« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の18件の記事

2016年7月30日 (土)

お金にまつわるトラブル2題(バンコク銀行の預金が下せない)

2016/07/30(バンコク銀行の預金が下せない)

27日にチェンライへ戻って来て今日(30日)まで、それ程、忙しかった分けではないが、ケリの付いてない懸案事項が幾つかあって落ち着いてブログを書いている暇がなかった。

ブログを書き始めたそもそもの動機の1つが、「暇だからブログでも書くか」、なので、他に気に成る事が有る時は無理して書く事は余りしない(たまにはする)。

日本からの帰国時の出来事やバンコクでの出来事など、写真やメモは取ってあるのだけど、さてどうするか・・・ボツにするか、そのうち書くか・・・?。
余り、時間が経つと鮮度が落ちるし・・・。

という事は置いといて、今日あった話をこれから書きます。

実は、昨日の夜から、奥さんと娘が所用でバンコクへ出掛けている。
で、自分は、奥さんと娘を昨日、チェンライ空港まで送って行った後、パーンの家へ帰らずに、街のコンドーで寝泊りしている。
奥さんと娘は2泊3日のバンコク旅行(?)だが、その間自分は、2泊3日のコンドミニアム独身生活・・・ちょっと嬉しい・・・。


X1
チェンライ市内のコンドミニアムのリビング(時計は、電池切れで止まってます)

で、折角街に居るので、友人が飲み会に誘ってくれた。
午後1時頃から、夕方6時頃迄・・・チェンライは、暇な爺様が多いので、飲み会は割りと長い事が多い・・・。

自分と友人の他に、タイ人の奥様と日本人の旦那のご夫婦が2組で、都合6人で飲み会。
チェンライの街近郊の、ご夫婦の家にお邪魔して飲み会と成った。

皆さん、色々、美味しい物(主に、普通タイでは食べられない様な日本的な料理)を用意してくれたので、飲んだり・食べたり・話したり・冗談をタイ語や日本語で言い合ったり、なかなか楽しい宴会だった。

自分は、ビールを買って持って行っただけで、何も料理は持って行かなかった。
こういう宴会だと知っていたら、何か、日本から買って来た美味しい物でも持って行ったのに・・・すいません・・・。
今度誘ってくれた時は日本から買って来たお土産を持って行きます・・・。
でも、大体2週間もすれば目ぼしいものは、無く成ってしまいますが・・・。
(自分の場合、「作って持って行く」、という選択肢は、余り無い)

ここからが本題。

お金にまつわるトラブル、その1。

事件は宴会が終わって、友人と2人で、彼の家でコーヒーを飲んでいる時に起こった。
バンコクに居る奥さんから掛かって来た突然の電話。

「お金が、○○バーツ必要なのだけど、無い・・・どおしよう」(タイ語)。

実は、昨夜、出掛ける前に、バンコクでお金が必要だから下さい、と言われた。
数万バーツ必要なのは分かっていたので、「いくら要る?」、と現金で渡そうとしたが、「いくら必要か分からないし、現金を持ち歩くのは嫌なので、(ATM)カードを貸して下さい(タイ語)」、と言われた。
カードを貸す事は余りしたくなかったのだけど、奥さん名義のバンコク銀行のカードがあったので、それを貸した(名義は奥さんでも、自分のカード)。

で、そのカードで、「お金を引き出そうとしたら、カードが古くて使えない」「どおしよう」、と言う。

「え!・・・何で・・・?」、銀行のカード何て、そう易々と使えなく成る分けが(日本なら)ない。
古いって、言ったって、そんなに何年も使ってない分けじゃないし、残高だって、数十万バーツは有るハズ。たかが、数万バーツの現金が下せない分けが無い。
しかし、「奥さんは、古くて使えない」、という。

さて、困った・・・「どうしよう?」、って言われたって、ここはチェンライ、奥さんが居るのはバンコク。
どうしようも無い。
至急に送金する、という手も考えられるが、そんな事した事ないし、(銀行が休日の)土曜の6時過ぎ。
やはり、どうしようも無い。
これから、飛行機でバンコクに行っても間に合わないだろうし、第一そんなの手間が掛かり過ぎる。
(後から、考えた事・・・土曜日でもタイは、開いている銀行が有るので、何とか成った可能性は有る。しかし、その時は、そこまで考えが回らなかったし、一応、ケリが付いた今では、もう、そこは考えない)

で、どおしたかと言うと、結局、バンコクに居るお兄さんに借りる事に成って、取り敢えず、一件落着した。
(奥さんは始めから、それしかないのは、分かっていた様な気がする)

だから、昨日、現金を渡そうとしたのに・・・。
それより、毎月、かなりの額の小遣いを渡しているのに、何で、数万バーツぐらいのお金を持っていないんだ・・・?。
現金は無くても、多分、預金はあるハズだから、その通帳なりカードなりを何故、持って行かなかったのか、この辺の金銭管理の甘さは、家(うち)の奥さんだけの特性なのか(多分、そうだと思う)、それとも、チェンライの田舎の人の特性なのか(そういう、金銭管理の甘さという地域性もある、様な気がする)。
(自分の場合は、大体、現金は2箇所に分けて持っている。通帳は、奥さん名義の分も含めて、タイでは、3つ持っている)
(急に、大金が必要に成った時、通帳を分けて置くと、それぞれの分の限度額をATMで引き出せる。例えば、限度額が各4万バーツだとすると、12万バーツまでATMで下せる)

ここで思う事。
日本でも、お金が足りなく成って、サラ金に頼る様な、金銭感覚の足りない人も居る様だが、タイ人も、高い金利で、「金」、の質入れなどをする人も多い様なので、そういう、甘い金銭感覚の人が多い様な気がする。
大体、数万バーツぐらいのお金は、いつでも困らない様にして置くべきだと思う。

もう一つ、家(うち)の奥さん、とても出来そうもない事を電話で、「どおしよう」、と言って来る事が結構有るのも困りもの。

例えば、昔、自分が日本に居て、奥さんがチェンライに居る時、「BIG-Cの駐車場でバッテリーが切れて車が動かなく成った・・・どおしよう」、って、言って来た事があった。
そんな事、遠く離れて、日本に居る自分に言われても・・・。
この時も、別のお兄さんに電話して助けて貰ったらしい。
(まあ、兄弟が多くて仲がいい、というのは、いい事だけど、もっと自分がしっかりしないと・・・)

しかし、今回の事も含めて、遠く離れて居て、出来る事と出来ない事ぐらいの判断はして欲しい・・・子供じゃないんだから・・・。

で、もう一つの、問題(不思議?)。バンコク銀行の件。


X2
参考資料、バンコク銀行の通帳

今調べたら、多分、昨年の7月に下したのが最後で、その時点で285247バーツあった。約28万バーツ。
それから、記録が無い(記帳してない、し、自分のメモ書きの記録も無い)ので、多分、そのまま残っているハズ。
それが、下せない。

何で、突然・・・?。

バンコク銀行なんて、一流の会社、タイとしては超一流の銀行のはずなのに・・・?。
どうも、タイ人のやる事は分からない。
もしかしたら、ATMを使っている時に、「このATMカードは、○○日以降は使えません」、というメッセージが出ていたのかもしれないが、自分は気が付かなかったし、もしかしたら、手紙で、お知らせが来ていたのかも知れないが、それだと、奥さんは、まず気が付かない(大体、文書を読まない)。
ATMにお金が不足して限度額まで引き出せない、何て事が普通にあるお国柄だから、何か、バンコク銀行の都合で、ちゃんとした、分かり易い連絡なしに、銀行側の都合で一方的にカードの使用停止をした気がする。

例えば何か連絡が有ったとすれば、タイ語が読めない、英語も読めない、という不利はある。

しかし、銀行のカードが使えなく成るなんて事は、日本では、滅多にない。
例えば、仮に、パスワードの桁数が変更に成ったとしても、古いカードが流通している間は、かなりの期間、並行して使えるようにするハズ。

更に・・・。
この、文章はカードを更新すればいい、だけの問題として捉えているが、まさか、何らかの事故で、年金記録の喪失問題のように、自分の預金の記録そのものが無く成って、28万バーツが戻って来ない、何て事はないよな・・・?。ちょっと、心配。

お金にまつわるトラブル2題(BIG-Cのレジにて)へ続く。


追記(2016/07/31)

まささんから頂いたコメントと奥さんの持ち帰ったATMカードを見て分かりました。
タイのATMカードには有効期限があるのを知りませんでした。


X3
バンコク銀行のATMカード

 EXP 11/15 と成っているので(多分)2015年11月までが有効期限だったらしい。
確かに、それ以前には使えたが、昨年の11月以降には使ってない。

因みに、他のカードも調べてみたが、カシコン銀行のATMカードには、
EXP 07/17 と成っていたので、有効期限は(多分)2017年7月。

サイアムコマーシャルバンク のATMカードには EXPが無くて、単に、
05/24 だったが、これも(多分)2024年5月まで、という意味であろう。

タイに来る様に成って15年(数日の旅行で年に1~2回来た頃は除く)、通帳は多分、14年ぐらい前から作っていたと思うが、今迄、有効期限切れで使えなく成った記憶は無い。忘れただけか、何かの時に更新していたのか。何故だかは、分からない。
もしかしたら、カードが使えなく成って、銀行で意味も分からず更新して貰っていた、のかも知れない。

ついでに、日本のカードも調べてみた。
みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、には有効期限は無かった。自分の持っている日本の銀行のATMカードはこれだけで、有効期限のあるカードは無かった。

一般的に、
「日本の銀行のATMカードは有効期限が無いが、タイのATMカードは有効期限が有る」、
という事なのか・・・?。

ここはタイ、日本とは違うので色々注意しなければならない、あらためて感じた。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2016年7月26日 (火)

日本滞在も、あと2日(最後の晩餐)

この記事は、ココログの「公開日時を指定」の機能を使って26日20時に公開しています。
(実際に投入したのは、25日の夜、日本にて)
この記事が公開される頃はバンコクに居るハズです。


2016/07/25(最後の晩餐、冷蔵庫の中はもうカラカラ)


Y6
最後の晩餐

これで、今回の日本滞在中の食事は、ほぼ、終了。
「ほぼ」と書いたのは、明日の朝、荻窪から成田の何処かで、うどんかパン、ぐらい食べるかも知れないから。
冷蔵庫の中も、ほぼ、カラカラ。
「ほぼ」と書いたのは、つゆ、調味料、ゼリー、等が残っているから。

あと、食材で残っているのは、非常食のカンパンや缶詰、みそ汁の素が1袋、レトルトのカレーが1袋ぐらい。
(タイへ持って行く分は除く)
カレーもみそ汁もタイへ持って行くかも知れない。
兎に角、腐るような物は、日本へ置いて行けない。

なので、この日の為に(すなわち、25日夜の最後の晩餐の為に)数日前から、残り物を出さない様に調整して来た(そんな、大袈裟なものじゃないですが・・・一応、上手くいった・・・)。

写真に写っている煎茶は、今、飲みながらパソコンを叩いている。煎茶もこれで全部使い切った。
スイカは寝る前に食べる積り。
玉子(生)はカレーに掛けて食べる。(日本の)家でカレーを食べる時は、良くやる(タイでは、怖いからやらない)。
あと、残っているゼリーは今日か明日、食べる分だけ残して後は捨てる積り(プラと可燃が混ざっているゴミは分別が難しい)。

このブログは写真の食事を食べ終えてから書いているが、残念ながら、左上の鶏肉とキャベツは少し残した。
明日の朝(火曜の朝)が可燃ゴミの収集日なので、今日、残った物は明日、捨てられる。

もし、朝が可燃ゴミの収集日ではない場合(実は、そこも考えてチケットの予約をするので、タイへ戻る日は、火曜か金曜(金曜日も可燃ゴミの収集日)が多い)、腐る可能性のある食材は、冷凍庫に置いて保管するか、ビニールにしっかり包んで匂いが出ない様にして家の外の廃棄用ゴミ箱に一旦保管する。

そういう事をしなくていい様に、タイへ戻る日が火曜か金曜以外の場合には、最終の可燃ゴミ収集以降は、全て外食か、家なら、腐るものが残らないような食事にする。
(これ、食べてみたら不味かったりすると、少し、困る。もう普通には捨てられないので)

兎に角、今回の様に、(月曜の夜か、木曜の夜に)冷蔵庫の物を全部食べ切ったという事は、日本での滞在も、いよいよ、いよいよ、大詰めである事を意味する。
もう2階の鍵もかけたし、車のバッテリーの配線コードも外した。荷造りもほぼ終わった。

それでは、タイの(知り合いの)皆様、もう直ぐタイへ戻ります。また、宜しくお願い致します。
バンコクでちよっと用事があるので、チェンライへ戻るのは、27日の夜に成ります。
(27日の)為替レートが良ければいいのですが・・・。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

2016年7月25日 (月)

日本滞在も、あと2日(駅前で食事、買い出しなど)

2016/07/25(駅前で食事、買い出しなど)

杉並社会保険事務所に行って、話を聞いた後は・・・。

ひと仕事終わって安心したら、お腹が空いて来た。時刻も、もう直ぐお昼だし、第一、朝から何も食べてない。
(杉並社会保険事務所のあった東高円寺から、荻窪へ戻って来てます)

で、行ったのがここ↓。


V8
ドトールコーヒー

今、写真を見ると、傘を差している人が居るけど・・・これは何だ・・・?。

雨、降ってたかな~、この時間は曇りだったから日傘じゃないよな・・・?。

因みに、この辺りは自分の良く行くお店が多い。
もう少し、広い範囲に拡大(縮小?)すると↓。


V9_3
荻窪タウンセブン(西友なども入っている、複合ショッピングビル)
海鮮三崎港(回転寿司)
ドトールコーヒー(今回の食事処)
富士そば
KFC

荻窪タウンセブンと西友。食材や日用品はここで揃える事が多い。サイザリヤや100円ショップ(キャンドゥ)なども、ここに入っている。

海鮮三崎港。吉野家の系列。吉野家の優待券があるので、たまに行く。

ドトールコーヒー。今日のような昼間に入る事が多い。

富士そば。麻雀や飲み会で遅く成った時(深夜)に、ここにフラフラっと入ってしまう事が良く有る。

KFC。タイでは良く入るのだけど、日本では数回ぐらいしか入った(買った分も含める)事が無い。


V11
ドトールコーヒーで昼食(朝食?)

この、コーヒーとホットドックの組み合わせ結構好きで、チェンライ空港でも良く食べる。
尚、奥さんの癖がうつって(?)、ミルク2個、砂糖2個。

後は、こんな所↓で、写真を撮ったり。


V12
これ何って言うのか・・・証明写真BOX・・・?

ちょっとした理由で、日本で写真を撮ってタイへ持って行く。
タイでは(チェンライでは)余り、見掛けないし探すのも面倒なので此処で撮った。

チェンライの場合は、写真館で撮っても安いし、場合によっては近所のメカ好きのお兄ちゃんが、写真を撮ってパソコンで希望の大きさに作ってくれた事もあった。

後は、チェンライへ持って行く為の、最後の食材の購入。
先程の写真のタウンセブン内の西友ストアや、干物専門店でお買い物。


Y21
の「堅ぶつ」という名の、かきもち、がメチャクチャ美味しかったのでタイへ持って行く

タイ在住者の反応を聞いて見たい。凄く美味しいので、2つ買った。


Y22
しじみ

みそ汁に使う。


Y23
鮭とば

これも、割と良くタイへ買って行く。

要は、食べ物は、タイに売って無い物、或いは、探すのが難しかったり、或いは、売っていても日本で買う物程美味しく無かったり、タイで買うと凄く高かったりする物。

持って行ける重量も限られるので、ビン詰の物などは、少ししか持って行かない(持って行けない)。

鮭とば、の様に美味しくて、比較的、軽い物、干物類などは、何かしらいつも買って行く。


Y24
味の素の調味料など

調味料やタレ、ラー油や胡椒、山葵や和辛子など、少量で味付け出来る物も良く買って行く。
味の素のコンソメは、タイにもありそうな気がするけれども、奥さんのリクエストなので、(タイの家の)在庫が切れる前に、買って行く。


Y25
もも

あと、これは持って行けないけど(無理すれば、持って行けるか?)、もも。

タイの果物も段々種類が増えて来て、リンゴや柿なども美味しいものも売っている様に成ったけれども(でも、気を付けないと外れも多い)、もも、はまだタイで、日本のようなももに出合った事が無い。妻も娘も好きなので出来れば持って行きたいけど、難しい。


もう1回、「日本滞在も、あと2日」、シリーズ続きます。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

日本滞在も、あと2日(65歳、年金裁定の下調べ2)

始めにお断り。

もしも、65歳年金裁定の詳しい事が知りたい方には、以下の情報はそれ程役に立ちません。
今の所、推測が多いので確定的な事は、裁定がOKに成ってから、10月か来年1月頃に書く予定でいます。


2016/07/25(65歳、年金裁定の下調べ2)

日本滞在も、今日と明日の後2日を残すのみ。


Y1
家(東京都杉並区)と駅(JR荻窪駅)の間に有るお店

夏らしい風景と思って、「氷旗」を探したが今は余り無い。
近所に出掛ける度に探していたら、ここ1軒だけ、「氷」の旗が出ていた。

関東より西は、もうとっくに梅雨が明けているらしいが、東京は(関東は)まだ梅雨明け宣言が出ていない。

今日は曇り、時折晴れ間も見せるが気温は多分27~28℃で、タイの暑さを経験している身としてはそんなに暑くない。むしろ、ちょうどいい気温。
(湿度が高そうなので、それはちょっと・・・)

日本滞在は後2日といっても、明日は朝4:30頃に家を出て成田空港へ向かうので、何か出来るのは、実質、今日1日だけ。

今日の予定は、大きいもので2つ。
杉並年金事務所に行って色々情報を仕入れる事と、家の補修が(予想通り?)今日までに終わらなかったので、事後の対応の打ち合わせ(支払の問題や後片付の問題)をする事。
後は、タイに持って行く物の最終の買い出しとか、車の電源を切るとか、携帯の転送設定とか、ゴミ捨てとか、洗濯とか、各種お掃除とか、色々こまごま、したもの。


先ずは、年金事務所に行って、65歳裁定の情報収集。

7月21日の記事(「日本滞在も、いよいよ大詰め(65歳、年金裁定の下調べ)」)で、タイ人の妻の配偶者加給年金の事を書いたところ、幾つかコメントやメールを頂いた。
その時点では、年金事務所に電話で問い合わせをしただけだったが、皆さんの考えを聞いて、やはり一旦は年金事務所に行って確認してからタイに行って提出書類を作った方がいい、と思い直した。

そう思ったのが、昨日7月24日(日曜)で、日曜は年金事務所はお休みなので、今朝(25日(月曜))1番で、朝8時半に電話をして予約を取った(予約電話の受付は朝8時半から)。
受付けの方からは、「予約は前日以前で当日は受け付けません」と言われたが、明日海外へ出掛けるので時間が無い、という事情を説明して、9時半からの相談の予約を取って貰った。

今回の日本滞在は、タイへ戻るぎりぎりまで慌ただしい。

家の補修もまだ終わって無いし・・・。

大体、朝はいつも9時以降に起きる自分としては、朝8時半に電話する、というだけでも結構なプレッシャー。
前日から、朝8:10に目覚時計を設定して、寝坊しないように。
兎に角、今日が実質最後の1日。切羽詰っている。
(その割には、今、ブログを書いたりして余裕があるけど)

杉並年金事務所には、予約の5分程前に着いた。

尚、余談ですが、暫くブログを書いていないので、今日はブログを書こうと思ってカメラを用意して出掛けた(大体、いつも、ショルダーバッグにデジカメは入っていますが)。


Y2
杉並年金事務所

家からは、バスと電車と徒歩で45分ぐらい掛かる。
60歳の時、1度(2度だったかな?)来ているので、今回が2回目(3回目?)。


Y3
年金事務所の、お客様相談室

受け付けに行ったら、受付の係りの人も分かっていた様で、「○○さんですね」、「この用紙の赤枠の中を記入して、お待ち下さい」、と言われた。
ついでに、「写真撮っていいですか」、と聞いたら、受付の係りのおじさん、「どうなんでしょねー、知りません」、というような返答。
こういう感じの、公共施設はよく写真撮影禁止の所があるので、一応、聞いてから写真を撮った。

どうも、自分は、年金事務所にあまり、いいイメージを持っていなかった。
それは、前回、5年前に相談に来た時に、担当者の対応が横柄だったので、「もし、同じ人だったら嫌だな」、と思っていた。
しかし、今回は女性の担当官で、言葉使いも普通で、話易い人だったので良かった。

担当官(お客様相談室、社会保険労務士)の人が、ちょっと資料を取に行っている時に、隣の部屋の面談の様子が聞こえて来た。
で、担当官が随分横柄な口ぶりだと思って、ちらっと、そっちを見たら、5年前に「自分が感じが悪い」と感じた、正にその担当官だった。
(今時、ちょっとした名前など直ぐに忘れてしまうのに、「感じが悪かった人」として、1度会っただけで5年も覚えているのだから、如何に、感じが悪かったか、という事)

よかった~・・・あの人じゃなくて・・・。

で、何で「横柄」に感じるのか、(自分の担当官が資料を捜している間)暇だったからメモを取っておいた。

以下は、その時の語尾をメモッタもの。

・・・だね、・・・したの、・・・だろう、・・・でしょ、・・・よね。

他にも、「うん」とか「ふーん」とか。

文書で、説明するのはなかなか難しいけれども、「横柄」とか「高圧的」という様な話し方。
(自分は、初対面の人には、こういう話し方はしない)

で、思った事。やっぱり、そういう人は何年経っても変わらない。自分の立場が分かってない。
因みに5年前に思った事は、「年金の記録喪失とか、社会的に見れば非常識な事をして来た元役人」やっぱり、そういう組織(社会保険庁だったと思う)にいた人は、いつまで経っても変わらないんだ」、と思った。

でも、今日の担当官はいい。普通の話しが出来る。

で、話合った結果、分かった事。

自分と娘に関するものは、自分も娘も(娘も18歳以下なので加給年金が貰える)日本に住民票が有るので問題ない。
必要と成る書類は、次回、日本に帰国した時に用意すれば良い。
(娘の、タイ関係の書類はいらない)

問題は、タイに居る奥さん(配偶者)の加給年金を貰う為にはどおすればいいか。

奥さんの関係で、用意する必要のある書類は以下の4点。
(書類が用意しやすいもの順)

① (私の)配偶者で有る事の証明。
これは、多分、日本の戸籍謄本に婚姻の記載が有るので、それでOK。
(特にタイで用意する必要のある書類は無いらしい)

② 何処に住んで居るかの証明。
例えば、日本に外国人登録していて、日本に住んで居れば問題ないが、タイに住んでいるので、その証明、何処に住んで居るかの証明が必要に成る。
自分が、「タイの場合は住民票と戸籍謄本に該当するものはタビアンバーンだが、それと、その日本語訳でいいか」、と聞いた所、暫く別の担当者(給付の担当者らしかった)と相談して、「いつ」の時点でそこに住んで居るかが重要で、タビアンバーンでは、「いつ」の証明が出来ないのでダメだ、と言われた。
(これは、確かに理論的な説明だと思う)
この場合の、「いつ」は、裁定請求が出来るのは誕生日の1日前からなので、それ以降でないとならない。
例えば、今日の7月25日の日付ではダメだが、自分の(65歳の)誕生日である、8月5日ならOK。
この日付の関係は、他の書類も全て同様で、誕生日以降(正確には誕生日の1日前以降)の日付でなければならない。

で、結局、具体的に「何」が有ればいいか(例えば、バットプラシャーションとか)は分からなかったけれども、これは、何とか成りそう。

③ 生計を同一にしている事の証明書(生計維持同一証明書)。
これは、ちょっと難しい。
例えば、定期的に日本から妻に送金していて、その、送金証明が有ればいいらしいが、そんな事はしてないし、そんなものは無い。
ただし、これに関しては(しつこく食い下がったら)「生計同一関係に関する申立書」という書式の用紙をくれた(後の写真参照)。
この裏面に「第三者による証明欄」というのが有って、ここに、誰かの証明を貰えばいいかも知れない。
「自著の場合は印鑑省略可」、と成っているので、ここで、しかるべき方の証明を貰えばOKかも知れない。

④ 収入の証明。
これが一番難しい(?)。
例えば、収入の有る奥様で、タイで課税の証明が貰えればいいが、私の妻の様に何も仕事をしていないタイ人は、所得の証明が出来ない。
(配偶者に所得が有っても、かなり高額で無い限り、配偶者の加給年金は出るらしい)
日本では、「非課税証明書」というのが有るらしいが、タイには、それに該当する物が無い(らしい)。
これは、(今はもう時間が無いので)チェンライに行ってから経験者の話をネットで調べるか、誰かに聞くしかない。
これこそ、過去にどういうケースが有ったか、年金相談窓口で、示すべき事柄だと思うが、そこがやっぱり、旧社会保険庁の役人(?)という事か・・・。

全ての書類に対して、具体的にタイで取る何の書類が必要か、という回答が得られなかった。
担当官は「こういうケースは始めてで、具体的な事は分からない」というだけだったので、「こういうケースは自分の周り、チェンライだけでもかなり有るし、タイ全体だったら数千人居るのでは」、と言って、そういう審査済みのケースを教えて(実際に書類のサンプルを見せて、或いは、具体名を言って)」、といったのだが、逆に、「(タイで)周りの人に聞いて下さい」、と言ってかわされてしまった。

実際に審査しているのだから、具体的なものは有るハズなのだけど、・・・?。
(いくら話易いと言っても)こういう言質を取らさないあたりは、流石、元役人(?)だけの事はある。

ま、後は、チェンライに戻ってから考えるしかない。
仮に、1回の申請で受理されなくても、5年間は遡及して支払われる、という事なので、ダメなら時間を掛ければいい。
その点、毎年、日・タイを5往復ぐらいしている自分は有利、だと考える事にしよう。

でも、今迄、婚姻の申請(日・タイの両方)とか、自分のビザとか、奥さんのビザとか、在留認定申請とか、大体一発で通って来たし、最終的に断られた事は無いので、何とか成るだろ~、と、楽観的に考える事にする。


Y4
年金事務所で貰った各種資料

左から、「老齢厚生年金・退職共済年金 加給年金額加算開始事由該当届」、「制度共通年金見込額照会回答票」、「生計同一関係に関する申立書」。
(なんか長ったらしい漢字の書類が多い。如何にも役所関係の書類らしい)

写真真ん中のは、加給年金がいくら貰えるかの試算。
配偶者加給が390100円/年。加給年金額(娘の分だと思う)が224500円/年。
両方合わせれば、614600円/年。

これは、大きい・・・妻と娘の若い(?)事に感謝!。

この後、もう2回、「日本滞在も、あと2日」、シリーズへ続きます。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ポチって貰えると、ちょっと嬉しいです。

.

2016年7月22日 (金)

日本滞在も、いよいよ大詰め(65歳、年金裁定の下調べ)

2016/07/21(65歳、年金裁定の下調べ)

以下の文の多くは確認中の為、推測の部分が多いです。
最初は、推測の部分に全て、「~らしい」、と付けたのですが、それだと煩わしい箇所は、「らしい」を削除しました。
その点を考慮してお読み下さい。


今回の帰国中にしようと思った事の1つに、65歳で変わる年金受取の為の、「手続きの下調べ」、がある。
自分は来月、8月5日が誕生日で、65歳に成る。
自分の場合65歳から年金額が変わる(増える)。
(生まれた年に寄って、支給の開始年齢が変わる。基本的には遅く生まれた方が不利)
しかし、その為には、年金の裁定請求が必要となる。


Z3
関連資料、年金手帳と年金証書、(写真が何も無いと寂しいので添付)

ただし、年金裁定の請求は誕生日以降でないと出来ないらしい。
なので、今回は裁定請求に必要な資料、用意する必要のある書類は何かを、確認する積りでいた。

普通は、裁定請求の書類など、その時に成って(65歳の誕生日を過ぎて)から集めれば良いが、自分の場合は、ちょっと特殊な事情が有った。
それは、タイ人の妻の加給年金が貰えるらしい事。
基本的には日本人の配偶者と同じ取扱いで、65歳以下なら支給される。
妻は、自分より大分年下なのでこの条件は十分にクリアしている。

配偶者加給年金の支給を受ける為には、「配偶者の収入がない事を証明する書類」が必要らしい。

これは、5年前に杉並年金事務所に確認しに行った時に言われた。
その時は、「配偶者の収入がない事を証明する書類」が、タイではどうすれば取れるのか分からなかったし、年金事務所の担当者も、(必要という以外)何も教えてくれなかった。

配偶者の登録は、60歳の支給年齢に達した時にする事も出来るが、それ以降は65歳の裁定まで出来ないとも言われた。
要するに(自分の同年者の場合)、60歳か65歳の裁定請求の時しか出来ないという話だった。

いろいろ難しい条件を付けられたし、日本とタイを往復して書類を揃えるのは、大変だったので、その時は(妻の登録は)パスして、65歳に成ったら考える事にした。
どちらにしても(60歳時点で登録しても、65歳でも)支給額には変わりはない、と言われた。

ここまでが、日本に来て今日までの認識で、もう一度、年金事務所に行って詳しく聞いてこようと思った。5年前とは制度が変わっているかも知れないし。

兎に角、タイで集める必要のある書類は何なのか、それが分からないと動きようがない。

もう一つ、年金の裁定時期が近付いたら、何らかの通知があると思っていたのだが、誕生日を15日前にした今(7月21日)でも、何も通知が来ていない。
これも、ちょっと変だと思っていた。

で、取り敢えず、行く前に電話をして、様子を聞いてから出掛けようと思った。

杉並年金事務所に電話したところ、女性の担当者が出て、幾つか教えてくれた。

① 誕生日のある月(8月)に入ったら裁定手続きの書類を送る。
これで、未だに何も書類が届いていない事は説明が付く。
(ただし、このブログを書く前に調べたら、「3ヶ月前に送る」、と書かれていたが、何か、自分の勘違いが有るのか・・・分からない)。
兎に角、今回自分が日本に居る間(26日まで)には、届かない。

② 裁定の請求は、誕生日の1日前から出来る。
この辺の誤差はどうでもいいけど、誕生日を過ぎないとダメと、思っていたのは、自分の記憶違いか・・・?。

③ 配偶者に収入がなく、私の所得で生計を立てている事の証明の他に、一緒に暮らして居る事の証明も必要、と言われた。
実は、5年前に相談した時は、妻は、日本の在留許可を取っていて、実際1年近く日本で一緒に暮らして居たので、その時なら、一緒に暮らして居る事の証明は簡単だったと思うが、今は、自分も妻も基本タイで暮らして居る。
(5年前なら、多分、妻の在留認定書を杉並区で貰って、自分の住民票と一緒に提出すれば済んだと思う)
(妻の、日本の在留許可は数年前に期限切れに成った時、実態に合わせて更新しなかった)
しかし、現在、自分は日本に住民票を置いて居るので、タイで一緒に暮らして居る事の証明や、妻がどうやって生計を立てているかの証明が必要と言われた。
例えば、日本からの送金の証拠となる資料が必要と言われた。
妻に収入がない事を証明する資料も必要と言われたが、具体的にどういうもの(書類)が有ればいいかは、5年前と同じで言わなかった。

最初は、年金事務所に行って詳しく聞いてこよう(確認してこよう)と思ったのだが、電話で女性の担当者と話していて、これは、訪ねて行っても多分同じだな、と思ったので、年金事務所に、今日、行く事は止めにした。

兎に角、①~③の内で、一番肝心なのは③の、奥さんの件。

一応、年金事務所の担当者には、「一緒に暮らしていて、私の所得で生計を立てている」「妻は仕事はしていなくて収入が無い」事を公的に証明する書類が必要である、タイ語の文章なら、日本語訳も付ける必要がある、という事を確認しておいた。
(しかし、本当に、一緒に暮らして居る事の証明が必要なのか、イマイチ怪しい)
(単に、妻の生計は私の出したお金で成り立っている事を、証明するだけでいい様な気もする)

これは、タイに戻ってからの話に成るが、さて、どうしよう・・・。

実は、5年程前から、この事は考えていて、今回は、日本の担当者から具体的な言質を取りたかった事と、制度が変わっていないか確認をしたかった。
目的は100%達成は出来なかったけれども、それなりの成果は有った。
後は、タイに行って、どうやって必要な(必要と思われる)書類を集めるか・・・。

現時点での自分の考え。

① タイの村長さんみたいなもの、プーヤイバーンに頼んで、自分と妻がタイで一緒に暮らして居る事の証明と、妻が仕事をしていない事の証明を書いて貰う。
(実はこれ、妻が仕事をしていない事の証明方法として、誰かのブログに体験談が書いてあったような・・・?)
プーヤイバーンの家と、奥さんとは仲がいいので、断られる事は無いと思う。ただ日本の機関が納得するような、権威付けが難しいかも知れない。
もしかしたら、郡役所でも、何か書いて貰えるかも知れないし、或いは、権威付けを貰えるかも知れない。
これも、実は、郡役所にはコネがあるので、何とか成るかも知れない。
最後の手段としては、在留邦人の伝手を頼って・・・ということも有り、かも知れない。

(コネが有っても無くても同じかも知れないけど、タイの場合、こういう時、先ずコネという発想が浮かぶ)
(こんな時、昔の人のコネには、チェンライでタクシン派がかなり排除されて、コネを頼るべき人が居なくなった、なんて事もあるかも知れない)

② 生計を立てる為の送金を日本からしている事の証明は難しい。
こんな事なら、定期的に(例えば1ヶ月おきに)、自分の口座から、奥さんの口座へ振り込みでもしておけば良かった。
(実は、BIG-Cで奥さんのカードを作ろうとした時、定期的な収入が無いからダメ、と断られた事が有った。この時も、同じ事を考えた)
一つ、思い付いたのは、日本から100万円以上の現金をタイに持ち込んだ時に、日本の空港の税関で申告した時にくれる証明書が何枚か取ってある。でも、すべてではないし、100万円以下は申告しないので、これは、多分、役には立たない・・・?。

③ 自分は一時期、日本の住民票を抜いてタイに在留届を出していた事が有るが、この時なら、「タイで一緒に生活している」という証明は出来ただろうけど、今は、杉並区に住民票を再登録(再転入)したので、その手は使えない。
(杉並区に出した転出届と、チェンマイの領事部の在留証明で、タイが本拠地である事を証明する、という手が使えたかも知れない。しかし、今は出来ない)
なので、今、思い付くのは、パスポートのタイと日本の出入国スタンプを見て貰って、自分がタイで、妻と一緒に暮らして居る事の、証明の一部とする、ぐらいの事しか思い付かない。

何れに、しても、今迄書いた事は、殆ど推測で実際はやってみないと分からない。
しかし、心強いのは、実際にチェンライでもタイ人と結婚して配偶者の加給年金を貰っている人が居る事で、他の人が出来るのなら自分も出来るハズ、と思える事。
(ただし、自分は日本に住民票を残してタイに来ている。これは日本の住民票を抜いて、タイ人の配偶者とチェンライで暮らして居る人達と比べると、少数派。など、条件はみんな同じではない)

ま、この案件、まだ先は長そうなので、折を見て報告をこのブログに書きます。
年末ぐらいまでには、「妻の加給年金の裁定OK」の報告が出来るといいのですが・・・。

もう一つ、妻の加給年金の他に、娘の加給年金もある。
これも、支給年齢に制限があって、18歳以下(未満?)まで。
娘は、まだ11歳と若いので、これも、多分貰えるハズ。
娘の場合は、無収入の証明など必要ないので、簡単なハズ。
娘が若いのは、まだ育てるのに大変だけれども、いい事もある。

兎に角、今回の帰国でやろうと思っていた事の1つにケリが付いた。
て、言うより、先延ばしするしかない事がはっきりしたので、今は、また一つ(今回、日本でする事が減って)気が楽に成った。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2016年7月21日 (木)

日本滞在も、いよいよ大詰め(家のメンテナンスも結構大変など)

2016/07/21(家のメンテナンスも結構大変など)

時期的にはもうそろそろ「梅雨明け宣言」が出ても良さそうな頃ですが、東京はまだ出ていません。
今も、外は雨が降っています。
なので、このブログは梅雨空の日本からの発信です。

雨が好きか嫌いかは、微妙で、雨が降ると涼しく成るのはいいけれど、外出する時に傘をささなければならないのが面倒くさい。
それに、日本の雨は、タイの雨よりしつこい。1日中降り続く雨が多い。

自分が日本に居るのは、今日と出発日を含めて後6日。
今、週間の天気予報を見たら、自分がタイへ(バンコクへ)出発する26日までに梅雨が明ける可能性は微妙(多分、無さそう)。

麻雀は昨日、-6で、遂に連勝は8でストップ。
これで、今回の帰国で、日本における遊びのイベントは(多分)すべて終了。
(もう一回、飲み会があるかも知れない)
麻雀は、今度はタイで連勝街道を1からやり直し。

仕事の方は、今回の帰国で、最も大きい仕事、家の修理が只今進行中。


Z1
補修中の家

7月26日には(タイへ出掛けるので)日本に居なくなる事を話して、何とか25日中に終わらせる様に依頼してあるが、これも、微妙。
一応、工務店さんは、「25日までに終わらせます」、とは言っているが、「ひょっとしたら終わらないかも知れません」、とも言っている。

因みに、見積もり金額は281340円。
よく年寄がリフォーム詐欺に騙される、という話を聞くが、区役所に出張サービス(?)で来ている、土木団体(東京土建杉並支部)からの紹介なので、そういう心配はないと思う。
工務店のおやじさんも、人の良さそうな感じだった。
なので、もし25日までに終わらなくても、工事代金は払ってしまう積り。

道路に置いて有る、赤い円錐形、パイロンというらしい。
これは、区からの借り物なので、工事が終わったら返さなければならない。そういう手配も工務店さんにお願いしておく必要がある。

結構、色々、面倒くさい。

こんなのも有った。


Z2
放置自転車

警察に電話して、警官が来て、盗難車じゃない事を確認して、撤去は区の方の担当、と言って帰って行った。
区に電話して、放置自転車の係り(?)の人が出て、直ぐには撤去出来ない、シールを貼って一定期間経ってから撤去します、との話。
で、もうすぐ、撤去されるハズ。
因みに、放置自転車は今回が2回目。

日本人はタイ人よりもマナーはいいハズだけど、庭に空き缶が投げ捨ててある、何て事もある。
(近所に飲み物の自動販売機が2つ有る事も影響しているかも知れない)
日本に居れば、ゴミの収集日に拾って出す事も出来るけれど、居なければ散らかったまま。

兎に角、タイへ行く前に、家の周りは一旦は綺麗にする。
(如何にも「空き家」、とは思われたくない)

数か月も居なければ雑草だって生える。
なので、日本に来た時は、草刈もしなければならない。年に1~2回は、除草剤の散布だって必要。これからの季節、草木の成長は早いので今回は除草剤も撒いた

家のメンテナンスだけでも結構、色々、する事がある。

他にも・・・。

この、ブログを書いている最中にも、区役所の介護保険課から電話が来て、母の預金通帳の4月1日からの分のCOPYを送って下さい、と言って来た。
7月の上旬に、通帳の最終ページのCOPYを送ったのだけど、それだけでは足りなかったらしい。
(介護保険保険限度額認定申請の手続き)
急いで、COPYを取って、区役所へ郵送した。
(何か問題が有って)連絡して来ても、7月26日以降は居ないので、出来れば25日迄に連絡下さい、と断っておいた。

兎に角、7月26日(自分が日本に居る間)迄に、色々終わらせなければならない。

「日本滞在も、いよいよ大詰め(65歳、年金裁定の下調べ)」へ続く。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2016年7月19日 (火)

夕食はカツ丼に挑戦

2016/07/19(夕食はカツ丼に挑戦)

カツ丼って、刑事ドラマで取調官が容疑者に、「カツ丼でも食うか」っていう食べ物のイメージがある。
実際には、今時そんなベタなシーンのあるドラマは無いが、イメージとして自分に焼き付いている。
兎に角、カツ丼って、疲れた時、腹が減っている時のガッツリした食べ物というイメージ。

別に今、特に体が疲れている分けではないし、メチャクチャお腹が空いている分けではないが、何故かカツ丼が食べたく成った。
もしかしたら、色々やる事が多くて、精神的に疲れた為かも知れない。

・・・なんて、何か食べるのに、そんなにイチイチ理屈を付ける必要はない・・・

兎に角、「カツ丼が食べたい」。

で、材料を買って来た。

ここから作り方が書いてありますが、これ、決して料理の手本にはしないで下さいね(杞憂か?)。


A1
これからカツ丼を作る

何事にも、「ひと手間抜く」、のが迷人流。
「ひと手間かける」何て、事はしない。
今回も、トンカツは出来上がりをスーパーから買って来たもの、ご飯はレンジご飯。
ひと手間も、ふた手間も抜いている。


A2
先ずは、つゆで玉葱を煮る

玉子は小さ目の玉子3個、玉葱は大体0.4個。

「秘伝のつゆ」と言いたい所だけど、そんな物はない。
自慢じゃないけど、家には味醂だってない。
家に有った市販の「つゆ」に砂糖と醤油を足して、水で割って作ったつゆ。

カツ丼は食べた事は有るけど(300回ぐらい?、年に6回、50年として300回)作った事は無い。
頼りにするのは、味の記憶とネットで(チラッと)調べた作成手順、あと、少し前に、他人丼を作った事があるので、その時の記憶(他人丼とカツ丼って煮ている気がするのですが)(これ、駄洒落です)。
はっきり言ってしまえば、勘と味覚だけが頼り。

砂糖の量なんかも、適当に入れて、箸の先に付けたつゆを舐めて判断。

先に、ご飯とトンカツをレンジでチン。


A3
作成中1

蓋をして煮ています。写真を撮る為に蓋は一旦取っています。

玉子は2個分を先に入れる。

素人目には、なかなかいい感じ。


A4
作成中2

上から1個分の玉子を掛けて、更に煮る。

ちょっと、煮すぎたかな・・・?


A5
ほぼ完成

ここで一つ問題発生。
丼の大きさに比べて、カツ煮の方が大きい。


A6
完成したカツ丼

無理やり丼の中にカツ煮を押し込めて、カツ丼の完成で~す。

で、味は・・・。

う~ん・・・一応、カツ丼だ・・・そ・れ・な・り・に美味しい・・・でも・・・

もう少し、玉子とトンカツと玉葱の一体感が欲しかった。
個々の部品は美味しいのだけど、トンカツが、「俺はトンカツだ」、という自己主張が強すぎて、玉子とトンカツと玉葱が混然一体と成った美味しさに、少し欠けた。

煮込みが足りなかったのか、トンカツが厚すぎた為か、イマイチ分からない。

今度作る時は、もう一度レシピをちゃんと確認してから作ってみよう・・・。


追記(2016/07/20)

昨日の材料が余ったので、もう一度カツ丼に挑戦。


Img_5380
カツ丼2作目

昨日より、しっかり煮た。
玉葱、トンカツ、玉子の一体感が増して、大分、旨く成った。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2016年7月18日 (月)

7777はラッキーナンバー?

小淵沢シリーズの最終回。前回の記事「伐採の依頼」、の続きです。
と言っても、時間的・場所的繋がり、があるだけで記事の内容・テーマはバラバラですが。
いよいよ、今回がこのシリーズ(?)の最終回。
シリーズ最終回としては有終の美を飾りたい所ですが、「くだらね~」、というレベルの記事です。


2016/07/10(7777はラッキーナンバー?)

10日の夜、小淵沢の家から荻窪に帰る時に、本田フィットの距離計が77XXkmに成っていた。
これは、途中何処かで7777kmに成る。もし、写真が取れる所だったら記念に写真を撮ろうと思って出発した。
(そんなもの記念に成るかい、とは言わないでね)

しかし、多分というか間違いなく中央高速の何処かで7777kmに成る。
高速では、PAとかSA以外は危ないので車は止められない。車が止められなければ写真は撮れない。
無理すれば、撮れるかも知れないけど、そんな危ない事をする程の価値は無い。

そう思ったが一応、距離計は気にしながら走っていた。

で、途中、「双葉SA、あと5km」(正確に何と書かれていたかは忘れた)の標識が有ったので、距離計を見たら7771kmを指している。
これは、上手くしたら7777の写真が撮れるかも知れない。
(くだらね~、と言わず、最後まで付き合って下さいね)

7771kmに後5km足すと7776km。

何とか、遠回りをして上手く距離を稼げば双葉SAに着いた時に、7777に成るかも知れない、と思ったけど、高速では遠回りのやり様がない。
蛇行運転する分けにも行かないし。第一、多分、蛇行運転しても距離など殆ど伸びない?。

しかし、双葉SAは結構広いので、本線(中央道)から中(双葉SA)に入って駐車場に止めるまでに、もう1kmぐらい稼げるかも知れない。
距離計はkm単位だけども、例えば、もう300mで1km繰り上がる事だってある。
そうなれば、駐車場で止めた時に7777kmも夢では無い。
(そんな、大そうな問題じゃないけど)

そう思って、気を取り直して、兎に角、双葉SAまで安全運転。
(そんなに、気を揉む程の問題じゃないのですが・・・)

で、双葉SAへの分岐に差し掛かった時に、予想通り、7776kmだった。あと1km。
やはり、標識って正確なものだ!。ついでに言うと、フィットの距離計も正確だ!。

駐車場に入ってからは、チラチラと距離計を見ながら大回りをするが、なかなか、7777にならない。

しょうがないので、ぐるっともう半周した(一部、逆○、でも駐車場はガラガラに空いていたから・・・)所で遂に、7777、達成。
(無駄な事だと思った方、大体、そもそも、ブログを書く何て事も、結構、無駄な事かも知れないし、趣味とか、人生、色々な無駄があるものです・・・?)


C2138
7777km、遂に達成!


C2139
フィットの車内から双葉SAの建物を見る

写真上の方の黄色に、「双葉」と書いて有って、記念にそれを写したかったのだけれども、どうやっても光が強くて、運転席の距離計と1枚の写真に収める事は出来なかった。

ま、これだけの話なのですが・・・。


実は、娘と似た様な事を良くやる。

荻窪の家に、針の表示ではなく、数字で、何時・何分・何秒、が大きく表示される時計が有って、例えば、11時11分11秒が近付くと娘と2人でカウントダウンを始める。
5秒ぐらい前から、「7・8・9・10・11、(手を上げて)イェ~イ!」、みたいな感じ。
最初、自分が娘に教えたら、娘が覚えて、目立つ並びの時間が近付くと教えて来る。
「0・1・2・3・4・5、(01時23分45秒)イェ~イ」。
(タイ人は車のナンバーのゾロ目も好きだよね)

ついでに、もう一つ、どうでもいい様な話。

このフィットを買ったのが、2009年5月。それから大体7(+α)年経っている。
で、乗ったキロ数は7777km(+β)。
7777km ÷ 7 ≒ 1111km
年間約1000kmしか乗って無い。

年間の走行距離が短くても、保険とか、自動車税とか、車検とかの整備点検費はほぼ普通の車と同じ。
任意保険は走行キロ数によって少しは安く成るけど、ホントに少し安く成るだけ。
余り乗らないので、故障や摩耗が少なくて整備費も少しは安いだろうけど、それだって大した事はない。普通(下注)の車と殆ど同じ。

注。
これは勘だけど、通勤などで使わない自家用車の場合、年間走行距離1万キロぐらいの車が一番多い様な気がする。なので、此処では、普通の車=走行距離1万km/年、とする。

で、普通の車(上注)と、走行距離当りの維持費、を比較すると10倍ぐらいの差に成る。

もう一つ。
フィットは車の値段は安いけれども(いくらだったか忘れた)、同じ価格帯の、同じぐらいの耐用年数の普通(上注)の車と比べると、これも、走行距離当りの車の単価は10倍ぐらいに成る。

そう考えると、随分、高い車に乗っている事に成る。
海外暮らしで、日本に車を維持するのは、凄く、勿体ない事かも知れない。
(「かも」じゃなくて、もの凄く勿体ない事、と言った方が正しい?)

因みに、チェンライで使っているシビックは、買ったのは、日本で使っているフィットより1年程前だけど約15.8万キロ走っている。

(158000km ÷ 8年) ÷ (7777km ÷ 7年) = 19750 ÷ 1111 ≒ 17.7

と、なり、日本で使っているフィットは、タイで使っているシビックと比べると、約18倍効率が悪い計算に成る。

タイは田舎に住んで居るので、街に出掛けるだけでも往復で80km。
メーサイまで遊びに行けば往復で200km。
娘の学校の送り迎えにも半分ぐらい使っているので、走行距離数は大きく成る(年間、約19750km≒2万km)。
これだけ使えば勿体なくない?。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この7777の写真を撮った7月10日(日曜)から始まる週は、株は連日値上がるし、実際に儲かるし(LINE株)、麻雀は負け知らず(2勝)だし、色々な作業も順調だったし、要するに、付いていた。
でも、これは、たまたまで、7777のラッキーナンバー(?)とは関係ない。単なる偶然。
しかし、迷信深い(?)タイ人には、こんな事でも7777と結び付ける人が居そうな気がする。


追記(2016/07/18)

このブログを書いているココログの管理画面に、このブログを書き始めた時からの、記事数やコメント数が出ていますが、キーンさんからのコメントが、たまたま、777件目でした。


C777_3
ココログの管理画面

偶然ですが面白かったので追記しました。
距離計の7777の様な調整はしてません。たまたま気が付きました。
(インチキはしてませんよ)

尚、管理画面のコメント数や記事数には、ブログに掲載していない分(例えば、書いたけれども没にした記事や書き掛けの分)もカウントされています。
記事数は597件と成って居ますが、ブログに掲載されている記事数は、はもう少し少ないです。

.

2016年7月16日 (土)

伐採の依頼

7月13日の記事、「コンビニのお弁当って意外と美味しい」、の続きです。


2016/07/10(伐採の依頼)

成長し過ぎた木の伐採の為に荻窪(東京都杉並区)の家から、小淵沢(山梨県北杜市)の家に来たのが前々回までの話。
今日は、その翌日、いよいよ本来の目的、「木の伐採」に関する話。

その前に、ちょっと小淵沢の家をご紹介。


C0843
リビング

築35年ぐらいだが、割としっかりしている。
殆ど使って無いし、居ない時はアルミ製の雨戸をしっかり閉めている事と、多分、寒い地域なのが幸いして、腐ったり、カビが生えたり、虫が少ないので、割かし綺麗に成っている。
なので、家の中は時間が止まって居る感じで、メンテナンスの手間は殆ど掛からない。

自分の家の中では、ここが一番いいのだけど、使ってないのが勿体ない。
東京やチェンライに持って行く分けにもいかないし・・・。


C0845
左側、日本間が2部屋

普通は右側の雨戸を開けるが、今回は、たった1泊2日で面倒なので開けなかった。

ここからが↓、庭の状況。


C0829
道路から家へ繋がる道

始めは1mぐらいだった白樺の木も今では随分大きく成っている。
右上はもみじ。右下は笹(雑草)。

これでも、大分草刈をした後で、最初はもっと雑草が沢山生えていた。
ここに来た時は、毎回この道の部分だけは草刈をして、除草剤を撒いて帰る。
それでも、長い事、放って置くと車が通れない程雑草が生い茂る。



C0849
家の門の辺り

見ての通り、雑草が生い茂っている。
でも、この辺りはまだいい方。


C0850
家の側面(東側)

雑草が大分外にはみ出しているが、問題なのは(心配なのは)電線が上に通っているので、木がこれ以上伸びると危ない箇所が何か所かある。


C0851
電線と喧嘩をしている木

これはもう、完全に電線と喧嘩している。
こんな木、素人が伐採するのは相当困難。自分1人では絶対に出来ない。

この木が、断トツに危なそうな木だったけれども、他にも道路沿いに10m程の木が10本ぐらい有る。
これも、台風や積雪の重みで、いつ倒れるとも限らない。
何とか手当てをしなければならないが、例えばチェーンソウで切るとしても、どっちに倒れるか分からない。
そういう事をコントロールする技術は無いので、専門の業者に頼むしかない。
で、事前にネットで調べて業者と今日、会う約束をしておいた。

流石(?)日本の業者、9時に打ち合わせの約束で、ほぼピッタリ9時に来た。
話を聞くと、どうやら便利屋さんのようだったが、「特殊伐採は得意」と言っていたので、まず安心。

見積もりは「木」単位で、この木はいくら、ここからここまでの木はいくら、という見積もりかと思ったら、日当で2万円という話だった。ただし、1人では出来ないので作業は2人でするらしい。
写真の大きな木で、2人で1日ぐらい、その前の写真の側面(東側)の木(3~4本)の伐採を含めて2日。
写真には無いけど、道路寄りの木(南側、10本ぐらい)と、西側の木(3~4本)の伐採で2日。
合計4日(8人・日)で16万円。それに消費税が付いて172800円だった。

自分は7月26日にタイへ戻るので、作業期間は日本に居る間の24日頃までを希望したが、直ぐには作業に掛かれない、出来るのは8月に入ってからに成る、と言われたので、信用して、172800円先払いで渡して、何かあったら連絡下さいという事にした。
(タイへ繋がる電話番号を教えた)
(作業の結果は写真を撮って、メールで送ると言っていた)

これ、タイだったら絶対こういう事は出来ない。
何をされるか分からないし、それっきり居なくなってしまう事だってありうる。
昔、タイの知り合い(日本人)から、「家の工事の途中代金、材料費として40万バーツ程を(タイ人に)渡したら、それっきり来なく成った」、という話を聞いた事があるが、日本だから、多分大丈夫だろう・・・と、思う・・・。

話した感じ、信用出来そうな人だったし・・・。

でも、普段日本に居ない、とうい事はこういう時は、やはり不利。
本来は、毎日進行状況を確認するのがいいし、全額お金を払うのは最後の確認をしてからだろうけど。

打ち合わせが終わって、今日は仕事が出来ないというので、便利屋さんは帰った。

さて、思ったより早く用事が済んだ。
今日、7月10日は参議院選挙の日、これから急いで帰って選挙にでも行こうかとも思ったけど、日曜の昼間、夏場は行楽の人が出掛けて来るのでいつも道が混む。
渋滞に巻き込まれるのは嫌だったので、結局、東京へは夜帰る事にした。

夕方、暗く成るまでは、ほぼ1日中、草刈。木は切って貰うけど、草刈は頼んで無い。
最後は、除草剤を撒いておしまい。
年寄には農作業(?)は辛い。腰や腕に力が入らない程、しっかり疲れた。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この小淵沢シリーズの記事、あと1回だけ短いのが続きます。

.

今週は麻雀も絶好調

2016/07/16(今週は麻雀も絶好調)

今週は麻雀「も」絶好調、と「も」を付けたのは、前回の記事、「株復調&LINEで一儲け」で書いた様に「株も」、好調だったから。
今現在、自分の3大趣味は、株と麻雀とブログで、その2つが今週は好調だった。
(全て、体を動かさない趣味)

今回の帰国でやろうと思っていた作業も、今週は順調に進んで、今、ブログを書く余裕も出来た。
なので、今週は趣味の関係も、色々な作業もおおむね順調に推移した有意義な週であった。

で、麻雀の話し。

今週は2回、麻雀をした。

1回目は、13日(水)。午後6時半頃から10時半頃までの4時間。
場所は、始めての場所で、地下鉄東西線の葛西駅の近く。


B2
地下鉄東西線、葛西駅(左側)

の所が雀荘。
今年の6月にオープンした、新しい雀荘らしい。
今時、雀荘の新規開店も珍しい。

葛西駅は始めて降りたけど、駅前が広くて、大きな建物(当然色々なお店が入っている)に取り囲まれているので、割と便利そうな駅だった。

雀荘の辺りを拡大すると↓。


B3
が雀荘の看板、5階にある


B4
これが本日(13日)の成績

半荘6回で、4着→2着→1着→1着→1着→3着 で +86。 まあまあの勝利。

これで、日・タイ、合わせて通算7連勝。

麻雀をやった帰りにはこれ↓。


B5
毎度お馴染み(?)荻窪駅付近の日高屋のネギ・チャーシュー麺、と、餃子

お腹が空いている時には、これが、美味しい。


麻雀の2回目は、14日(木)。午後1時半から5時半までの4時間半。
場所は、いつもの、地下鉄東西線、東陽町駅付近。

で、成績はこれ↓。

B6



半荘6回で、1着→1着→2着→2着→3着→1着 で +170。 これは大勝利。

これで、日・タイ、合わせて通算8連勝。

麻雀はメンバーによって色んなルールがある。
タイの暇爺グループ、日本現役グループ、日本OBグループ、で其々ルールが違うので、時々分からなくなる。
こういう条件は不利なのか、有利なのか・・・?。
多分、不利だと思うけど、最近の好調さはそんな事関係無い程、「付いている」。
(付いている・・・上手い・・・?)

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2016年7月15日 (金)

株復調&LINEで一儲け

一応、お断り。
このブログのタイトルは、「チェンライ雑記帳」ですが、今回の記事はタイとは関係ありません。
6月27日から、日本に滞在中です。そこでの記事です。


2016/07/15(株復調&LINEで一儲け)

先週の終わりに、「株が下がってちょっと困ってます」、という記事を書いたばかりだけど、その、舌の根も乾かぬうちに、或いは、手のひらを返すように(なんか、ちょっと変な表現・・・?)、今週の株式は、一転して好調だった。


B1
日経平均株価の推移(が今週、月~金、の分)

先週末から今週末までの、日経平均株価の推移(終値ベース)は以下の様に成る。

 日付      日経平均   前日比

7月 8日(金) 15106円
7月11日(月) 15782円 +676円
7月12日(火) 16095円 +313円
7月13日(水) 16231円 +136円
7月14日(木) 16385円 +154円
7月15日(金) 16497円 +112円

             合計 +1391円

なんと、全勝で5連勝。まるで、迷人の(最近の)麻雀の成績の様!。
(麻雀の成績は関係ないか・・・)

自分の持ち株の評価額の推移は計算してないけど、日経平均並みか、若干、日経平均を上回るパフォーマンスなので、これは(日経平均株価の上昇は)自分にとってもいい感じ。
ただし、LINEを除いて、売り買いはしていないので、現実益ではないく、評価損が減っただけ。
(自分の場合、大体、いつも評価損の方が評価益より大きい。これは、儲かった銘柄は売って現実益を出し、損をしている銘柄は上がるまで待つので必然的に評価損の方が大きく成る事が多い)

今週、唯一、売買をしたのが、LINE。
IPO(新規公開株式)で、今週買って今週売った。

大体IPOは儲かる事が多い。

今日(7月15日)、朝起きて直ぐ、8時半頃、ネットで前日の(日本時間の今日の早朝)のニューヨークでのLINEの株価をチェックした。
LINE株のIPOは日米(ほぼ)同時公開という非常に珍しいIPOで、今日が日本での株式公開日だが、アメリカでは既に1日早く(時差の関係で実際には大体半日早く)公開されている。
で、前日のニューヨーク証券取引所で売り出し価格を27%上回る値段で引けていたので、これは、日本での値上がりもかなり期待出来る。

日本の市場は9時から始まる。
9時過ぎ、初値がどうなるか楽しみながら、ネットで取引値の推移を見守っていた。
しかし、気配値を切り上げるだけでなかなか初値が決まらない。
(これは、悪い事ではなくて、いい事。どんどん値段が上がって行くのだから)
面倒くさくなって暫くパソコンから目を離していたら、証券会社から電話が掛かって来て、「もうすぐ、4800円ぐらいで値が付きそうです」、と言って来た。
そこで、再びネットを見始めた。

LINE株の公開価格は3300円だったので、証券会社の営業マンの予想の4800円なら上出来。
結局、初値はそれを100円上回る4900円だった。

どうしよう・・・売ろうか・・・もっと高く成るまで待っていようか・・・。

こういう考えを巡らせている時が一番楽しい。

株価は一旦5000円まで付けてから、下がり始めた。
結局、この5000円が今日の高値に成ったのだけど、自分は欲張って、(下がり始めて、4750円ぐらいの時に)5010円の指値を出した。
普通、こんな無茶な指値は出来ない。するだけ無駄。それは承知していたのだけど、ひょっとしたら、運が良ければ、入るかな、と思って出した。
(実は、迷っていたので出来そうもない指値をした)

ここで一旦ネットから離れて、昼過ぎ、再び株価を確認したら、4660~4670円ぐらいに下がっている。

もういいや・・・売っちゃえ・・・。

5010円の指値を取り消して、今度は成り行きで、IPOの割り当て分200株全部を売り注文。
売り注文の操作をパソコンでしている間にも株価はめまぐるしく動くけど、もう気にしない。
自分が、売り注文の最終キーインをした時の価格がいくらに成るかは運しだい。
で、結局、4660円で売れた。
3300円で200株買った株を4660円で売ったので

(4660 - 3300) × 200 = 272000円の利益。

これから、売買益に掛かる税金や売りの手数料(IPOなので、買の手数料は無し)を差し引くと、大体、21万円の利益となる。

まあ、久し振りに現実益を出せたので、大儲けではないけれども、ちょっと嬉しかった。
LINEは使うより儲ける方が面白い。

今日の引け値は4345円なので、それから比べれば4660円で売って良かったけれども、5000円の時も有ったのだから、そこと比べるとちょっと損したような・・・。
でも、株価の先行きなんて分からない。
もしかしたら、「あの時、売らずに持っていたら、今頃は、ウン百万円の利益が出ていた」、なんて事も有るかも知れないけど。
でも、まあ、取り敢えず今日は利益が出ているので、売った者勝ちという事で・・・。


追記(2016/07/16)

今週の上げ幅は、過去の相場と比べても大きかった様で、日経新聞にも、こんな記事↓が出ていました。


B1new
7月16日の日経新聞、朝刊の1面より

① 細かい事を言うと、週間の上昇幅は、新聞には1390円、このブログでは1391円に成っていて1円違う。

アレ・・・何で違うのだろう・・・?、と、ちょっと気に成ったので考えて見ました。

これは多分、新聞社は、少数点以下2桁までちゃんと計算して、最後に、小数点以下を切り捨てたが、自分は最初から小数点以下を切り捨てた数字で計算した為だと思う。

新聞の計算方法(推測)
16497.85(今週の終値) - 15106.98(先週の終値) = 1390.87 ≒ 1390(小数点以下切り捨て)

自分の計算方法
16497(今週の終値) - 15106(先週の終値) = 1391

② 株価ほど円相場は気にしてなかったけど、今週は、円相場も大きく動いていた(円安に成った)らしい。
大体、円安に成ると株は上がる。今週はまさに、その通りの、「円安・株高」、だった。
円をバーツに両替する時だけは、円高の方がいい、のだけど・・・。
何とか、7月27日は、円高に成って欲しい(前日にタイに戻って、27日に両替する積りなので)。

③ LINEの事も隅の方にチラッと書いてある。やはり、大分、注目されているらしい。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2016年7月13日 (水)

コンビニのお弁当って意外と美味しい

前回の記事、「小淵沢へ」、の続きです。


2016/07/09(コンビニのお弁当って意外と美味しい)

家の庭に生えた木の伐採を依頼する為、業者さんとの打ち合わせの前日に小淵沢の家に来た。

荻窪(東京都杉並区)を午後1時頃出て、調布から中央自動車道へ。途中、八ヶ岳PAでそばを食べたりしながら小淵沢インターで高速を降りて、八ヶ岳山麓の家に着いたのが、午後5時頃。


C1635
中央自動車道、八ヶ岳PA

ここまで来れば、小淵沢の家へは着いたようなもの。ここから10分ぐらいで着く。
家に行く前にまずは、ここで、そばを食べて腹ごしらえをした。

家に着いた時はまだ明るかったので、暫く草刈をして、暗く成って来てからは、家の中で本などを読んでいたが、だんだんお腹が空いて来た。

さて、どおしよう、何処かに食べに行こうか、それとも何か買って来て食べるか・・・。
(家で作って食べる、という選択肢はない)

家の近所には、気取った感じのお店や、営業して居るのか居ないのか分からないお店はあるが、ちょっと入りにくい。
家の付近は別荘地ぽく成っているので、そういうキラキラした感じのお店や、都会から逃れて来た人が趣味でやっている様な感じのお店は有るが、普通(?)の食堂が無い。
少し離れた所に、車で、奥さん達と良く行くレストランも有るが、1人では気が引ける。

ま、セブンイレブンかローソンで、お弁当の方が無難だな・・・。

セブンもローソンも家から車で5分ぐらいの所にある。
今回はセブンを選択して、お弁当、サンドイッチ、おにぎり(3個)、フランクフルトソーセージ、お菓子を買い込んだ。
量が多いのは、今日の深夜や明日の朝の分も買い込んだ為。2度も3度も買に来るのは面倒くさい。それに、色々有った方が楽しい。


C2017
本日の夕食

コンビニ弁当、560円。ビックフランク、154円。ツナと玉子のサラダ、200円。
飲み物は伊藤園のミネラル麦茶(1L)、250円。

全部合わせて、本日の夕食、1164円。
結構高い。吉野家や日高屋で食べるより高い。


C2018
コンビニ弁当

メインのコンビニ弁当は、「おかずいっぱいの幕の内」という名前のお弁当。
もうちょっと安い、400円台のお弁当も有ったのだけど、ここは奮発(?)して高い方(560円)のお弁当にした。
(安い方のお弁当は余り美味しそうじゃなかった)

実は、コンビニ弁当って殆ど食べた事が無い。
スーパーで売っているお弁当も滅多に食べないが、コンビニ弁当はそれ以上に食べない。
コンビニ弁当なんて、余程、食べ物に困った時以外、食べるものじゃない、と思っていた。

例えば、深夜残業か何かで他に食べる物がない時に、しょうがなくて食べるもの。決して美味いものでは無い、というのが自分の今迄の認識だった。
今回の小淵沢がまさにその状況。
簡単に車で行ける範囲に、自分の好きなファミレスやファストフードのお店が無い。普通の食堂も少ないし、しかも、田舎は閉店時間が早い。
こういう所は、やはり、小淵沢というのは田舎だと思う。
日本もタイも田舎には美味しい物が無い、というのは同じ。もっとも、タイでは首都バンコクでさえ、なかなか美味いお店は無いけれども・・・。

で、そう思って、(大した期待をせずに)食べたコンビニ弁当だったが、これが、結構、美味しかった。
「コンビニ弁当は不味い」と思っていたのは、自分の記憶違いか、或いは、昔と比べて美味しく成ったのか、或いは、タイで不味いものばかり食べ過ぎたので、評価基準が甘く成ったのか・・・良く分からないけど、兎に角美味しかった。

おかずとして入っていたのは、鮭、エビ天、梅干し、こんにゃくと高野豆腐と椎茸の煮物、ひじきと油揚げの煮物、玉子焼き、ご飯に振り掛けてあった胡麻、鶏肉、ごぼう、など。
個々の量は少ないけれども種類は多い。
で、みんな、それぞれ美味しかった。

でも、まあ、鮭とかエビ天は、西友で売っているものの方が美味しいけど、少なくとも、タイで売っている鮭よりは美味しい。
鮭って、タイで食べた時は、「こんな物だったけかな~」、と思ったが、西友の1切れ98円の安い鮭を食べたら味が全然違う。日本の(日本で売っている)鮭の方が遥かに美味しい。
同じ鮭なのに何で味がこんなに違うのか、と思うぐらいの差がある。
ず~と、タイに居ると、この味の違いが分からなくなる(日本の味を忘れてしまう)のかな~。

やはり、美味しいと感じた原因の多くの部分は、タイで不味い物を食べ続けたので、味の評価基準が下がった為かも知れない。
煮物の味も口に合うし、梅干しもご飯に合う、鶏肉の味付けもいい。
兎に角、唐辛子(適量なら問題ない)とか、パクチーなどの変なハーブ系の植物とか、ココナッツミルクとか、色々怪しげな物が入っていないので、安心して食べられる。
あと、美味しく感じた原因は、コンビニ弁当も進化して、昔より美味しく成ったのかも知れない。
兎に角、一口二口食べた瞬間、「これは美味しい」、と思った。

コンビニ弁当、侮り難し!。

余りの美味しさに、手が震えて、箸で上手く掴めない程だった・・・。

というのはウソで、実は、草刈を2時間ぐらいやったので、手首に力が入らない。
1Lの麦茶を持ち上げようとするだけで、手首がプルプルと小刻みに震えて、何かアルコール中毒の様な症状が出た(まさか、本当にアル中の兆しじゃないよな・・・)。

コンビニ弁当の後は、何もする事が無いし、パソコンを持って行ったけれどもネットも使えないので、コンビニで買った日経新聞を読んだり、フリーセルやハーツで遊んだりして、時間を過ごした。
少しお腹が空いて来たら、じゃがりこ、や、おにぎり、を食べたり、ダラダラと1人で夜を過ごしたのでした。

ネットが使えないのがちょっとつまらないが、こういう1人で、何をするでもなく過ごす時間、結構好き。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

実は今(2016/07/13 深夜0時10分)、荻窪(東京)の家でパソコンを叩いて居ますが(このブログを書いている)、こういう時間も結構、好きです。

小淵沢での出来事、まだ続きます。

2016年7月11日 (月)

小淵沢へ

余り、「忙しい」、という言葉は使いたくないのだけど、今回の帰国はする事が沢山あって、しかも難しい問題が多いので、時間的にも精神的にも忙しい。
なので、落ち着いてブログを書く時間がなかなか取れないが、一種の息抜きだと思って、今(2016/07/11 夜)、ブログを書いている。

今回は、昨日・一昨日と山梨県北杜市小淵沢町に行った時の話。
とは言っても、旅行記のようなものではないです。


2016/07/09(小淵沢へ)

小淵沢に昔、父の建てた家があるのだけれども、自分は殆どタイだし、日本に来た時は東京なので、折角、家が有るのに滅多に使わない。
今は、自分以外に使う人がいないので、ほぼ空き家。

たまに、家族や知り合いを連れて遊びに行くにはいい所だけど、今回は1人で行く。
目的は、「伐採」。草刈ではなくて伐採。

小淵沢はタイと違って寒い所で、草木の成長するスピードは遅いけれども、成長はする。
草刈は大体年に1回して、除草剤を撒いたりはするのだけど、今回の目的は「伐採」。

「木」だって成長する。大きく成るし、高く成る。成長して、道路の方へはみ出したり、覆いかぶさったり、電線と喧嘩したりする。

これは、素人1人では、手に負えない。というより、殆ど何も出来ない。
それは分かっていたので、事前にネットで調べて伐採業者さんを呼んで置いた。

打ち合わせは10日の朝からなので、前日の9日から泊まり込みで小淵沢に出掛ける事にした。

荻窪から、環八→甲州街道→中央高速、で小淵沢インターへ。


C1514
中央自動車道、談合坂SA

今日は、夏らしくない小雨模様の天気だった。


C1515
談合坂SAからの景色

中央自動車道の八王子(東京)辺りから石和(山梨県)辺りまでは、山道を切り開いた道路が続く。
チェンライ⇔チェンマイ間も山が多いが、日本の方が急峻な山が多い。
あと、トンネルが有る(多い)のも、タイと違う。
タイでトンネルって余り、見た記憶が無い。
多分、トンネル掘りの技術や、トンネルの数は、日本が世界で一番かも知れない。
中央道は特にトンネルが多い。東名とは随分違う。

今回は、ちょっと記事を小分けにします。

続く・・・。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2016年7月 9日 (土)

株が下がってちょっと困ってます

2016/07/08(株が下がってちょっと困ってます)

今年の1月26日~3月31日までに株に関する記事を4回書いたけれども、その頃と比べると、大分様子が変わって来た。

全体的な感じを掴む為に、今年の今迄の日経平均株価のチャートを以下に示す↓。


E5_3
今年の始めから今日までの日経平均のチャート

ブログに書いた日付と、タイトル、その日の終値。

1月22日、株価暴落(そろそろチャンスかも)、16985円。
2月9日、株価暴落(フライングしたかも)、16085円。
2月26日、株価暴落(仕込完了、そろそろ上がって欲しい)、16188円。
3月31日、株って思う様には儲からないけど今年の成績はチョボチョボ、16758円。
7月8日、株が下がってちょっと困ってます、15106円。

日経平均がいくら下がっても自分の持っている株が下がらなければいいのだけど、或る程度、業種を散らして持っているので、全体的に見れば、日経平均と強い相関関係を持つ。
(25年ぐらい前、まだ資金量が小さかった頃は、1点集中みたいな事をやっていたけど、今はそういうリスクの大きい事はしない)
なので、日経平均の下落は、ほぼイコール自分の持ち株の資産価値の減少につながる。

やっぱり、大きかったのは、イギリスのEU離脱と言われているけれども、実は、自分は良く分からない。
チャートで、ストンと落ちている日が6月24日で、イギリスのEU離脱が確定した(次の?)日、ここの急落は確かに痛かった。
でも、この日の安値は14864円だけれども、実は、2月12日の安値も、ほほ同じ14865円だった。そう考えて見れば、そんなに特別な下げではない気もする。

自分にとっては、イギリスの問題よりも、むしろ、マイナス金利の影響とか、原油価格の低下の影響の方が大きい。
マイナス金利は三井住友銀行に、原油価格の低下は三井物産や三井海洋開発の株価下落の原因に成る。
(なんか、「三井」と名の付く会社が多いけど、これは多分、単なる偶然)

で、大部、下がっていて、「どおする」、と考えた時・・・、自分はこういう時、「固まる」事が多い。
個人投資家に良く有るパターンで、「損切はしない」で「塩漬け」にする。
どうも、こういう時は、あがけばあがく程、どつぼに嵌まりそうな気がするので、動かない。

気持ちが乗っている時、或いは、全体の安値に逆行高する銘柄を持っている時は、それを売って、安く成っている株を買う、という操作をする事は良くあるが、今は、持っている株がほぼ全滅状態なので、動きようがない(と自分は感じている)。

で、今は余り売り買いを考えずに固まっている。
(でも、生活費の為に、少しは何かを売らなければ・・・?)

こういう時は、いい事だけを考えるのが精神衛生上いい。

一番大きいのは、円高・・・?。
チェンライで暮らす殆どの日本人にとって(大体、円ベースの年金生活者が多いので)、円高は素直に喜ばしい事で、自分も日本から「円」を持ち込んでタイで生活しているので、円のレートが良く成る事は、それだけ見れば悪い事ではない。
しかし、実際には、円レートの上昇以上に、株の下落の方が大きいので、自分の場合、円高を単純に喜べない。

しかも、アメリカ(米ドル)オーストラリア(豪ドル)、最近はインド(ルピー)の債券もあるので、これも、円高が(円換算で)マイナスに作用する。
(ユーロはイギリスのEU離脱の前に円に換えたので、その点は良かった)

あと、金(きん)をちょっとだけ証券で持っている。
金は、米国の金利が低下すると上がる傾向があるので、これは、ちょっといい。

因果関係がややこしいのだけど、米国の金利が低いと円が高い事が多いので、対ドルで金が上がっても、円ベースの金価格はそれ程上がらない事が多い。
しかし、タイバーツはドルとの連動制があるので、タイでは金価格が上がる事が多い。

う~ん・・・でも、(株とか、外債とか、金とか、年金とか色々)トータルすると、やっぱ、かなり苦しい。

もう一度、気を取り直して、いい所を考えて見る↓。


E2
今回の株主優待

暫く(日本の)家を空けていたので、株主優待が溜まっていた。
3月末決算の会社の優待が6月頃届くので、今の季節は優待が多い。
しかし、タイに居る事が多いので、(郵便ポストに入らない)商品を受け取る優待は、原則持たない(そういう株は買わない)。
例外として、「極洋」と「なとり」の優待は商品だけれども、優待が届けられる6月下旬から7月上旬は毎年日本に居るので、ここは、ゆうパックでもヤマト運輸でも受け取れる。

因みに、内容は、極洋・缶詰、なとり・おつまみ、吉野家・300円券6枚、日高屋・500円券40枚、図書カード・1000円券4枚、ビックカメラ・1000円券5枚、QUOカード・2000円券2枚、京成の切符・4枚、マツモトキヨシ・500円券4枚、その他・ちょっとした割引券など。

例えば、吉野家の優待券が有ると、こんな店↓で、こんな物↓↓が食べられる。

E6
荻窪駅前、海鮮三崎港

1年程前まで、こことは別に吉野家が駅の近くにあったのだけど、その店が閉店して、吉野家の優待券が使いにくく成ったと思ったら、このお寿司屋でも使えた。
海鮮三崎港は吉野家系列のお店らしい。

お店が移転や閉店に成って、優待券が使いにくく成る事は良くある。
CoCo壱番がそうだった。
CoCo壱番の株は、幸い、大分利益を上乗せして売れたので良かった。

自分の優待券は荻窪の駅前で使える店が多い。
これは、偶然では無くて、意図的にそういう株を買った為。

E7
海鮮三崎港の寿司(確か、この色のお皿は360円だったと思う)

タダだと思うと、割といいネタでも安心して(?)食べられる。
最も、回転寿司屋ですが・・・。

まあ、優待なんて所詮「おまけ」なので、本体の株の損益に比べればば、ゴミみたいなものだけど、ちょっと得をした気分には成れる。

あと、もしかしたら、「いい話」に成るかも知れないもの↓。

E1
ご存知(?)LINE

LINEのIPO(新規株式公開)、まだ買えるかどうか分からないし、買えたとしても、多分、最低単位の100株だけ。
逆に、証券会社の方から、好きなだけ買えます、と言って来る時は危ない。
公募価格割れする可能性が大きい。なので、買えた(買った)としても100株。
値段にして30万円ちょっとだから大した事はない。
仮に3%上がったとしても1万円ぐらいしか儲からない。6%で2万円。まあ、そんな所のような気がする。

でも、まあ、LINEって何か最近(?)の流行りっぽくて、ちょっと買ってみたい。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2016年7月 7日 (木)

迷人(名人)復活

2016/07/06(名人復活)

麻雀の話です。

実は、今年に入ってから全く調子が悪くて、もしかしたらヘタに成ったんじゃないかと思っていたのですが、5月の終わり頃からちょっとづつ勝てる様に成って、そして遂に今日、完全復活。

その軌跡を振り返ると。

5/22+10 → 6/5+11 → 6/11+65 → 6/19+57 → 6/21+25

小さいけど、ここまで5連勝、そして今日↓。


D1
本日の成績

本日の成績は、2着→1着→1着→3着→2着→1着 で +156。 これは、大勝利。

これで、日・タイ、合わせて通算6連勝。
イチローさんの、日・米、合わせての通算安打記録には及びませんが、日本と外国の通算記録、という点では似ています・・・?。

やっぱ、全然違うか。

兎に角、良かった、良かった。

因みに、雀荘を知らない方の為に、雀荘とはこんな所です。


D2
本日の雀荘

賭場、というような暗い雰囲気はありません。
うちのメンバーには居ませんが、煙草を吸う人が居ると、ちょっと煙草臭いのが難点です。

ここで、今日は午後7時から11時まで、4時間の戦い。
場代は 400円/時間×4時間=1600円。
4時間以上やると、サービスで食事が1食タダに成ります。
自分は今日はカレーを食べました(他には、ラーメンかピラフ)。

仕事(?)熱心な日本人は食べながら麻雀をやります。
日本から遠く離れた某地域(チェンライ)の爺様達のように、いちいち食事休憩など取りません。喫煙タイムもありません。ただ、ひたすら、ひた向きに、麻雀をやり続けます。純粋です。

ただし、自分はビールを1本飲んだので+500円。合計で2100円。ちょっと酔っ払いながらの試合です。

で、帰りはここから↓。


D3
西船橋駅、午後23時半頃

ここから、荻窪まで(電車で)帰れる最終が12時少し過ぎなので、半荘をもう1回やると、帰れなく成る可能性がある。

でも、まあ、こんな遅い時間まで遊んでも安心して(電車で)帰れる東京っていい。
(西船は、千葉県だけど・・・)
日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2016年7月 3日 (日)

チェンライの豪邸

無理やりバーベキュー大会に参加」、からの続きです。


2016/06/26(チェンライの豪邸)

チェンライに暮らす日本人の中には凄い豪邸に住む人達がいる。

今迄、自分が凄いと思ったのは、「お花畑と果樹園の有る豪邸」、「橋の有る豪邸」、「プールの有る豪邸」、「広いスペースを持つ豪邸」、「畳のある豪邸」(一部重複)などが有るが、今回は、ゴルフ場のある豪邸。


F1053
ゴルフ場(?)のある豪邸

まあ、「ゴルフ場」、はちょっと大袈裟だけども、実に見事な芝生の庭がある。

今回は、ここに、日本人会のバーベキュー大会で来た.。

で、余りに凄いこの庭と家を見て、ご主人に、「ブログに書いていいですか」、と断って写真を撮らせて貰った。


F1052_2
広い芝生の庭

見た瞬間、「ワー凄い」、って感じ。

なんちゅ~広さだ!。個人の庭だぞ~。しかも、綺麗~に手入れしてある。

1ライの土地(1600㎡)の手入れも面倒くさくて、雑草が生え放題の家(うち)の庭とは全然違う。

まあ、でも、聞かなかったけど、これは1人では無理だな・・・たぶん、現地の人を雇って手入れさせている・・・?。
熱帯の雑草の生える早さは半端じゃない。
因みに、自分の家も寒季以外は毎月1回、お義兄さんにアルバイト(?)で草刈して貰っている。


F1054
プール

おまけに、プールまである。


F1055
バーベキュー会場

今日、ここに来たのは日本人会のバーベキュー大会の為。

開催予定時刻の11時には、まだ若干早いので、集まっている人は少ない。

しかし、ここも、なんか、広くて凄い。宴会でも会議でも何でも出来そうな空間。
これなら、雨天決行でも問題無い。
(さっきの芝生の庭に隣接する家とは、別の建物です。こんな大きな家が2つも有るのも凄い)

結局、今回のバーベキュー大会の参加者は総勢37人だった。
日本人会の人数からいえば若干少ないのは、やはり、街の北側に住む人達(例えばバンドゥー辺り)からは、少し遠かったからか。

総勢37人には、女性、子供も含むし、会員以外の参加者も居たので、日本人会の正会員の参加者は、もっと少なかった。

この後、空港まで行かなければならないので、遅く成ったら先に帰らなければ・・・と思っていたが、1時半頃に中締めがあったので、余裕を持って帰れた。


F1358
帰り道の国道118号線、午後2時頃撮影

帰り路の途中で雨が降って来た。結構激しい雨。
しかし、それも30分ぐらいで止んだ。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

無理やりバーベキュー大会に参加

以下の記事は1週間程前(まだ、チェンライに居る間)の記事です。
下書き(メモ程度ですが)はしてあったのですが、記事にするタイミングがちょっと遅く成りました。


2016/06/26(無理やりバーベキュー大会に参加)

別に日本人会の催しに無理に出る必要はないのだけど、一昨年の12月の餅つき大会以来一度も参加していない。

自分の場合、1年365日の内、大体3分の2がタイ、3分の1が日本で、タイに(チェンライに)居る期間の方が長いのだけど、何故か日本人会の催しや会議が行われる時はいつも帰国中。

別に、日本人会の方が自分のタイに居る期間を避けて、催しをやっている分けでは無いと思うのだけど、偶然か故意か(ま、偶然に決まっているけど)兎に角、ここ5~6回、いつも自分の帰国中に催しが行われる。

たまには、日頃会わない人達とも会ってみたい。

今回も、バーベキュー大会が行なわれるのは、今日6月26日で、実は、自分は「今日」、日本へ帰国する。

バーベキュー大会の知らせは、先月末、5月31日に届いたメールに(日本人会会報に)書かれていた。

「あ~あ、また参加出来ないや・・・」

と、一旦は諦めたが、思い直して、「何とか成らないか」、と考えた。

読めば、バーベキュー大会の開催は11時から。予約してあるドンムアン発成田行きのエアアジア便は、ドンムアン23:45発。
逆算して15時頃、バーベキュー会場を出れば間に合いそう。

バーベキュー大会の会場は街の南西にあるメースワイで街からは少し遠いが、家は街の南側のパーンなので、多少有利。
(でも、街に行くよりは少し遠い)
(しかし、たまに麻雀に行くメーサイなどから比べれば全然近い)

幸い(?)まだ、チェンライ→ドンムアンの国内線は予約してなかったので、それに合わせて予約が取れればいい。

ネットで調べて、チェンライ発ドンムアン行の便の候補は、以下の4便だった。

16:25発のエアアジア便。
18:25発のノックエア便。
19:20発のライオンエア便。
21:40発のエアアジア便。

有利なのは数年前と比べて、ドンムアン行の便数が増えている事で、選択肢が色々ある様に成った事。

で、考えて決めたのが18:25発のノックエア便。

ノックエアというのは過去に色々問題のあった航空会社で、出来れば避けたかったけれども、まあ、しょうがない。
この時間なら、仮に、ノックエア便が欠航に成っても、次のライオンエア便で間に合う。
(イマイチ、ノックエアは信用出来ない)

そんな算段で、ノックエアの予約をした。


バーベキュー大会の当日(26日)、心配していた雨もなく晴天。
ここ数日は、雨の降る日が多かったので、ちょっと心配していたけど、これなら大丈夫そう。

もっとも、チェンライの今頃の季節の場合、天気はコロコロ変わる。
ほんの数十分前まで、土砂降りの雨が降っていたかと思うと、晴天に成ったり、その逆もある。
自宅の有るパーンからチェンライの街までの40kmぐらいの間でも、晴れ→土砂降り→晴れ、なんて事もある。
(こういう時は、良く虹が見える)

なので、天気はどうなるか分からない、多分、そういう事で案内には、「雨天決行」、と書かれていた。

9時半に家族3人で出発、車のトランクには、日本へ持って行く為のキャリーバッグを積んでいる。
ショルダーバッグには、パスポート、航空券など必要な書類も入れて、そのままチェンライ空港→ドンムアン→成田、と行ける様に用意してある。

日・タイの往復なんて、年5回ぐらい、それをもう10年以上やっている。
1回の帰国で、往復で、国際線が2回、国内線も大体2回(たまにバス)乗るので、それだけで200回ぐらいは飛行機に乗っている。
今更、飛行機に乗る事ぐらいで慌てない。


F0948
パーンからチェンマイ方面へ分岐する交差点、2016年6月26日午前10時頃撮影

メースワイはチェンライからチェンマイ方面へ行く途中にある。


F0959
メースワイ、チェンマイ方面へ向かう道、先程の写真から15分後ぐらいに撮影

国道118号線を入ってしばらく走ると、少し山道の様に成る。

約1時間で目的地、今回のバーベキューパーティーの会場となる豪邸へ到着。


F1051
メースワイの豪邸

以下、「チェンライの豪邸」へ続く。

日本ブログ村のタイ情報へリンクしてます。・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2016年7月 1日 (金)

今日から7月、ショッピングセンターも夏模様

2016/07/01(今日から7月、ショッピングセンターも夏模様)

今回は、海外在住の方を意識して書きます。
(日本在住の方は、別に写真など見なくても、自分の目で見れるでしょうから)

今日から7月。
今日は、昨日までより若干暑く成って、日中は30℃を越えていた(推測)。
日射しも強くて、もう完全に夏らしい天気。

荻窪駅前のショッピングセンター、タウンセブンにちょっとした用事(郵便局と買い物)があって出掛けて来たら、夏を感じさせるものが幾つも有ったので写真に纏めました。

季節感の余りないタイと違って、日本は四季のある国。
人や物の集まるマーケットにも、季節感あふれるものが沢山ありました。


G1
七夕の短冊

七夕の時、7月7日は自分は日本に居る事が多いが、娘はタイに居るので七夕らしき事はしないが、それでも、なんとなく七夕って好き。

子供の頃、毎年、七夕の飾り付けをした記憶がある。懐かしい記憶。

夏といえば、七夕。


G2
浴衣の展示

やっぱり、浴衣に花火が一番、夏らしい。

夏といえば、女の子は浴衣。・・・或いは、女の子の浴衣。


G5
お中元売り場

夏といえば、お中元。・・・誰もくれないけど・・・。


G3
浮き輪の飾り

やっぱり、夏といえば、海。

チェンライはその点、暑いだけで海が無いのが寂しい。


G4
うなぎ

夏といえば、うなぎ。

鰻って夏の精力剤、「鰻を食って暑い夏を乗り切ろ~」、みたいな・・・そういうイメージは自分も持っている。
鰻屋さんに洗脳されているだけ、かも知れないけど・・・?。


最後にもう一つ、夏といえば、チェンライ雑記帳。
チェンライ雑記帳といえば、・・・ポチッ→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 。

単なる宣伝でした。

.

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼