« チェンライでの生活が始まった | トップページ | 8月5日は »

2018年8月 3日 (金)

本日のお出掛け(王様のお店など)

2018/08/03(本日のお出掛け)(王様のお店など)

部屋のLEDランプが2つ切れた。全部で7個の電球の内の2つ。
1つの時は放って置いたが2つに成ったので買いに行った。

奥さんの運転で、ホームセンター(家具や家電製品を売っている)のHOME‐PROへ。

.
W1
HOME‐PRO

電球や冷蔵庫、調理家電など電気製品は此処で買う事が多い。家からは車で7~8分。

チェンライだって、日本のビックカメラやヨドバシカメラの様なお店は有る。広さは、荻窪のコジマより広い。
文明の恩恵は此処チェンライまで届いて居る。

.
W2
電球売り場

壊れた電球を持て行って、「これと同じ物を3つ下さい」、と言って店員の人に選んで貰った。

.
W34
電球のチェック

電球を差し込むと(左)、ちゃんと点いた(右)。

新品の電球を買うのにチェックするって日本の感覚からいうと変だが、チェックせずに買って来て、家で電気が点かない事がたまに有る。

今回は3個共OKだった。

しかし、家のLED電球、1年ぐらいで壊れるってちょっと変。本来はもっと長持ちする物じゃないのか。

今、壊れているのは2つだけど、予備1個で3個買った。

電気製品なんて日本ではそんなに簡単に壊れる物ではないが、タイは何でも品質が悪い。

HOME-PROでのお買い物、全部で465バーツ(LED電球3個、電池4個、殺虫剤みたいな物)。


HOME-PROの後は、センタンへ。

センタンの2階のSCB(注)で、今回タイへ持って来たお金(バンコクで10000円当りを2995バーツで両替したお金)を預けてから、地下の王様のお店へ。

(注)(SCB、サイアムコマーシャルBANK、はコンドーのロビーにATMが置いて有るので引き出す時に便利)

.
W7
王様のお店(ROYAL PROJECTSHOP)

ここでは、野菜を買うのが主目的。

野菜はBIG-Cで買う事が多いが、タイ人の作る物って農薬とかちょっと不安なので、此処の方が安全な気がする。値段的にも若干安い物が多い。

王様の看板を背負っているのだから、そんなにいい加減な物は売らないだろう、という発想。
(でも、実際に作っているのはタイ人だし流通もタイ人だけど、そんなに疑ったら此処で暮らしていけない)

.
W8
王様のお店のマカダミアナッツ

塩味、海苔味、蜂蜜味、ワサビ味、ピザ味、など色々有る。良く買うのは海苔味と蜂蜜味。

.
W9
本日の王様のお店でのお買い物

マカダミアナッツ、ジュース、サラダ、レタス、アボガド、スモークポーク、ナス(写真に入れ忘れた)。
全部で661バーツ。

センタンの用事が済んで、まだお昼ご飯を食べてなかったので、「作」へ。
運転はず~っと奥さん(自分は運転きらい)。

.
W5
日本食レストラン作


.
W6
本日の昼食

珍しくマスターが居なくて、店員さん(女性)から、「(店長は)買い出しに行ってます」、と言われた。

カキフライが食べたかったので、カキフライを注文したが、「カキは切れている、今、買いに行っている所」、と言われた。

大体、タイ人の女の子がちゃんとした物を作れるか、若干不安だったので、メニューの焼き鯖を指さして、「これ出来る?」、と聞いたら、「出来る」、と答えたのでそれを注文。

まあ、タイ人でも焼くだけだから何とか成るだろ~。

奥さんは、サーモンを注文・・・これも焼くだけだから・・・。後、みそ汁とご飯も注文。

結果・・・普通にちゃんと出来た。

どこまで下ごしらえして有るのか知らないけど、魚を焼く以外は野菜などを切って並べるだけだから、教えれば出来るらしい。
(人参は茹でるのか?レンジでチンか?)

食べ終わってそろそろ帰ろうかと思っていた頃、店長が帰って来た。

「カキフライが食べたかったのに~」、って言ったら、仕入れて来たカキを見せてくれた。美味しそうなカキだった。

今度、食べに来よ。

作での食事280バーツ。


本日使ったお金の合計、HOME-PRO 465バーツ、王様のお店 661バーツ、作で食事 280バーツ、最後にガソリンを満タンに 1100バーツ。合計 2506バーツ。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« チェンライでの生活が始まった | トップページ | 8月5日は »

タイの生活、チェンライの生活」カテゴリの記事

コメント

<ご注進:ご不快を覚悟して>

【電気製品なんて日本ではそんなに簡単に壊れる物ではない】

1.それが簡単に壊れたり、発火したりする時代になりました。(ここ10年くらい。)

2.どうも海外の生産委託先が、再委託、再々委託...をし、最終的には中国の奥地の怪しげな事業者がスペック外の材料を使ってこしらえていたりすることも原因の一つのようです。

3.<アラ古希世代として振り返ってみれば>昭和20年代、30年代は良く壊れました。ソリッド・ステート時代になり、故障がめっきり減りました。

4.ところが、平成に入り、「電子」の時代になると、故障が常態となりました。マイコン全盛の今日、故障したら修理ではなく、部品の取り換えしか手はないようです。

5.部品は高価です。ですから、電気製品を買うときは、5年とか10年とかの保険を買う時代になりました。

6.僕はSONYのパソコンで失敗しました。天下のSONY製品が故障するはずがないと思い込んでいたので、保険を買いませんでした。そうしたら、メーカー保証の1年を過ぎて2か月目にダウンしました。保証切れということでHDDの交換で7万円もとられました。

センタンに「地下」がある事も知らなかったです。
王様の店ってちょっと気になります。
今度機会が有れば寄ってみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チェンライでの生活が始まった | トップページ | 8月5日は »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼