« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の26件の記事

2018年1月31日 (水)

今月の数字(2018年1月)

2018/01/31(今月の数字)(2018年1月)

まずは株から。

昨年末の日経平均株価(大納会の終値)は22764円だった。

それが、今年の初日(大発会の1月4日)、終値で23506円の742円高と率にして3.26%の(小数点以下第3位切り捨て、以下同様)大幅高で始まった。

.
Photo_4
日経平均株価、2017年11月~2018年1月

自分の持ち分の株価も、初日(4日)2.56%UPと好調な滑り出しだった。
ただし、日経平均の3.26%UPと比べると2.56%UPは、ちょっと見劣りする。

平均株価は、年明け3連騰したが、そのあと、伸び悩んで、直近は6日連続値下がりで、結局、今月の終値は23098円、昨年末の株価から比べると、334円の上昇、率にして1.46%のUPとなった。

自分の持ち分の株価は、率にして0.66%の上昇に止まった。
まあ、マイナスでないからいいとも言えるが、日経平均の上昇率1.46%と比べるとパフォーマンスが悪いので、あまりいい数字ではない。


次に麻雀。

今月は4回と、最近にしては回数が少なかった。
初回の成績(+312)は既にこのブログに書いたので、その後の成績。

.
0115
今月2回目の成績

.
0122
今月3回目の成績

.
E33_2
今月4回目の成績

結局、+312→+45→+47→-47、トータルで+357だった。


今月のブログ

.
E6
2018年1月のアクセス件数

PVはページビュー数。

今月、アクセス数の多かった記事は。

.
E7
2018年1月、アクセス数ベスト3

1番目の「チェンライ雑記帳」、はHOMEページのアクセス件数なので、どの記事を読んだものかは特定出来ない。なので、2番目~4番目の記事が実質的ベスト3。

飛行機や入出国手続き、滞在手続き、に関する記事はアクセス数が多く成る事が多い。
(もっとも、全く読まないで、ページを開いて直ぐに出た人の件数も含まれるので、アクセス数=読まれた件数にはならない)

因みに、先月のアクセス数

.
Photo_2
2017年12月のアクセス数


最後に、今月の、円/バーツ、レート。

.
Photo_3
1万円が何バーツに成るか、半月分のチャート

尚、何バーツに成るかは、両替商のベストレートを採用している(らしい)。

1月25日、バンコク、プラトゥーナム、スーパーリッチにて、自分が両替した時のレートは1万円が2875バーツだった。
この日は、スーパリッチがベストレートではなかった。

チェッ・・・しかも、そのあと(レートが)上がってるし・・・。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月29日 (月)

本日のセブンイレブン

2018/01(本日のセブンイレブン)

不思議な事に、何故かタイにもセブンイレブンがある。しかも、チェンライなどという田舎にもある。

.
F1
チェンライのセブンイレブン

チェンライのセブンは、PTT(ポトトー)のガソリンスタンドに併設されている事が多い。

.
F2
セブンの店内

店舗の外観や商品の陳列方法などは、日本のセブンと殆ど変わらない。

.
F3
日用品売り場

でも、売っている物は殆どタイの製品。

.
F4
調味料などの売り場

中央に「味の素」が有る。タイ人は日本人の事を味の素と言う(事もある)。
(あと、男性だと、「小堀」、と言われる事もある)

.
F5
アイスクリーム売り場

どちらかと言うと、日本で売っているアイスクリームの方が美味しい事が多いが、タイでも、まあまあのアイスを売っている。

.
F6
お摘み売り場

なとり、や、亀田、には敵わないが、タロー(イカ風味が多い)やドーゾ(煎餅みたいなもの)、も、まあまあ美味しい(?)。

.
F7
飲み物売り場

コーラは大体何処でも売っている。ジュース類も多い。ジュースの中には、日本で余り売ってない、熱帯の果物のジュースもある。
(熱帯の果物のジュースは普通は、余り美味しくない)

注意を要するのは「お茶もどき」の飲料で、慣れない日本人が「お茶」と思って買うと、余りの不味さに(或いは、余りの甘さに)飛び上がる。

.
F8
店内で買い物中の娘と奥さん

.
F9
まんじゅう

.
F10
サバ醤油焼き丼とソースカツ丼

試しに、買って見た。

.
F11
本日の夕食

セブンで買ったソーセージとお饅頭とソースカツ丼。

タイで売っているソーセージは一般的に日本で売っているもの程美味しくないが、食べられない事もない。

饅頭は中に、豚肉と玉子の加工食品らしき物が入っていた。これも、日本で食べる肉まんと比べれば全然不味いが食べられない事もない。

ソースカツ丼。容器から出してお皿に盛りつけるのは奥さんの拘り。他の物、例えばビニール袋に入っている食品や発泡スチロールに入っている弁当類なども、お皿に盛り直す。

このソースカツ丼は、カツがトンカツというより、何かの加工食品(カツもどき食品)の様だったが、食べられない事は無い。

全体に、タイのセブンで本当に満足して食べられる食品を探すのは難しいが、その辺の田舎のお店よりは、「まし」な物がある事が多い。

タイのセブンを日本のセブンと同じと考えるとガッカリする事が多いが、商品の品質、特に味は別の物、日本的な感じが見た目する物でも、「もどき商品」、と思っえばいい。
それでも、「もどき商品」も置いて無い店よりはセブンの方がいい。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月28日 (日)

チェンライの林間学校

2018/01/25(チェンライの林間学校)

昨日から、娘が泊りがけで学校の行事に出掛けて居る。
前の学校(小学校)でも、年に1回、泊りがけの行事があったが、何をするのか、さほど関心が無かった。

今回、娘(中学1年)の合宿は2泊3日だったのだけれども、ちょっとした用事があって2日目の夜に迎えに行った。

.
H1
合宿場所

場所は、チェンライの街から南に数キロ行った所。国道1号線から300m程森の中に入った場所。

娘は、「スワン・ルカッシャー」と言っていた。

駐車場らしき所から歩いて行くと、所どころ、灯りが木に吊るしてある場所に出る。
どうやら、この辺りはキャンプ場らしい。
無数のテントが置いて有る。

後で聞いた話では、このテントに5人一緒に泊まるので、物凄く狭かったと娘が言っていた。
娘は、寝袋持参でこのキャンプに参加している。

更に歩いて行くと、広場で何かやっている。

.
H3
学校の集会?

何か、郊外授業でもやっているらしい・・・。

座っているのは、みんな娘と同じ中学1年生。

尚、写真では明るく写っているが、これは、写真を明るくするソフトを使って加工した為で、実際は、うす暗がり。

自分は、娘を連れ戻す積りだけで来たのだが、どうやら集会が終わるまで待たなければならないらしい。

その内、松明(たいまつ)を掲げた数人が入って来た。

.
H5
松明の集団

これは、何かのデモンストレーションか・・・、踊りか・・・?。

良く見れば、中央に積んである木の周りを回っている。

.
H7
キャンプファイアー

司会者らしき人がマイクを使って大きな音で何かを叫んでいるのだが意味が分からない。

その内、中央の焚火に火が付けられた。どうやらキャンプファイヤーらしい。

思うに、これは、タイの林間学校のようだ。周囲は木々に囲まれた森の中だし。
(チェンライでは森は有るけど、海は無いので、臨海学校は出来ないな~)

.
H8
なんか踊っている

その内、火を囲ってタイの民謡みたいな音楽に合わせて踊ったり、何かのショーらしきものをチーム対抗戦で始めた。

これは、夜間の学芸会か・・・?。

時折、一斉に拍手や歓声が起こるが、進行係りのタイ語が分からないので、何がどうなっているのか、自分は蚊帳の外。

生徒の数からみれば少ないが、父兄も十数人(最大で20人ぐらい)集まって来て、ショー(学芸会?)を見ている。

.
H11_2
おかまショー

色々な演技(?)の中で一番、歓声が多かったのは、おかまショーだった。

流石はタイ、こんな所(中学校の行事)でもおかまショーをやるのか・・・。

それにしても、この「おかま」さん達は何処から連れて来たのだ・・・?。
中学生としては老けているし・・・?。

後から、娘に聞いた話では、これは学校の先生だったらしい。別に、本物の「おかま」という分けではなく、先生が「おかま」のマネをしていたらしい。

確かに、盛り上がるハズだね。

日本の中学校の先生は、こんな事しないだろな~。

流石、エンターテイメントの民族、タイ人だけの事はある。

家の娘も、「ピースワ(蝶々)」だと言って、飛んだり跳ねたりしていたけど、何だかよく分からなかった。
小学校1年の時に、日本の小学校の学芸会でやった、メダカの劇の方が完成度が高かった気がする。

訳の解らないショーが続く中で、唯一分かった(?)のが、AKBの曲に合わせて踊っていた子たちの演技(?)。

なんか聞いた事のある(日本の)曲が流れて、うす暗がりの中で、大勢で踊っていた。
暗くて踊りは良く見えなかったけど、聞いている内にAKBの曲である事は分った。それもかなり古い曲。

後で、娘に聞いたら、AKBの「恋するフォーチュンクッキー」、だと言っていた。
ただし、ネタ元は、AKB48では無くて、BNK48(バンコク48)らしい。「今」流行っているらしい。

その時の写真は暗くて良く撮れていないので、代わりに以下↓。


.
H15
BNK48、恋するフォーチュンクッキー

まあ、タイ人と一緒に生活していると、観光で来るだけでは分らない、タイ人の色々な面に触れる事は出来ます。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月27日 (土)

チェンライ探検隊(コック河まで)

2018/01(チェンライ探検隊)(コック河まで)

最近よく散歩をする。

先日、ブログを書いていて、そう言えば昔はバンコクの街を一人でよく歩いた、事を思い出した。
パーンの田舎では自転車で動き回ったけれども、チェンライの街に来てからは、周囲の探索をまだ余りしていない。

散歩は、シェイプアップの目的もあって、日本では良くするのだけど、タイは暑いし日射しが強いので、最近は余りしていなかった。
シェイプアップの運動は、もっぱら、コンドーのフィットネスジムを利用していた。

しかし、
今の季節、散歩をするには涼しいし、突然の雨の心配も殆どないので、街を歩き回るにはいい季節。

しかも、我が愛車、シビックは修理中で車で出掛ける事は(1人では)出来ない。
(奥さんのCRVが有るので、全く、出掛けられないという分けではない)

今、この時を逃す手はない・・・そうだ、散歩に行こう・・・(JRのキャッチコピー風に読んで下さい)。

暇潰しと、健康管理と、街の新しい発見と、ついでにブログネタの収集にも成って、一石二鳥じゃなくて、一石三鳥にも四鳥にも成る。

前置きが長く成りましたが、そう言う事で、先ずは北に向かって。目指すはセンタンを起点として北へ4km程のコック河。

尚、これから暑く成るまでの間(1月下旬~2月中旬頃まで)、散歩を続けようと思うので、ブログタイトルは「チェンライ探検隊」としてシリーズ化します。
「探検隊」といっても1人ですが・・・。
探検隊の起点はコンドーに近いセンタンです。

.
Img_1298
センタンの前に有ったチェンライの街の地図と、今回の行程

の始点がセンタン(セントラルプラザ)、終点がコック河に掛かる橋。今回は、この間、約4kmの探検。

.
G3
センタン前の歩道橋から北(メーサイ、ビルマ、方面)を眺める。

ビルマとの国境の町メーサイまでは、ここから北に約100km。

右上に見える C がBIG-Cの看板。その横の金色が歩道橋。BIG-Cから歩道橋を渡った10m程北が次の写真。

.
G4
キンセープ・キンヌア(Kin zap Kin nua)の昼と夜

毎週水曜日にここで飲み会を良くやる(毎水会)。

夜に(夕方に)成ると、この辺り一帯、イルミネーションが輝く。

.
G5
消防署

そういえば、チェンライで消防車が走っているのを見た事がない。消防車のサイレン(有るのか?)も聞いた事が無い。
火事も、焼け跡はBIG-Cの隣のシンタニーコンプレックスで見た事があるが、燃えているのは見た事が無い。
消火栓が有るか否かも分らない。

以前、知り合いと話していて、「今居る、コンドミニアムが火事に成ったら、消防車が入って来れないけどどうするのだろ~」「BIG-Cとの間の塀を壊すのかな」、という話をした事が有る。

実際は、タイの消防体制はどうなっているのか、ちょっと気に成る。

街中では、木造の家が少ないから火事自体が少ないのかも知れない。

救急車はよく見かけるし、サイレンの音も日本以上によく聞くけど、消防車の存在を感じた事は殆ど無い。

.
G6
日系の車のディーラー

幹線道路沿いには、ホンダ、トヨタ、いすゞ、マツダ、スズキ、日産、など日系の車の販売店が多い。
(自分の印象では、ホンダが1番、トヨタとホンダで2強。後は、上記の表示順という感じ)

タイの北の果てのチェンライでもこれだけ浸透している日本の自動車産業はやっぱり凄い。

.
G7
昔の城壁址

今回の起点、センタンから北に3km程の地点。

大昔、チェンライは王都だったらしい。多分、その頃の城の名残。

.
G8
メンライ王像

先程の城壁址の少し北にメンライ王像はある。

チェンライの街の中心(時計台やWIANGINNホテルやバスターミナルや庁舎街のある辺り)の北東の端。

ここら辺から、西に1km、南に1kmぐらいの1㎢がチェンライの中心(と自分は考えている)。

ここから更に北に向かうと、200~600mの範囲内に日本食(らしき)お店が幾つか有る。

.
G9
日本食(らしき)お店

左上、はし。右上、花-弁当。下、とまと。

はし」と、「花-弁当」は、このブログで既に紹介。

写真下の「とまと」は、ここ数年(5年ぐらい?)入ってないので、今、どうなっているかは知らない。
名前は、「とまと」で昔と変わらない様だが、外から見た感じは随分変わっている。

商店街に成っているのは、この「とまと」の少し先までで、その先、コック河までお店は無い。

.
G11
コック河の手前

左の写真 
 大体、タイの橋は川の手前で側道に入って、Uターン出来るように成っている。

右の写真
 歩行者用の階段がある。

.
G13
左、歩行者用の階段と、右、橋の歩道

左の写真、Uターン箇所に歩行者用の階段が有って、その先はコック河。

右の写真、橋の上の歩道。その左に見えるのがコック河。

.
G15
先程の歩道から見た、コック河の夕日

本日の探検はここまで。

この後、川を望む景色のいい喫茶店でも有れば、コーヒーでも飲もうと思っていたのだけど、Uターン地点周辺には、そういう施設は無かった。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月26日 (金)

花-弁当

2018/01(花-弁当)

最近よく散歩をする。今回も、そこで見付けたものから。

犬も歩けば棒に当たる、迷人が歩けば日本食のお店に当たる。

3回前の記事(日本食レストラン「はし」)に続き、今回は「花-弁当」。

.
I1
花-弁当

昔、日本食材を売っていたお店が、弁当屋に成っていた。

場所は、3回前の記事の「はし」より北に200~300mの所。国道1号線の西側。
(メンライ王像より北に500mぐらいだったと思う?)
(トマト?のほぼ向かい側)

3~4年程前までは、此処に日本食材を買いによく来たのだけど、最近は神戸屋STATIONや、マクロ、TOPSなどで日本食材を揃える様に成ったので、此処には暫く来ていなかった。
話では、弁当屋に成ったと聞いていたし、車で通る時に見ていたのだけど、実際に来たのは初めて。

.
I2
店頭のメニュー版

良さそうなものが有ったら、弁当など買って帰ろうと思って、眺めて見た。

折角だらか、やっぱり中に入って見よう。

.
I3
花-弁当の店内

写真を撮った位置の後ろにもテーブル席が有って、そこにはお客さん(タイ人)が2組、5人ぐらい居たので、そこは写らないように配慮した。

弁当屋というよりは、テイクアウトにも力を入れている食堂といった感じのお店らしい。
価格から見てタイ人のお客が中心のお店かも知れない。

トンカツ弁当とコロッケ弁当を持ち帰り用で注文したが、「コロッケは無い」、と言われたのでアジフライ弁当に変更した。

写真の帽子の席に座って出来るのを待っていたら、のれんの中からオバサン(タイ人)が出て来て、「暫く見てないけど、日本に帰っていたの」、みたいな事を聞いて来た。
自分は覚えてないが、日本食材屋時代からの店員さんらしい。
(自分は覚えてないが、タイ人には覚えられている、という事はよくある)
この方、少し日本語が喋れた。

家に戻って、トンカツ弁当は自分が、アジフライ弁当は娘が食べた。

.
I4
トンカツ弁当

日本のトンカツソースと同様のソースとマヨネーズが小袋に入って付いて来る。
他には、玉子焼きとカニカマ、茎わかめ。

一応、日本の味がする。自分としては、美味しい、と思った。
日本のコンビニ弁当(余り食べた事は無いが)に近いレベルだと思う。

ここがタイである事や、値段を考えれば、十分に買う価値のあるものだと思う。
(正確な値段は忘れたが、65バーツ≒190円、ぐらいだった)

.
I5
アジフライ弁当

スペックはトンカツ弁当とほぼ同じ。

アジが小さくて、若干サクサク感が乏しいが、それでも美味しい(自分はアジフライが好きで、日本でも買ってよく食べる)。

アジフライを1口味見しただけで、殆ど娘が食べたが、娘は、「美味しい」、といっていた。

また一つ、使えそうなお店を見付けた。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月25日 (木)

チェンライの歩道2

2018/01(チェンライの歩道2)

最近よく散歩をする。今回は、そこで感じた事。

タイの歩道は、日本の歩道のイメージとは大きく異なる。
以下は、チェンライの国道1号線沿いに見る、歩道の使われ方を写真に収めたものです。

.
J11
トヨタの前の歩道

流石、日本が誇るトヨタ自動車。タイにあっても、ショールームの前は綺麗に整備されている。
(日本で「歩道」と言えば、こういうイメージ)

しかし、ちょっと進むと、同じ続きの道でも・・・。

.
J12
ゴミ捨て場

こんな感じの所もある。

更に・・・。

.
Img_1348
枯れ木置き場?

枯れ木や枯れ葉の捨て場所に成っている所もある。

.
J14
雑草と植木の置き場

半分は雑草の様だが、花の咲いている植物は植木鉢から生えているので、近所の人が育てているものの様だ。

.
J16
砂置き場

砂置き場はここだけではなく他にも数カ所あった。

.
J19_2
駐車場

なんだか、千葉や茨木辺りを走っていそうな車。

.
J21
消える歩道

タイの歩道というのは凄く歩き難いのだけど、まだ歩道が有ればいい方で、突然、歩道が無くなっている所もある。

.
J22
路上の広告

ここまで行くと、「通さない」、という悪意を感じる。完全にわざと通れなくしている。

.
J23_2
路上のタイヤ

これも、意図的にわざと通れなくしてある、タイヤ屋の前。

.
J23
歩道にベンチ

歩いている人に、「ここで一休みしてね」、というサービスなのか、近所の人の井戸端会議用の椅子とテーブルなのか、歩道に面している家の家主の憩いの場なのか、意味が良く分からないが、こういう椅子(とテーブル)はチェンライの歩道には良く置いて有る。

.
J27
屋台の食堂1

屋根まで付けているという事は、この歩道は公共物ではなく私有地・・・?。

.
J28
屋台の食堂2

チェンライには(タイには?)路上の飲食店が多い。

ここは、まだ、通れるからいい。屋台によっては、完全に歩道を占拠して通れなく成っている所もある。

兎に角、チェンライの(タイの?)歩道は、「なんでもアリ」。
歩道の位置付けが日本とは違うらしい。

初めの印象は、「流石、我儘なタイ人、公共物を私物化して他人の迷惑など顧みない」、「頭の悪いタイ人、歩道の意味を理解してない」、という「負」のイメージを持っていたが、これだけ色々な使い方をされているのを見ると、必ずしもしそれだけではないかも知れない。

現状で、もし、歩道が歩道としてでしか使えなく成ったら、チェンライの街の機能に支障が生じかねない。それ程、歩道は、多目的な用途に、広く、使われている。
発展途上国の活力みたいなものが、ここに在る、のかも知れない。

それと、もう一つ、例えば、1時間歩いてもこの道(国道1号線沿いの道)では、まず人とすれ違う事が無い。歩いている人が非常に少ない。なので、そんなに広い歩道はもともと、必要ない。

それでも、自転車がスムーズに通れるぐらい歩道が整備されればいいとは思うのだけど・・・。


関連記事、「2017/08(チェンライの歩道)」。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月23日 (火)

「作」の新メニュー

2018/01/23(「作」の新メニュー)

先に、過去の記事の引用をします。

ちょっと長いので、引用は読み飛ばして頂いても意味は通じます。

先ずは、少し古い(約4年前)記事から。

---------- (引用1) ------------------------------------------------------

2014/04/29(鶏肉の天ぷら)


もうそろそろ家族での日本滞在が終わる。
妻と娘には出来るだけ、日本らしい、美味しいものを食べさせようとして来たが、まだ天ぷらを食べていない事に気が付いた。
なので、今日は天ぷら屋(てんや)へ連れて行った。

で、妻が頼んだのが、鶏肉とつくねの天丼。
妻がメニューを指さした時、何も考えずに、うっかり注文してしまった。
何だ・・・鶏肉の天丼って・・・???。
試しにちょっと食べてみたが、全然、旨くない。
後から、落ち着いてメニューを見たら、一番、不味そうなのが、鶏肉の天丼だった。
(他のメニューは、美味しそうなものが揃っていたのに)
妻の場合こういう事が良くある。
妻は、多くの料理の中から、わざわざ不味い料理を選ぶ、特別の才能を持っている。
(同様に、妻が「美味しい」と言う店は、大体「不味い」)

天ぷら、と言えば、まず海老、それにホタテにイカ、キス、アナゴ、カニなど海系のもので、それに、野菜系のシシトウ、マイタケ、インゲン、ナスなどを食べるのが正しい(独断です)。
(シュンギクやタラの芽も捨てがたい)
よりにもよって、鶏肉だなんて、しかも「つくね」まである。KFC、じゃあるまいし。
(娘は、軟骨入りの「つくね」の天ぷらを一口食べて、「これ、骨がある」と言って、2度と食べ様としなかった)

結局、タイ人の妻には、日本食の、本当の良さ、は永遠に分からないのかも知れない。

(こういうメニューを出す、天ぷら屋さんも、いかがなものか、と思うが、好んで食べるお客さんも居るのだろうから、しょうがないのか)
(タイ料理を、美味しい、と言って食べる日本人と似た様なものを感じる)(くどい様ですが、これも、独断です)

---------- (引用1終わり) -------------------------------------------------

もう一つ、過去の記事の引用。これは、比較的最近の記事です。

---------- (引用2) ------------------------------------------------------

2017/12/27(夜の荻窪)(前編)

.
W15 
吉野家にしようか、てんやにしようか・・・

男の1人飯としては、吉野家だけど、てんやも捨てがたい。

吉野家の牛すき鍋膳か、てんやの天ぷら定食か・・・?。

究極の選択は・・・今日は天婦羅にした。

.
W16 
海老穴子天丼

海老、穴子、大イカ、白身魚、ほたて、いんげん、が入って970円。味噌汁付き。

今のレートだと、970円×0.29バーツ/円=281.3バーツ≒280バーツ。

このぐらいの値段で(或いは、もっと安く)、タイでも天丼は食べられるだろうけど、具材の種類の豊富さを考えれば、こっちの方が(てんやの方が)コスパはいい。

ナスとかマイタケとかタラの芽とかの野菜類も欲しいが、それ以上に自分はシーフードが好きなので、それが5種類も入っているこの天丼には満足。

ちょっと、イカが水っぽかったかな~。でも、美味しかった。

---------- (引用2終わり) -------------------------------------------------

以上が、自分の天丼(天婦羅)に対する考え方で、天婦羅の基本は魚介類を美味しく食べるもの。それに野菜類が加われば更に美味しくなる、というもの。

この考えは、今も変わらない。

で、先日、「作」のマスターから、「新メニューを作ったから、食べて見てよ」、と言われた。
それが、「鶏の天ぷら」。

やだな~・・・鶏の天婦羅なんて食べたくないな~・・・。

しかし、まあ、「作」のマスターが「美味しい」、と言うのだから、不味くはないのかも知れない。折角なので食べて見た。

.
K99
鶏の天婦羅定食

結論から言えば、美味しかった。

マヨネーズとニンニクベースのソースが美味しい。鶏の天婦羅に良く合う。
(逆に、サクサクした衣が、このソースによく合う、とも言える)

「天婦羅」というと、自分は天つゆに付ける事を想像するが、意表を突いた料理と言えるかも知れない。

まあ、「天婦羅」、と言われなければ、「美味しいから揚げ」、という感じだった。

鶏肉好きのタイ人には受けるかも知れない。今度、奥さん(タイ人)に食べさせて見ようと思う。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。

このから揚げ・・・じゃなかった・・・「天婦羅」、を食べて見たいと思った方は、ポチッとお願いします 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月22日 (月)

日本食レストラン「はし」

2018/01/21(日本食レストラン「はし」)

昔、メーサイに、「はし」、という名の日本食風の食堂があった。
ラーメンが60バーツぐらいで、それなりに美味しいお店だったが、いつの間にか閉店した。

.
K1
HASHI

チェンライの街を散歩して居たらこんな立看板を見付けた。

JAPANESE RESTAURNT とある・・・ひょっとして・・・?。

場所は、メンライ王像のある所から北に200~300mの所。国道1号線沿いの西側。

.
K2
お店の外観

それ程、お腹は空いてなかったが、食べられない事はない。試しにちょっと入って見た。

.
K3
お店の中

中央の廊下みたいのが意味が分からないけど、綺麗なお店だ。まだ、新しいお店か・・・?。

5時頃なので空いていた・・・ていうか、他に客は居なかった。

取り敢えず席に着いた。

.
K4
メニューの一部

ラーメンを探したのだけど、メニューにラーメンは無かった。
メーサイにあった「はし」が、チェンライに移って来たらしいのだけど、良く分からない。

無難な所でカレーを注文。

待って居る間に幾つか聞いて見た。

お姉さんによると、出来たのは1年程前、経営者はタイ人、日本人も良く来る、という話だった。

奥の方で、魚を捌いていたので、見に行った。

.
K5
仕事中

団子みたいな髪形の女の子が魚を捌いていた。

「タイループ・ダイマイ?」・・・ちょっと照れていたが写真を撮らせてくれた。

魚の名前を聞いたが、知らない名前だった。

.
K6
本日の夕食、2018年1月21日、午後5時頃

夕食には早いけど、まあ、一応、夕食の積り。

メニューで見た時、トンカツだと思ったのは、チキンカツだった。

味は、薄味。

コーラと併せて119バーツ。チップを含めて140バーツ渡した。

帰りしな、お姉さんが、「美味しかったですか?」、と聞いて来たので、「美味しかったです」、と答えた。

相手が、期待している返事をするぐらいの事は出来る。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月20日 (土)

チェンライの抜け道

2018/01(チェンライの抜け道)

日本では、「歩道は人が歩く為のもの」、逆に、「人は歩道を歩くもの」、と成っているが、タイではこの考え方が通用しない。

歩道が、商品の販売場所(露天商)に成ったり、食堂(屋台)に成ったり、広告の展示場所に成ったりする。
この場合、歩行者が通れるか否かは余り考慮されない。歩道を弾き出された歩行者は車道を通らなければならない事も多い。

村の中の小道などは、葬儀会場の一部になってテントが張られる事も有る。

逆に、人が歩道以外の所を歩く事も多い。

空き地だったり、駐車場だったり、例え歩道が有っても、より直線距離に近い方の経路が優先される事が多い。


要するに、「歩道」、の位置付けが日本と比べると曖昧に成っている。

今日は、家(コンドー)から「作」へ歩いて行った。

.
L1
国道1号線沿いのホテルの入り口付近

手前も、向こう側も、ホテルの都合で歩道が遮断されている。
(日本だったら、こんな事は許されない)

なので、の様に真っ直ぐには進めない。フェンスを迂回して車道を通る。

右上に見える金色はBIG-Cの前の歩道橋。

.
L2
駐車場の入り口1

先程のホテルの少し先。

「作」に行くのに、以前はの方に進んでV字型に戻る感じだったのだけど、の方が近い事が最近分かった。

.
L3
駐車場の入り口2


.
L4
駐車場

駐車場の周囲には以前は商店が沢山あった様だが、今では殆ど閉まって居る。要するに、チェンライ版シャッター商店街。

「作」の方向は、写真左側に成るが、ディスコ(クリーム色の建物)やホテル(INN-COMEホテル)が有って、隙間が無いので、そっちには進めない。

.
L5
駐車場の出口付近

正面のクリーム色はディスコ。

.
L6
ディスコの駐車場

歩道はだが、面倒(遠回り)なので、ディスコの駐車場を突っ切る。

.
L7
ディスコの駐車場

昼間なのでガラガラ。

「作」には、結構行くので、この道は良く通る。

因みに、これは、今迄の写真とは別の日ですが↓。

.
L11
金曜雑談会、作にて、2018年1月19日撮影

毎月1回実施される、日本人会の催し。

特に、何かをするとか、何かを決めるとかいうものではない。たまには、皆さん集まって世間話(?)でもしましょう、という会。

前回も「作」で行われた。

.
L9
帰り道、国道1号線、午前1時半頃

これも、別の日だが、沢山遊んで帰りが遅くなった時は、国道もガラガラ。

普段は、歩道橋を渡るが、深夜1時(11時頃から?)を過ぎれば、車も少なく成るので、(歩道橋を通らずとも)ゆっくり歩いて渡れる

抜け道を歩いたり、深夜の街を徘徊すると、自分も大分この街に馴染んで来たという感じがする。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

タイの抜け道

2018/01(タイの抜け道)

タイ人って日本人と比べると随分いい加減な人達だと思う。

色々な面でそれを感じるが、今回は、「抜け道」、という点に焦点を当てて考えて見たい。

兎に角、タイ人というのは、「楽をする為なら細かい事は言わない、気にしない」、という人達で、例えば「道」、なら、「近ければ何でもいい」、と思っているらしい。

以下の①~⑦で、事例を挙げます。


① 始めてタイに旅行で来た時(約18年前)、チェンマイではナイトバザールの近くのポーンピンタワーというホテルに泊まった。

ナイトバザールは観光客向けの夜の繁華街で、お土産物屋などが沢山ある。
ホテルからは距離的には近いのだけど、道路を通って行こうとすると、ぐるっと回る事に成ってかなり遠回り。しかし、ホテルの裏に抜け道が有って、そこを通るとオープンエアのレストランに出て、そこがナイトバザールと繋がっている。

チェンマイに1週間程滞在した時は、その抜け道を良く利用した。
その時は、そこはホテルの出口の1つで、当然、いつでも通り抜けられるものだと思っていたが、数年後に再び来た時には、その出口は封鎖されていた。

もしかしたら、勝手に私有地を通り抜けていたのかも知れない。
ホテル側がそこの地主に許可を取っていたのかどうかは分らない。

更に、その数年後には、再び抜け道が復活していた。通れたり通れなかったり、こういうのはよく分からない。


② タイで最初にアパートを借りたのは約15年前、バンコクのスクンビット通りのソイ33(注)という所だった。
(注)(ソイとは、大通りから分かれる小路。大体、中心に近い方から連番が振られていて、ソイ33は、中心から33番目の枝分かれする道。登り側が偶数、下り側が奇数とかに成っている事が多い。ただし、この法則性は、「大体」、で跳び番とかもある)

アパートはソイの奥の方に有って、スクンビット通りから入ってソイ33の通りを突き当りまで歩いて行くのが普通なのだが、アパートを借りる時、不動産屋(日本人)に、近道を教えて貰って、そこを良く利用した。

その抜け道は、ソイ33の日系人御用達のスーパー、フジスーパーの裏に有って、不動産屋からは、「此処は道ではないが、此処を通って行くと近い」、と教わった。

要は、これも私有地をみんなが勝手に通っている、という道(?)らしかった。

ここも、或る時、ブリキの塀が作られて、ほんの一時期、鍵が掛かって通れなくなった事があったが、その内、鍵を掛けなくなって、また通れるように成った。


③ 今は殆どチェンライの街のコンドミニアムで暮らす様に成ったが、パーン郡の田舎に住んでいた頃の話。

パーンの家は国道1号線から300m程引っ込んだ所に有る。普通は、村の道をジグザグに回って国道に出るのだが、或る時、奥さんと、2人で歩いて出掛けた時、奥さんが、「こっちの方が近い」、と言うので、それに着いて行った。

正規の道はL字型に成っている所を、道を無視して真っ直ぐ進む、「三角形の2辺の和は、他の1辺の長さより大きい」、確かこんな定理を小学校(?)で習った気がするが、そんな事を考えなくても L 字方の端と端を結んだ直線を進んだ方が、L 字方の道路を進むより短くて済む。

何故そんな事が出来たかと言うと、要するに、「人んちの庭」、を勝手に突っ切ったからで、敷地内で、そこの家のお爺さんが暇そうにしていれば、「こんにちは」、のタイ語で挨拶すればいいだけの事らしい。

要するに、村中の人はみんな顔見知り、タイの田舎の家は日本みたいにきっちり塀で囲まれていない(今は、ちょっと状況が変わって来ました)、広い敷地内にお爺さんの家、弟さん夫婦の家、お兄さんの家族の家など、何軒もの家が有って、それがかなり広い間隔で建てられている(土の部分の面積が広い)、なので通り抜け出来る広い空間が有る。

そういう事で、人んち、でも気にせず(?)通り抜け出来るという事らしい。

例えば、東京の家(杉並区)の辺りでは、他人の土地を突っ切って進む、などという事は殆どあり得ない。

まあ、実際に、そういう事をしたのは数回しかないので、やはり、自由に通り抜け出来る、というのとは違う様だが、「タイの田舎っていうのは日本と違う」、「随分、のんびりした所だな~」、と思った。


④ 昔、チェンライのセンタンの裏に知り合いがアパートを借りていた事が有る。
流石に、センタンの敷地はしっかりした塀で囲まれているが、そのアパートの近くの塀に梯子が置いて有って、梯子を上ってセンタンの敷地に入れる。正規の門から入るより、梯子を渡った方が全然近くて便利。
流石、タイ人、楽をする為に(文字通り)抜け道を作る。

自分もその梯子を通ってセンタンに入った事が1回だけあるが、この辺のアパートはセンタンに近くて便利だな~、と思った。

しかし、この抜け道、センタン側も対策を取って(?)、今では使えなく成ったハズ(?)。
(最近、見て無いので分らないが、楽をする為なら何でもするのがタイ人なので、また状況が変わっている可能性もある)

大昔、(日本で)小学校の校庭のフェンスに穴が空いていて、そこを通ると家が近かった。
その穴は殆ど使わなかったけれど、センタンの梯子を見て、その事を思い出した。


⑤ チェンライ空港の脇を通る空港バイパスは工事に数年掛かった。
多分、HOME・PROの有る道路の辺りから、南側に10kmぐらいの区間の工事に5年ぐらい掛かっていた。

開通までには5年ぐらい掛かったが、実は、開通する2年ぐらい前から道路は殆ど出来ていて、一応、入り口の辺りにブロックが置いて有って、一般車の侵入は禁止の様に見えるのだけど、通れない事は無い。
入り口辺りを抜けてしまえば、たまに工事中の箇所があったり、資材が道路に置いて有ったりするが、後は出来たばかりのいい道、殆ど車が通らない道が続いている。

知らないと、工事中だと思って入っていけないが、知り合いに、「ここは通れる」、と聞いてからは便利なのでちょくちょく通った。

タイの道路工事はダラダラやるというイメージが強いが、タイ人は余りうるさい事は言わないので、「出来ている部分は勝手に通れば・・・」、みたいな感じで、いい面もある。
(油断していると、突然、出口が封鎖されていて困る事もあるが)


⑥ 今住んで居るコンドミニアムはBIG-C(チェンライのショッピングセンター)と隣接している。
自分達の部屋からはBIG-Cは、10mと離れていない。ただし、BIB-Cとの境には高い塀が有って、直線的に行く事は出来ない。

きっと、直ぐに抜け道を作るタイ人の事だから、その内、何処かに抜け道が出来る、と思っていたのだが、流石にセキュリティーのうるさいコンドーらしく、未だに抜け道は出来ていない。

抜け道が出来れば、BIG-Cへ行のに10分ぐらい掛かっている所が、2~3分で行けるハズで、便利に成ると思うのだが・・・。


⑦ その代わり、という分けではないが、コンドミニアムの駐車場方面から非常口を通って出入りするタイ人が居る。

原則、コンドーの建物内には、建物正面からキーカードを使って扉を開けなければ入れない様に成っていて、それは保安面からは、いい仕掛けだと思うのだけど、本来は外からは開けられない(中からしか開かない)非常口を開けっ放しにして出入りする困った人達が居る。

.
L0
コンドーの非常口

ここを押せば鍵が外れて非常口は開くが、普通に閉めるとまた鍵が掛かって外からは開かない。ただし、扉を半開きにして置けば、外から自由に入れる。
こういう扉が、各階と1階の出口前に2ヶ所ある。

確かに、駐車場から建物の正面に回ってキーカードで入るより、部屋の位置によっては、駐車場の脇にある非常口から、建物の中に入った方が遥かに近い。

なので、自分が(非常口から)出た時に、扉をきちんと閉めず半開きにして置いて、帰って来た時にそこから入ろうとする。

これは、確かに便利なのだけど、その代わり折角作った保安面の仕掛けが無駄なものに成る。
何の為に、キーカード無しでは建物に入れなくしたのか、意味がなくなる。
こういう事が分からないタイ人は、ホントにバカだと思う。

こんな事だから(?)有る時、泥棒さんが入って、困ったコンドーの管理人さんは、非常口を開かなくしてしまった。
これは、もっとバカで、というより危険で、開かない非常口なんて意味がない。

火事に成った時に、非常口から出られなくて煙に巻かれて死ぬかも知れない。

流石に、これは、自分も守衛さんに抗議した。そしたら、その守衛さん、「そういう、非常の時は開けますから」、って言ってたけど、大体、元々気の利かないタイ人が緊急の時にそんな対応が迅速に取れるのかは甚だ疑わしい。

他にも、抗議が多かったらしく、この処置(非常口を開かなくした処置)は直ぐに撤回された。


以上、色々、タイ人の抜け道に対する考え方(半分は、自分の考え方)の事例を挙げましたが、概ね、自分はこの様なタイ人のいい加減さ、融通の利く所は好きです。

タイと比べると、今の日本はきっちりし過ぎていて、面白みが無い。
(タイ人のセキュリティーに関する甘さはちょっと困るけれども・・・)

昔、バンコクに暮らして居た時、タイの道というのは行き止まりが多いと思った。
多分、ちゃんとした都市計画などなく、行き当たりばったりで都市が広がった為だと思う。
その代わり、行き止まりの様に見える所でも、よく探すと抜け道がある場合がある。
それは、正規の道では無くて、道の様な役目を果たす事に成った、空き地や駐車場など。

私有地だって気にしない。工事中だって気にしない、近くて便利ならそこを勝手に通る。こんな感じ。

バンコクに住んで居た頃は、表通りも、裏道も、繁華街も、人通りの少ない所も、良く歩き回った。
そんな時、思わぬ裏道、抜け道、を見付けるのが楽しみだった。

その感覚は、今も有って、昔ほど動き回らなく成ったけれども、例えば、ちょっと前にプーケットに旅行した時なども、ホテルの近所や海沿いの通り(?)を、何となく歩き回って(徘徊して?)、色々な発見が有って、面白かった。


次回、「チェンライの抜け道」、へ続く。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月18日 (木)

食卓の国境線(HOME・PROの食堂にて)

2018/01/18(食卓の国境線)(HOME・PROの食堂にて)

ちょっとした買い物が有ってHOME・PRO(注)へ行った。
(注)(HOME・PROは家具や家電などのチェーン店。日本で言えば、ニトリやビックカメラのようなお店)

で、買い物が終わってちょっとお腹が空いていたので、店内の食堂に入った。

.
M1_2
店内の食堂、2018年1月18日撮影

 まだクリスマスをやっている・・・タイ人、しつこい。

一見、レストラン風で洋食が出そうだけれども、どちらかと言うと、タイ料理系のお店。

.
M2
本日の昼食

 奥さんの領域
 自分の領域

奥さんは、ケーンソム・シャオーム・クン(適当なネーミング)と、玉子焼き乗せご飯と、テンモーパン(スイカのスムージー)。

自分は、カオナー・ヘッ・ブロッコリー・マンサウィラ(確か、こんな名前だったと思う)(英語では Fried formulated mushroom and broccoli )と、ラテ・ローン(ホット・カフェラテ)。

写真左下、カオナー~はメニューの写真を見た時、左の茶色いのが牛肉に見えたので注文した。
しかし、牛肉に見えたのはキノコを何かと煮込んだものらしかった。
これが、意外と美味しかった。

半分、そのままで食べたが、残り半分は、写真中央下の小皿、ナムピック・ナンパー(ナムプリック・ナムプラー)を掛けて食べた。80バーツ。

右下のカフェラテは40バーツ.。

奥さんのケーンソムを試しに少し食べたら、メッチャ辛かった。
どのくらい辛いかと言うと、シャックリが出る辛さ。ついでに(?)涙が少し出るぐらいの辛さ。奥さんも、「辛い」、と言ってちょっとしか食べなかった。
奥さんは、シャオームが少ししか入ってないと言っていたが、シャオーム(何かの葉っぱだと思う)なんて特に美味しい物ではない。

玉子乗せご飯の横にある魚の干物は一応美味しかった。

タイ料理系の食べ物ばかりだと全体的に不味いので、ちょっと「まし」な物があると、相対的に美味しく感じる(採点が甘く成る)。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月17日 (水)

男の料理教室(UFOの正体)

2018/01/16(男の料理教室)(UFOの正体)

前回の記事、「UFO現る」、の続きです。

男の料理教室、今回のテーマはピザ。

先ずは材料の下ごしらえ。

.
N51
マッシュルームを切る


.
N52
パプリカを切る

実は、パプリカとピーマンの違いって、よく分からなかった。
黄色や赤の鮮やかな色でピーマンより大きいのがパプリカという認識だった。
レストランなどで食べた事はあるが、自分で買って料理した事は無い。

しかし、写真の様に緑のパプリカも有るので、これだとピーマンと殆ど(見た目は)変わらない。
で、ちょっとネットで調べて見たところ、「ピーマンとパプリカには、ハッキリとした定義はありません」、という事らしい。要するに、ちょっとした品種の違いという事なのか。

.
N53
玉葱は微塵切りにしてから炒める

玉葱、1個だけはピザの上に乗せる為に、薄切りにする。

.
N54_2
ピザソースを作る

前の写真の玉葱を、ニンニク、ケチャップ、トマト等と共に炒めてミキサーに掛ける。それに、トマトピューレを混ぜて、スープストックで味を調整する。

.
N55
ピザの具材

左から、ハムが2種類、マッシュルーム、玉葱、とろけるチーズ、エビ、パプリカ。

実は、この中で一番手間が掛ったのがエビの腸(わた)を取る作業。
選んだ、エビの種類が拙かったね、と言うのが後で出た反省。
自分は殆ど、エビの腸取りの作業に集中していたので、実は全体の作業手順を良く見ていない。

さあ、材料は揃った。いよいよピザを焼く作業。

.
N56
トッピング中

ピザ生地にピザソース(赤)を塗ってその上に各自の好みで具材をトッピング。チーズは最後に。

左下はピザを焼くフライパン。

.
N57
ピザを焼く

今回はピザを焼く為に、IHヒーターとガス台を用意して、フライパンで焼く作業と、オーブン(写真右端に少し写っている)で焼く作業を並行して行った。

結論から言うと、慣れないと(或いは、慎重にやらないと)フライパンで焼くのは難しい。
特に、今回はピザ生地が厚かったので、焼きが足りないと全体に火が通らなかったり、それを避ける為に焼き過ぎると底が焦げたりして、上手く焼くのはかなり難しかった。

今回あえてフライパンを使ったのは、オーブンの無い家もあるので、フライパンで出来ないと家で作れない。それで、フライパンで焼く事にした。例えば、自分の家(コンドー)にもオーブンは無い。

しかし、焼き過ぎて、こう成る↓ピザが続出した。

.
N1
UFOの正体

ピザの裏側が真っ黒焦げ。

まあ、失敗も経験だから・・・。

オーブンで作った分と、フライパンで作った分の半分ぐらいは上手く焼けた。
因みに、自分は他の人の失敗作を見てから慎重に焼いたので、まあまあ上手く焼けた。

それでも、底は少し焦げていたが、写真のUFO程、真っ黒焦げには成らなかった。

ここで、イメージソング

♪ 真っ黒けの土人がヤッホーヤッホー、槍~持って、盾~持って、追っかけて来る~、 ♬

♪ そ~れ逃げろ~、や~れ逃げろ~、取っ捕まったらフ~ライパンで揚~げぇられる~。 ♬

この後、コンソメスープにご飯を入れて、ピザの具材とピザソース等も入れて作ったイタリア風雑炊(リゾット)は、とても美味しかった。

本体のピザより美味しかったな~!。家に持って帰って娘にも大好評だった。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月16日 (火)

男の料理教室(UFO現る)

2018/01/16(UFO現る)


.
N2_3
黒いUFO・・・?

UFOの正体は後で明かす事として、取り敢えず本日の朝食。

きょうは、毎月1回ある、男の料理教室の日。

集合は、10時に空港付近の卸のスーパーマーケットのマクロだが、その前に朝食。

料理をするには結構、体力がいるし、時間もかかる。
料理をする為に食事を摂るのはちょっと矛盾するが、そうは言っても腹が減っては戦が出来ぬ。

.
N11
焼き肉

コンドーの台所で肉を焼く。この肉は以前にマクロで買った肉で、タイに売っている肉としてはかなり美味しい肉(オーストラリア産)。

.
N12
本日の朝食

メインは牛焼き肉、他に、レタスのサラダ、ゴマ高菜、オニオンスープ、炒りごま。
ご飯は、日本米。

ご飯は、冷凍して有ったご飯をレンジで3分。
レタスは、適当にむしって、洗って、皿に盛って、タルタルソースを掛けて、クルトンを振りかける。
ゴマ高菜は冷蔵庫の中に有ったものを出しただけ。
オニオンスープは粉状の物を容器に入れてお湯を掛けるだけ。
炒りごまは、ご飯に振りかける。
唯一料理らしいのは肉を焼く作業。味の調整は既製の焼き肉のタレとチューブ生姜。
(本当はチューブ・ニンニクも使いたいが、これから人と会うのでニンニクは避けた)

此処まで、10分以下。

朝の忙しい時に、ゆっくり料理をする時間は無い。

ある意味、本日これからやろうとしている料理教室の作業とは対極をなす料理(?)。
料理好きな人から見たら、「そんなもの料理じゃない」、と怒られそうですが・・・。


そんな事で、取り敢えず体力を整えてマクロへ集合。

.
U21
マクロ

本日のお題は、ピザ。それと、(ついでに)リゾット。

何故ピザとリゾットかというと、家(うち)の娘がイタリアン大好きで、チーズとかバターの入った料理が好きなので、自分がリクエストしてピザとリゾットと成った。
「ついでに」、リゾットと成ったのは、ピザの材料でリゾットは簡単に出来る為らしい。

本日の参加者は先生を含めて6名でゲストが1名(その他に、ちょっとした見学者が2名)。
前回の料理教室の終わり(12月6日)に、自分が希望を述べて、皆さんにイタリアンに付き合って貰う事にした。

なので、今回はしっかり覚えて帰らなければならない使命がある・・・?。

先ずは、マクロで材料の買い出しから。

.
U22
本日の食材1

左上、玉葱とニンニク。
右上、パプリカ。
左下、マッシュルーム。
右下、ハム。

マッシュルームって初めて買った。このマッシュルーム、クリーミィな感じがして美味しい素材だった。
バターで炒めるだけでも美味しいかも知れないし、他の何かと共に炒めても美味しそう。知り合いは、生でも食べられる、と言っていたが、そういうのも有りかも知れない。
今後、検討してみる価値がある素材だと思う。

.
U25
本日の食材2

左上、チーズ。
右上、エビ。
左下、トマト。
右下、トマトピューレ。

.
U26
本日の食材3

ピザ生地。3枚107バーツ。

先生によると、ピザ生地から作るのも、そんなに難しい事ではないらしいが、今回は出来ている物を買った。

皆さんの事後評価では、少し厚すぎる、という事だった。

自分も、もう少し薄い方が、焼き易いし、具材の比率が高く成るので、もっと美味しく出来るような気がした。

他に数点、食材を加えて、これで材料は揃った。後は、料理にかかるだけ・・・。

しかし、イタリアンの材料を揃えるなんて、始めてやったけど、チェンライの様なタイの田舎でも結構揃うものだと思った。

タイを知らない人は、チェンライなんて、ジャングルの中を土人が走り回っているイメージ(冒険ダン吉の世界)を持っている人も居るかも知れないけど、イタリアンなどというハイカラなものも作れるのです(←いつの時代の人やねん)。


次回、「UFOの正体」、へ続く。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月13日 (土)

食卓の国境線(焼き肉)

2018/01/12(食卓の国境線)(焼き肉)

.
O1
本日の夕食、2018年1月12日撮影

 自分の領域
 奥さんの領域
 娘の領域

今日は、自分が「おかずを作るから」、と宣言して出来た夕食。
ただし、奥さんが既に買って置いたおかず(朝の残り物など)も並んで居る。

今日の食卓は、割とハッキリ、国境線が分れた。

一番の特徴は、自分と娘が焼き肉(牛)がメインな事。
牛肉が食べられない(?)奥さんがトムカーカイ(左上の鶏肉の入ったスープ)がメインである事。

.
O2
焼き肉

写真だと余り美味しそうじゃないけど、とても美味しい。娘にも大好評だった。

タレは、エバラ焼き肉のタレの甘口を掛けた。

甘口なのは娘の好みを考慮したためで、自分は、ニンニクと生姜で更に味を調整した。

.
O3
レタスのサラダ

センタンの王様のお店で買ったレタスにクルトンを振りかけて、タルタルソースで味付けしたサラダ。

主に自分が食べたが、娘も食べていた。奥さんは、勧めたら1口だけ食べた。


余談。----------

センタンの王様のプロジェクトのお店、安くて(多分、品物も良い)のはいいのだけれど、葉物類の野菜は量が多過ぎる。

きょうもレタスは45バーツの袋しか無くて、中に、中くらいの玉が4つ入っていたが、1回で食べる量は2分の1個で十分。

なので8回分ぐらいの量が袋詰めされているが、大家族ならともかく、家(うち)のような小家族では、なかなか食べ切れない。

毎日レタスという分けにも行かないし、馬じゃないんだから、そんなにバクバクは食べられないし、結局、半分ぐらいは捨てる事に成ると思う。

日本人としては、どうしても、勿体ないという気が起こる。

余談終わり。--------

.
O4
玉子と野菜のスープ

1人1椀。

フリーズドライのスープ。ちょっとしょっぱ過ぎて、期待した程美味しくは無かった。でも、奥さんも娘も食べていた。

.
O5
リンゴ

これだけは、日本もタイもない、言わば中立地帯の食べ物。

我が家は、野菜不足を補う為、リンゴはよく食卓に乗る。

「リンゴは健康にいい」、と自分が言い続けて来たのを奥さんも分かったようだ。


他には、プラートゥとレタスのサラダの間に有る野菜、緑色のがタイの茄子(マクア)で、醤油を付けて食べたら意外と美味しかった。

尚、今日のご飯はタイ米。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月12日 (金)

魔法の袋

2018/01/12(魔法の袋)

.
P1_2
木片?

木片の様な四角い物体に熱いお湯を注ぐと・・・。

.
P2_2
豚汁

豚汁に成る。これが結構、美味い。

.
P3_2
ティーバッグ

緑の袋の更にその中に、魔法の袋は有る。

.
P4_2
緑茶

魔法の袋をカップに入れて、お湯を注ぐと、お茶に成る。日本の緑茶。

因みに、美味しいお茶の順位は以下。

タイのお茶(中国茶?)→粉茶→ペットボトルの日本茶→ティーバッグのお茶→急須で入れた日本茶。

論外は、タイ人の好むカラフルで極甘のお茶(?)。普通の人間の飲む物とは思えない代物。


余談。---------------------

昔、二十歳ぐらいの女の子と話をしている時に、「ティーバッグは使うよね」、と言ったら変な顔をされた。
「ティーバック」、と勘違いされたらしい・・・。

余談終わり。------------------

.
P5_2
本日の朝食(?)、午前10:30頃

今日は、珍しく豪華(?)な朝食だった。

.
P6
鳥肉のご飯

ちょっと甘ったるくて、べちゃべちゃしていて、イマイチだけどタイの食べ物としては、ましなほう。

50バーツ。

.
P7
オムレツ(?)

奥さんに聞いたら、「カイ・ヤッサイ」、と言っている。

「カイ」は「玉子」なのは分かるけど、「ヤッサイ」は「野菜」か・・・?。

確かに、玉葱など少しは野菜が入っているけど・・・?。

「ヤサイって日本語」、って聞いたら、「違う、ヤッサイ」、だって。

ヤッサイは日本語とは関係ないらしい。

これもイマイチだった。玉子なんて普通に料理すれば美味しいのに、何故かわざわざ不味くしてしまうのがタイ風。

.
P8
茹でヤサイ(?)

なんか気が乗らなかったので食べなかった。

.
P9_2
プラートゥ

たまに鰺と勘違いしている人がいるが、鯖科の魚らしい。干物。

タイの食べ物としては美味しい。適度な塩加減が、ご飯によく合う。

そんな訳で、奥さんが、「買って来た(注)」タイのお惣菜は、全体的にはイマイチだったけど、豚汁と、お茶と、炒りごま(この3点は日本で買って来た物)が美味しかったので、まあまあの朝食だった。

(注)ホーナリカー(時計台)のそばのタラート(市場)で買って来たらしい。

食事のあと、少し物足りなかったので、口直し↓。

.
P10_2
干し柿

日本で買った市田柿。しっかりした甘さと若干の酸味があって美味しい。自分の好物の一つ。日本茶とよく合う。

タイ料理では、どうも野菜が不足する(タイ料理にも野菜はあるけど不味いので余り食べない)ので、リンゴ(タイで売っている物)とか、市田柿とか、乾燥大根葉とか、乾燥葱とか、高菜漬けとかで、補う事が多い。


補記。

フリーズドライ製法の乾燥食品、手軽に食べられて結構美味しいし、軽いので持ち運びも楽だし、賞味期限も長いので、今度からもっと沢山買って来よう。

今回、豚汁のほか、ビーフシチューとか、鮭雑炊とか、何とかリゾットとか、野菜と玉子のスープとか全部で10個ぐらい買って来たけど、次回は30個ぐらい買って来よう。
(タイ料理しか無くて)困った時のフリーズドライ・・・何てのもいいかも知れない。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

寒いんだって

2018/01/12(寒いんだって)

チェンライは12月~3月の初めぐらいが涼しい季節。時間帯や人によっては「寒い」という人も居る。明け方などは自分でも少し寒いと感じる時がある。それに、今期の冬は例年より寒いらしい。

朝10時頃、娘を学校に送って来た奥さんと朝食を食べた。その時の奥さんの服装。

.
P20
コンドーのリビングにて、2018年1月12日11時頃撮影

奥さんはセーターにジーンズ。自分は半袖シャツに短パン。

奥さん曰く、「寒い」(日本語)だって。

食後、暫くして外に出て見た。

.
P21
コンドーのプール

今日は朝から曇り空。明け方には雨も降っていたらしい(寝ていたので知らないが、水たまりが有った)。

これも珍しい。今の季節、乾季で例年は雨は殆ど降らないのだけど、今年はよく降る。

外は、半袖では少し寒かった。


追記。

今日は、夜に成って更に寒くなって来た。

.
P23
センタンの前の歩道橋、午後6時半頃撮影

ちょっとした用事でセンタンに出掛けたが、自分も長ズボンにセーター、奥さんはセーターの上にオーバーコートを着て、それでも、「寒い」、と言っていた。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月11日 (木)

スペアリブ

2018/01/10(スペアリブ)

今日は、毎水会。毎週水曜日に飲み仲間が集まって、ビールを飲みながら世間話などをする会。

.
Q1
チェンライ・センタンの出入り口付近

飲み会は12時からなので、11時50分にセンタンの前で待ち合わせ。
直接歩いて行ってもいいのだけど、20分ぐらい歩くので、ここで車に乗せて貰った方が楽。
本日の飲み会の場所は、写真右上のBIG-Cの少し先を右折して車で5分ぐらいの所。

今日の飲み会は、お店ではないので途中でビールを買ってから、飲み会場へ。

ビールはビヤチャーンが1本53バーツ。1人3本なので、自分の分として3本、159バーツ。

.
Q2
本日のメンバー

男性が7人(自分を含む)と、ここのオーナーの奥様が1人。

今日の料理は、ここのオーナーご夫妻が作ってくれた。
(一応、お店を開く積りでこの場所を借りているらしいのだけど、まだ開店してない)

毎週水曜日に開催されている飲み会だが、自分は日本に居たりして暫く振りの参加。

.
Q3
スペアリブ

このメンバー何故かスペアリブの好きな人が多い。
(毎水会を良くやるキンセープ・キンヌアというお店の一押し料理がスペアリブなので、その影響かも知れない)

和風の味付けで美味しかった。

.
Q4
鶏がベースの豆腐・白菜などの鍋料理

これも、完全な日本料理。

タイの鍋のような変な物が入っていないので安心して食べられる。優しい味。

.
Q5
漬物

自分としては、茄子の浅漬けが美味しかった。
(これも多分、日本品種の茄子)

.
Q6
玉子サンド

たまに食べると美味しい。

.
Q7
本日の飲み会場

中央の店舗が今日の飲み会場。ただし、まだ、お店としては営業してない。

.
Q8
飲み会中

料理は、事前にオーナーの奥様(と旦那様)が用意してくれていた。
写真右で鍋をやっているが、全て奥様が作ってくれた。自分達は食べるだけ。

会話の内容はいつもの様に外交問題、昔の役者さんの話、昔の車やバイクの話など。
現在、未来、過去、と分ければ、現在の話が30%、未来が10%、過去が60%ぐらい。

この辺が平均年齢70歳ぐらいという事なのかと思う。ただし、「現在」の話の中には下ネタも含む。

.
Q9
〆はラーメン

鶏や野菜の出汁が入っているラーメンは美味しかった。

終了は3時過ぎ。

因みに、ビール以外の会費は1人220バーツ。オーナーさんはかなりの持ち出しに成っていそう。
昨夜から今朝、今日の飲み会中も働いて頂いた奥様に感謝!。
日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月10日 (水)

ステーキ

2018/01/09(ステーキ)

旨い物、色々有るがボリューム感においてステーキに勝る物はない。

タイ人はステーキと称して、鶏や豚、サーモン等も食べるが、ステーキと言えば牛。
旨い牛肉を食べた後の満足感は他のものでは得られない。

.
Img_20180109_165432
ステーキ

すき焼きや牛丼もいいけれど、牛肉の美味さ、ボリューム感を満喫したいならステーキが一番。

「作」のステーキはそういうステーキで、牛肉の美味しさを十分に満足させてくれる。
更に、特筆すべきは、コクのあるステーキソースが肉の旨味をより一層引き出している事で、このステーキソースは日本人の好みにも合っている。


本日は、TM30の取得の為に奥さんとチェンライ空港近くのイミグレーションに行った。

帰りに、娘を学校に迎えに行って、3人(自分、奥さん、娘)共、お腹が空いていたので、「作」に行って食事をしよう、という話に成った。

娘の学校から「作」までは車で10分ぐらい。

.
R8
食事の前にハイ・ポーズ

ヌン・ソン・サーム(1・2・3)でパチリ。

.
R2
奥さんのリクエストのエビの塩焼き

ちょっと前は、小さめのエビが4匹だったのが、大きなエビ2匹に成った。
2皿分注文したので4匹。

.
R3
ブリカマ

奥さんはブリカマ定食。定食はこの他に味噌汁とご飯が付く。

.
R4
ハンバーグステーキ

娘は、ハンバーグステーキ定食。

.
R9
価格表

「作」では、今日食べたステーキ定食とぶりかま定食が290バーツで一番高い。

290バーツは日本円で1000円ぐらい。1000円定食。

.
R7
本日の夕食

ステーキ(自分の注文)は焼くのに多少時間が掛かって最後に登場。
真打は最後に登場するものと決まっている。

兎に角、美味しい食事が食べられて、お腹もいっぱいに成って、満足でした。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月 9日 (火)

こいつぁ春から縁起がいいわい

2018/01/08(こいつぁ春から縁起がいいわい)

新しい年を迎えて、書き初め(かきぞめ)はやらなかったが、毛染め(けぞめ)はやった。
本日は今年最初の麻雀・・・麻雀初め。

今時のチェンライは明け方は寒いが、午前11時頃には暖かく成る。

日焼け止めを塗って、戦いの場まで歩いて15分ぐらいの散歩。きょうは一番乗り。
久々のチェンライでの麻雀なので、気合が入っている。

まあ、余り大きくは負けない様にしよう・・・。

11時に始まった麻雀、1回目は+38のトップだった。

こいつは春から縁起がいい。

2回目もトップ、3回目もトップ、4回目もトップ・・・ちょっと出来過ぎだ。

新春である事は、他のメンバーも同じなので、少しは「縁起」を分けてあげないと・・・。

しかし・・・5回目は+93の大きなトップ、6回目もトップで6回連続トップ。滅多にない記録。

公正取引委員会に見付かったら「独占禁止法」で引っ掛かるかも知れない。

.
640480
本日の成績

7回目で連続トップの記録は途切れたが、結局、今年最初の麻雀は、合計で+312の大勝利と成った。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月 8日 (月)

飛行機の座席番号

2018/01/06(飛行機の座席番号)

今回の日本→タイでは、ドンムアン→チェンライはノックエアを利用した。

搭乗券に書かれた座席番号は「34H」。

多分、前から34列目のH席だろう~、なので真ん中辺ぐらいの席かな?。
そう思って飛行機に乗って、数歩進んで横の座席番号を見たら、既に30番台・・・アレ?・・・と思ってもう一度見直したが、やっぱり30番台。

真ん中辺かな、と思った座席は、実際は前から4列目だった。
この飛行機の座席番号は(1からではなく)31から始まっていた。

32~33番の所で気が付いたので良かったが、うっかりすると34番を通り過ぎるところだった。

実は、以前にノックエアの同じ便(ドンムアン→チェンライ便)に乗った時にも気が付いたのだが忘れていた。

その時思った事は、

ノックエアって見栄っ張りか・・・?

(1からじゃなくて)31から座席番号を振って飛行機を大きく見せようとしているのか・・・?。

そんな事しても、実際に乗れば直ぐ分るのだから意味は無い・・・では、なんで、31から番号を振るなんて、「ややっこし~事」、をしているのだろ~。

(2018/01/09追記。コメント欄の投稿に理由が書いて有ります)

.
S32
今回乗った便の最前列の座席番号(機首に向かって右側の席)

最初の列が31から始まっている。


次に、座席番号のアルファベットはどういう基準で付けられているのだろ~?。

これも、以前から疑問に思っていた。

今回の便の場合↓

窓-A-B-C 通路 H-J-K-窓

と成っている。

左側のABCは分るのだけど、右側がなんでDEFじゃなくHJKなのか・・・?。

通路の部分をDEFGとカウントして、そこからHIJなのか・・・?

アレ・・・?・・・ I が抜けてるぞ・・・?。

この法則性を考えた。

自分の古い知人に、HAJIKANO(初鹿野)さんという方がいるが、まさか初鹿野さんの子音部分を取ってHJKじゃないよな・・・?。

ABC、DEFG、HIJK の I が抜けているのは何となく想像がついた。多分 I は 1 と紛らわしいから使わなかったのであろ~。

で、飛行機に乗った時、暇潰しに考えたのは、此処まで。

ついでに(ブログに書く積りで)降りる時に撮ったのが上の写真。


今、ネットで調べたところによると、「I」を使わないのは、自分の考えで正解。
I は 1 と紛らわしい、という事らしい。

DEFGが抜けているのも(自分の考えで)ほぼ正解。

機種によっては、3-4-3 の様に中央に4席(或いは3席)あるものがあるので、その為に空けて有る(空いている)という事らしい。

ただし、この法則は全ての航空会社共通ではなく、タイ航空や全日空は違うらしい。

一般には、ABC-(DEFG)-HJK の様な座席構成の場合、A・Kは窓側、CGは通路側で右に通路が、D・Hも通路側で左に通路が有るように成っているらしい。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月 7日 (日)

成田からドンムアンへ(新しい入国カードなど)

2018/01/06(成田からドンムアンへ)(新しい入国カードなど)

成田からドンムアンへ向かうエアアジア便、もう数え切れない程乗っている。

.
S41
搭乗直後のエアアジアの機内

今回、変わった事といえば、機内で配られるタイへの入国カードのフォーマットが変わった事。

.
S42
新しい入国カード(裏面もあります)

英語が苦手な自分は最初ちょっと慌てたが、よく見ると、以前のものと配置が変わっているだけで、そんなに変わらない。

前回、妻と娘を2人で(日本から)タイに帰した時に、奥さんが、「入国カードは要らなくなった」、と言っていたので、タイ人の入国カードが要らなくなった事と併せて、少し、入国手続きが変わったらしい。

いつも、自分の事ばかり書いているので、少しは情報らしき事も書かないと・・・。

.
S4344
ペットボトルの変化

少しは、科学的な事も書かないと・・・という事で、着陸時の気圧の変化を写真に収めました。

実際は、押しつぶされてない方(左)は、着陸後に蓋を開けて空気を入れ直したものですが・・・。

今度、娘と飛行機に乗る機会があったら、理科の教材に使おうと・・・。

で、ドンムアンに着陸しました。

.
S45
ノックエアの搭乗手続きカウンター

ドンムアン空港で、エアアジア便からチェンライへ向かうノックエア便に乗り換え。

前回と同じ時間帯の乗り換えで、前回はイミグレが混んでいて、かなり焦ったので、今回は、着陸後、機内から出た後、走ってイミグレに向かったのだが、イミグレは空いていた。
前回はイミグレの列に1時間ぐらい並んだが、今回は10分ぐらいで済んだ。
「ノックエアでチェンライへ(ちょっと焦る)」参照)

ちょっと余談。-------------------------
イミグレの待ち行列で、後5人ぐらいの時、イミグレの係り員らしき人が自分の列の方へ来て、「チェンラーイ」と言っている。
手でこっちへ来いと合図している様だが、なんで自分がチェンライへ行く事が分かるのか不思議に思っていた。
しかし、係り員さんは、何度も何度も「チェンラーイ」と言って、こっちに来いと合図している。
まあ、チェンライに行く事は間違いないし、何人かが隣の列(その時点ではCLOSEに成っていた)に移ったので自分も、そっちの列に並び直した。
どうやら、係員さんは、「チェンジ・ライン」、と言っていたらしい。
結局、最初に並んでいた列はCLOSEに成って、並んで居た他の人達も新しい列に移って来た。
自分は、比較的早く列を移ったので、5番目ぐらいから3番目ぐらいに並んで、ちょっと得(?)をした。
余談終わり。--------------------------

イミグレを通過して預け入れ荷物の出て来るターンテーブルに行ったが、まだ、荷物は出ていなくて5分ぐらい待たされた。

走るんじゃなかった・・・。

なので、今回は余裕で国内線(ドンムアン→チェンライ)のチェックイン。


途中省略で、無事、チェンライ空港に着きました。

.
S46
チェンライ空港の出口付近、2018年1月6日撮影

チェンライ空港は何故か、まだクリスマスをやっていた。

雪も無いのに、偉そう~に、雪だるま。

この辺の感覚はタイ人らしが、別に悪くはない。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

成田でフリーWi-Fi

2018/01/06(成田でフリーWi-Fi)

今日は日本(東京都杉並区)からタイ(チェンライ)へ行く日。

朝4時に起きて、家を4:30に出て成田へ向かう。外はまだ真っ暗だし寒い。
タイに嵩張る服を着て行くのも荷物になるので、セーターの上に薄いウインドブレーカーを羽織っただけなのでかなり寒い。

朝4時半はバスも無いので、駅まで歩いて行く。途中タクシーが通ったらタクシーに乗る積りだったけど、結局駅まで20分ぐらい歩いた。

後は、電車で、JR荻窪→神田→日暮里、その後、京成スカイライナーで成田第2ターミナル。

.
S1
エアアジアの搭乗手続きの列、午前6時52分

いつもより空いていた(直ぐ後に大勢来た)。
(自分はエレベーターで3階にスッと行ったので、エスカレーターで来た人との差かも知れない)

今日の受付は写真左隅の外人さん。自分は英語が苦手なので、ちょっとビクついたが、この外人さん日本語が話せた・・・良かった。

時間が有ったので、ホットドックとコーヒーでもと思って、地下のドトールコーヒーに行ったのだが、まだ開いていなかった。しょうがないので、4階の食堂街のレストランへ。

.
S2
4階のレストラン


.
S3
味噌ラーメン

入り口でメニューを見ていたらラーメンが食べたく成った。
それにしてもメチャクチャ(?)高い。まあ、空港だからしょうがないのだろうけど・・・。

ラーメンが928円。日本最後の贅沢だと思って、清水の舞台から飛び降りる積りで、注文する(←大袈裟?)。

これで不味かったら怒るところだけど、一応、美味しかった。

.
S4
パスポートコントロール入り口手前、午前7:30頃

シャッターが開き始めたところ。

これ、空港の怠慢のような気がする。7時半に開く事に成っているらしいが、これだけ客が待って居るのだから、7時くらいから開くようにすべきだ。
(当然、中のイミグレ職員や売店の店員もその分早く出勤する必要があるとは思うが)

外人観光客を大勢誘致したいのなら、出国税など取るより、こういう基本的なサービスを改善するべきだと思う。そういうサービスが出来るのが日本の(日本人の)良さだと思うのだけど・・・。

なんて言ったって、成田は日本を代表する玄関口なのだから。

.
S5
目的のゲートへ向かって移動中

途中でキティちゃんのチョコレート(2個)とキティちゃんのカステラ(2個)と白い恋人をお土産に買った。
何故か、キティちゃんはタイで人気が高い。

.
S6
今日の搭乗は96番ゲートから

9:15発、バンコク(ドンムアン)行きのエアアジア便。

此処まで来ればもう安心。

パソコンでもやって暇潰し。

(前にも1回書いたけど、パソコンってバンコクに似ている)


成田空港第2ターミナルにもフリーWi-Fiがある。

最近は日タイ往復の時、パソコンは常にショルダーバッグに入れて持ち歩いているので、(搭乗待ちなどで)暇な時は、ネットに繋いで、ニュースを見たり、市場の確認をしたり、している。更に時間の有る時は、ブログの書き込みをする事もある。
(ただ単に、待って居るだけというのは嫌いなので、パソコンが無い時は新聞や本を読んだりして暇を潰していた)

今日も、成田第2ターミナルでバンコク、ドンムアン行のエアアジア便を待って居る時に、ネットに繋いだ。

.
S11
成田第2ターミナルのネットの状況

(補足。ディスクトップの背景は、チェンライの茶畑ライチャーチュンフォン)

右側のネット環境のメニューの一番上、「FreeWiFi-NARITA」を選択すると・・・。

こんな画面が出て来る。

.
S12_2
FREE Wi-Fi NARITA の トップ画面

ここで更に、「FREE Wi-Fi NARITA」をクリックすると。

.
S13_2
次に出た画面

ここからは、正確な手順を覚えてないのだけど、この画面でほぼ繋がっている。

.
S0
搭乗待ちの列、日本時間午前8:30

まだ9時前なので(日本の)市場は開いてない(この時は忘れていたのだけど、今日は土曜日で市場はお休み)。NYダウやADR銘柄(三井物産や三井住友FGやソフトバンクなど)の値動きを確認したり、ブログ用に今朝撮った写真を加工したり、ブログを書き始めていたら、搭乗が開始された。

以下、次回へ続く。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月 5日 (金)

4次元ホール

2018/01/05(4次元ホール)

歳を取って来ると4次元ホールが身近に感じられるように成る。
「4次元ホール」では分り難いかも知れないので、ブラックホールと言った方がいいかも知れない。

兎に角、有ったハズの物が無い。

この辺に有ったハズなのに、いくら探しても無い・・・無い・・・。
まるで、4次元の世界との窓が何処かに有って、そこから別世界へ消え去ったかの様な・・・。
有るべきハズの物が、忽然と姿を消す。

そういう事が度々起こる様に成った。

一番多いのが、メモ書き。

ちょっとメモって、もう一度読もうとすると、置いたハズの所に無い。

まあ、普通は結局、見付かるのだけど。

一番多いのは、置いた所の上に何か別の物を置いて、その下に隠れて見えなく成った場合。

普通は直ぐ見付かるけど、何枚も書類を重ねて置いて有ったりすると、書類の下を見た積りでも、更にその下に有ったのを見落としたり、置いた所を正確に覚えてなくて、まさか、こんな物の下に有るなんて・・・、事もある。

コタツのテーブルの上から落ちて、こたつ布団の中に紛れ込んでなかなか見付からない事もあるし、A4の用紙の表裏に別の内容のメモを書いて、裏面に書いたのを忘れて、色々な書類の表面だけを見て見付からなくて、暫くしてから、裏面に気が付いて見つかる事も有る。

今日は、外から帰って来てお茶を飲もうと思って、いつもの湯飲みを探したが無い。
大体、テーブルの上か台所の流し台の付近にしか置かないが幾ら探しても無い。
ひょっとしたら、片付けたかな、と思って茶箪笥や食器乾燥機の中を探すが無い。

おかしい・・・絶対にあり得ない!・・・。

本当に4次元の空間に吸い込まれてしまったのだろうか・・・?。

そういう事ならしょうがない、取り敢えず別の湯飲みでお茶を飲んだ。
しかし、まだ、頭はモヤモヤしている・・・あり得ない・・・。

暫くして、ふと気が付いてある所を探して見たら有った!。

何処だと思います・・・。

実は、電子レンジの中に有ったのでした。

昨夜、飲みかけのお茶が冷めてしまったので、勿体ないので温めて飲もうと思って電子レンジの中に入れて、忘れていた。

多分、レンジでチンして、それを忘れて、そのままにしてしまったのだと思う。
こういうのは、ちょっと問題がある。

実は、お湯を沸かしているのを忘れる事も有るが、やかんだと、ピーピー言い出すので分る。
レンジは一度、「チン」、と言った時に気が付かないと後は無言になってしまうので、忘れてしまえばそれまで。

認知症怖い。


余談。

奥さんとタイで暮らして居る時は、奥さんが物を置いた場所を勝手に動かすので困る事も多い。

或る時、パソコンとその関連の部品を床に纏めて置いておいたのだが、奥さんが部品だけ机の上に置き直した。多分、床に散らかっているのを整理した積りなのだろ。

数日後、部品が無いのに気が付いて、そういえば床に置いたのに、何処にいったのだろ~。
まずは自分で探して、見付からないので奥さんに聞いたら、床に有るものを机に移したというが、机の上には無い。

これも、暫くしてから気が付いた・・・そういえば、袋に入れたかも知れない・・・。

で調べたら・・・机の上のBIG-CだかTOPSだかのレジ袋の中に有った。
部品を剥き出しのまま床の上へ置くのは、ちょっと躊躇われたので、その辺にあった袋に入れた事を思い出した。

そのままの状態であれば気が付いただろうけど、パソコンから袋が引き離された時点で分からなく成った。

自分にとっては、知らない内に、パソコンの部品を入れた袋が、「瞬間移動」、したように感じられた。

兎に角、記憶力が落ちて来ると、困った事も増える。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

年賀状

2018/01/05(年賀状)

昨年の暮れは喪中の為、年賀状は出さなかった。

母が他界したので、日本にはもう父母・兄弟・子といった近い関係の親族はいなくなった。
(元々兄弟はいない)

毎年、正月は帰国していたが、今年の暮れからは、基本、正月は帰国しない事にしようと思っている。

今迄、大体、年5回帰国していたが、年4回ぐらいにしようと思う。

寒い時は日本に来たくない。折角、南国の暖かい所で暮らして居るのだから、わざわざ一番寒い季節に来る事は無い。
タイ、チェンライは12月~3月の始めぐらいが一番過ごし易い。
(それでも、今年は2~3月の確定申告時に帰国する積り)

暮れ~正月に日本に来なければ年賀状は出せない。なので、もう年賀状は出さない事にしようと思う。

母が亡くなったのが昨年の11月13日だった。
葬式等の作業で忙しかったが、一段落ついた11月の末頃に知り合いの一人から、喪中のハガキが来た。

そうか、喪中のハガキ、も出さないと・・・。

で、急いで数人の親戚・知人に喪中のハガキを出したが、年賀状のやりとりのある全員には出さなかったので、今年も何枚かの年賀状が届いた。
申し訳ないが、喪中なので返事も出せない。

次回からは、年賀状を止める積りで、昨年、母の他界後に会った友人などにはそういう話をしたのだが、滅多に会わない人、或いは、もう会う事も無いと思われる人には、会って話す機会はおそらく無い。

こういう場合、「もう年賀状は書かない事にしました」、という断わりを入れるべきなのか、或いは、そのまま自然消滅を待つのか。

今は、「自然消滅」、の積りで居るが、年賀状だけのやり取りでも繋がって居れば何かの機会でお会い出来ることもあるだろうし、勿体ない気もする。


余談。

今年来た、ある年賀状。

表の宛名書きを見て、○○さんから来た年賀状か、と思って裏面を見たら何か違和感がある。

アレ・・・と思ってもう一度裏表を見たら、上下が反対だった。

なかなか珍しい年賀状だ。

自分で、パソコンか何かで作った年賀状で、プリントする時に反対に入れたのだろ~な~。


昔来た、ある年賀状。

差出人が書いてない。

こういう年賀状はたまにある。

ただし、最近は住所もプリントしたものが多いので、殆ど無くなった。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月 2日 (火)

正月2日目

2018/01/02(正月2日目)

元日は全く外に出ず1日中家の中に居た。

外は晴れていていい天気(らしい)のだけど、寒そうだし、面倒くさいし。
家の中で、コタツに入ってテレビを見たり、ゴロゴロしたり、何か食べたり。

未整理の書類や母の関係の整理など、やる事は沢山あるのだけど、元日ぐらい何もしなくてもいいだろ~・・・1人だし・・・。

で、今日、正月2日目。

例によって、冷蔵庫の中に食べる物が殆ど無くなったので12時頃、昼飯を食べに出掛けた。

.
T51
東京都杉並区、青梅街道沿い、2018年1月2日、午後0時半頃撮影

個人の商店は殆ど閉まっている。人通りも少ない。

.
T52
回転寿司屋さん

ラーメンを食べる積りだったのだけど、ラーメン屋さんはいっぱいだったので寿司に変更。

寿司屋に自分が入った時はたまたま席が2~3席空いていたが、その後ずっと、ほぼ満席だった。

荻窪駅付近の飲食店は平均で6割ぐらい営業しているようだったが、休みの店もあるし、お昼時なので、何処も結構混んでいた。
お節料理に飽きて、外に食べに来た人も居るのかも知れない。

.
T53
マグロ

あら汁が美味しかった。

.
T54
つぶ貝

コリコリした食感がいい。

.
T56
穴子

今日は頼むのが面倒くさかったので、回って来た物を取って食べていたが。此れだけは声を出して注文した。
.
T57
ハマチ

死んだ親父(おやじ)はハマチを見ると、「これ、いくら(何円)」、という駄洒落が好きだった。
(英語の駄洒落です)(How much)

.
T55
エンガワ

今日は、これが1番美味しかった。

他に2品ぐらい注文したが、写真を撮ってない。
(食べながらイチイチ写真を撮るのって結構面倒くさい)

.
T58_2
七草がゆセット

マーケットには、こんな物↑も売っていた。

タイには、ガパオやパクチー、ピックキーヌー(唐辛子)やカーの入ったカオトム(お粥)があるらしいが、そんなもの食べたくない。

・・・ウソです。

.
T60_4  
タイの七草がゆ、イメージ映像

でも、パクチー入りのカオトム(お粥)は有るらしいから、似た様なものは有るかも知れない。

帰り道、ミカン(?)が生っていた。

.
T59
ミカン(?)


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月 1日 (月)

大晦日~新年

2017/12/31~2018/01/01(大晦日から新年)

今年の大晦日も日本で迎えた。

ここ数年、12月末から新年にかけては日本に居るが、もしかしたら、年末に帰国するのはもう当分無いかも知れない。

午後7時半頃、2017年最後の買い物に出掛けた。

.
T1
迎春

荻窪タウンセブン(荻窪駅付近のショッピングセンター)にはこんな飾り付け。

.
T2
西友ストア

マーケットの正月関連食品売り場には、もう売り切れの食品も。

家に戻って、NHKの紅白歌合戦。

.
T3
司会の有村架純さん

一番、光ってた(?)。

他のゲストはモザイクが掛かっていて誰だか分かりません←いつもの癖でモザイクを掛けちゃいました・・・。

.T4

安室奈美恵さん

劣化しない顔。

.
T5
今年は白組の圧勝?

まあ、この勝敗はどっちでも同じ。

.
T6
ゆく年くる年

紅白の後は毎年これ、「ゆく年くる年」。

.
T7
一応、年越しそば

ホントはうどんですが・・・。

.
T8
年越しうどん

お正月だから、エビの天婦羅(298円)が乗っていてちょっと豪華(?)。

.
T9
年が明けました(神奈川県、川崎大師)

2018年1月1日午前0時0分4秒。室温19℃、湿度40%。本年も当ブログを宜しくお願い致します。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。今年最初のポチッを、お願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼