« タイで始めてのビザ取り(1) | トップページ | 男の料理教室(混ぜご飯と鯖の味噌煮) »

2016年8月12日 (金)

こんなものを食べています(夕食編)

2016/08/11(こんなものを食べています)(夕食編)

「こんなものを食べています(朝食編)」の関連記事です。


8月5日(金)

O1
鶏鍋

鶏鍋は、カレー、麻婆豆腐、と並ぶ奥さんの得意料理のひとつ。
普通は、寒季に作る事が多い。今のような雨季(比較的暑い季節)に作るのはめずらしい。
8月5日は私の誕生日という事で作ったらしい。いわば特別な「ご馳走」という位置付。

具材は、鶏、イカ、サーモン、白菜、エノキダケ、豆腐。
今日は、ゆずポンと醤油に付けて食べた。

この料理は、外れが無い。いつ食べても美味しい。

ご飯は、日本米。飲み物はオレンジジュースとお茶。他に、昨日の夕食の残り物のキャベツとベーコンの炒め物。

キャベツ炒めは、作ったばかりは美味しかったけど、日が経つとベチャベチャして美味しくなく成る。
こういう味覚が家(うち)の奥さん不足している。


8月6日(土)

O2
豚肉の生姜焼きなど

豚の生姜焼き、レタス(胡麻ドレッシング)、みそ汁(しじみ味のインスタント)、ごま高菜、鮭フレーク。

奥さんが、バンコクへ出掛けている為、自分と娘の分を、自分が料理。
と言っても、火を使ったのは豚の生姜焼きだけ。

チューブ入りの生姜、レタスに掛けた胡麻ドレッシング、インスタントのしじみのみそ汁、ごま高菜、鮭フレークは全部、日本から買って来たもの。

ご飯は、冷凍庫に保管してあったものをレンジでチン(日本米)。

お手軽クッキングだが、娘には美味しいと好評だった。
自分としても、変なタイ料理が一切ないし、豚の生姜焼きも胡麻ドレッシングのレタスも美味しかった。

食べ慣れたもの、期待通りの美味しさのあるものはいい。
肉(豚)、魚(鮭)、野菜(レタスと高菜)、スープ(みそ汁)、とバランス的にもいいと思う。


8月7日(日)

O3
スパゲッティとオニオンスープ

昨日から、奥さん、体調不良の為、今週(?)は奥さんの料理は期待出来そうもない。
なので、今週は出来合いの食品が多く成りそう。

BIG-Cで買った冷凍食品のスパゲッティと日本で買ったオニオンスープで夕食。
足りない分は、ヤマザキパンで買ったサンドイッチ。

更に足りなかったら、カオポートを用意したが、スパゲッティとサンドイッチでお腹がいっぱいに成った。


8月8日(月)

今日は、朝から街のコンドミニアムで麻雀をして、-105、と大きく負けて、落ち込んでいたが、それでもお腹は空く。

コンドーで1人、何かを作るのも面倒くさかったし、ちょっと酔っ払っていたので家にも帰れない。
しょうがないので、おせんべいや最近のマイブームのドリアンチップなどを食べて誤魔化していたが、やはり、もうちょっと腹の足しに成るものを食べようと思った。

O4
スパゲッティとりんごジュース、市内のコンドーにて

S&Pの冷凍食品。割と美味しかった。


8月9日(火)

O5_2
、自分の領域。、奥さんの領域。黄色、娘の領域。

今日の1番は、サーモンフレーク入りの玉子焼き。これは美味しい。
美味しいのでなくなるのが早い。玉子焼きは半分以上食べた後です。

玉子焼きは奥さんの得意料理(正確には良く作る料理)。
昔は、ただ単に油の海に玉子を流し込んで作るだけの、油まみれの玉子揚げ、だったが、最近は、鮭フレーク入りとか、ネーム入りの玉子焼きも作る様に成った。
これは、娘も自分も好物。

(日本品種の)きゅうりに味噌。
自分は当然として、意外に娘も良く食べる。

ベーコンとインゲンの炒め物。
不味くはないし、栄養的にもいいと思うのですが・・・。
量が多過ぎる。
馬じゃないんだから・・・。
(当然?、残りました)

他には。

お茶とコーンスープ(自分だけ)。

タイのきゅうりとタイのナス(奥さんが少し食べただけ)(基本的に、日本人には美味しくない)。

ナムピック・マムアン(マムアン=マンゴー)。試しにひとさじ、ぱくっとやったら辛かった。

パット・ノーマーイソッ・ウンセン・ムーサップ。
パット(炒める)、ノーマーイ(竹の子)、ソッ(生)、ウンセン(しらたきみたいな)、ムー(豚)。
他には、葱、ニンニクなどが入っている。
日本語にすると、竹の子とタイ風しらたきと豚ひき肉の炒め物・・・こんな感じかな・・・。
ノーマーイ・ドン(竹の子の漬物)は臭くて嫌だけど、ノーマーイ・ソッ(竹の子の生)を使ったこの料理は意外と美味しい。

尚、ご飯は娘と自分は日本米。奥さんは、カオニャオ。


8月10日(水)

O6
カオソーイ・カイ

多分、センタンで買ったもの。

本日の奥さんは、体調か気分が悪いらしく手抜き。


8月11日(木)

O7
蒲鉾うどん

今日も奥さん手抜きで、うどん、だけ。

さすがにちょっと寂しかったので、ネットで、日本のキツネうどんの写真を見せて、似たように作って貰った(積りだった)。

蒲鉾を1切れか2切れ入れて貰う積りだったら、蒲鉾を1本全部使ってしまった。
(娘の分も有るので、写真に写っているのは半分)

自分としては、結構、笑えた。

「蒲鉾うどん」、こんなの何の疑問も持たず作れるのは家(うち)の奥さんぐらいしか居ない。

(まさか、こんな、うどん無い、と思ってネットで調べたら、「蒲鉾うどん」、有りました。でも、それは、だし巻き玉子とか、ほうれん草、椎茸とか入っているもので、こんな一面の蒲鉾だらけの、うどん、ではありませんでした)

尚、一緒に入っている、あぶらげ、は一応、出汁に砂糖を入れて煮込んだが、元の、あぶらげ、が不味過ぎたので、食べずに捨てた。


一週間の総括。

夕食編も朝食編と同じで、余り、面白みはない。
ユニークなのは最後の、蒲鉾うどん、ぐらいだった。

魚が少ないのも、朝食と同じ。野菜も殆どない。

もっと強い意志で、栄養バランスを考えなければ・・・。

これからは、何か面白いものが有った時だけ、「本日の一品」、のようなタイトルで書いたほうが良さそう・・・。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

« タイで始めてのビザ取り(1) | トップページ | 男の料理教室(混ぜご飯と鯖の味噌煮) »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

大変おいしそうな。鳥鍋ですが、ぜし、オレンジジュースではなくて,ビールと、共に食してください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タイで始めてのビザ取り(1) | トップページ | 男の料理教室(混ぜご飯と鯖の味噌煮) »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼