんに読まれて問題になるかも知れないが、タイ人の奥さんにはそういう心配がない。
(ある人が、自分と同じ様に(?)タイ人の奥さんの事をブログに書いたら、奥さんがその意味をグーグル翻訳か何かで理解して「怒られた」、という話を聞いた事はあるが、家の奥さんの場合まずそういう心配はない)
(でも、将来、娘が日本語の漢字も読める様に成って、奥さんに内容をバラしてしまう可能性はある・・・ま、その時はその時・・・)


奥さんネタ程強力なものではないが、日・タイのハーフの娘ネタもある。
日本とタイの文化の違いに娘がどういう反応をするか・・・これも、結構面白いネタに成る(と自分は思っている)。

その他にも、チェンライ在住の日本人ネタとか(或る意味、ユニークな人が多い)、タイの動植物に関するネタとか、色々な機会で出会うタイ人の性格に関するネタとか、タイ・チェンライの気候風土とか都市とか観光地とかの紹介ネタとか・・・。
兎に角、タイ・チェンライに住んで居るという事で知る事の出来る、諸々のものがブログネタに成るので、「ネタ」には恵まれている。


もう一つ、ブログを書く上で有利な点は、他の在留邦人と比べて、日・タイの往復が年に5回ぐらいと多い事と、日本に滞在している日数も年間120日ぐらいと長い事。

直接的には、日・タイの移動の過程がブログに書ける。
実は、これがブログ記事のアクセス件数としてはベスト3に入るぐらいに多い。

(他には、「タイ人 バカ」ネタとか、「奥さん」ネタ、が読者の方に割と受けがいいようだ)
(チェンライに居る日本人・チェンライに来た日本人ネタも受けるけれども、これはネタ元が、誰の事が書かれているかが、特定され易いので安易に記事には出来ない)

日・タイ移動に関するテーマ、例えば、ドンムアン空港の紹介に関する記事とか、航空会社やチケットに関する記事などは、実際に日・タイの往復を経験しないと書けない。
(ネットで調べて纏める事も出来るかも知れないが、実際に経験した事、自分で感じた事を書くのがこのブログなので、経験してない事は書けない)

もう一つ、日本滞在中の出来事も書ける。
これは、日本の読者より、タイ在留邦人の方に、興味を持って読んで頂けるのではないかと思っている。
(マスコミの伝えるニュースは、今はネットがあるので、タイでも日本と同じに受けられるので、そうではない、ニュースに出ないような、ありふれた事(?)、「生」、の体験などを伝えられたら、と思っている)

また、直接的なネタには成らないけれども、たまに日本を経験しておく事は、逆に、タイでの出来事を客観的に評価するのに役立っている。
例えば、タイに20年も居て、日本に帰っていない人は、普通の日本人の感覚からズレていく様な感じがしている。
日本の事を忘れては(或いは、今の日本の事を知らなければ)正しい、日・タイの比較は出来ない。


以上、ブログを書くのに必要な要素として、「暇」と「ネタ」、について書いたけれども、これ以外にも、「意欲」とか「感じる力」なども必要だと思う。
尚。この2つに関しては、自分はイマイチだと思っている。

例えば、かなり忙しいと思われる仕事をしている方でも、ブログを毎日欠かさず書いている人が居る。
こういう方は、サラッと書ける文章力もあるのだろうけど、ブログを書こうという「意欲」の強い方だと思う。
暇が無くても意欲が有ればブログは書けるのかも知れない。

もう一つ、「感じる力」、と言うのは、例えば同じものを見ても、「面白い」と思う人も居れば、「何も感じない」人も居る。
「面白い」と思った時に、それがどう面白いのか、その事をはっきり理解出来る力と、さらに、その「面白い」と思った事をひとりよがりではなく、多くの人に納得の行く様な説明(文章)が出来なければならない。
それは、なかなか難しい。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« 実はトゥリアンが好き | トップページ | 身の程を知らない人の話(二話) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

アイホーンに翻訳アプリをインストールした後カメラ機能を使いブログをスキャンすればタイ語に翻訳出来ます。
文明人である奥様の事ですから、ご存知でしょうね。
もし知らない様であれば、我が嫁が教えにお伺いしますので遠慮なくもうしでて下さい。
今後は嘘でも言いですから、ブログでは奥様を褒められた方がよろしいかと思います、長生きされたければね。

まあ、大した事は書いて無いから大丈夫ですよ・・・多分・・・?。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 実はトゥリアンが好き | トップページ | 身の程を知らない人の話(二話) »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼