« チェンライの日本人の車事情 | トップページ | 雑草との戦い »

2016年9月16日 (金)

食卓の国境線(本日は自分で料理)

2016/09/15(食卓の国境線(本日は自分で料理))

兎に角、魚が食べたい。
それも、プラーニンなどという不味い魚じゃなくて、日本人として、ちゃんとした魚が食べたい。
もう、肉も玉子も食べたくない。不味いタイ料理は食べたくない。

いわゆる、魚渇望症(こんな言葉ない・・・?)。

そういう分けで、きょうは昼間から、「夕食のおかずは自分が作るから」、と宣言しておいた。

.
F1
本日の夕食

⇒青が自分の領域。⇒赤が奥さんの領域。⇒黄色が娘の領域。

料理の種類は上から、インゲン豆(みたいなもの)の唐辛子あえみたいなもの、竹の子とウンセン(白滝みたいな)のあえものみたいなもの、豚のひき肉と何かを混ぜた物(ここまではタイ料理)、鯖の味噌煮もどき(和食)、茸とキャベツとベーコンの炒め物(中華風?)。

自分が作ったのが、鯖の味噌煮(もどき)と中華風(もどき)の炒め物。
当然、自分のおかずはこの2つが中心。
他のタイ料理もちょっとだけ味見・・・やっぱり、美味しくない。

娘は、自分とほぼ同じだが、豚のひき肉料理も少し食べていた。

奥さんは、例によってマイペースでタイ料理3点。ただし、申し訳程度に、鯖の味噌煮と中華風の炒め物にも箸を付けた。

.
F2
右、鯖の味噌煮

鯖の味噌煮は美味しかったけど、ちょっと失敗。
水の量が多すぎた(煮込みの時間が短過ぎた)ので、味噌が十分に乗ってない。でも、美味しかった。

.
F3
ベーコンとキャベツと茸の炒め物

今日の味付けは何にしようかと考えたときに、あわびソースがあったのを思い出した。
ベーコンの油で炒める途中で、あわびソースで味付けして、更に炒めた。

これも、美味しかった。
もうちょっと、ベーコンでしっかり油をとって、茸ももっとしっかり炒めた方がより美味しかったかも知れない。あわびソースはちょっと入れ過ぎた(勿体ない)。
でも、ちょっと中華風な感じがして美味しかった。

タイ料理は、まあ、どうでもいいのだけど、ついでに写真を載せて置きます↓。

.
F4
タイ料理3品

何を作っても結局タイ人の奥さんは、カオニャオに買って来たタイのおかずで食べる。
奥さんの食べ方をみていると、食べるものは基本ご飯で、おかずは、それにちょこっと付けるだけ。
だから、何でも、ちょっと辛いものが有ればいいのでは・・・と思う。

ある意味、ご飯さえ食べ過ぎなければ、ヘルシーでいいかも知れない。

でも、育ち盛りの子供には、タンパクやその他色々な栄養素が不足しているように思う。

美味しくて、肥満気味で生活習慣病に悩ませられる栄養過多の食事がいいか、栄養不足気味で、いつもダラダラしている食事がいいか・・・?。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« チェンライの日本人の車事情 | トップページ | 雑草との戦い »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

いつも迷人様のタイでの優雅な生活ぶりを羨望の眼差しで拝読してますので、今日はすこし貴方様を羨ませてくださいね。今、日本では秋刀魚の旬で大変おいしい。新物は一尾580円もするという信じられない高値で、次第に値が下がり380円なっても勿論スルー。ようやく150円になったところで購入。(まるで株の売買みたいですが)。ガスレンジで焼いている間、油脂がジュンジュン、秋刀魚特有のいい匂いがたまりません。大根おろしにおろし生姜をそえ家人と美味しく食しました。幼い頃、母が庭にかんてきを出しこの季節は毎晩のように秋刀魚が食卓にのり、あーたまにはお肉が食べたい!と思ったものでした。歳とともにお魚が好きになり、秋刀魚は特に郷愁が加味され一層美味しく感じられるのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チェンライの日本人の車事情 | トップページ | 雑草との戦い »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼