« 九十九里の海 | トップページ | 母の介護など »

2017年7月 8日 (土)

円安が止まらない

2017/07/08(円安が止まらない)

先ずは、10000円をタイバーツに両替したら、いくらになるか。

.
L1
最近2週間ぐらいの両替レート

尚、両替レートは一番いい両替屋の数字らしい。(http://jpy-thb.com/ より)

見事に、右肩下がり、に成っている。
表の左端、6月24日のレートが(1万円が)3045バーツ。
表の右端、7月8日(今日)のレートが、2995バーツ。
遂に、最優良レートでも3000バーツを切った。

因みに、本日の最優良レートはここ↓らしい。(http://jpy-thb.com/ より)

.
L2
本日の最優良レート店(7月8日、日本時間午後3時現在)

期間をもう少し長期に伸ばして1年の推移で見ると↓。

.
L5
円からバーツへの両替:過去365日のレート推移

1年前の2016年7月8日が(1万円が)3495バーツ。
今から思うと随分いいレート。
この時、沢山両替しておけば良かった。でも、ここは日本に居た。
自分が、この後両替した、2016年7月26日には3320バーツに下がっていた。約1年前、これでも今から思うとまだいい。

2016年11月12日も3320バーツ(表の中央やや左、スーパーリッチタイランドのレート)。この頃から目立って下がり始めている。
(表には無いが、12月17日の3030バーツまで、約35日間の下降局面)
下がり切ったあと、少し反発して暫く3100ぐらいで安定(?)していた。
直近で、一番最後に両替した2017年5月2日(約2ヶ月前)は3075バーツだった。

約1ヶ月前の2017年6月8日の3095バーツ(表の右側、リンダエクスプレスのレート)ぐらいから、また僅かづつではあるが、じりじりと下がり始めた。
で、現在のレートは遂に3000を割って、2995バーツ。
(http://jpy-thb.com/thb-jpy_rate_history_graph/ より)

ただしこれ(2995)は最優良レートなので、一般にはもう10バーツ以上悪い(銀行のレートは更に悪い)。

自分の場合1バーツは3円(この場合1万円は3333バーツ)、或いは1万円が3000バーツ以上ならいいと思っているので、3000バーツを切ると、ちょっと痛い感じがする。

(タイ在住の)年金生活の方には、レートの差は直撃するので、心配な方も居るかも知れない。

因みに、自分がタイにかかわり始めた頃からの動きを見ると↓。

.
L6new
約20年間のレート(2017年7月1日まで)

http://jp.reuters.com/investing/currencies/quote?srcAmt=1.00&srcCurr=JPY&destAmt=&destCurr=THB (ロイター)による。

1円が何バーツに成るかの表なので、右端の0.3のメモリは、10000円なら3000バーツに成る(表の青線)。
表の赤線は、1バーツが3円のライン(10000円が3333バーツのライン)

自分の場合、この範囲(3000~3333)に収まっていれば、「まあいいかな(普通)」、という感じ。
これを下回って来ると、ちょっと両替するのが嫌だな、と思う(今の状態)。
上回って来れば、いいレートに成った、と感じる。

これを見ると、1998年とか、2007年とか、2015年とか、たまに(1万円が)3000バーツを割り込む時があるが、今迄は回復しているので、今回の3000バーツ割れもそんなに心配しなくていいかも知れない。
(長期的に見ると、僅かづつではあるが下落傾向にある様には感じる)
でも、相場は読めない。今後の事は分からない。

(レートの問題とは別に、タイの物価は確実に上昇しているので、レートが変わらなくても、購買力は落ちる)
(こっちの方が問題かも知れない)


自分は趣味で、ドル・円、等の為替レートや、日経平均などの株価、原油相場や金価格などの市況をよく見るが、それらと比べると、バーツ・円の相場は安定しているように感じる。

例えば、株価なら↓。

.
L14
直近5年ぐらいの日経平均株価の推移(日本経済新聞、スマートチャートより)

2012年の1万円割れの状態から、約5年後の今の株価は大体2万円余り。5年でほぼ2倍に成っている。
(おかげで、少し儲けたが、5年前の谷底(?)を見ると、怖くて再投資が出来なく成っている)
少なくとも、此処だけ見れば、円・バーツのレートより、日経平均株価の方が変動幅が大きい。


ここからはドル・円レートの話に成るが、自分の場合、ドル建ての債券も若干持っているので、円安が一概に悪いとは言えない。むしろ、円安の方が好ましく感じる面もある。

円安は、株高につながる事が多いので、その点からも、円安が(自分にとっては)有利に働く事もある。

まあ、この辺の因果関係の把握は難しいのだけど、単純に日本から現金を持ち込んでタイで両替する時の事を考えると、やはり、10000円が3000バーツに満たないというレートはちょっと寂しい。

7月末に、タイに戻るので、その時だけでも、円に頑張って欲しいな~(或いは、タイバーツが落ち込んで欲しいな~)、と都合のいい事を考えている。


補足。

.
L13
直近3ヶ月ぐらいの日経平均株価の推移(日本経済新聞、スマートチャートより)

円安は、株高につながる事が多いのだけど、ここ1週間ぐらいの動きを見ると、必ずしもそうなっていない気がする。
(ちゃんと調べれば分かるのだろうけど、今は、勘で話してます)

今週の木曜日(7月6日)には終値で20000円を割り込み、きのう、金曜日(7月7日)の終値は19929円だった。

こっちの方の2万円割れも、両替レートの3000バーツ割れと同じくらい気に成る。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« 九十九里の海 | トップページ | 母の介護など »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 九十九里の海 | トップページ | 母の介護など »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼