« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の23件の記事

2017年4月30日 (日)

バンコクに着きました

2017/04/30(バンコクに着きました)

バンコクは暑い。今の季節、タイは一番暑い季節。涼しい日本から来ると余計に暑さを感じる。
ゴールデンウイークの連休で、これからタイに旅行に来る人も同じ事を感じる事であろう。

昨日はなんだかんだで寝るのが遅かった(昨日というより今朝の4時半頃寝た)ので、昼頃まで寝ていた。
.
Q1
ホテルから見たバンコクの風景1

バンコクの定宿はラッチャダーのパラム9駅付近にある。一泊700バーツでリーズナブルな宿。
高級感はないが、ある程度の広さと清潔感はある。

.
Q2
ホテルから見たバンコクの風景2

9階の部屋から見た風景。


1時頃に訪ねて来たバンコクで働いているお義兄さんと我が家の3人で食事に出掛けた。

センタンには色々なレストランが揃っているので、そこへ行く事に成ったが、何を食べるか・・・。
奥さんが、「何処に行く?」、「日本料理を食べに行く?」、「美味し(おいし)に行く?、FUJIに行く?」、と聞いて来る。
奥さんは、どうやらお義兄さんを和食の店に連れて行きたいようだったが、昨日まで日本にいた身としては、イマイチのタイの日本食屋は気がすすまなかった。

.
Q3_2
ロータスの通路

外の道は暑いので、冷房の効いているロータスの通路を通ってセンタンへ。

ここで、閃いた。

そう言えば、今回の日本旅行でカレーを食べてない。
カレーを食べたい。カレー好きの娘も仲間に引き入れて、センタンのココ壱番屋に行く事にした。
ココイチのカレーはタイでも日本でも同じ味で、「日本食もどき」ではない、ちゃんとした日本の味。
カレーなら、タイ人のお義兄さんでも食べられるであろう・・・。

.
Q4_2
センタン・ラッチャダーのココ壱番屋

タイでココイチに来るのは10回目ぐらい。アソークのターミナル21のココイチが1番多いが、此処、センタンのココイチにも2回来た事がある。

兎に角、日本と(ほぼ?)同じ味なのがいい。

.
Q5_2
本日の昼食

自分がビーフカレー、娘が玉子カレー、奥さんがイカカレー、お義兄さんがベーコンカレー(?)。

自分は期待通り美味しいと思った。
娘も美味しいと言っていたが、奥さんとお義兄さんは少し残していたのでイマイチだったのかも知れない。

タイの田舎の人に、「美味しいものを、美味しいと思わせる」、のは難しい。


宿に戻って、奥さん達は他の用事で出て行った。
一人部屋に残された自分は、ネット三昧に耽った。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

成田からドンムアンへ

2017/04/29(成田からドンムアンへ)

妻と娘を連れて夕方4時頃荻窪の家を出て6時半頃成田空港(第二ターミナル)に着くと、最初の関門(?)は飛行機の搭乗手続き。

家で量って来た荷物は20.3kgと25.3kgで、ほぼピッタリ、無駄なく預入荷物の上限まで預けられた。
預入荷物は2個事前予約して、1つは20kgで予約、もう1つは25kgで予約した。(多分)小数点以下は切り捨てて計算するので、0.3kgずつのオーバーは問題ない。

持ち込み手荷物の上限は1人7kgで、娘の手荷物(小さなキャリーバッグ)だけチェックされたが、問題なし。
自分達の前のお客さんは、手荷物の重量がオーバーしていたらしく、手続きに手間取っていた。
自分達は手荷物も7kgを越えない様に事前に量って来たので、問題なし。
しかし、いつも(?)は手荷物の重量など量らない事の方が多いのに、今日は、他の客も含めて、ちゃんとチェックしていた。


次の関門、出国手続きも全く問題なし。イミグレの窓口も空いていて、全く待たずに手続きに入れた。
出国手続きの前には、日本円の持ち出し額が大きかったので、その分の申請をしたが、それも問題なし。

後は、指定されたゲートに向かうだけなのだけど、例によって、途中で奥さんが土産物屋で引っ掛かって、結構、時間を消費した。

奥さんの買い物中に娘が、「お腹が空いた」、「ラーメンが食べたい」(ラーメンは娘の大好物らしい・・・ヘンな女の子だ!)と言うが、もう、時間がそんなにない。

ラーメン屋が近くにあるか、時間が間に合うかが分からなかったが、奥さんの買い物を急がせて、近くに有った案内所の係りの人に、「この辺にラーメンが食べられる所有ります」、と聞いたら、「○○の店に多分あると思います」と言うので、行って見た。

お店の人に、「時間が無いのですが、ラーメン出来るのにどれくらい掛かります?」、と聞いたら、「10分で出来ます」、と言うので、それならギリギリ間に合う。

搭乗ゲートへの集合時間が8:15分。今現在7:45分。
10分で出来て10分で食べれば、まだ10分あるので、急いで行けば間に合う。
奥さんに選ばせると、それだけで5分ぐらいかかるので、ここは強制的に全員味噌ラーメンを注文。

結局、ラーメンが出来るのに15分掛かった。
妻と娘には、「(時間がないから)5分で食べろよ」、と言って急かすが、ヘンなところに上品(?)な奥さんと、猫舌の娘のラーメンはなかなか減らない。
しかも、奥さん、例によって呑気に写真などを撮っている。

私、「時間が無いんだから~!」

結局、食べるのに10分ぐらい掛かった。奥さんの分はとても食べ切れそうもなかったので、途中から自分にチェンジして、自分は、あっという間に食べた。
でも、ここのラーメン旨かった。時間が無くても急いで食べても、正解。

あと5分。急いで会計を済まして(会計係りのお兄ちゃんトロかったな~)、搭乗ゲートへ向かったら、着く前に搭乗開始のアナウンスが聞こえてきたので、一安心。

飛行機に乗って、3人席。自分が窓側、娘が真ん中、奥さんが通路側。
1人で飛行機に乗る時は、自分は通路側を予約するのだが、きょうは家族3人なので、トイレに出る時の心配をする必要がない。安心して窓側に座れる。

ここまで、来れば後はタイに自動的に着くので、長かった妻と娘の面倒を見る作業から、やっと解放さた。安堵感。
しかも、同じエコノミーの席でも、(1人の時と違って)他人と接していないので気楽にくつろげる。
美味いラーメンを食べてお腹も満足しているし、後は、空の旅を楽しむだけ。


飛行機の離陸までには、随分時間が掛かった。通常よりかなり長く待たされた(おかげで、バンコク到着が遅れた)。
こんな事なら、搭乗時間をもっと後ろにずらしてくれれば、ゆっくりラーメンが食べられたのに。

飛行機の中では、最初、娘が煩く話し掛けて来たが、後は、途中で夜食を食べた以外、特に変わった事も無く、ドンムアンに着いた。

空港で降りる時、私、「忘れ物をしない様に」「忘れ物ないよね」、と言って念を押して、から飛行機を降りた。
飛行機の席を立つ前に、自分の前(自分は一番奥の窓際に座っていた)の妻と娘の席は見たのだけど、自分の背中側に置いて有ったセーターを忘れた。

イミグレに向かって歩いて行く途中で・・・アッ・・・セーターを忘れた!。

ちょっと古いセーターだから、「ま、いいか」、と自分は思ったのだけど、妻と娘の「忘れ物癖」を日頃から注意している自分が、忘れ物をしてしまったので、この事は、後々言われそうで、そっちの方が困る。


宿へ向かうタクシーはちょっと出る所を間違えて、タクシー乗り場じゃない所で拾ったので、50バーツ得した。
(タクシー乗り場で乗ると税金のようなものを50バーツ余計に取られる)

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月29日 (土)

日本出発、タイへ

2017/04/29(日本出発、タイへ)

今回の長い日本滞在(自分は約50日、妻と娘は40日)も今日が最後。
今朝は、日本との名残を惜しんで、朝風呂にゆっくりと浸かり、濃いめのお茶を飲んだ。

日本にやり残した事は多いが、当面必要な事はやったので、今日は、タイへ持って行く物の最終確認と戸締りなどをするだけ。

既に買ってある、お土産や食材、買い貯めてあった日本にしかない生活用品などをキャリーバッグに詰めて、まだゆとりがあったので、飛行機に積めるぎりぎりまで買い出しに行った。

.
R1
つつじの花

買い出しに行く途中でつつじの花が綺麗に咲いていたので、写真を撮った。
もう直ぐ4月も終わり。季節は、つつじの季節になって来た。

.
R2
出来上がった荷造り

預入荷物は25kgと20kgの2個。体重計で計測して、ほぼピッタリにした(多分誤差は数百グラム)。
手荷物も6~7kgで、これも制限ギリギリ。
まあ、無駄なく、欲しい物をタイへ持ち帰れる。

日本での、最後のブログの入力も終わった、これから戸締りをして、タイへ向かいます。

多分、バンコクの宿でWi-Fiが使えるので、今度はそこから記事の投入を行う積り。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月28日 (金)

タイ人は日本で何を見、何を食べ、何を感じたか

ちょっと大袈裟なタイトルですが、今回の訪日の感想を奥さんと娘に聞いて、纏めました。
タイトルには、「タイ人は~」、と書きましたが、実際には、「妻と娘は~」、と書いた方が正しいです。しかし、タイ人一般の傾向をある程度は掴めそうな気がしたので、このタイトルにしました。


先ずは最初の質問。

① 今回の訪日中のイベントで何が一番良かったか。

奥さん、(1位)熱海の温泉→(2位)桜見物→(3位)スカイツリー→(4位)八ヶ岳アウトレット→(5位)八ヶ岳で見た雪

娘、(1位)八ヶ岳で見た雪→(2位)スカイツリー→(3位)熱海の温泉→(4位)桜見物

総合1位は「熱海の温泉」、に決定。まあ、これが一番金が掛かってるから、そういう事もあるのかも知れない。

「雪」は意外な事に娘が1位で、言い出しっぺの奥さんは5位だった。

桜見物が上位に入るのは想像出来たが、スカイツリーが意外に人気だった。

因みに、奥さんに、今までで一番良かった所を聞いたら、広島の厳島神社と言っていた。


次の質問。

② 今回、日本で食べた物で、何が一番良かったか。

奥さん、(1位)鰺の開き→(2位)マグロ→(3位)不二家のケーキ→(4位)甘酒→(5位)スタバのドリンク

娘、(1位)ラーメン→(2位)お寿司→(3位)オムライス→(4位)グラタン→(5位)ドリア

どうも奥さんと娘で質問の意図を勘違いされた様で、奥さんは(主に)家で食べた物、娘は外食したものを答えた。

娘の好きなもので、ラーメンが1位というのは、女の子にしては意外・・・?。


③ 食べ物関連で、好きなお店を聞いた。

奥さん、(1位)ジョナサン(主に洋食)→(2位)サイゼリヤ(イタリアン)→(3位)くら寿司(回転寿司)

娘、(1位)日高屋(ラーメンなど)→(2位)サイゼリヤ→(3位)ジョナサン

総合1位は接戦でジョナサンに決定。
これは、美味しいから、というよりも、家から近いので回数が多かった事が影響している気がする。

いずれにしても、日本的な料理より、洋食系のお店の方が人気があるようだ。
(まあ、大体ファミレス・・・大したお店・・・高いお店には連れて行ってない)


最後に、日本のいい所・悪い所を聞いて見た。

奥さん、(いい所)「しまむら」でのショッピング。車の渋滞が少ない。(悪い所)寒い。

娘、(いい所)食べ物がタイより何倍も美味しい。綺麗。桜。アニメが可愛い。(悪い所)寒い。

悪い所はどちらも「寒い」で一致。これは4月に来たからで、7月とかに連れて来れば、結果は全然違うハズ。
基本的に、悪い所は余り無い、と解釈した。

尚、妻と娘と一緒に質問すると答えが影響し合う可能性があるので、妻と娘に別々に質問した。
(妻と娘は、お互いの回答を知らない)

いい所、に関する質問では、娘の方が質問の意図を理解している様な回答だった。奥さんの回答がちょっとヘンなのは、娘は日本語が通じるが、奥さんは通じないので、意思疎通の問題もあったかも知れない。

「車の渋滞が少ない」って、そうならない様に、コースや日程を組んだのだよ・・・とは言わなかった。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月27日 (木)

八ヶ岳アウトレットでお買い物&東京へ

2017/04/25(八ヶ岳アウトレットでお買い物&東京へ)

前回の記事、「またまた温泉」、の続きです。

2泊3日の八ヶ岳高原旅行も今日が最終日。
今日は、奥さんの好きな買い物を八ヶ岳アウトレットパークでさせてから、東京へ帰る予定。

その前に、自分は、伸びすぎた木の枝の剪定や、通路や駐車場に雑草が生えないように除草剤の散布などの仕事をしなければならない。
ホテルへの宿泊と違って、こういう所は面倒くさい。

.
S31
通路脇の大きく育った白樺の木

三十数年前に植えた白樺の木、最初は高さ2m直径5cmぐらいの木だったが、今では高さ10m以上、直径10cm以上と立派な木に成長した。
特にこれといった手入れはせず、当初植えた木の殆どが枯れる事なく、成長した。
やはり、白樺は高原を代表する木で、この土地の気候に合っているらしい。

.
S32
通路

ちゃんと手当(除草剤の散布)をしておかないと、夏頃には雑草が生い茂って車で通れなくなる。

.
S33
庭の花

父の夢は、花いっぱいの庭を作る事であったらしい。
他界して約10年、下には雑草が生い茂っているが、春には花を咲かせる木も多い。

ここで一句。

咲く花や、父の思いの、夢のあと・・・ちょっとパクリ。

庭の手当もした、水道も切った、電気も切った、戸締りも済ませた、溜まっていた郵便物も回収した、あとは、ちょっと寄りを道してから東京へ帰るだけ。

.
S34
八ヶ岳アウトレットパークへ向かう道

綺麗な松林だったので、写真を撮った。

白樺と並んで松は、この地域を代表する木。

.
S35
リゾート・アウトレット・八ヶ岳、の案内板

アウトレット内には80ぐらい(?)の商業施設(主に物販の店舗)が入っている。

先ずは昼食。カレーやソーセージの美味しいレストランに入る。

.
S36
レストランと併設する食材のお店

籠の中にクッキーが入っていて、ジャムなどをつけて味見が出来る。

食事の前でお腹が空いていたし、珍しさもあったので、色々試して見た。
(写真に写っている以外に、ジャムやドレッシングなど数十種類の物が置いて有った)

写真の「さつまいもバタージャム」、は美味しかったのでタイへの持ち帰り用に購入。他に、ブルーベリージャム等も購入。

奥さんに任せておくと、限りなく買いそうなので抑えるのには苦労した。

.
S37
本日の昼食

娘がスープカレー、奥さんが豚丼、自分がソーセージなどのセット。みんな美味しかった。

.
S38
アウトレットのお店

衣料品店が多いが、LEGOなどのおもちゃの店や、ABCマート(靴)、食材の店など色々ある。
ラーメンやクレープなど、食べ物の店も多い。

どのお店も、明るくて綺麗。

奥さんの、訪日の最大の目的は買い物(特に衣料品などをタイへ持ち帰って自慢する為)なので、ここは正に奥さんの壺に嵌った場所。
アウトレットなので、比較的コスパのいい物が有りそうなのもいい。

奥さんの買い物に付き合うのは面倒なので、自分は娘と2人で椅子に座って待っていたが、じっとしていると寒いので、娘と2人で軽く散歩をする事にした。

.
S39
アウトレット内の衣料品店

こんな感じのお店が一番多い。SALEと書かれたお店も多い。

.
S40
帰路、中央自動車道上り線、2017年4月25日午後3時半頃

天気が良かったので、双葉SA辺りまで富士山が良く見えた。

今回は3日共天気が良かったし、雪も見れたし、桜など綺麗な花も見れたし、温泉も2回入ったし、衣類や食材などのお土産もいっぱい買ったし、富士山も度々見えたので、一応、八ヶ岳高原旅行ミッションは成功した・・・という事で・・・。

八ヶ岳高原シリーズ終わり。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

またまた温泉

2017/04/24(またまた温泉)

前回の記事、「雪を求めて」、の続きです。

.
S21
清里スキー場から見えた富士山

清里スキー場からは、遠くに富士山が見えた。

スキー場を後にした車は、来た道を戻って、今度は八ヶ岳高原ライン沿いにある、まきば公園で一旦停車。

.
S22
まきば公園

ここも、良く来る場所で、奥さんも娘も覚えている。
ただし、「本日休園」、となっていて、羊や山羊の居る牧場には入れなかった。

平日の広い駐車場には、自分達の車も含めて3台ほどの車が止まっていたが、景色を眺めているらしい1組を除いて、人影はない。

娘が、「アイスが食べたい」、と言うが、誰も人が居そうもなくて、お店もやってそうもない。
ただ、建物の中に明かりが点いていたので、一応中に入って見たら、店員(らしき)お姉さんが居た。

私、「やってます・・・?」、「アイス有ります・・・?」。

どうやら、併設されているレストランは営業している様で、そこでアイスは売っているらしい。

此処や、近くの清里の清泉寮のアイスクリームはジャージー種の牛のミルクで、濃厚で美味しい。
娘はそれを、ちゃんと覚えていたらしい。

外で、高原の景色を眺めながらアイスクリームを食べるが、アイスを食べるには少し寒い。
でも、アイス自体は美味しかったのでいい。

.
S23
甲斐大泉温泉

この後、少し山を下って、写真の甲斐大泉温泉へ。

ここは、露天風呂の景色が最高で、富士山が正面に見える、パノラマの湯、というキャッチフレーズの温泉。

温泉からの景色は、是非写真に撮りたい風景だけど、公衆温泉なので写真には撮れない。

夕方の露天風呂からは、今日は富士山がくっきりと見えて、絶景だった。

.
S24
温泉を出た後は・・・

帰りには、売店でお土産(?)を沢山買った。

しかし、その前に、お腹が空いたので、この施設内の休憩所兼食事処で夕食を食べて行く事にした。

.
S25
温泉施設内の休憩所兼食事処

畳式の広間を自由に使っていい。
途中から、他のお客さんも来たが、暫くは、自分達家族だけだった。

奥さんは、こういうの好きらしい。畳の広い部屋が好きなのかな・・・?。

.
S27
本日の夕食

ここでも、先ずは牛乳。
食事は、自分が右上、鯖味噌定食。奥さんが左下、ネギトロ丼。娘が右下、カツ丼。みんなで左下、サラダ。

カツ丼は最初、娘と自分が被ったので、同じ物では面白くないので、自分は鯖味噌に変更した。
でも、娘は全部は食べ切れなかったので、自分はカツ丼も食べた。

なんか、田舎の定食屋という感じがして、意外と(?)美味しかった。
他に客が居なかったし、広々とした所で、畳の上で、のんびり、ゆったり、落ち着いて食べられたので良かった。

.
S28
昔懐かしインベーダーゲーム

温泉場にはゲーム場が付きもの(?)。

片隅にゲームコーナーが有ったので、何種類かのゲームをして、暫し、楽しんだ。

家に帰って。

.
S29
ストーブの前で、はいポーズ

熱帯育ちの奥さんは、「寒い、寒い」、と大騒ぎ。
早速、ストーブを付けたら、そこから離れなくなってしまった。

こうして、八ヶ岳山麓の夜は更けて行くのでした・・・。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

雪を求めて

2017/04/24(雪を求めて)

前回の記事、「今日は北杜市の家へ」、の続きです。


家族3人での八ヶ岳滞在2日目。
今日は奥さんが、「雪が見たい」、と言うので試しに雪の有りそうな所に行って見る事にした。

目指すは、清里から北へ、八ヶ岳方面へ向かう道。

その前に、綺麗な桜が咲いていたので、その写真から。

.
S11
小淵沢の桜、2017年4月24日撮影

この辺りで、標高1000mぐらいだと思う。東京と比べれば大分寒いので、東京より20日遅れぐらいで今が満開。

.
S12
道の駅小淵沢付近の桜

ここのピンクがかった桜も綺麗だった。

.
S13
小淵沢から清里方面へ行く、八ヶ岳高原ラインから見た八ヶ岳

山の上の方は未だ雪が残っているが、車で行けるのは麓(?)の辺りまで。果たして、未だに雪が残っているか否か・・・?。

この時点では、雪が見られるか、見られないか、半々ぐらいだと思っていた。
ただ、5月の連休の頃でも雪が見れた事があったので、見られる様な気がしたが、最近、暖かい日が多く成って来たので、流石に麓ではもう雪は無い様な気もした。

兎に角、車で行ける一番標高の高い所まで、行って見なければ分からない。

.
S14
清里スキー場の少し手前.

清里の北側で、左折して真っ直ぐ八ヶ岳に向かって暫く進んで行くと、遂に、所々に雪の残骸が見え始めた。

やった!、まだ雪が有る!。

道路の突き当りまで行くと、纏まった雪が少し先に見える。
そこまで、歩いて行って・・・。

.
S15
雪の上で記念撮影

実は、ここ、以前にも奥さんを連れて来た事が有ったハズだが、奥さん(と娘)は忘れている様だった。

兎に角、雪の無い国から来た奥さんは大喜び。
自分は、日本人だから、このぐらいの雪は別に珍しくないが、折角、南の国から連れて来た奥さん(と娘)に、今年も雪を見せる事が出来て良かった。

この道沿いに、小川が流れている。

.
S16
日本の清流

タイにも川はあるし、チェンライには川遊びの出来るような所も多いが、どこも大体濁っていて、茶色い川。
写真の様な清流と言える様な川は無い。
なので、ここも、奥さん(と娘)には、十分来る価値の有る所らしかった。

実は、道路の突き当りの所が、清里スキー場の入り口に成って居て、そこを入って行った。
変な泥濘(ぬかるみ)とか有ると、やだなと思いながら恐る恐る慎重に。

.
S17
清里スキー場

スキー場は既に閉鎖されていて、自分達以外は(多分)誰も居ない。ひっそりしている。

.
S18
雪と戯れる奥さんと娘

誰も居ない所だけど、タイ人の2人には、ヘンな観光地より、余程、日本らしさを満喫出来たようだ。
自分が、「もう帰るぞ」、と言ってもなかなか帰ろうとはしなかった。

.
S19
雪を手のひらに載せて、記念撮影

アナと雪の女王みたいに、

♪ ゆきダルマ、つくろ~ ♬

と、一応、挑戦してみたけど、雪が半分氷状に成っていて、硬くて、とても無理。
だいいち、手袋をしてないので冷たすぎる。

写真を撮る為に、雪を十数秒手のひらに載せて置くのが限界。
写真を、撮り終わった後は、「冷めて~、冷めて~」、と直ぐにハンカチで手を拭かなければならない。

こんな感じで、本日の、雪見ミッションは大成功を収めたのでした。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月26日 (水)

今日は北杜市の家へ

2017/04/23(今日は北杜市の家へ)

荻窪(東京都杉並区)での生活も少し飽きて来たし、折角、別荘が有るのだから、たまには行って見ようか、てな感じで、山梨県北杜市の家へ行く事にした。

ここは、親父の建てた別荘で、一応、山岳リゾートぽい所に有る。

.
S1_2
中央自動車道、談合坂SAにて、2017年4月23日(日)16時頃撮影

東京(の平地)は、もう桜は散ってしまったけど、山の上はまだ桜が残っている(写真左側)。

上り線、東京方面(向こう側の道路)は渋滞だが、下り線(手前、山梨・長野方面)はガラガラ。
毎日が日曜日の我が家族は、何も混んでいる日曜の夕方に上り方面を走る必要はない。

車は、スイスイとゆとり通勤(?)。

持ち家だから、ホテルの様に予約とか必要ないし、チェックインとかチェックアウトとかの時間も気にする必要がない。

車に、適当に荷物を積んで、好きな時に行って、好きな時に帰れる。

.
S2_2
談合坂SAのスタバ

荻窪(東京都杉並区)の家を2時半頃出た車は4時頃、談合坂SAに着いた。
ここで、暫しの休憩。
目ざとくスタバを見付けた奥さんは、早速、何やらドリンクを注文して、先ずは記念撮影。

旅の途中で、こういうちょっとした、食べ物とか飲み物を摂るのは、旅の楽しみの一つでもある。


八ヶ岳の山麓に有る小淵沢インターには5時過ぎに着いた。
ここから家までは5分ぐらいだが、今回は、先に買い物をしてから家へ行く事にした。

.
S3_2
長野県、富士見町のショッピングセンター

北杜市の家は山梨県にあるが、長野県との県境付近に位置する。
家からは、ここのショッピングセンターが近くて(?)(車で30分ぐらい)一番色々揃っている。
写真では、「しまむら(衣料品店)」、しか写ってないが、スーパーマーケットや本屋、食堂、農業関係のお店などが一カ所に纏まって有るので便利。

ここで、奥さんは衣類のまとめ買い、自分は庭に撒く除草剤、家族で今夜の夜食(お菓子など)と明日の朝食の食材の仕入れ。

「しまむら」なんて、東京の家の近く(歩いて20分ぐらい)の所にも有るのだけど、何故か奥さんはここの「しまむら」が気に入っていて、ほぼ、毎年来ている。
尚、ここの「しまむら」、何故か結構タイ人のお客さんが居る(今回は居なかった)。

.
S7_2
北杜市の家

来るのは1年に2回ぐらいだけど、一応、生活に必要なものは揃っている。

まあ、税金とか、家や庭のメンテとかを考えると、別荘など持たずにホテルに泊まった方が、ずっとコスパはいい。

ハッキリ言って、殆ど無駄。だけど父が建てた家だから、今のところ維持している。

まあ、東京が大震災で壊滅した様な時には、此処に避難出来るかも知れない。
或いは、自分がもっと歳を取って家族にも見放されて、逼塞して暮らすにはいい所かも知れない。

.
S4
道の駅小淵沢にあった夜桜

食事(夕食)は、道の駅小淵沢内にある中華料理のお店へ出掛けた。

ここには、温泉もあるので、大きなタオルと小さなタオルを家族3人、各1枚ずつ持って出掛けた。
(確か、1000円ぐらい余計に払えばタオルセットを買えるのだけど、今回はタオルは東京から持って来た)

.
S5
中華レストランで記念撮影

ここも、ほぼ毎年来ているお馴染みの店。

.
S6
本日の夕食

この中では、アサリのスープが一番美味しかった。サラダも酸味と甘味がちょうど良い加減で美味しかった。
麻婆豆腐は思ったより辛かった。

中華料理を頼む時いつも考えるのが、その量。
例えば、このお店の炒飯などは2人分ぐらいの量があるので、うっかり3人それぞれご飯ものを頼むと食べ切れない。
自分も以前よりは小食に成っているし、奥さんと娘は、普通の大人の半分ぐらいの量しか食べないので、注意しないと、とても食べ切れない量の食事がテーブルに並ぶ。
以前、失敗した経験が有るので、今回は抑えめに注文して、それで丁度良かった。

食事の後は、お風呂(温泉)。

ここの温泉は、あんまり泉質は良くない気がするが、一応、温泉(らしい)。
確か、地下1500m(?)ぐらいから、無理矢理吸い上げている温泉(らしい)。

露天風呂は、薄明かりの中、木に囲まれた山の中の温泉、という感じで、結構、いい雰囲気は出している。

風呂を上がってからは、みんなで、恒例の「八ヶ岳高原牛乳」、を飲む。
風呂上がりの瓶の牛乳。自分のイメージとしては昭和レトロな感じ。これが何故か奥さんの好み。

尚、休憩所で待たされるのは大体いつも自分で、自分はいくら温泉と言っても1時間以上は入ってられないが、奥さんと娘は何故か、1時間半ぐらい入っている。

温泉は、日本の文化だと思うのだけど、日本人以上に長湯する、ヘンなタイ人・・・?。


余談。

温泉の脱衣場に、「入浴のマナー」、みたいなものが書いて有って、日本語、英語、中国語、韓国語の他に、タイ語でも書いてあった。
こんな、山奥の田舎に、タイ人も結構来るのだろうか・・・?。
ちょっと、不思議な感じがした。

長野・山梨は意外と人口比でタイ人の多い地域ではあるらしいのだけど・・・。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月23日 (日)

浅草寺&スカイツリー(後編)

2017/04/21(浅草寺&スカイツリー)(後編)

「浅草寺&スカイツリー(前編)」からの続きです。

家族3人、東武スカイツリーラインで浅草から東京スカイツリー(注)駅へやって来た。
(注)(地図には、「東京晴空塔」って書いて有った)

.
T7
スカイツリー駅に置いて有った観光案内

韓国語、中国語、英語、の案内の他に、何故かタイ語の案内(都内の観光案内)が有った。
それだけ、タイ人も多く来るという事なのか。
1枚取って奥さんに上げたら喜んでいた。
スカイツリーの案内ではなく、都内(及び東京近郊)全体の案内だったので、もっと早く手に入れる事が出来れば、今回の訪日で、見学場所が変わっていたかも知れない。

.
T8
東京スカイツリー

高過ぎて、近くからでは上手く写真が撮れない。全体を収める事が難しい。

実は、スカイツリーに来るのは、今回が2回目で、2012年10月19日の記事にこう書いてある。

---------- ここから ----------

予約していない場合、一旦、入場整理券を受け取って指定された時間にもう一度来なければならない。

自分たちの整理券には6時半~7時に来る様に時間指定されていて(整理券自体は待たずに、直ぐに受け取れる)、まだ2時間半程あったので、ちょっと浅草に行き、浅草寺などを観光してから、再び6時半に戻って来た。

それから、入場券を買う列に並ぶ。
入場券を買う列は、まるでディズニーランドの人気アトラクションの行列待ちの様な感じで、ジグザグに折れ曲がった列に、何百人もの人が並んでいる。
平日にも係わらず結構混んでいた。
結局、「展望デッキ」(フロア350)には7時10分に着いた。

---------- ここまで ----------

約4年半前は、まだ公開してから日が浅く、展望台に行くのも結構待たされたが、今は(今回は)そんな事は無く、チケットの購入もエレベータへ乗るのも、待ち時間(ほぼ)無しで済んだ。
因みに、料金は展望デッキ(フロア350)までは、大人2060円、中学生1540円。更にその上の展望回廊(フロア450)までは、大人1030円、中学生820円。

今回は一番高い所(フロア450)まで行ったので、家族3人で、エレベータ代で8540円かかった。

.
T9
東京スカイツリー展望デッキ、フロア350

.
T10
フロア350からの眺望1

夕方だけど、まだ明るい。

.
T11
フロア350からの眺望2


.
T12
展望回廊入り口付近(フロア445の辺り)

フロア○○○の数字は高さらしい。
展望デッキ(フロア350)の上の展望回廊へはエレベーターに乗ってフロア445へ行く。そこからは歩きでフロア450へ。

.
T13
展望回廊からの眺望1

少し日が陰って来た。街の灯りが点き始めている。

.
T14
展望回廊からの眺望2


.
T15
東京タワーが見える


.
T16
ほぼ夜に成った

この後、帰りは、都営浅草線の押上駅→浅草橋→(JR総武線)→JR荻窪駅、という経路で帰ったのでした。

運良く、押上駅でも座れたし、総武線も浅草橋で座れたので、本当はお茶の水駅で中央線に乗り換えた方が速いのだけど、そのまま乗り換えずに、座って荻窪まで帰った。
(タイ人は待つのは平気なのだけど、乗り換えとか、電車の中で立っているとか、疲れる事は嫌いらしい)

という事で、本日(21日)のミッション無事成功。

明日は、学生時代の友人と新橋で飲み会なので、奥さんと娘の面倒は見ない。
なんか、今回の旅行の日程も押し詰まって来て、色々忙しい。


余談。

娘は問題ないのだけど、奥さんはどうも日本のスピードに着いて来れない様で、ちょっと困る。

一番の問題は直ぐに居なくなる事。
娘の手を繋いで10m程歩いてから、後ろを振り向くと奥さんが消えている。そういう事が度々ある。
何処かのお店に引っ掛かって買い物をしていたり、何か珍しいものを見付けて写真を撮っていたり。
そういう時の為に(ソフトバンクの)携帯を持たせて有るのだけど、なかなか出ない。

電車の自動改札で、後ろの奥さんが、ピンポンピンポン警報音を鳴らして引っ掛かっている。
助けを求められても、何をしたのか分からないので、駅員の居る所へ行って聞いたら、スイカカードを2度タッチしたらしい。
もう、何回も日本に来ているのに、未だに文明生活(?)に慣れないらしい。

駅でタクシーに乗る時、自分と娘はスッと乗ったのだけど、少し遅れて入ろうとした奥さん、タクシーの運転手さんが2人客と思ったらしく、自動ドアを閉めてしまったので、奥さんが扉と車体の間に挟まれた。

チェンライの田舎の人の中でも、家(うち)の奥さんは特別に行動が、「の○い」、ようで困ったものだ。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

浅草寺&スカイツリー(前編)

2017/04/21(浅草寺&スカイツリー)(前編)

家族3人での日本滞在も残すところ後9日。

毎年4月頃に家族を日本へ連れて来て、日本を色々案内しているが、今回は40日余りの滞在のうち、前半は自分の用事で忙しかったので、花見に何回か連れ出した以外、余り連れ出してない。
なので、あと数回何処かへ連れて行こうと思った。

しかし、明日(土曜)は学生時代の友人との飲み会の予定があるし、明後日(日曜)からは、北杜市の別荘へ行って見ようと思っているので、なかなか時間がない・・・今日(金曜)を除いて・・・。

で、きのう、「明日何処かに連れて行ってあげるけど何処がいい」、という質問を奥さんと娘にしたら、奥さんが、「スカイツリー」、娘が、「浅草」、と言うので、取り敢えず浅草、時間が有ればスカイツリーという予定で出掛けた。
(浅草とスカイツリーという近い場所に成ったのは、答えを誘導するような質問をした為なので偶然ではない)

荻窪から浅草へ行くには幾つか電車ルートが有るが、ネットで調べて一番早くて楽に行けそうな、荻窪→(JR中央線)→神田→(メトロ銀座線)→浅草を選択。

.
T1
浅草観光の入り口、雷門、2017年4月21日撮影

このブログでも何回か書いているが、浅草は奥さんと娘のお気に入りの場所で、来るのは多分7回目ぐらい。
タイ人に人気の観光スポットらしく、今日もタイ人が沢山居た。
もしかしたら、都内で一番タイ人比率の高い場所かも知れない。

全体的にも、平日(金曜)にも拘わらず、参拝客(観光客?)が沢山居た。

.
T2
浅草寺の参道、仲見世

結構混んでいる。外国人比率が高い。

外国人観光客なしには仲見世商店街の繁栄は無いかも知れない、と思えるぐらい外国人が多いし、お土産を買う人の比率も外国人の方が高い様に見えた。

ここでは、「揚げ饅頭」を買って歩きながら食べるのが我が家の恒例と成っている(奥さんと娘の好物)。
他には、奥さんが「キティちゃんのお饅頭(?)」を3箱(多分、お義母さんとかお義兄さん、友達へのお土産だと思う)、娘が何かの飾り物を買っていた。
(奥さんは自払い、娘の飾り物は自分が買って上げた)

.
T3
浅草寺

狙って撮った分けじゃないけど、外人が沢山写っている。

.
T4
浅草寺の中で売っているお守り

奥さんは、交通安全と健康と金運のお守りが欲しかったらしい。
1つで、3つの効き目を求めるって、ちょっと欲張りじゃないかい・・・?。
都合良く、その3つの条件を満たす能書きの書いてあるお守りは無かった。

自分の場合、「どうせご利益(りやく)なんて、架空の話」、だと思ってしまうので、どれでも一緒だよ、と思うのだけど、奥さんは、結構真剣に(しつこく)、「これは、何のお守り」、だとか聞いて来るので、「ウバッティヘート・マイミー」(交通安全)とか「スカパープ・ディークン」(健康)とか「ダイカムライ・ユ」(金運)とか適当に答えて置いた(このタイ語が正しいか否かは知らない)。

結局、交通安全のお守りを2つと、金運アップ(?)のお守りを1個買っていた。
多分、そのうち1つか2つは、友達にでも上げる積りだと思う。

自分としては、このぐらいの飾りに500円~1000円と言うのは高い気がするけど、「イワシの頭」、と思えばしょうがないのかも知れない。
でも、100円ショップで108円出せば、もっと綺麗な飾りが買えるのに・・・。

奥さんと娘は、お賽銭を投げて、何か願い事もしていた。
自分は、それを横から見ていた。

娘に、「日本語でやった?」、「日本の神様はタイ語じゃ分からないよ」、と言ったら、「半分日本語、半分タイ語」、だと言っていた。

ま、どっちでも、同じ何だけど。

.
T5
浅草寺とスカイツリーをバックに1枚

この後、花屋敷遊園地に行くか、スカイツリーに行くか、少し迷ったが、もう1回、別の日に出直すのも面倒なので、奥さんの希望のスカイツリーにも今日、行く事にした。

スカイツリーは、東部スカイツリーラインで、浅草の次の駅。

.
T6
電車の窓から見えたスカイツリー


この後は、「浅草寺&スカイツリー(後編)」へ続きます。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月22日 (土)

まだブログなんて書いてるの

先日、ちょっとした用事(麻雀)があって電車に乗って1人で出掛けた。
荻窪辺りでは昼間の東西線は比較的空いているので容易に座れる。
こういう時、自分は駅で日経新聞を買って電車の中で読んでいる事が多い。

他の事は何も気にせず、新聞を読む事に集中出来る、自分にとってはとても楽しい時間、大袈裟に言えば、「至福の時間」、とも言える。
電車の中で新聞を読む習慣は会社員の頃からで、朝は日経新聞、夜(夕方ではない)は夕刊フジが多かった。
(夕方に帰れるほど、いい会社、暇な会社ではなかった)
朝の通勤時間帯でも、中野始発の東西線に乗れば座れるので、ちょっと窮屈だけど新聞を四つ折り、更にその半分にして読んでいた。

この習慣は、会社員を卒業してから15年経った今でも変わらず、電車に乗る前は、駅の売店でスイカで日経新聞を買って、目的地に着くまで読み耽っている事が多い。

しかし、自分は変わらないが、周囲は様変わりした。
新聞を読んでいる時、ふと周囲を見回しても、同じ様に新聞を読んでいる人はまず居ない。
それに反して、半数ぐらいの人が携帯を操作している。
もしかしたら、今では、電車の中で新聞を読むなんて、「変なヤツ」、と思われているのかも知れない。
でも、今でも、駅の売店の前には日経新聞が山積されているので、何処かで読んでいる人はいるのだろうけど。


話は変わって。

家(うち)の娘、家(いえ)に居る時は殆どパソコンでゲームばかりしている。
こんなにゲームばかりやって、頭がパーにならないか、ちゃんとした大人に成長出来るのか、いささか不安になる。

ここで、自分の昔の頃、今の娘と同じ年の頃の事を考えて見た。
もう50年以上も昔の事なので、多少記憶は怪しいが、その当時、自分は家に居る時、特に夜は、テレビばかり見ていた。
それでも、一応(?)、多分(?)ちゃんとした(?)大人に成った。

だから、今は、パソコンのゲームばかりやっている娘も、そんなに心配しなくてもいいかも知れない。

尚、(自分の場合)テレビの番組も、昔と比べると面白い物が減って来ている。


またまた話は変わって。

自分が会社に入社した頃、(男性の)半数以上の人が麻雀をやった。
自分の会社は、情報処理の会社なので学卒は理工系卒が殆どだった。そういう事も影響していたのかも知れない。
囲碁、将棋、麻雀、稀にトランプなどのゲーム好きの人も多かった。
麻雀など、やろうと思えば幾らでもメンバーは揃った。
半休の土曜日など、朝から今日は誰と麻雀をやろうか考えていたし、年末・年始も必ず麻雀をやった。
(年末・年始は比較的早く会社が終わった)
電車のストライキが予想されていて、会社に泊まり込まなければならない時は絶好のチャンスで、家に帰らない(帰れない)メンバーを集めて夜遅くまで麻雀をやった。

しかし、段々と麻雀をやる人数が減って来て、1つは新人がやらなくなった事、もう一つは、今迄やっていた人が、1人2人と減って行った事による。
それでも、会社を退職してからでも8人ぐらいのメンバーが居て、色々な組み合わせで、(自分が日本に居る時は)週に1~2回ぐらいの麻雀は出来たのだけど、今は、メンバーも減ってなかなか集まらなく成った。

実は、タイでもメンバーが集まりにくく成っている。
これは、若手の参加者が無い、というのも有るが、メンバーが高齢化して来て、意欲や体力が落ちて来たという影響も大きい様だ。


で、色々併せて考える事。
なんか自分だけ、世間の変化に追い付いていないと言うか、取り残されて居るというか、そんな気がする。

これが、いい事なのか、悪い事なのか・・・?。
歳を取るという事はそういう事なのか・・・?。
日本に来て、あらためて考えた。

そのうち、「まだブログなんて書いてるの」、という時代が来るかも知れない。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

余談をもう一つ。

「まだ、(チェンライ)日本人会なんかに入ってるの」、という時代が来るかも知れない。
こちらも、若手(と言ってもこの場合50代以下を意味する)の参加が極めて少ない様なので・・・。

2017年4月19日 (水)

桜散る(吉祥寺、井の頭公園)

2017/04/18(桜散る(吉祥寺、井の頭公園))

今日の東京は最高気温が25.7℃に成ったらしい。

家族3人の日本滞在も後12日余り。きょうは暖かい気候につられて吉祥寺の井の頭公園へ行って見た。
井の頭公園は回数は多くないが、小さい頃から行っている場所。
自分にとっては色々な思い出も有る所。

.
V1
井の頭公園、2017年4月18日、午後3時10分頃

家を2時半頃出て、中央線でJR荻窪駅から2つ目の吉祥寺駅で降りる。
吉祥寺の駅付近で昼食(?)を買ってから公園へ。

駅から公園へ向かう道には、洒落た感じのお店が多い。
娘と2人で歩いて振り返ると、奥さんが消えている・・・あっち、こっち、で引っ掛かって写真を撮りまくっている。

.
V2
井の頭池


.
V4
先ずはボート

スワンボート(?)は原則2人乗りらしいので、3人乗れる手漕ぎのボートで。
(スワンボートの3人乗りも居たけど)
前に娘、真ん中に漕ぎ手の自分、後ろに奥さん。
実は、自分はこのボートの方が水に接している感じがして好き。

.
V3
池から見た桜

桜はほぼ散っている。この写真の桜が一番花を付けていた。

.
V5
水鳥が寄って来た

鴨かな・・・?。

明日(19日)は麻雀の予定なので、明日も「葱を背負った鴨」に会えるといいな~。
(自分が、鴨葱に成るかも知れないけど)

.
V6
水面(みなも)には散った桜の花が沢山浮いている

ボートを降りた後は池に面したベンチに座ってお昼ご飯・・・4時頃だけど。

ビニールシートも持って来たのだけど、面倒だし、いいベンチが有ったのでベンチで昼食。
(ビニールシートを敷いているグループもチラホラあった)

その後は、池の周りを半周程散策してから、本日の第二目標の買い物へ。

荻窪でもお店は有るけど、吉祥寺の方が面白げなお店が多い。

中でも、ドン・キホーテは7階まで有って、比較的安いし、遊び心の有る品物が多いので、奥さんにも娘にも好評だった。


まあ、色々イベントを考えたり、連れて行くのは面倒くさいけれども、折角日本に来たのだから少しは楽しんで貰わないと・・・。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月16日 (日)

熱海温泉旅行終了

2017/04/15(熱海温泉旅行終了)

ホテルの朝食ビュッフェは朝7時~9時半まで(最終入場9時まで)。
ちょっと疲れが溜まっていて、起きるのは辛かったが我慢して起きる。
8時少し前に起きるが、妻も娘も起きない。こういう所はタイ人はダメで、時間通りに行動することは苦手らしい。

面倒臭いが、妻と娘を起こして、急かして、何とか食堂に連れて行った。

.
W1
ホテルの朝食


.
W2
レストランからは海が良く見える

右上に見えるのは初島。手前は熱海サンビーチ付近。


.
W3
本日の朝食

ビュッフェ形式の朝食は、奥さんはパンと後からお粥を少し、娘はご飯を少し。
自分は、写真の朝食。
左から、鰺の開き、サンマの味醂干し、キャベツとコーンのサラダ、切り干し大根、ひじき煮、何かの漬物、芋煮みたいな物、ご飯、海苔、スクランブルエッグ、ソーセージ、味噌汁など。
そんなに食べられないので、種類は多いが少しづつ。

最後に奥さんがコーヒーが欲しいと言うので、付き合って、自分もコーヒーを飲んだ。

(日本語の読めない)奥さんは、自分でコーヒーを入れず私に頼むのだけど、その要求が・・・。

.
W4
奥さんのコーヒー

砂糖6つ、ミルク4つ。それを全部一杯のコーヒーに入れる。

まあ、ビュッフェだから、好きなだけ取っていいけど、人に見られるとちょっと恥ずかしかったぞ!。


因みに、お客さんに白人は居たけど、タイ人や中国人の様なアジア系は居なかったようだ。

また、昨日(金曜の朝食)と比べると3倍ぐらいの人数があった。やはり、金曜の夜から土・日で来るお客が多いらしい。

自分達は土曜も日曜もないので(ずっと休みなので)、平日に来たが、現役の人は土日が絡まないと来難い。

前々回の記事で、「昔と比べると寂れている」、という感想を書いたら、今は、そうでもないというコメントを頂いたが、確かに、土日は結構客が来る様だ。
自分は木曜日に見た事を書いたので、祝日絡みの日は違うらしい。

でも、自分達のホテルの隣の建物は潰れている様で、入り口が風の吹き溜まりに成っていて、枯れ葉が山の様に溜まっていたし、寛一お宮の松のある辺りの砂浜も、夜は10時頃までライトアップされるのだけど、誰も居なかった。
(夏は違うかも知れない・・・?)

チェックアウトを済まして駐車場で聞いた市内放送では、「今日は花火大会があるので、道路が混みあいます」、という放送が流れていた。
人混みを避けて平日に旅行をするのもいいけれど、みんなが来る時に旅行するのも、いい面があるな、と思った。
出来れば、花火を見せてやりたかった。

まあ、一長一短で、帰りの東京方面の道は空いていたけど、逆は、結構渋滞している所があったので、それはそれで大変だとけど。
(数年に1回、土曜日の午前中に麻雀旅行に熱海に来る事があるが、いつも結構渋滞していた)

.
W5
帰りは熱海ビーチラインで


.
W6
東京へ帰る途中

運転中、奥さんに写真を撮って貰ったら写真が全部傾いていて、これが一番水平に近い写真。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

熱海(海とチューリップと石鹸と温泉と美味しい食事)

2017/04/14(熱海)(海とチューリップと石鹸と温泉と美味しい食事)

熱海に2泊3日で旅行に来て2日目。
きょうは丸一日熱海に滞在。
タイ人の奥さんと娘を連れて来たお父さん(自分の事です)としては、何処か遊べる所に連れて行く必要がある。
お宮の松を見せるだけでは、どうにもならない。だいいち、奥さんも娘も、「寛一お宮」、なんて知らないし・・・。

最初に考えたのは、射的と綿飴、のあるようなレトロな遊園地。だけど、何処に有るのか分からない。
他の候補としては、伊豆半島を車で観光、初島遊覧、熱海城、熱海の市内散策・・・。

で、今回は、「アカオハーブ&ローズガーデン」、に連れて行く事にした。
ここを選んだのは、ハーブの石鹸を作る「体験」が出来る為。

単に何かを「見る」だけより、実際に何かを「する」事の方が娘の(ついでに奥さんの)記憶に残ると思った。
温泉自体は既に何回か連れて来た事が有るので、それだけでは目新しさが無い。

何かを「する」という事では、過去に「イチゴ狩り」、とか「ブドウ狩り」、とか「潮干狩り」、とかをした事があるが、こういう「体験が出来るもの」で、しかも「何かが残るもの(持ち帰れる物)」、がある遊びは娘や奥さんに受けがいい。


ローズガーデンへはタクシーで行った。
車で行こうか、バスで行こうか、タクシーで行こうか迷ったが、熱海市内は車の駐車場が少ないと本に書いてあったので、バスかタクシーが良さそう。
ローズガーデンで石鹸を作って時間が余ったら、熱海城か市内観光をして見ようと思っていたので、自分の車より、バスやタクシーを利用した方が身軽に動ける。
(基本的に車の運転は嫌い)

ホテルのフロントで交通機関の状況を聞いたら、丁度(ホテル前のバス停の)バス出たばっかしで、次のバスまでは1時間ぐらい待たなければならないらしい。
フロントの担当者が「タクシーを呼びましょうか」、と言うので、呼んでもらったら数分(2~3分)でタクシーが来た。

.
X1
ローズガーデンの日本庭園

ローズガーデンまでは、タクシー代1100円で着いた。

ここのキャッチコピーによれば、「20万坪の広大な土地いっぱいに広がる花の楽園」、という事らしい。
山の斜面を切り開いて造られている。

庭園の外には、春の穏やかな相模湾、散りゆく桜、内には、ピンクと白の芝桜、松、など日本的で、いい感じに成っている。

.
X2
チューリップの前で記念撮影

今度は、先程の写真とは一転して西洋風な感じ。
今の季節は、チューリップが一番綺麗に咲いていた。

.
X3
苑内のカフェでバラのアイスクリームを食べる

普通のアイスの上にバラの花びらが乗っているアイス。630円。

バラ模様のペンダントの売り場がカフェの中に有って、娘が1500円の物を欲しがった。
記念に買って上げてもいいと思ったが、余り甘いのは良くないと思ったので、放って置いたら、自分でお金を出して買おうとして、1000円しか無くて困っている。

しょうがない・・・そんなに欲しいのなら、あと500円出して上げるよと言ったら、奥さんも1000円の物を欲しがったので、結局、両方共買って上げる事に成った。2500円の出費。
まあ、観光というのはお金がかかるもの、なのでしょうがない。

.
X4
相模湾を見下ろす庭園

庭園は山を切り開いて造ってある。苑内の散策は始めにミニバスで、苑内の一番上に送って貰って、後は歩いて下りながら見ように成っている。
(奥さんが下りのバスに乗りたがって、ちょっと困った)

.
X5
花壇

色彩的にはここが一番綺麗だった様な気がする。

ちょっと感じが、チェンライのメーファールアン・ガーデンに似ていたので、奥さんに、「メーファールアンと此処と、どっちが綺麗?」、と聞いたら、「こっちの方が綺麗」、だと言っていたが、規模としてはメーファールアンの方が上。

.

X7
ハーブ石鹸作成中

石鹸の原料(粉)にバラの香りを入れている所。

作り方は石鹸の粉に香りを入れて(今回は、自分がミント、奥さんがバラ、娘がラベンダー)、粘土の様に練って、型、に入れて、ハーブの種子で模様を入れるだけ。

.
X8_4
出来上がった石鹸

3人共かなり下手くそ。模様が上手く石鹸にくっ付かないので苦労した。
因みに、左の紫(ラベンダー)が娘の作品。右上のピンク(バラの香り)が奥さん。右下のスカイブルー(ミント)が自分。

.
X9
JR熱海駅

ローズガーデンにはアウトドアっぽい輪投げとか、巨大パチンコとか、ゴルフのパターとかのちょっとした遊び場も有ったし、奥さんも写真を撮りまくっていたので、結構時間がつぶれた。
此処で一旦ホテルに帰って、もう一度何処かへ遊びに出掛けるか、或いは、このまま熱海城やその付近のトリックアートにでも行って見るか・・・。

考えていらた市内観光用の循環バスが丁度来たので、それに乗ってそのまま終点の熱海駅まで。
折角なので(?)記念に熱海駅の写真をパチリ。

その後、娘がお腹が空いたというので、遅い昼食を取ってからホテルへ戻った。

自分なら、歩いて市内の散策をしながら帰りたいところだけど、ここはタイ人(注)の奥さんが居るので、タクシーでホテルへ戻ったのでした。
(注)(タイ人は歩くのが大嫌い。下手をすると、歩かせると怒り出すので、結構気を遣う)

ホテルに戻ってからは、昨日と同様に温泉。

.
X10
温泉

昨日は「寛一」の湯、今日は「お宮」の湯。


.
X11
本日の夕食

まあ、美味しい料理なのだけど、2日目だと、「まあ、こんなものか」、という感じ。

自分は豚と野菜の煮込み(?)(正面上の火の付いている鍋)を摘みにちょっと赤ワイン。
その後は、刺身などでご飯。

食事の後、奥さんは今日も飽きずに、アイスを沢山食べていた。

その後は、娘はパソコン、自分は大浴場、奥さんは部屋でテレビ。
何となく、「観光」が十分でない気がしたので、夜、奥さんを散歩に連れ出したが、特に面白い様な所は見付からなかった。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月13日 (木)

本日は熱海で温泉

2017/04/13(本日は熱海で温泉)

奥さんが温泉に行きたいと言うので、熱海のホテルを4日前にネットで予約した。
リクルートの「じゃらん」で初めての予約。
13(木)~15(土)の2泊3日のスケジュール。

天気予報は事前に晴れである事を確認してから予約したので、今日の天気は予報通りの晴れ。明日の予報も晴れだった。一応、計画通り上手く行っている。

荻窪の家を11時過ぎに出て、環八→東名高速で厚木まで。
厚木の少し手前で、蛯名で昼食休憩。

.
Y1
東名高速、蛯名SA

厚木からは、小田原厚木道路で小田原まで、そこから海岸沿いに、湯河原→熱海、と渋滞も無く順調に進む。


.
Y2
熱海へ向かう道(135号線だったと思う)

で、熱海に着いてから迷った。
ネットでホテルの写真は見ていたので簡単に見付かるだろう、と思っていたが、熱海の外れまで来ても見付からない。

しょうがないので、ホテルに電話して目印を聞いて、やっと辿り着く事が出来た。

.
Y3
ホテルの部屋からの眺望

部屋は、10階の見晴らしのいい部屋を予約したので、眺望は「まあまあ」。
「まあまあ」なのは、真正面に海ではなく、部屋が少し左に向いていたため。

.
Y4
ホテルの近くのお宮の松

右端の方に、微かに寛一さんが写っている。

最初にこの松を見たのは、ハッキリ記憶は無いが40~50年前だった気がする。
その頃と比べると、今は、ちょっと寂れて居る様な・・・?。

.
Y5
ホテルの部屋

部屋はこんな感じで、シンプルな部屋。

今回は一番の目的は、「温泉」なので、一応、貸し切り風呂を予約して置いた。

.
Y6
貸し切り温泉風呂

宿の説明では、「半露天」、という話だったがほぼ屋内の風呂。それでも、前面に海が見えるので、一応の解放感はある。

温泉に入って、残る楽しみは食事。

.
Y7
ホテル内の食事処で記念写真

.
Y8
本日の夕食

熱海だけあって、海鮮料理が中心で、「日本的」、という面では今回の目的に合致していた。

刺身が多かったので、奥さんや娘はもっと残すかな?、と思ったのだが、意外に結構食べていた。

.
Y9
食べ放題のおかずも有る

ここの面白いのは、メインの部分はお膳に並べられるが、その他に食べ放題の部分もある事で、ご飯、お吸い物、かき揚げ、サラダ、などは中央に設けられたテーブルに取りに行くように成っていた。

このかき揚げ、美味しかったので、自分は3つ食べた。お吸い物も2はい頂いた。

デザートにアイスクリームが有って、これもビュッフェ形式で食べ放題だったので、奥さんは2回お代わりしていた。
まあ、折角連れて来たのだから、アイスでも、「美味しい」、と思って食べてくれれば連れて来た甲斐がある。

温泉に入って早速、ホテルの着物に着替えてはしゃいでいたり、ビュッフェの夕食でなかなか帰ろうとしなかったり、この辺のノリのいい所は、家(うち)の奥さんのいい所かも知れない。

これに対して、娘はどちらかと言うとクール(?)で、ここまで(熱海まで)来ても、パソコンで遊びたがる。
折角、温泉に遊びに来たのだから、もっとここにしかないものに興味を持ってもいい、と思うのだけど・・・。

しかし、パソコン中毒、という点では、自分も同じで、このホテルを選んだ理由の一つが Wi-Fi がある事で、部屋で出来ると思っていたのだが、フリーWi-Fi はロビーでしか出来ませんと言われて、今、娘と2人でロビーでパソコンをいじっている。

.
Y10
パソコンで遊んでいる娘

手前の開いているパソコンは自分のパソコン。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月12日 (水)

面倒だけど、しょうがない

2017/04/12(面倒だけど、しょうがない)

神とか仏とか、天国とか地獄とか、そういうものは作り話だが、宗教的なものをすべて否定する気はない。
菩提寺が有って、墓参りをするぐらいは悪くない、と思っている。
(それでも、面倒な事に変わりはないけれども)

自分の家の代々の菩提寺は、(あの、お化けの本場)四谷にあり、今では、自分しか動ける人間が居なくなったので1年に1回は、「年会費」の納入を兼ねてお墓参りに行っている。

.
Z2
菩提寺のある最寄り駅、地下鉄丸ノ内線、四谷三丁目駅

四谷三丁目駅は、荻窪駅始発の丸ノ内線で乗り換えなしで行けるので、割と行き易い。
お寺へは駅から歩いて10分ぐらい。

.
Z1
お布施と年会費の証書

お墓参りに行く前にまずは年会費とお布施を用意。

年会費は1年に1万円と決まっているが、それだけではお寺としても、営業上困るらしいので、「お布施」という名目で、プラスαをお寺に納めている。

.
Z3
花を調達

何故か奥さんはお墓参りに一緒に来たがるので、今日は(タイ人の)奥さんと娘も連れて行った。

まあ、お墓参りの服装としては・・・?・・・だけど、このぐらいは許容範囲かな・・・。

実は、タイ人というのは、結構信仰心が篤くて、タイに居る時でもタンブン(喜捨)とか、お寺参りをしたがる人達で、日本と同じ(?)仏教なので、お墓参りも似た様な感覚で捉えているらしい。
(ただし、一般のタイ人はお墓が無いので、墓参りの習慣は通常ない)

この花屋は、お寺に行く時のソイの入り口にあり、立地としてはいい所にある。
ソイを、入ると、流石お化けの本場だけあって、そこら中にお寺がある。

.
Z4
お寺へ行く途中の桜

もう大分散っている。

天気は、今日は昨日より最高気温が10℃ぐらい高く(20℃ぐらい)、暖かな「春」、という感じの気候だった。

.
Z5
お寺の前の井戸

番町皿屋敷の井戸とは違うけど、昔懐かし(?)手漕ぎの井戸。

 墓石を洗う為と花用の水を桶に汲んでいる。
 お線香は、お寺の奥様が用意してくれた。

で、準備万端整えて、いざ、お墓参りへ。

まず、水で墓石を洗って、線香を立てて、お花を供えて・・・合掌・・・。

この辺の手順は、タイ人でも分かるらしい。
(同じ、仏教という事も有るのかも)

で、どうも、お墓の写真というのは撮ってもいいものなのか、分からなかったし、別に綺麗でも面白くも無いと思ったので自分は撮らなかったが、奥さんは珍しい(注)らしくてスマホでパシャパシャ撮っていた。
(注)(奥さんがお墓参りに付いて来たのは、もう4~5回目なので珍しくはない、と思うのだけど・・・)

お墓をバックに記念写真って・・・?。何となく違和感が有ったけれども・・・まあ、タイ人だし・・・。

で、帰る前に、会費納入のチェック済みの会員証を返して貰って、何故か、お約束のお茶とお茶菓子の接待(?)を受けてから、礼を言って帰ったのでした。
(お茶菓子は、袋に包んで有ったので、頂いて帰りました)

.
Z6
本日のお昼ご飯

お墓参りで、色々、出費が嵩んだので、今日の昼食は「ただ(注)」の中華にした。
奥さんが、半炒飯とニラレバ炒め、娘がラーメン、自分がつけ麺と餃子。

(注)(合計で1750円だけど、クーポンを使用したので、実質「ただ」)

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月10日 (月)

本日は荻窪でタイ料理

2017/04/09(本日は荻窪でタイ料理)

数年前に荻窪に新しい(注)タイ料理の店が出来て、奥さん達が日本へ来たら1回連れて行って見ようと思っていた。
(注)(同じ名前のお店が、西荻窪にも有ったので、系列店かも知れない)

で、そろそろ日本食ばかりでは飽きた頃、と思って奥さんと娘を連れて行った。

.
A1
東京都杉並区荻窪、タイ料理店トムヤムクン

タイ料理は好きではないが食べられない事はない。
もしかしたら、日本のタイ料理店は意外と美味しいかも知れない。そういう期待も少し有った。

実は、日本でタイ料理店に入った事は十数回あるが素直に、「美味しい」、と思った事は無い。
ただ、自分の味覚も(十数年前と比べれば)タイ料理に馴染んで来たし、この新しいお店のタイ料理は、もしかしたら美味しいかも知れない、と、そういう期待も少し有った。
一番の目的は奥さん(と娘)の、機嫌取りだけれども。

自分の正直な感想を言えば、日本にあるタイ料理店は美味しくないし(ハッキリ「不味い」と言ってもいい)、値段的にも高い。
(タイにあるタイ料理店も美味しくない)
美味しい物、美味しいお店、が幾らでも有る日本に居て、わざわざ好き好んで食べに行く様なお店ではない。
日本に居るタイ人が故郷の味を懐かしんで訪れるのは分かるが、それ以外は余り、「行く価値の無いお店」、それが日本にあるタイ料理店という気がする。
しかし、それにしては日本人のお客も結構いる。

このお店も、今迄入った事は無かったけれども、自分が駅(荻窪駅)まで歩いて行く時の途中の店なので、ちらっと中を覗くと結構お客が入って居る時もあった。
開店してからもう4~5年経つので、今迄営業しているという事は、採算に合う程度(かそれ以上)の来客はあるらしい。
なので、何かいいところ(美味しいと思える様なところ)が有るのかも知れない。そういう期待を持って入った。

.
A2
テーブルに着いて、まずは記念撮影、18:00頃

お店の内装もタイらしい雰囲気を出している。背景の写真は、タイの水上マーケット。

まずはメニューを見て注文。

.
A9
メニュー

メニューは日本語(と一部英語)。タイ語なし。料理名も日本語風に成っている。
(客層のターゲットは日本人らしい)
値段は大体どれも1品900円台。日本に有るタイレストランは大体のこのぐらいのお店が多い。
(一概に言えないがタイで食べるのの3~6倍ぐらいの値段か)

(写真上から)奥さんが「パイナップル炒飯」、自分が「若鶏と小松菜のチリみそ炒飯」、娘が「ガパオ炒めご飯」、を注文。
この他に、「トムヤムクン」と「タイ風春雨とシーフードの辛口サラダ」(要するにヤムウンセン・タレー)を注文した。

ただし、ヤムウンセンは奥さんが「マイサイ・ピック」(唐辛子を入れないでね)と言って注文したので辛くはなかった。
(注文を取りに来た人は多分タイ人)
(厨房とのやり取りもタイ語でしていたので、多分、従業員は全員タイ人)

以下は、料理が来た順番に記載。

.
A3
タイ風春雨とシーフードの辛口サラダ

日本風ヤムウンセンと言った方が正しいかも知れない。そんな感じの料理。花は邪魔だね・・・。

材料は、エビ、あさり、春雨、キャベツ、パクチー、葱、玉葱、にんじん、セロリ、豚のひき肉、サニーレタス、きくらげ、イカ。
(材料は忘れない様にメモって置きました)

これは程よい酸味があって、一応、美味しかった。

.
A4
若鶏と小松菜のチリみそ炒飯

材料は、きゅうり、葱、玉葱、エビ、トマト、玉子、鶏肉、小松菜(?)。

2人分ぐらいの分量が有って、この後、奥さんの分も娘の分も2人分ぐらいあったら大変だな、と思ったが他はそうでもなかった。
これだけ、分量が多かった。

見ての通り(?)脂がベトベトで、しかも塩分が濃くて、ハッキリと美味しくなかった。

まあ、油ベトベトは「タイ料理らしい」、とは言えるけど・・・。

.
A5_2
ガパオ炒めご飯

娘が頼んだ分。

材料は、パプリカ、鶏肉、玉葱、ガパオ。ご飯の上に目玉焼きが乗っている。

「辛くしないで」、と言ったので辛くはなかったが、ガパオが入っているので今日の料理の中では一番タイ料理らしい味だった。

大体、きょうの料理(ここの料理?)はタイ料理としては塩分が濃い。
もしかしたら、東京風(東日本風?)に塩分濃いめに成っているのかも知れない。

娘は、「玉子が美味しい」と言って食べていた。目玉焼きって、タイも日本も殆ど同じなのだけど・・・。
(タイの目玉焼きの方が、油の量が多いので、少し違う)

.
A6
パイナップル炒飯

タイなら、パイナップルをくり抜いた容器に入った、「カオパット・サパロット」、の事だと思うが、メニューには「カレー風和味パイナップル炒飯」と書かれていた。

カレー風味なら分かるけど、カレー風和味の意味がイマイチ分からない。単なる間違いなのか、日本風の(和風の)味にアレンジしてあると言う意味なのか・・・?。

材料は、パイナップル、コーン、パクチー、イカ、パプリカ、あさり、カシューナッツ、グリンピース、レーズン、にんじん。

なんか、タイの味に近付けようとした努力が感じられる材料・・・?。

奥さんは、「タイの(チェンライの)チーウィット・タマダーのカオパット・サパロットの方が美味しい」、と言っていた。

最後に、トムヤムクンが出て来た。

.
A7
中央、トムヤムクン

これだけ、名前がそのまま。
エビのトムヤムとか、「(酸っぱくて辛い)エビの混ぜ煮込みスープ」、とは言わない。

具材としてはエビとシメジがメイン。ホームデーン、パクチー、も入っている。ココナッツミルク(ナームカティ)も入っていた。

味は、「まあ、こんなもんか」、という感じ。
タイのものより美味しい、とか不味い、という事はない。同じレベルの美味しさ(不味さ)。


で、今日の全体の結論としては、やはり、普通の日本人が無理に行くような店ではない、というのが自分の感じ。

因みに、このお店4人席が7つあって、自分達が入って来た時に、先客が1組(2人)、
直ぐ後にもう1組(2人)、その後1人客が2人(どちらも女性)来たので、結構、繁盛していた。

最初の1組の内の1人はタイ人の様だった。

「タイ料理が好き」、という人には(不思議な日本人には)、何故か女性が多いとは感じていたが、今回も女性が多かった。

タイ料理って、油ベトベトでダイエットにはならないと思うのだけど・・・?。

あと、ちょっと不思議だったのは、後ろの席の男性のお客さんが、(多分)タイ人の店員に向かって、「ディスワン」、って英語(?)で注文していた。

ここは日本、タイ料理屋だけど店員は普通に日本語が分かる(らしい)店員に向かって、英語で注文する必要って・・・?。

最後に、本日のお会計。

.
A8
本日のお会計

全部で4980円。1300円はトムヤムクン。

味を考えると高いけれども、「珍しさの値段」と思えば、タイ人が居る時に、たまには・・・。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月 7日 (金)

桜満開(本日は新宿御苑)

2017/04/06(桜満開(本日は新宿御苑))

東京の桜もいよいよ満開の所が増えて来た。
その中から、今日は新宿御苑へ。

.
B21
新宿御苑にて

今日は、弱い日射しで、風が少し強いが、気温は春らしい気温で寒くはない。
花見には、まあまあのコンディション。
桜は、一部花びらが舞っている程のほぼ満開。

人出は結構あるが、上野公園の様に、ビニールシートを張る場所を探すのに苦労する、という事はない。

苑内に入ってまずは場所探し。
桜の花が綺麗に見えて、余り隣のグループと近過ぎない所。

場所は、簡単に見付かった。

お店を広げて、まずは食べ物と飲み物を並べる。

.
B22
花見食

本日の花見食は、荻窪駅のタウンセブンの地下街(いわゆるデパ地下みたいな所)で買って来た、おにぎり(オムライスみたいなおにぎり、梅干し、サーモン×2、煮玉子)とイカのマリネ(両方共、奥さんの希望により購入)。
家から持って来た、カキフライとから揚げ。
飲み物は、奥さんの希望により甘酒(ノンアルコール)、とお茶(駅の自販機で購入)。
後、娘のお菓子のじゃがりこ。

家族3人で、多過ぎず少な過ぎず、ちょうどいい分量。
ここは(新宿御苑は)、酒の持ち込み禁止なので、アルコールは無いが、甘酒が有るので、花見食の雰囲気は出ている(?)。

日本のピクニックには、お母さんや彼女が作って来た、サンドイッチやおにぎりを食べるのが定番だが(?)、家(うち)の奥さんは、そんな気の利いた事は出来ないので、おにぎりはここに来る途中で買って来たもの。
まあ、多分お店のおにぎりの方が美味しいし、セブンイレブンのおにぎりよりは高級そうなので・・・。
(因みに、娘の遠足の時のお弁当は自分が作る)

暖かく成って来て、綺麗な花が咲いていて、おいしい食べ物が有れば気分がいいのは、タイ人も日本人も同じ。
(タイ人的には、サバーイ&サヌック、ていうところかな)

因みに、チェンライの人達も一族で出掛けて、野外で小宴会をする事は割とある。
(自分の経験した範囲では)メンバーは、お爺さんお婆さん、兄弟、家族などで構成され、近所の親しい人が混ざる事もある。
食べ物は、ガイヤーン(タイの焼き鳥)、ソムタム、カオニャオ、飲み物はビールが多い。
(もう少し田舎だとラオカオが多く成るかも・・・?)
ルークチンを食べる事も多いが、よく考えて見ると日頃食べているものと、そんなに変わらない。
場所としては河辺に行く事が多い。(小さな)滝もタイ人は好きな様だ。パヤオ湖やその他の湖に行く事も多い。兎に角、水のある所が好きらしい。
出掛ける為の足は、ピックアップトラックが多い。荷台を含めれば大勢乗れるし、だいいち、チェンライの家の近所では、乗用車よりもピックアップトラックを持っている家の方が多い。

もう直ぐソンクラーンなので、タイでも出掛ける人の多い時期に成る。

ふと思った事。こういうピクニックの様な習慣は世界中どこにでも有るのか・・・?。
タイと日本には似た様な習慣があるし、ピクニックという言葉があるのだから、イギリスやアメリカにもあるような気がする。
シベリア(寒い)や砂漠(砂しか無い)の国では無いかも知れない。

.
B23
新宿御苑の入り口(大木戸門)

きょうの花見の場所をここに(新宿御苑)にした、理由の1つがこれ・・・アルコールの持ち込み禁止。
門の前で、手荷物の検査をしている(写真右上)。

別に酔っぱらいが居ても自分は気に成らないけど、アルコールが禁止だと上野の様に集団で来る人が少ないので、家族連れには落ち着いて花見が出来るのでいい、と思った。
実際、家族連れやカップルが多かった。

.
B24
新宿御苑

やっぱり、集団で居る人達の間に家族が混ざるより、こういう平和な雰囲気の方がゆったりした感じがあっていい。

食事も終わって、暫くゆっくりした後は、苑内の散策へ。

.
B25
娘と桜

低い位置に咲いている桜の前には、桜と一緒に写真を撮ろうとする人達で何処もいっぱい。

携帯大好きな奥さんは写真を撮りまくっていた。

.
B26
桜満開

流石、東京で2番目の桜の見物スポットというだけあって、広い苑内には至る所に桜が咲いていた。

外国人も結構いたが、上野と比べれば大分少ない。比率でいうと、上野の半分か3分の1ぐらい。
でも、タイ人も中国人も白人も居た。

自分達のお店を張った隣には、後から、インド人だかアラブ人みたいな家族が来てお店を張っていた。

.
B27
JR千駄ヶ谷駅

昔、将棋会館でチーム対抗戦をした事があった。

来る時は、荻窪始発で座れる丸の内線で新宿御苑駅に来たが、帰りは、JR千駄ヶ谷駅から総武線の三鷹行で座ってIR荻窪駅へ。

兎に角、我慢出来ないタイ人を連れて出掛けるのはコースの選択にも気を遣う。
歩かせたり、電車で立たせるのは、極力避けなければならない。

まあ、今日は日本らしい事(花見)も出来て、奥さんも一応満足した様なので良かった。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

ある日の夕食(タイ人に何を食べさせるか)

タイ人(奥さんと娘)を日本へ連れて来て来ると、まず一番悩むのが何処へ遊びに連れて行くか。次に、何を食べさせるか。

家(うち)の家族の場合は、外食なら、ピザやスパゲッティやドリアやリゾットなどの洋食のお店が一番いいらしい。
次に、ラーメンや餃子などの中華か回転寿司。

タイ料理は、昔は行きたがったが、最近は余り行きたがらない。
日本で食べるタイ料理は、本場の(?)タイ人は、それ程美味しと思わないのかも知れない。
逆に考えると、自分がタイに居る時に、タイで食べる日本料理は(他のタイ料理よりは「まし」だけれども)、日本で食べる日本料理から比べると余り美味しくない(例えば「FUJI」など)。
同じ事が、日本でタイ人がタイ料理を食べる時も感じるのかも知れない。
本場の(タイの)味と微妙に、或いは、明らかにズレている、という事が有るのかも知れない。
自分は、分からないけれども・・・。
(自分は、どっちにしても、「タイ料理は美味しくない」、と思っている)

まあ、外食に連れて行く方が楽なのだけど、常に外食というのも飽きるだろうし、外に食べに行くのが面倒な事もある。
それに、食べる事も含めて日本を知って貰おうと思えば、家で食べないと分からないものもある。

奥さんの場合、もう日本に何度も来ているし、今回の滞在も40日と長いので、食材の買い出しは、半分ぐらいは奥さんの好きにさせている。

そうして出来たある日の夕食が以下の写真。

.
B11
ある日の夕食

一つの特徴としては、食卓には色々、おかずが乗っているが料理したものが殆どない事。

タイに居ても料理をしない人(奥さんの事です)は、日本に来ても当然、料理はしない(出来ない)。

それでは、写真左上から本日の「おかず」について。

.
B13
① 焼き鳥

鶏肉はチェンライでは一番よく食べるられるタンパク源だと思われるが、実は、日本のような焼き鳥は無い。

レバとか砂肝とか皮といった部位の焼き鳥は無い。
レバはクィティオといったラーメンの様な食べ物に入っていたり、煮物に入っていたりするが、日本の焼き鳥の様な形状のものは無い。
(タイで作った焼き鳥を日本に輸出しているらしいので、バンコク辺りには有るかも知れない?)
鶏肉の皮だけの料理というのも自分は見た事がない。
つくねもルークチンという似た様な(?)ものは有るが、日本の焼き鳥とは違う(茹でてある?)。

しかし、鶏肉自体はチェンライでも良く食べるので、日本の焼き鳥は馴染みやすい食材だったようで、奥さんが自分から進んで買う。
奥さんは、なぜか、「ネギマ」、が一番気に入っている。普通のもも肉よりも間に葱が入ったネギマの方が好きらしい。レバ・砂肝も好きらしいが、つくねは嫌いらしい。皮は絶対に食べない。

.
B12
② カレイの煮付

家で煮付た分けではない。出来ているのを買って来て、食べる前にレンジでチンしただけ。

これ、美味しいんだけどな~。

娘に、何とか日本の美味しい魚を分からせようと色々買って食べさせている。
でも、一応、食べるけれども肉類程受けない。
日本の子供でも骨が嫌で、魚を余り食べない子供も増えているらしいので、それと同じかも知れない。
奥さんも一応食べるが、この魚の美味しさが本当に分かっているのかは疑わしい。

奥さんは、魚では、鮭と鰺の干物が好な様だ。

鰺の干物は、タイにも似た様なプラートゥというのが有って、(これは本当は鯖科の魚らしいのだけど)、逆に自分はプラートゥは美味しいと思うので、奥さんも似た様な感覚で、鰺の干物を美味しいと思うのかも知れない。

尚、最初の写真上のご飯に掛かっているのは、鮭フレークで、これは、奥さんもかなり気に入っている。

.
B14
③ ホタテ

チェンライではホタテの様な貝はマーケットでは見掛けないけど、日本食もどきのビュッフェの店(すきし、とか、しゃぶし)では見掛けるので、タイ人でも食べ慣れているのかも知れない(?)。

これは、奥さんの(日本での)好物らしくて、よく買っている。
今日の食卓でこれが唯一、家で料理したもの(?)(ただ焼いただけだけれども)。

魚介類では、この他、何故かタコが奥さんの好物で、ラー油を入れた醤油につけて、「おやつ」として食べている(食事の時以外の時に、タコ、だけ食べている)。

.
B15
④ サラダ

これも、出来て袋詰めされている物をお皿に盛っただけ。
どうも、奥さんに任せきりだと、野菜が不足するので自分が気を付けて野菜を買うようにしている。


余談。

奥さんと娘の日本での好きなお菓子。
バームクーヘンとかカステラの様な甘いパン類が一番のお気に入り。
エクレアとかシュークリームとかケーキ類も好きらしい。
確かに、日本のものの方がタイのものより遥かに美味しいけど、それをちゃんと分かっているのか否かは不明。
娘は、初めて食べた「おはぎ」が気に入ったらしく、また、買っていた。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月 6日 (木)

やっと勝てた(麻雀)

2017/04/05(やっと勝てた(麻雀))

日本に帰国してから2連敗していた麻雀、今回、やっと勝てた。

3月18日に-97 → 3月29日に-38 → 4月5日に+40。

.
B1
本日の成績

右端、合計で+40が迷人。
今日の麻雀は自分が勝ったというより、-272のM さんの一人負け。
本人は、「こんなに負けた事はない」、とぼやいていた。

自分の成績は珍しく、2着→2着→2着→2着→3着、と2着が4回続いて、折角だから最後も2着を狙っていたのだけど、最後は3着に沈んだ。

尚、きょうは久し振り(4年振りぐらいだったと思う)の5人打ち。
半荘7回中6回ドボン(うちMさんが4回ドボン)なので、結構回数は出来た。

麻雀の後は、いつもは中華なのだけど、今日は中華のお店が満員だったので、洋食のお店へ。

.
B2_2
本日の料理1


.
B3
本日の料理2

なんという料理か名前は忘れたが色々あって美味しかった。

いつも中華では飽きるので、たまには洋食も目先が変わっていい。

.
B4
本日の健闘を称えあって(?)みんなで雑談中(飲み会中)。

尚、本日のメンバーは全員、元居た会社のOB(ほぼ同年齢)。写真を撮っている自分だけ写ってない。

きょうも、よく飲んだ。
麻雀をやりながら、小ジョッキ6杯。ここでも小ジョッキ2杯。
タイで頑張っていた(?)ダイエットがどんどん遠ざかって行く・・・。

日本に居る間にもしかしたら、もう2回ぐらい(麻雀が)出来るかも知れないので、なんとか合計でプラスにしたいものだ、と思っている。

折角、遠くから来ているのだから・・・。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月 4日 (火)

桜七分咲き他(本日は上野公園)

2017/04/03(桜七分咲き他(本日は上野公園))

ネットの開花情報では靖国神社が満開で、上野公園は七分咲き、井の頭公園など他は大体咲き始め、と成っていたので、今日は上野公園に行って見た。

上野までは、JRで荻窪→(中央線)→神田→(山手線)→上野で40分ぐらい。
家からは1時間弱で公園に到着。

.
C1
上野公園、2017円4月4日撮影

モザイクは奥さん。


.
C2
上野公園の桜

娘はマンガの何かのキャラを真似ているらしいのだけど、自分は知らない。


.
C3
奥さんと娘、記念撮影


.
C4
平日(月曜日)でも花見客は多い、午後3時頃撮影

場所取りのお客さんも居るようだ。
自分達は夜までは居なかったけれども、8時までは夜桜見物も出来るらしい。

タイ人のグループが、カオニャオとガイヤーンとソムタムを食べてラオカオを飲んでいた・・・なんて事はない。

でも、タイ人も沢山居た。
推測だけど、外人の比率が2割程度。その内タイ人の比率が1~2割。すなわち、見物客の2~3%はタイ人と見た。
着物のタイ人も居たし、自分達が写真を撮ろうとしたら、隣のグループが、「ヌン・ソン・サーム」、て言って写真を撮っていた。
(これを先にやられると、自分達が後から同じことを言いにくく成る)

娘と、「タイ人を探せゲーム」、をやりながら花見をしたが、次々に見付かった。
(目は桜へ、耳はタイ人らしき人達の言葉を捉えて)

素足(靴下をはかず)で、先の尖った白いハイヒールのようでハイヒールで無い、如何にもタイ人(かフィリピン人)のような恰好をした女性がいたので、耳を澄ませば・・・やっぱりタイ人だった。
実は、家の奥さんも5年程前までは、「そういう格好は変だよ」、と自分が何回も言ったにも拘わらず、頑なに自分の(タイ人の?)スタイルに拘っていたが、いつの間にか、日本人の様にちゃんとした格好をするように成っていた。

.
C5
上野公園内のスタバ

スタバを見付けた奥さん・・・予想通り、「欲しい」、と言い出した。

写真右上の販売所は、多分、花見シーズンのみ(客が多い時のみ?)の臨時施設だと思う。
(奥の建物は常設のスタバ(らしい))

1日の売り上げがどれくらいあるのか・・・気に成る・・・。

まあ、しょうがないので、奥さんの希望で、ココア(タイ語ではココー)を1個買った。
一応、念の為に、ココアを受け取る時、「砂糖を2つ下さい」、と言って貰ったら、やっぱり2袋共入れていた。
家の奥さん、飲み物は異常に甘くして飲む(タイ人一般も、この傾向はあるらしい)。

甘すぎるだろ~!。


夕方にはちょっと雨が降って来たので、自分達はここで帰った。
自分達が居た時の雨は、大したことはない雨だったが、後でニュースを見たら、夜には大雨が降ったらしい。

帰りは、JRで、上野→(山手線)→東京駅→(中央線)→荻窪、で帰った。
東京駅経由で、ちょっと遠回りしたのは、中央線の始発で座って帰る為。
日本のラッシュアワーはチェンライの田舎者は慣れてないし、辛いかな・・・と。気を使いました・・・。

.
C6
荻窪駅に隣接しているタウンセブンのサイザリヤで食事

自分があさりのスパゲッティ、娘も何かのスパゲッティ、奥さんはシーフードピラフ、3人でイカのパプリカソース、辛味チキン、ほうれん草のソテー。

ま、いつも似たようなものを食べている。

たまには、目先を変えて、「タイ料理を食べに行く?」、と聞いたのだけど、イタリアンの方がいいのか・・・?。
それとも、自分の懐具合に配慮してくれたのか・・・?。


追記(2017/04/04)

きのう(3日)はまだ少し寒かったのだけど、今日(4日)は大分気温が上がって(5℃くらい上昇)、多くの所で桜の開花が進んだらしい。
明日は、ちょっと予定があるので、明後日(6日)に、もう一回花見に行って見ようと思っている。
今度は、ビニールシートとお弁当と甘酒(奥さんの好物)でも、持って(買って?)行くかな・・・。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月 2日 (日)

桜七分咲き他(本日のお会計)

2017/04/02(桜七分咲き他(本日のお会計))

ネットを見たら、今日(4月2日)東京の桜が一部満開に成ったという記事が出ていたので、食事と買い物に出掛けるついでに、奥さんと娘を連れて、近所の妙正寺公園まで見に行った。

.
E1
東京都杉並区、妙正寺公園

桜の前で記念写真。

3日前(3月30日)に来た時より大分咲いていたけど、まだ満開には成ってない。七分咲きといった所か。
それに、まだちょっと寒い。

.
E2
東京都杉並区、妙正寺公園、午後4時半頃

それでも、今日は日曜日なので家族連など、ビニールシートを敷いて花見をしている人達が10組程は来ていた。

自分達は今日は、「ちょっと見るだけ、偵察」、で来たので長居はしなかったが、写真好きの奥さんは携帯で写真を何枚も撮っていた。

.
E3
ジョナサンで食事

(少しだけ)花見の後は、ジョナサンで食事。
自分は牡蠣のドリア。娘は野菜のドリア。奥さんはマグロ丼膳とその後フレンチキャラメル。みんなでサーモンマリネ。

自分と娘が粉チーズをドリアに掛けていたら、何を血迷ったか奥さんがマネをして(?)味噌汁に掛けていたのだけど・・・?。意外と、美味しいかも知れない・・・?。

計算して見たら、自分と娘で1834円、奥さん1人で2104円。
まあ、この程度で喜んで貰えたのは良かった。

それにしても、いつも奥さんが一番高いものを食べるのは何故だ・・・?。
サーモンマリネも奥さんのリクエストだから、それも含めれば奥さんの注文した分は2374円。


食事の後は買い物へ。

買い物はシマムラで衣類、ピーコックストアで食材。
シマムラもピーコックも井荻駅前の同じビルに有る。

ここでも、買い物好きの奥さんは、「もう、そんなに要らないんじゃないの・・・」、と思う程買いまくっていた。

で、本日のお会計。

.
E4
本日のレシート

ジョナサン 4208円。ただし、すかいらーくグループの優待券を4000円分使用したので支払い額は208円。
しまむら 10240円。VISAカードにて支払い。
ピーコックストア 7154円。ただし、イオンの3000円分の優待券を使用したので支払い額は4154円。

本日の総支払額、14602円。

色々工夫して節約に努めても、そういう事を全く考えない人が1人いるので、困った、コマッタ・・・。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2017年4月 1日 (土)

日本の知り合い

2017/03/31(日本の知り合い)

知り合いから飲み会へのお誘いメールが有ったので参加した。

今回のグループは、自分が会社に居た頃の、「タイ好き仲間」、の人達。
仕事でも、航空会社関連のシステムの作成などをしていた、国際派(?)の人達が中心。

ある意味、自分がタイで暮らす様に成った原点とも言える人達。
自分の知り合いは麻雀絡みが多いが、このグループには麻雀をやる人は少ない。

.
G1
飲み会中、肉野菜炒め、焼酎のお茶割など

場所は、門前仲町(東京都江東区)。
昔勤めて居た会社が移転して(自分が居た頃は、茅場町と東陽町)ここにあるので、メンバーに会社員の現役が居る時は、集合場所がここ(門前仲町)になる事が多い。
尚、今日のメンバーは現役組が2人、退職組が4人の計6人。60代が5人、80歳が1人。

自分の日本での飲み会は会社員時代の知り合いか、学生時代の知り合いが殆どで、稀に、チェンライの知り合いとか、親戚関係との飲み会がある。
高校以前の知り合いや、地縁での飲み会は無い。

今は、タイ・チェンライに本拠地があるけれども、日本との関係は持ち続けたいと思っているので、古い知り合いは大切にしたいと思っている。
日本に来た時に、連絡を取れる相手がいなくてはつまらない。

歳も取って来るし、日本に居る日数も少ないので、新しい知り合いを作るのは、なかなか難しいので今居る知り合いは貴重だと思っている。

.
G2
飲み会中、お刺身など

色々な関係で、若い頃からの知り合いと飲んだり話をして思う事は、歳を取っても(年月を経ても)基本的な性格は変わらないな、という事。
ただ、見え方が変わる事はある。
昔は、知り合いの色々な優れた属性を羨ましいと思う事もあったが、今と成って見ると、「別に変わらないな」、「だらか何なの?」、と思える事の方が多くなった。

今日のメンバーの特徴は、虚勢を張ったり、見栄を張ったり、する人が居なかった事で、会社に在籍した期間で30年弱、それ以降の交流も含めれば40年以上の付き合いがある訳で、性格とか仕事上の能力とかお互いの属性を良く知っているので、見栄の張りようがない事もある。

例えば、チェンライの知り合いなら、お互いの過去は余り良く知らないので、自由に自慢話が出来る余地がある。
それはそれで、面白ければ多少脚色してあっても良いとは思うけど・・・。

話の内容は、お互いの事を良く知っている者同士の方が濃く成る。

.
G3
飲み会中、馬刺し

まあ、人の話を聞いているのは面白い。
明らかに違う事を声高に話したり、自分の価値観を絶対と信じて押し付けたり、背伸びし過ぎの会話とか、はちょっと疲れるけど・・・。

兎に角、自分の場合は聞くのが中心。
話す人が居なければ自分も話すだろうけど、3人以上の飲み会では誰かが話すので、無理には話さない。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼