« 本日開店(日本食レストランSAKU) | トップページ | 河と大きな木のあるレストラン(1日目) »

2016年9月 4日 (日)

パクチーは不味いと思うけどな~

2016/09/04(パクチーは不味いと思うけどな~)

きょうのYahooの記事で面白い(?)記事を見付けた。
出所は産経新聞らしいこの記事、自分としては、「ホンマかいな・・・」って感じ。

O1

Yahooの記事

エスニック食品ブームって、確か十数年前にも有ったような気がする。
その時は一旦下火に成って、また盛り返して来たのだろうか。

しかし、自分にはどうも信じられない。
確かに、「タイ料理は美味しい」、という人は居るけれども、本心からそう思っているのか、イマイチ信じ難い。
なんて言ったって、普通の日本人から見れば、「タイ料理は不味い」、というのが普通の(?)感じ方だと思う。

なので、流行って来た、と言っても、元々かなりの少数派の人達が、若干増えただけという気がするし、レストランとか業者とかが、意図的に話題を流しているような気もする。

まあ、タイ料理にも色々有って、中には日本人に食べ易い料理、人によっては美味しいと思える料理(例えば、トムヤムクンとかプーパットポンカリーとか)もあるけれど、一般的に「タイ料理は美味しい」、と思う人がそれ程居るとは思えない。
(自分はプーパットポンカリーは好きです、トムヤムクンは微妙)
(でも、折角のカニ料理なら、シンプルに素材の味を楽しめる料理の方がいい。プーパットポンカリーは、なんかギトギトって感じ)

特に、材料としてのパクチーは、自分の知っている範囲では、嫌いな人の方が(圧倒的に)多い。
自分の知っている範囲には、タイが好きでタイに良く来る人、或いは、タイに住んでいる人が大勢いるが、そういう人でも、パクチーが好き、と言う人は殆どいない。

自分は、最初タイに来てパクチーを食べた時、不味いとは思ったけど、食べられないという程ではなかった。
折角、外国に来たのだから、その国の食べ物を食べなければ、という思いがあって、若干、やせ我慢的に、無理をして食べていた。
一緒に旅行に来た人には、パクチーが全くダメで、パクチーの入っている料理は基本的に食べないか、どうしても、しょうがない時は、パクチーを綺麗に取り除いてから食べる、という人も居た。
それはそれで、日本人として正しい対処の仕方だ、と思った。

自分が考える、「パクチーは美味しい」、という人のイメージは。

美味い不味いより、外見に拘るタイプ・・・採食主義とかハーブ好きを気取っている(主に)若い女性。
日本の伝統的な食事(米のご飯、魚、漬物、味噌汁などのおかず)を余り食べずに、育った若い世代の人達。

逆に言うと、自分達のような世代の人間は、米のご飯と、それに合ったおかず、を食べて育ったので、パクチーが好き、という人は殆どいないし、若い世代でも、そういう母親が作った食事を家で食べて育った人には、パクチー好き、は少ない気がする。

多分、タイで「パクチーが好き」、という人の何割かは、「自分はタイ料理でも平気で食べられるぞ」、という一種のメッセージで言っているだけで、本当のところは・・・?。

あと、日本で、「タイ料理が好き」、と言っている人の何割かは、上のYahooのつり記事などに乗せられて、「自分は、エスニック料理の美味しさも分かる」、と言ってみたいだけ、の様な気がする。

何となく、「エスニック料理ってお洒落」って、思っている人も居るかも知れない。

まあ、本当に、パクチーが美味しいと思っている人が居れば、それはそれで、いい事だとは思う。
食べ物なんて、基本的に自分が1番。
自分が美味しいと思ったものは、誰が何と言おうと、美味しいものは美味しい、でいいと思う。

「パクチーの美味しさが分からない奴はバカだ」、と思っていればいい。

実は、こういう人達(パクチーの美味しさが分かる人達)は、もしかしたら、本当は凄いのかも知れない、とも思っている。

何故かと言うと・・・。

タイに来る前は、味覚なんか、どの人種、どの民族、どこの国、でも(殆ど)同じだと思っていた。
本当に美味しいものは、日本でもタイでも美味しいハズ、と思っていた。

しかし、これが違う。少なくとも、日本人とタイ人とでは随分違う。自分の感覚では「全然」違うと言ってもいいぐらい違う。

自分は(日本人だから、或いは、日本の方が文化的に先進国だから)、(半未開のタイ人の食べる)タイ料理より日本料理の方が旨いに決まっていると思っていた。
で、当然、旨い物を食べさせればタイ人といえども、それは分かるハズと思っていた。

しかし、奥さんと食卓を囲んだり、日本やタイで外食してみると、これが分からない。
なんで、こんな事が分からないんだ・・・。始めは、頭が悪いんじゃないか、とさえ思った。
(このブログの、「食卓の国境線」シリーズに色々書いてあります)

特に困るのは、「食べれば分かる」、と思っても全く手を付けようとしない事。
野菜嫌いの子供に何とかして、野菜を食べさせようとするのと同じで、何とかして、美味しい物を食べさせようとするのだけれど、これが難しい。
強く勧めれば、少しは手を付ける事もあるが、それ以上は食べようとしない。

奥さんは、まだ、自分との付き合いが長いので、食べられる食材の種類は少しずつ増えているが、これが、家の近所の奥さんの親戚などだと、一体、何を出せばいいのだろう、と思える程、(自分から見れば)「偏食」。

食べられる食材の数が極めて少ないような気がする。

例えば、田舎では、タンパク源は鶏肉と玉子、たまに川で取った小魚か、市場で買った豚肉(ソーセージ状のものも含む)かプラートゥかプラードッグぐらい、高級品としてプラーニンとか手長エビ、貴重品として昆虫、たまに運が良ければ取れたヘビ。
(まあ、種類としては、他に蛙とか日本人の余り食べないものも有るので、それなりに有るが、ただ、日常的に食べる食材は限られる)

日本のように魚の種類だけで何十種類、肉だって色々あるし、牛乳・チーズ、イカ・タコ・ウニ・カニ・エビ・・・兎に角、種類が豊富で、食事の度に交互に色々出て来る、タイの(特にチェンライの田舎の)食事の事情はそういう状態ではない。
(バンコクのような都会なら、大分違うかも知れない)

昔、(タイ人の)奥さんの出すおかずは、殆ど毎食、玉子焼きかゆで玉子、たまに、焼き鳥か焼き豚(日本のチャーシューとは違います)、でよく飽きずに食べられると思うような内容だった。
(自分は、実際に毎食同じ物で「飽きて」困りました)(今は、少し、まともに成った)

で、こういう食事を子供の頃からしていると、(多分、味覚の形成がちゃんと行われなくて)、新しい食材に対処する能力が育たない。
(家の奥さんや近所の子供など、ブラックタイガーですら食べられない変な人達)

要するに、こういう偏食は味覚形成不全(グーグルで調べたら、こんな言葉無かった)。

ちょっと、回りくどい説明に成りましたが、先に、「パクチーの美味しさが分かる人は、本当は凄いのかも知れない」、というのは、この事の裏返し。

要するに、日本人で、パクチーの美味しさが分かる人は、色々な味を感じる能力に秀でている、そういう事なのかも知れない。
ただし、日本の味の美味しさも、ちゃんと分かる、というのが前提ですが・・・。
(実は、パクチーが美味しい、という人達の味覚・・・ちょっと疑ってます)
タイ人のように、色々な物の美味しさが分からない、というのではしょうがない。

尚、パクチーに関して、自分は、最初の頃は、「不味いと思うけれど食べられる」、というレベルだったが、最近は、「それ程気にならずに食べられる」、様に成った。
でも、美味しいとは思わないので、積極的には食べない。
パクチー入りのケーキとか、パクチー入りのサラダドレッシングには抵抗を感じる。

余談。

日本にあるハーブ類としては、紫蘇とか三つ葉。これは嫌いじゃない。むしろ好き。
紫蘇の天ぷらとか梅紫蘇とかも好きだし、親子丼に三つ葉を入れると一味美味しくなるし、お吸い物に入っている三つ葉もいいと思う。

鰻のかば焼きには、山椒が無いと物足りない。

そう考えると、別にパクチーだって食べ慣れていれば、そんなに不味いものじゃないのかも知れない。

(今、思い付いたのだけど、パクチーの天ぷら、これは、もしかしたら美味しい・・・?)
(でも、やっぱり不味いか・・・?)


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。

パクチーは不味いと思った人はここを、ポチッ→ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

いや、そんな事は無いと思った人もついでに、ポチッ↑。

.

« 本日開店(日本食レストランSAKU) | トップページ | 河と大きな木のあるレストラン(1日目) »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

食材?味覚?というか、すでにファッショントレンドの一つの認識だと思います。
食材だったらアレンジ、衣服だったらコーディネートと周りをうまく取り込む事で、
オシャレに敏感で生活全般に対してうまく対応していく感じでしょうか。
パクチー(食べ物)もその一つなんだと思います。

逆にタイに当てはめると、ワサビがそうなんだと思います。
寿司を食べるのではなくて、てんこ盛りのワサビ(メイン)を醤油にマゼマゼして
寿司(添え物)を食べる。(麺つゆにもワサビ投入~~)
共通点は辛味!
『味覚形成不全』 まさしくイサーンの相方もそうでした。
幼少から田舎で少ない調理方法の味覚形成が要因だと思います。
タイ・日本食といろいろ食べ歩き、その都度調理に関するひと口コメントを説明して
やっと食とは何かという事を理解し始めた段階です^^

食文化に関しては、日本人がおかしいだけ。

イサーンの人達の感覚の方が世界的に見て普通だと思う。

世界各国の人達は、イタリアだろうがアフリカだろうが、大体保守的で自国のものばかり食べてる。

日本人のように他の国の料理を取り入れたり、他国の料理を追求したりなんかしない。

アイスコーヒーを作ったのは日本人だが、コーヒーを冷やしたら頭おかしいと思われた。
冷やしパスタや冷やし中華なんて、イタリア人もシナ人も論外だと思ってる。

日本人の美味いものへの探究心が異常なだけ。

食べ物は生き死にに関わって来るから、本能的なもの何じゃないかと思う。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日開店(日本食レストランSAKU) | トップページ | 河と大きな木のあるレストラン(1日目) »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼