« 初めての東京ドームシティ | トップページ | 株、2倍銘柄続き »

2019年4月23日 (火)

株、2倍銘柄

2019/04/23(株、2倍銘柄)

買った株が上がると嬉しいが、いつ売るかが難しい。自分の場合、早く売り過ぎて失敗する事が多い。

それが分かっているのなら、売りたいと思った時に我慢して売らずに、もっと高く成ってから売ればいい。とは言っても、そうした積りで売った株が更に値上がりする。そういう事が多い。

最近では、ソフトバンクG

2019/02/07  9300円で売り
2019/02/08 10205円で売り
2019/03/08 10420円で売り
2019/03/22 11110円で売り
2019/04/12 11440円で売り

2019/04/23終値 11505円

段々高く成っているが、今の(23日の)値段が一番高い。今の時点で判断すれば「売らないで持っていた方が良かった」という結果に成る。

株を始めた最初の頃からこういう「失敗」は多いので、いっぺんに売らずに、「分散」して売る様にしているのだけど、それでも「売らなければ良かった」と思う事は多い。

まあ、自分の場合、売りの姿勢に問題が有るのだけど・・・。

自分の場合、大体の売りの目安を、買値の1割UP→3割UP→5割UP→2倍としていて、「上がって来ると」売りたくなる。

要するに、売るのはいつも「上げ過程」の時。下げ過程の時の「逃げ売り」は殆どしない。下がったら何年でも塩漬けにする。

兎に角、上がったら売っちゃうので、大きい利幅を取り逃がす事は多いし、大きく値上がりしている株を持ち続ける事は少ない・・・一部の例外を除いて・・・。


Hakusi2
現在保有中の2倍以上銘柄

全部が株主優待目当てで買った株。値上がりしても売らない例外の一つが株主優待目当ての株。

大体、値上がり目当ての株なら、2倍にもなれば「もう十分」と思って売ってしまう事が多い。買値の2倍と言うのは売り切る目安には成る。なので、2倍以上の含み益の有る株は殆ど持っていた事が無い。

流行りのネット関連銘柄でなくても(OLD銘柄でも)3倍とか5倍に成る銘柄は有る。ただし、残念ながら(?)優待目当てで持っている株は殆ど優待が取れる最低単位の株数しか持ってないので、評価益の絶対値は大した事は無い(買値から比べた評価益の相対値は大きいが)。

例えば、「なとり」は81000円で買った株が164600と2倍以上に成っているが、評価益では83600円しかない。
しかし、配当の他に、毎年1回2000円相当のおつまみセットを貰っているので、持っていて損はしてない。

ちょっと例外なのは、ソフトバンクGで株数によって優待の内容が異なる時が有ってその時、優待のメリットが最大に受けられる株数(1000株)まで買った。
その後、ソフトバンクG株は大きく上昇したが、自分の気持ちとしては「優待銘柄」という位置づけだったので値上がりは気にしなかった。
しかし、(大分以前から)優待のメリットは100株も1000株も同じに成っていて、900株は優待取りと言う意味では持っている理由が無くなった。なので、昨年から少しづつ売り出して、今は最低限の100株しか残っていない。

ソフトバンクGに関しては、優待取り、という目的で買った株で大きく儲けられるという予想外の事が起きた。
残り100株の優待は、奥さんが日本に来た時のソフトバンクの携帯電話(優待で無料)で使っている。

値上がりを期待して買った株の成績がイマイチなのに、優待を期待して買った株の方が値上がりしている・・・思った様にならない・・・。

ある程度、長く持っている、という作戦も有りなのかも知れない(よく分からない)。


因みに、今期待している2倍接近銘柄↓。

Hakusi2_1

これは純粋に値上がり期待銘柄。

瞬間的に4606円以上の2倍を達成したのだけど、上がりの速度が早すぎて売り損ねた。もっと遥かに高く成る気がするのだけど、どおすればいいのか分からない。

もう一つ、売らずに長く持っていたら予想外に評価益が出ている銘柄↓。

Hakusi2-2

香港株。

今現在、海外の株はこの2銘柄のみ。

IPOで買ったので元々有利な条件だったのだけど、香港株の場合、売買手数料が高いので売りそびれていたらこう成った。

実は、日本株も含めた全銘柄の中でエーアイエーの評価益が一番大きい。

中国の成長を批判するのも悪くは無いが、実利を取るのもいい。

まあ、読みは中々当たらないけど、今の所けっこう儲かっているし、株って面白い。


以下の「タイ情報」をポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


« 初めての東京ドームシティ | トップページ | 株、2倍銘柄続き »

趣味」カテゴリの記事

コメント

初めまして

 どこかのMネット証券の会長?のMさんが言ってました、
 値上がり株の利確に迷った場合は、値上がり中に利確するのではなく、
 下げが始まったら利確するのも一つの手段と。

 サンマの頭と尻尾は、マーケットにくれてやれぇ、と言う事ですかねぇ、
 最高値では売れないし、最安値では買えない......

いつも、ほんわかぁなブログが、良いですねぇ

太郎様、コメントありがとうございます。

「頭と尻尾はくれてやれ」とはよく思う格言なのですが、頭だけ残した積りでも、美味しい所の半分も食べてなかった、という事がよくあります。

逆に、自分の場合、「高値掴み」や「売りそびれ」は少ないです。

今回は本当に勉強になりました。

「頭だけ残した積りでも、美味しい所の半分も食べてなかった、ということ」も偶にあるのかもしれませんが、小野薬品にしても絶妙のタイミングでお売りになっており、ただただ感服するのみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての東京ドームシティ | トップページ | 株、2倍銘柄続き »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼