« 実力発揮 | トップページ | 本日の食事会はすき焼き »

2017年9月15日 (金)

当たり屋につけ

2017/09/15(当たり屋につけ)

株の話です。

株は面白い。
麻雀は勝っても負けても面白いが、株は勝った時(儲かった時)が特に面白い。自分の趣味としては、株は麻雀に次ぐ第2の趣味だと思っている。

しかし、最近売り買いをしていなかった。
今年の4月19日に1196円で1000株買ったスミダコーポレーションを4月27日に1375円で売って以来(注)、今迄、約5ヶ月間、売り買いから全く遠ざかっていた。

(注)単純計算で (1375円-1196円) × 1000 = 179000円 だが 税金等の関係で 実際の利益は14万円程。
因みに、スミダコーポレーションの現在の(2017/09/15終値の)株価は2057円なので、売らずに持っていればもっとずっと儲かっていた。

何で、好きな株の売買から遠ざかっていたかというと、自分の様な素人は短期売買では絶対不利だと思っているからで、インサイダー情報やそれに近い情報を持っている人達には敵わないし、売買手数料や税金の負担も大きいので、短期では動けば動くほど損失が膨らむものと思っている。

なので、自分が動く時は主に3つのケース。

① 長期的に(3年とか5年とか10年で)、この業種、或いは、この会社のこの部門、この商品は大きく伸びる、と思った時で、そういう時に、株価がそれを織り込んでいないと思えば買う。

② 配当とか優待が良くて、株価が下がらなければ長期的に見て得をする、と思った場合。

③ IPOとか公募増資のように、通常の株の売買とは異なり、かなりの確率で儲かる事が見えている場合。
(前述のスミダコーポレーションがこのケース)

しかし、それ以外にも、何か理由を見付けては、株の買いを行う事はある。
(基本的に、株の売買が好きなので、ず~っとじっとしているのはつまらない)
(本音は売り買いがしたくてしょうがないのをいつも我慢している)

ここ数ヶ月、株の売買をしていなかったのは ③ が無かった事と、①② に関しては、「これは」、と思う銘柄が無かった(セコムはちょっと引っ掛かるが)事もあるが、今の全体的な株価水準が高過ぎる気がして、うかつに手が出せないと思ったから。

要するに、相場全体の、或いは、個別銘柄の、株価の先行きが全く見えない、見える気がしない。
今迄だって、本当は見えてない、のだけど、見える様な気がした、事はある。
そういう時は、買い、に入り易い。

今は、そういう銘柄がない。

自分の場合、過去の株価を見て、今の水準が高いか安いか、安定しているか、を判断するが、今の株価を見ると、みんな高い様に見えて、新たな買いの手を出し辛い。

かと言って、売り、も出来ない(したくない)。
自分の資産のある程度の割合は株で持っていようと思っているので、もうこれ以上株の割合を減らすのは、逆に、リスクが増す気がする。
配当の受け取り金は、自分の生活資金として重要な部分を占めるので、そんなには減らす事は出来ない(したくない)。

なので、今は、売りも買いも出来ない手詰まり状態。
趣味として株の売買をやりたい自分としては、この我慢はストレスと成る。


自分の友人に株好き(?)がいて、彼の買い方売り方は自分とはかなり異なる。
全く別の方法、正反対と言えるかも知れない。

彼の売買は、材料に飛び付く売買で、直近では、北朝鮮絡みの軍事的緊張関係で、軍需関連の株を何点か買っていた。

それが、大当たりで、全ての銘柄で大きな(?)利益を得て、売り抜けた(利益を確定させた)らしい。
それ以前の手口も聞いていたので、少なくとも、ここ2~3年に関しては、かなり上手に売買をしている。売り抜けるのも上手い。
上昇相場の高値近辺で売り抜ける、というのは、自分にはなかなか出来ない技である(ゼロではない)。

大体、自分は、そういう飛び乗り、飛び降り的売買は殆どしない。
(でも、これが成功したら面白いだろうな~、とは思う)

自分は、世間の注目が殆どない時に(或いは、相場から見放されている時に)、そっと買って、長く持っていて、世間に注目される様に成ったら(上昇相場が来たら)売る、そういう事を繰り返して来た。
慌てて、早く売り過ぎて大きな儲けを逃した事は数知れずあるが、売り損なった事は少ない。

上昇相場に飛び乗って、その後、暴落して大きな損害を被ったという事は殆ど無い。
基本的に、上昇相場には飛び乗らないと決めている。

しかし、今回、この禁を破った。

友人の「当たり」に付いて見ようと思った。

今の、手詰まり状態を何かの切っ掛けで抜け出そうというのもあるが、我慢の限界、ストレスが溜まっているので、そのはけ口として、やってみようというのがある。

遊びとしては面白い。

まだ上昇相場と言える程のものでは無いが、癌関連として注目された、小野薬品工業、700株を2404円(総投資額、約170万円)で買った(4日前の9月11日)。
今日(9月15日)の終値が2400.5円なので、少し下がってはいるが、まだ買値近辺。

果たして今後の展開は如何に・・・?。

.
V2
小野薬品工業、日足

⇒ の時点(9月11日)で購入。2404円で700株。

日足で見ると、急騰している様に見えるが、月足で見ると安値圏で安定している(?)↓。

.
V1
小野薬品工業、月足

尚、「当たり屋につけ」、作戦といっても一応、基本的な事は調べてから買った。

PER(株価収益率)(42.5倍)とPBR(純資産倍率)(2.44倍)が高いのが少し気に成るが、配当利回りは1.87%あるし、何より、月足で見るチャートが安値圏で安定している様に見えた。

この株が動意付くと、3000円は軽く超えて、4000円も狙えるという皮算用。
思惑通りに動けば、100万円ぐらいは儲けられる・・・?。

ま、そんなには上手く行かないだろうけど、自分の投資スタンスとして、ある程度長期で持ってみるのもいいと思っている。

薬品株は突然変異的な急騰も期待出来るし。


補足。

.
V3
ここ数ヶ月の日経平均のチャート

6月頃から高値圏で安定していた日経平均株価は8月中旬頃から下げ始めて、「いい感じ(注)」、だな~、と思っていたら、ここに来て(今週)元の2万円絡みに戻ってしまった(?)。

(注)日経平均が下がれば、自分の持ち分の株価も下がる事が多いので、そういう意味では、下がるのは困るのだけど、それ以上に、下げれば買いのチャンスが巡って来るという思いの方が強い。

尚、長期的に見れば今の株価は高値圏にあると思っている。

.
V4
ここ数年の日経平均、月足

5年前の1万円割れの状況から2倍近くに成っているが、日本経済、日本の会社の価値が2倍に成ったとは思えない。

こういうのは、土地の値段と同じで、実質的な価値を正確に反映してはいない。なので、また元の10000円割れの状態に戻る事だってありうる。

逆に、昔は4万円近い時も有ったのだから、それから考えれば、まだ上げる余地はあるかも知れないが。

それにしても、5年で倍、というのは自分には上がり過ぎ、という気がする。

16000円ぐらいまで落ちて来れば、そろそろ本気で「買い」を入れて見ようか、という気になると思うが・・・?。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« 実力発揮 | トップページ | 本日の食事会はすき焼き »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 実力発揮 | トップページ | 本日の食事会はすき焼き »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼