« 外食無料化計画(前編) | トップページ | 秋 »

2017年10月 1日 (日)

外食無料化計画(後編)

2017/10/01(外食無料化計画)(後編)

.
L10
ジョナサンの松茸ごはんと広島産牡蠣のよくばり御膳、2017年9月26日撮影

日本に帰国した当日の夕食。優待券4枚(500×4)使用、スイカで73円支払い、合計2073円。

好きなシーフードの中でも牡蠣は特に好きな食材。

ジョナサンは、割と自分好みのメニューが多い。
いくらクーポンでタダで食べられるといっても、美味しくなければ意味がない。


優待目当てで株を買う、自分はこういう買い方をよくするが、優待はあくまで「おまけ」で、株の場合、値下がりして大損してしまっては意味が無い。

しかし、今のところ、自分の場合、「非常に」上手く行っている。
以下に表を示す(これは、ちょっと自慢話、ブログの何割かはそういうものだと思ってます)。

.
L11_2
2017年10月1日現在所有中の外食産業株の投資成果

なんと言っても、ハイデイ日高株が凄い。無償増資とか有って買い単価が下がったり、端数の株が出来たりしているが、746円の平均買い単価に対し、現在3130円。約4倍。約378万円の評価益が出ている。
その他に、今迄も当然、配当金や優待は受け取っているので、その分は丸儲け。

くらコーポレーションも、1510円の買値に対し、現在5030円。約3倍。約70万円の評価益。

上記の株を持ち続ける事によって、現状で、どれぐらいの配当と優待が見込めるかを分析した表が以下。

.
640480
保有中の外食産業からもたらせる配当と優待(予想)

(注)マクドナルドの優待券は金券ではなく、セットの無料券を半期に6枚なので、1セット600円として、600×12=7200円、として計算。

予想利回りは会社四季報の数字を使ったが、何時の時点のものかなど、算出方法がイマイチ分からなかった。しかし、大体の数字は合っているハズ。

銀行預金などの金利が殆ど付かない今時、スカイラークの利回り2.49%はそれだけでも魅力的だが、優待利回りは更にいい。
(1株当たりの配当金は40円だが、1株当たりの優待額は66円)
更に優待のいい点は、66円分丸々使える事で、配当だと約20%税金に取られるので、40円の配当といっても実際の受取額は32円程に成る。優待の分(66円)はその倍以上の価値がある。

どの銘柄も、今後も、この状態が続くと仮定すれば、かなりいい投資先だが、そこは、株の事、優待条件や配当が悪い方に変わる事は普通にあるし、株価が大幅に値下がりする事だってある。極端な話をすれば、会社が倒産して全て無くなる、なんて可能性もゼロではない。そこは、考えて置く必要がある。

外食産業に優待目当てで投資する場合、その店舗が生活圏内に無ければ使い辛い。
ココ壱番屋やすき家(ゼンショー)など、近くの店舗が無くなって、優待が使い難くなったので売り払った事もあるが、幸い、どちらも売買益を得ている。
(壱番屋は100株だけだけど、2346円で買って、5800円で売った)

吉野家は近くに牛丼屋が無くなって、売ろうと思って居たら、駅前に系列の「海鮮三崎港」、という寿司屋が出店したので、今は、そこで使っている。

お寿司は、くら寿司と、この海鮮三崎港でクーポンが使えるが、良く食べに行くので両方合わせても(年間11000円分では)足りない。

で、今後の話・・・今、狙っているのは以下。

① すかーらーく株をもう500株買い足すと1年間で36000円分クーポンが増えて、年間69000円分に成る。
スカイラークグループは、ジョナサンの他、ガスト、バーミヤン、夢庵、藍屋、など使えるお店の種類は多いが、自分の生活圏にあるお店は限られるので、69000円分を使い切るのは結構大変な気がする。
娘名義で、子供NISAを使って300株程、買い足すという選択肢も有るかも。

② ドトール日レスホールディングスを新たに仕込む。
優待の率は余り良くないが、荻窪付近に2店舗もあって使い易いし、ジャーマンドッグが好きなので、欲しい気がする。
ただし、1株当たり10円分しか優待が無いので、コスパは悪い。

④ 松屋フーズを新たに仕込む。
日本に来た時は、カルビ焼肉定食などをよく食べるので、ここの優待も使える(荻窪駅前の松屋は良く行く)。
1株当たり約60円分(注)の優待なので、優待の効率としてはいい。
(注)松屋の優待は金券ではなく、食事券らしいので、1食600円として計算。

表に纏めると↓。

.
L13
買い足しを考慮中の銘柄及び株数
(年間配当予想欄の下段の%は、予想配当利回り)
(松屋フーズは配当利回りだけで見ると0.59%と、余り良くない)

株で一番大事なのは、株価が上がるか下がるかで、配当と優待だけを見て、売り買いを決める事は出来ない。
なので、ここに書いてあるものを実際に買うか否かは、株価の流れを見てから決める事に成る。

しかし、残念な事に、株価の予想は結構ハズレる・・・。

こういう表が、(自分には)判断材料に成るし、色々考えるのが面白いのでいいが・・・。


余談。

9月15日の記事、「当たり屋につけ」、の小野薬品工業がちょっといい感じに成って来た。

.
L14
小野薬品工業、日足

ここで700株を2404円で買った。
先週の(先月の)終わりに、ちょっと上がって2549.5円に成った。買値からは約6%の値上がり。

まだ、売り目標には全然遠いが、ちょっと面白く成って来た。
最低でも15%の値上がり、2404×1.15=2764円か、30%の値上がり、2404×1.3=3125円ぐらいにならないと売らないが・・・。

ま、第一目標は当初の予定通り、3000円(25%の値上がり)という事で・・・?。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« 外食無料化計画(前編) | トップページ | 秋 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

優待券に関する情報(講義)ためになります。

株価の予想は、誰にもわからないと思います。当たることもあるし、外れることもあります。市場に左右されますのでマーケット全体が安い時に買うことにしています。それ以外は、色々な数値や過去のチャートを見るしかないです。素人の私にはこのくらいしかできませんので。

国内株とアメリカ株をやっていますが、アメリカ株の中には増配を数十年も続けている企業があります。私の持っているアメリカ株は、有名なところでマクドナルド、アフレック、コカ・コーラ、エクソン・モービル、ジョンソンエンドジョンソン、P&Gなどです。最低25年の増配を継続中の企業です。ただし、アメリカ株の場合だと、配当金は為替に左右されます。もちろん優待券などありません(あってもアメリカでなければ使えないと思いますが)。国内株も増配を続けてくれるといいのですが、減配ということが多々あるので老後の将来設計が立てにくいと思っています。

基本的には、なるべく元本には手を付けずに配当のみで年金受給まで食いつないでいこうと考えています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 外食無料化計画(前編) | トップページ | 秋 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼