« コック河の夕暮れ(マノロムカフェにて) | トップページ | 麻雀は負け知らずのなのだけどトランプが・・・ »

2016年11月 7日 (月)

海鮮あんかけうどん、とアボガド

2016/11/07(海鮮あんかけうどん、とアボガド)

本日の朝食は奥さんが買って来たラートナー(無理矢理日本語にすれば「あんかけうどん」?)。
しかし、それだけでは寂しいと言ったら(意訳)、奥さんが、「アボガド食べる」と聞いて来たので、標題の組み合わせに成った。

.
V1
本日の朝食

奥さんと2人で朝食。食べるものは珍しく今回は奥さんと全く一緒。
(同じ物を一緒に食べる事は多いが、普通は、奥さんしか食べないもの、とか、自分しか食べない物、が何品かある事が多い)

ラートナーは平太麵にトロトロとした餡が掛けてあるタイの食べ物。
香草や唐辛子(注)、ココナッツミルクなど、自分の嫌いな物が入ってないのでタイ料理としては食べ易い(場合によっては美味しい)食べ物。
今回のラートナー、はトロトロというより、殆ど液体のスープに近いものだった。
注。唐辛子はお好みで入れても良い。タイ人は普通、入れるようだ。

.
V2
ラートナー・タレー

ラートナーは入れる具材によって幾つかの種類に分かれる。今日のラートナーはエビやイカが入っているので、タレー(海)。
海のラートナーをもう少し日本語らしくすれば、海鮮ラートナー、更に完全に日本語化すれば、海鮮あんかけうどん。

多分ラートナーで一番多いのは豚肉(ムー)が入ったラートナー・ムー、だと思うが、自分はラートナー・タレーが好き。

ラートナーは、日本の食品で言うと、柔らかい焼きそば、に非常に似ている。
(もしかしたら、中華料理でルーツは同じものかも知れない)

お好みで、酸味を加味したり(写真中央左の小袋、唐辛子の入ったお酢?)、甘さ辛さを調整する(写真中央右の小袋、砂糖と唐辛子が入っている)。

奥さんは、唐辛子と砂糖を少々、お酢も少々入れていた。
自分は、お酢は全部入れた。今回は唐辛子と砂糖は入れなかった(普通は入れる事の方が多い)。

お腹が空いていた事もあるが、今日のラートナーは美味しかった。
1人前25バーツ(約75円)。こういう田舎のタイ料理をいつも食べて居れば、生活費を安く上げる事が出来る。


アボガドは食べ始めてからまだ日が浅い(注)ので、どおいうのが美味しいのか、見分け方が良く解らない。

注。サラダか何かに入っていて食べた事は昔からあるかも知れないが、丸ごと1個買って、家で食べる様に成ったのは、つい最近。

堅いのと、柔らかいのがあって、自分は、柔らかい方が絶対美味しいと思うけれども、お店で同じトレーに置いて有るアボガドを幾つか買っても、硬さが全然違う事が多い。
堅いアボガドの場合、暫く置いておいて柔らかく成ればいいのか、木(?)で熟れたものでなければ美味しくないのか、その辺の事が分からない。
(コメントで教えて頂きました、ナッチャンさん有難うございます)

今日は2個剥いて食べたが、1つは当たり(柔らかくて美味しい)、もう1つはやや外れ(まだ、幾分堅くて、味もイマイチ)だった。


全体的に(て言っても2種類だけですが)今日の朝食、簡単な割には(ラートナーは買って来ただけなので、そういう意味では、「簡単」)バランスが取れていて、ヘルシーな感じもして、安いし、美味しかったので良かった。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« コック河の夕暮れ(マノロムカフェにて) | トップページ | 麻雀は負け知らずのなのだけどトランプが・・・ »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

アボガド
緑色で硬い物は置いておけば熟してきます
まれにそうならない物もあるようですけど
一般的には黒く柔らかく熟した物を食べます
私はわさび醤油を付けて食べます
チョットマグロのトロの味
安いマグロの美味しさを出す為に
アボガドオイルを使っているそうです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コック河の夕暮れ(マノロムカフェにて) | トップページ | 麻雀は負け知らずのなのだけどトランプが・・・ »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼