« 食卓の国境線(焼き肉など) | トップページ | 毎水会復活と人との関わり »

2018年12月22日 (土)

悲しい出来事

2018/12/22(悲しい出来事)

株の話です。タイとは全く関係ありません。


今年1年、十分に注意して来た積りだったが、年末に成ってちょっと甘く成ったのか、大失敗をやらかしてしまった。

最初(12月の初め頃)は、まさか孫さんの会社のIPOがこんな悲惨な結果に成るとは思っても見なかった。

自分の今年のスタンスは、「今は高値圏なので買いは慎重に」、というものだった。
かと言って、株の保有比率も(自分としては)大分低く成っているので、大きく売り越す事はしない。

そういう事で年初から先月(11月)まで、大きな取引はせず、細かく買って、細かく利益を取る作戦で、一応、利益は上げて来たし、合計では売り越しているので(11月末の時点で約500万円の利益、約400万円の売り越し)株価下落に対する備えはしていた。

しかし、ソフトバンクのIPO、という出来事などで12月は悲惨な結果に成ってしまった。

まだ、12月は終わって無いので先の事は分からないが、週明け25日(火)も下げそうだし(注)、年内の取引日も残す所後僅かなので、年内に取り返す事はちょっと期待しづらい。

(注)(12月21日日経平均終値、20166円、直近の日経平均先物SGX夜間 19780円)

.
N1
ここ1年の日経平均の日足

今年のピークは10月2日だが、12月4日からの急降下が酷い。

ソフトバンクのIPOの仮条件1500円が決まった(11月30日(金))、ほぼ直後から日経平均は下げ始めて、それに幾つかの悪材料(通信障害など)も重なって、19日の上場初値は余り期待出来ないとは思ったのだけど、やっぱり公募価格割れのスタートと成った。

孫さんの神通力に期待して、19日は、1500円と1530円と1560円の指値で、早く起きて(タイ時間6:30、日本時間8:30)売り注文を出したのだけど、かすりもしなかった。

こんな事なら、全部成り行きで売ってしまえば損害が少なくて済んだと思ったが、後の祭り。

絵に描いたような、「後悔先に立たず」、と成った。

.
N2_2
ソフトバンクの株価

上場初値の1463円がほぼ高値で、直近は1316円。

尚、ソフトバンクの証券コードは「串刺し」と覚えていたが、まさに、串刺しにされた様な悲惨な結果。
上場初値が公募価格を割る何て滅多に無い銘柄を、しかも、大量に買ってしまった(酷すぎて株数は言いたくない)。

更に、悪い事に、ソフトバンクの株で儲けたらそれを売ったお金で、何か新しい銘柄を買おうと思って、(待っていればまだ良かったのだけど)ソフトバンクの株で儲けるのを待ちきれず、ロゼッタという株に入れ込んでしまった。

ロゼッタは数日は上がって、いい気に成っていたが、12月14日(金)から日経平均以上の急降下で、あっという間に評価損が724800円。

その後、頼みのソフトバンクでも大きな損害を抱えたので、もうどうにもならない状態。

結果から見ると、今年の11月まで(自分としては)調子がいいと思っていて、調子に乗って、脇が甘く成った。


日経平均2万円割れは、今まで、下げの1つの目安で、それを割って来たら、少しづつ買い姿勢に転じようと思っていたので、ある意味想定内だったが、その前にフライングした感じ。

本来(?)ならチャンス到来の所、ソフトバンクとロゼッタの買いで、肝心な資金が余り無く成ってしまった。

こういう時は、自分は、じっとして動かない。
(損切りは滅多にしないので、動きたくても動けない)
(でも、動きたい。12月の値下がりで買いたい株が幾つか出て来た)
(でも、もう資金が余りない)

今、唯一(?)の望みは、今年、力を入れて来たセコムが現時点でまだ499100円の評価益が残っているので、これが希望通り10000円を超えて来れば(現時点で9252円)、次の展開に向かい易く成るのだけど・・・。
(これも、買い単価を割ったらもっと悲しい)

まあ、世の中、思う様にはならないものです。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

« 食卓の国境線(焼き肉など) | トップページ | 毎水会復活と人との関わり »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こらから 日本がどうなるか予想できますね オリンピック開催できるのかな?

ものは考えようで、火曜日までに5百万円以上の損を計上すれば、1百万円を超える税金をセーブできるじゃないですか。

ぼくは、泣く泣く売っています。年内に全持ち株売却完了の予定です。

---------- 迷人追記 ----------
P-tax様、いつもコメントありがとうございます。

同じ様な事を証券会社の担当者にも言われましたが、諦めが悪い所がありまして、まあ、配当目当てで持ってます。

26日~28日は、年末の急反発を期待していますが・・・?。

迷人さん、いったん売って買い戻すやり方で源泉税を回収するには注意が必要ですのでお知らせします。

私は今年税引き前の売却益で800万近く出ていたのですが、持ち株が900万位の評価損でした。

今までしたことが無かったのですが、160万円位の源泉された税金を取り戻すべく初めて評価損を実現損に変え同値で同じ日に買い戻しました。

これで源泉税の160万円を回収できたと思っていたら、同日の反対売買は日計りと言って450万円位の評価損が残って(半分しか損失に計上されない)います。

従って源泉の税金がまだ全額還付されていない状態です。これを避けるには翌日以降の買い戻しをすれば良かったのですが、知識が無いと思わぬ失敗をします。

残りの立ち合い日数が少なくなった中で動きの激しい株をうっかり安値で売って、翌日高値で買い戻さなければならなくなるリスクを考えると判断に迷う所です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食卓の国境線(焼き肉など) | トップページ | 毎水会復活と人との関わり »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼