« 3連荘3連勝 | トップページ | 毎水会の会話 »

2018年3月 7日 (水)

男の料理教室(天婦羅)

2018/03/06(男の料理教室)(天婦羅)

今日は月1回の料理教室の日。

本日のお題は天婦羅。

日本に帰国した時、(外食で)食べたい物の1番目がお寿司で2番目がラーメン、それに続くのが、牛丼、天婦羅、カレー、そば、など。

特に、自分は海鮮の天婦羅が好きなので今日は何時にも増して楽しみだった。

事前に来たLINEでアサリのかき揚げをリクエスト。

.
E0
料理教室のLINE

1人1品という事なので、自分はアサリをリクエスト。
天婦羅と言えば海老天だけど、海老はどうせ誰かがリクエストすると思ったので海老は外した。

チェンライの海鮮で天婦羅にしたら美味しそうな物と考えて、イカも美味しそうだけど、アサリのかき揚げも美味しいそうと思った。

料理教室当日、10時~、先ずはマクロで材料の仕入れ。

.
E1
玉葱

主にかき揚げ用だが、オニオンリングでも使う。

.
E2
ナス

ナスも自分の好きな食材。
(「てんや」で)天婦羅定食を頼む時、ナスをトッピングする事が多い。

.
E3
しいたけ

当初予定には無かったが、見たら食べたく成ったのでメニューに入れて貰った。

.
E4
アサリ

自分はBIG-Cなどでアサリの剥き身をよく買う。
ほうれん草やベーコンと一緒に炒めて食べる事が多い。天婦羅にしたらどういう味に成るか興味があった。

他にも何点か購入して仕入は完了。
料理教室の先生のお宅へ。

.
E5
先生のお宅のブーゲンビリア

確か植えたのは1年半ぐらい前だと思うけど、もうこんなに綺麗な花を咲かせる様に成った。

ブーゲンビリアのいい所は、赤白黄色、紫オレンジなどカラフルで華やかな感じがする所。日本の桜のピンク一色も綺麗だけど、それとは違う良さがある。タイでは一番好きな花。

.
E6
下ごしらえ済みのエビ

このブログは料理の仕方の解説を目的としないが、少しは、「こんな事をしました」、という事を書かないと、料理教室の雰囲気が伝わらないと思うので、ちょっとだけ解説。
(今回自分のした作業で、これが一番時間が掛かった)

天婦羅用のエビの下ごしらえ。

① 頭を取る。

② 背腸を取る。楊枝を背中側の殻の切れ目に突き刺して、背腸をすくい上げる様にして取る。2ヶ所ぐらいやる。

③ 殻を剥がす。足も取る。尾の手前の殻1つは残す。

④ 
お腹側に5mm間隔ぐらいで切れ目を入れる。

⑤ イナバウアーの様に背中側に反らして、揚げた時丸まらない様にする。

⑥ 尻尾の先っちょを切る。
(何のためにやるのかイマイチ分からなかった)

2人で20匹ぐらいのエビを捌いた。手がヌルヌル、ベトベトした。

揚げる迄の作業は、基本的に今日の生徒4人で分担して行った。
(イカを切る係りとか、野菜を切る係りとか、大根おろしの掛かりとか)

揚げる作業は、各自が自分の食べる分は自分で揚げた。

.
E7
天婦羅の具材

玉葱、ナス、椎茸、芋各種、レンコン、人参など。
他に、海老、イカ、アサリ、は冷蔵庫に保管。

.
E8
玉子と粉を混ぜたもの

混ぜ過ぎない様にするのがコツらしい。

.
E9
先ずは先生がお手本

海老の天婦羅、作成中。

海老はそうでも無かったけれども、結構、油がパチパチはねて危ない(?)感じがした。

東京の家では昔、自分も何回かは揚げ物を作った事があるけれども(主にフライ)、今のコンドーで天婦羅を作るのは、なかなかハードルが高い。
その理由の1つが、部屋が汚れる事。

油のはねた箇所の清掃や、食器洗い、残った油の管理も大変そうだし・・・。

しかし今日は、何とか天婦羅を作る事が出来た。

.
E10
自分の分の天婦羅

海老、イカ、イカゲソ等のかき揚げ、アサリ等のかき揚げ、芋、レンコン、ナス。結構、ボリュームが有った。

美味しかったしボリュームもあたので、満足したし満腹に成った。

何時もは後片付けをして3時頃には撤収するが、今日は後片付けも大変だったし、それ以上に食後の雑談で話が弾んだので、5時頃まで、何やかやしてから解散と成った。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
.

« 3連荘3連勝 | トップページ | 毎水会の会話 »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

エビのしっぽの中を尖った部分に水が溜まっていて油で跳ねてしまうでカットするわけです。今日の天ぷらはとても味がよかったです迷人さんが提案した、ごま油を使ったせいだと思っています。エビの処理がよかったおかげで首が曲がらずまっすぐに上がりましたね(拍手)

中々の奮闘記ですね。疑問に思われたエビの尻尾に挟みを入れる(包丁でも)のは、水気を抜くためだと思います。食材によって温度管理を上手くしないとべトーとなるので、大変ですよね。お疲れ様。奥方へのお土産は天ぷらはダメですよね。ご自宅で、そのネタで揚げるのが良いですけど、後片付けが面倒ですよね。私の家はベランダが広いので、ボンベ式のコンロを持っていってやります。それも揚げてすぐ口に入れる式でやりましたが、自分が食べる前にみんなが食べるので、料理人に徹しますね。

日本人の先生による日本食の料理教室だったのですね。

日本食の食材が手に入り、麻雀もゴルフもできて、「桃源郷」であるかのようです、ぼくには。

それから連戦連勝おめでとうございます。勝ち方のレクチャーをお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 3連荘3連勝 | トップページ | 毎水会の会話 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼