« 男の料理教室(UFOの正体) | トップページ | タイの抜け道 »

2018年1月18日 (木)

食卓の国境線(HOME・PROの食堂にて)

2018/01/18(食卓の国境線)(HOME・PROの食堂にて)

ちょっとした買い物が有ってHOME・PRO(注)へ行った。
(注)(HOME・PROは家具や家電などのチェーン店。日本で言えば、ニトリやビックカメラのようなお店)

で、買い物が終わってちょっとお腹が空いていたので、店内の食堂に入った。

.
M1_2
店内の食堂、2018年1月18日撮影

 まだクリスマスをやっている・・・タイ人、しつこい。

一見、レストラン風で洋食が出そうだけれども、どちらかと言うと、タイ料理系のお店。

.
M2
本日の昼食

 奥さんの領域
 自分の領域

奥さんは、ケーンソム・シャオーム・クン(適当なネーミング)と、玉子焼き乗せご飯と、テンモーパン(スイカのスムージー)。

自分は、カオナー・ヘッ・ブロッコリー・マンサウィラ(確か、こんな名前だったと思う)(英語では Fried formulated mushroom and broccoli )と、ラテ・ローン(ホット・カフェラテ)。

写真左下、カオナー~はメニューの写真を見た時、左の茶色いのが牛肉に見えたので注文した。
しかし、牛肉に見えたのはキノコを何かと煮込んだものらしかった。
これが、意外と美味しかった。

半分、そのままで食べたが、残り半分は、写真中央下の小皿、ナムピック・ナンパー(ナムプリック・ナムプラー)を掛けて食べた。80バーツ。

右下のカフェラテは40バーツ.。

奥さんのケーンソムを試しに少し食べたら、メッチャ辛かった。
どのくらい辛いかと言うと、シャックリが出る辛さ。ついでに(?)涙が少し出るぐらいの辛さ。奥さんも、「辛い」、と言ってちょっとしか食べなかった。
奥さんは、シャオームが少ししか入ってないと言っていたが、シャオーム(何かの葉っぱだと思う)なんて特に美味しい物ではない。

玉子乗せご飯の横にある魚の干物は一応美味しかった。

タイ料理系の食べ物ばかりだと全体的に不味いので、ちょっと「まし」な物があると、相対的に美味しく感じる(採点が甘く成る)。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« 男の料理教室(UFOの正体) | トップページ | タイの抜け道 »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 男の料理教室(UFOの正体) | トップページ | タイの抜け道 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼