« 壊れた屋台、その後 | トップページ | 妻のVISA取り(必要書類) »

2018年2月26日 (月)

2月の権利落ち

2018/02/26(2月の権利落ち)

株の話です。タイの話は全く無いです。

株の配当や優待の権利確定月は3月9月が一番多いが、2月8月の会社も少しある。

株価の動きと権利落ちの関係はどうなっているか、自分の持ち株に関して、今回は2月26日(月)の権利落ち日で調べて見た。

尚、文中で前日という表現は、取引の無い土日を除いて言っているので、2月23日(金)を指します。

.
K1
2月権利落ち銘柄の権利落ち日の値動き

尚、表のビックカメラのみ中間決算。他は本決算。

本日の日経平均は1.19%高なので、その影響は大きいと思うが権利落ち分を考慮すると殆どの銘柄がプラスに成っている。

① イオン。

前日比3円安だが、配当と優待の分、18円(配当は予想の中間値で計算)を考慮すると、15円のプラス。
尚、イオンの優待は3000株で6000円のイオンギフトカード。
他に、7%引きのイオンオーナーズカードが貰えるが、これは計算に入れない。

② ハイディ日高。

この株は1株を1.2株に分割する株式分割も今回あったので、その分で前日終値(3350円)を修正すると、3350÷1.2=2791.6≒2791円。
2751-2791=-40円。前日比40円安。
配当(18円)と優待(注)の分を考慮しても、8円のマイナス。
(注)(500株以上で10000円の食事券。10000÷705=14.1≒14円)
(ちょっと計算の仕方が変かもしれないけど、細かい事は気にしない)

前日、500株を終値と同じ3350円で売ったのは、今の所、ほんの少し正解。

③ ビックカメラ。

前日比8円高で、配当(5円)と優待(5円)の権利落ち分は10円。合計すると+18円に相当。
尚、ビックカメラの優待は1000株で5000円分の商品券。

④ イオンモール。

前日比22円安だが、配当(16円)と優待(30円)の分を考慮すると、24円のプラス。
この銘柄は100株だと、配当より優待の方が2倍ぐらい大きい。
尚、イオンモールの優待は100株で3000円のイオンギフトカード。

⑤ 吉野家。

前日比28円安だが、配当(10円)と優待(30円)の分を考慮すると、12円のプラス。
この銘柄も100株だと、配当より優待の方が3倍大きい。
尚、吉野家の優待は100株で3000円分の食事券。


全体的に言える事。

小口の株主は、優待面ではかなり有利になる銘柄が有る。例えば、100株所有のイオンモールや吉野家は半期でも2%程度の利回りが得られる。

権利落ち分は株価が一旦下がる可能性が高いが、そのうち株価が回復する可能性が高い(と自分は思っている)。

なので、使える優待のある株は面白みが大きい。
(「使える」、と言うのがポイント)


権利落ち銘柄とは関係ないが、今日、セコムを7863円で200株買い増した。終値は7850円なので、今の所、ちょっと失敗。

この株は数年(1年~10年)の長期で持つ積り。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
.

« 壊れた屋台、その後 | トップページ | 妻のVISA取り(必要書類) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 壊れた屋台、その後 | トップページ | 妻のVISA取り(必要書類) »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼