« Sukishi(すきし)でビュッフェ | トップページ | スクート航空の料金内訳 »

2019年1月20日 (日)

父と娘の料理教室(ジャンボオムライス)

2019/01/19(父と娘の料理教室)(ジャンボオムライス)

ワンニー・ミヤ・マイミー(今日は奥さんが居ない日)。
奥さんは夕方から泊りがけでチェンマイへ遊びに行った。

こんな時は娘に料理を教える絶好のチャンス。
家(うち)の奥さん、自分が料理を始めると機嫌が悪く成る。まして、娘に教えようものなら、ほぼ間違いなく機嫌を損ねる。

古い日本の考え方の自分は、女の子が料理も出来なくてどおする、と思っている。お嫁に行く時困るだろ~。
また、男でも、文明人なら料理ぐらい出来なくてどおする、とも思っている。

奥さんは(ほぼ)料理が出来ないし、しないので、娘に教える事も出来ないし、しない。

なので、こういうチャンスは有効に活用して、娘に料理を教えなければならない。

と、建前はそういう事なのだけど、半分は、自分一人で作るのは面倒なので、娘にも手伝わせようという魂胆。
幸い、日頃、娘からは「料理を教えてくれ」、と言われているし、少しづつ教えて来たので、結構役に立つ様に成っている。

まずは、足りない材料の買い出し。

なお、本日の夕食は、オムライスの他、ベーコンと野菜のスープ、リンゴ、の3種類の予定。

.
B3

BIG-C

チェンライで2番目のBIG-Cが空港のそばに出来たのだけど、昔からのBIG-C(家から徒歩10分ぐらい)も変わらず営業している

.
B5
BIG-Cの2階、スーパーマーケットの入り口付近

ここで、ベーコン、ジャガイモ、玉葱、ケチャップ、ついでにお菓子、などを調達。

玉子は、数日前にトップスで買った時に1パック買ったら1パックフリー、だったので家に沢山有る。
そもそも、オムライスを作ろう、と思い付いたのは、玉子が沢山有った為。


家に着いて、パソコンで遊んでいる娘を、「お~い、料理を始めるぞ~」、と呼び出す。

.
B7
娘がベーコンを切っているところ

最初はベーコンと野菜のスープを作成。

これは単に、ベーコンとキャベツとジャガイモをコンソメスープで茹でるだけ。
この類のスープは自分は良く作る。ベーコンとキャベツは必ず入れるが、他に、玉葱だったり、人参だったり、大根だったり、玉子だったり、クルトンだったり、その時有る材料を適当に組み合わせる。

どうも、主として奥さんが買って来る、家の食事では野菜が不足するので、このスープで野菜を補っている。

.
B9
ご飯を炒めているところ

(鶏肉ではなく)ベーコンと玉葱を炒めた後で、ご飯(日本米しかなかった)を入れて、ケチャップも居れて混ぜたり炒めたり。塩・胡椒も少々。

.
B11
ジャンボオムライス作成中

玉子は小さめの玉子を5個使って、1回で(1個で)2人分作成。なので、ジャンボオムライス。
(牛乳も少し混ぜた)
(大きなオムライスなので、ジャンボオムライスと命名したが、Googleで調べたら、そういう料理は既にあって、色々なレシピが載っていた)

レシピには、1人分づつ2個作る様に書いて有ったが、面倒なのでいっぺんに2人分作った。
結果、これはちょっと無理が有った。
玉子焼きの大きさに比べて、ご飯が大き過ぎて上手く包むのが難しかった。

.
B13_2
最後にリンゴを剥いて

どうも、指を切りそうで危なかったので、途中から自分に代わった。

.
B15
本日の夕食(2人分)

娘はケチャップを💛型に掛けようとしたのだけど失敗。

見た目はイマイチに成ったけど、味は悪くない。

まあ、ふわとろ感が足りないのでその分は減点だけど・・・。

娘には、「どおすれば、ふわとろ感が出るか、今後の課題とする様に」、という話をした。

(実は、ふわとろ、にして上手く形作る方法を教える自分も分からない)


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

« Sukishi(すきし)でビュッフェ | トップページ | スクート航空の料金内訳 »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

ほのぼのとした良い記事ですね。見てるだけで心が和みます。料理はおいしそうにできています、 100点満点、後は回数をこなすだけ。

---------- 迷人追記 ----------
A様、コメントありがとうございます。

チェンライでは、外食より自分で作った方が、好みの味に出来るので美味しく食べられる事が多いです。

幸い、娘とは味覚が近いので、その点はいいです。

[どおすれば、ふわとろ感が出るか、今後の課題とする様に]は日本語でお話しになったのですか?
この日本語が分かれば日本の並の大学生より上だと思います。

それから、いつも思うのですが、お嬢さまのお話になると、貴ブログが一気にいきいきと華やかになってきますね。

---------- 迷人追記 ----------
P-tax様、コメントありがとうございます。

娘とは基本的に日本語で話していますが、「どおすれば~」の所は、そのままの言葉ではなく、意訳しています。
「ふわとろ感」、という表現は通じます。

我流ですが、私はオムライスを作るとき、卵白だけを泡立ててから牛乳と卵黄を加えて仕上げます
そして、フライパンに少量のオリーブオイルを入れて温めてからバターを加えて、十分熱してから卵を入れて短時間で焼くとふわっとしたオムライスになります

とろっとさせる技はクックパットに掲載されていますが、試したことはないです

---------- 迷人追記 ----------
piro様、コメントありがとうございます。

「父と娘の料理教室」ほのぼのとして最高ですね。
味や形は二の次。
とても素晴らしいひと時を過ごされましたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Sukishi(すきし)でビュッフェ | トップページ | スクート航空の料金内訳 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼