« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月の21件の記事

2019年6月30日 (日)

6月のグラフ

2019/06/30(6月のグラフ)

自分のメモみたいなものなので読んでも面白くないかも、です。

先ず、今月、一番気に成ったグラフ。円→バーツの市中ベスト両替レートの推移。


C21
6月後半の円→バーツ両替レートの推移

6月30日のレートは10000円が2845バーツ。

自分が前回両替したのは約1ヶ月前の5月29日。
その時のレートは10000円が2895バーツだった。その時と比べると50バーツも悪く成っている。

収入は日本円なので、両替レートの差は直接タイの生活費に影響するのでちょっと痛い。
自分としては、10000円が3000バーツぐらいならいいと思っているのだけど。

1月12日に両替した時には、10000円が2930バーツだった。これぐらいなら3000に近いので、まあいいかな、と思ったが、2845はかなり悪い。

補足。
自分の場合、日本から円を持ち込んでバンコクで両替している。プラトゥーナムのスーパーリッチで両替する事が多いので、ほぼバンコクの最優良レートでの両替に成る。
よく、ドル円レートを気にする方が居るが、ドル円を見ても円バーツは分からないし、どうせ為替の変動なんて読めないと思っているので、目的が両替をする為だけなら、ドル円を見るより、両替所の直接的な円バーツの変動を把握した方が有効だと思う。


次に「金」のレート。


C22
日本、田中貴金属の金レート

これは6月に成って急激に上がっている。

ドルベースでもバーツベースでも上がっている。
タイの1バーツ当たりの単価は暫く19000バーツ台(金(きん)の単位と通貨の単位が同じなのでややこしい)が続いていたが、最近(6月下旬頃)みたらBIG-Cなどの金行の店頭表示が20000バーツ台に値上がりしていた。
(今は日本に居るので6月30日現在のレートは知らない)

田中貴金属に、ほんの少し金を預けてあるので、金の動きも少しは気に成る。6月の金価格の急上昇はちょっと嬉しい。


次に株。

C23

6月の日経平均は約3.3%の値上がり。自分の主要持ち株8銘柄の合計は約3.5%の上昇。

持ち株は上昇しているし、日経平均の上昇率を上回っているので、そこを見れば悪くない。
ただ、6月は1回も動いてない(売り買いをしていない)。
自分としては、動けなかった、という感じで面白くは無かった。


C24
6月末の売り目標価格など

売り目標に一番近いのがセコムの0.93なのだけど、6月の値動きを見ると簡単には売り目標の10000円を超えそうにない。
むしろ、ロゼッタの0.65の方に期待しているが、数値的には一番目標に遠い。


次に、株式市場全体の流れ。


C25
今年上半期の日経平均の推移

6月末の21276円から、どう動くのか、この表だけでは(自分は)見当も付かない。


C26
直近10年の日経平均の推移

この表で見ると、(自分は)今は高値圏に見えるのだけど・・・?。

そう思うと、やっぱり7月も動き辛い月に成りそうな気がする。

ま、素人なので、全部「勘」ですが。
ただ、株価が上がるか下がるか何て、後から、新聞とか雑誌のプロの予想を見ると結構外れているので、大して違わない様な気もする。



ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村






毎日ジョナサン

2019/06/30(毎日ジョナサン)

記念すべき(?)帰国第1食目、いつもは荻窪駅前の松屋のカルビ焼き肉定食を食べる事が多いのだか、今回は↓。


B21
2019年6月27日、ジョナサンのランチ

ハンバーグとコロッケ。690円。

その翌日(28日)の昼食↓。


B31
2019年6月28日、やっぱりジョナサンのランチ



B32
チキンとアジフライ

ただし、今回はランチ(690円)にきびなごサラダ(431円)を付けて1121円。


B33
きびなごサラダ

29日は外食せず、西友ストアで買った、鶏甘酢餡かけ、トマト、キャベツ、納豆、玉子、などを家で食べる。

翌30日の朝食、再びジョナサン。


B11_20190630141001
2019年6月30日、ジョナサンの朝食

さば塩朝食(723円)にジョナサラダ(270円)を付けて993円。



B12_20190630141201
さば塩朝食

納豆か玉子の選択だったので納豆を選択。

白米、焼き魚、海苔、漬物、みそ汁、納豆・・・これぞ日本の朝めし。
(玉子が有れば完璧だった?)


B13_20190630142001
さば塩

脂が乗っていて美味しい鯖だった。


B41
ジョナサン

ジョナサンに良く行く理由は、コスパや味や種類がまあまあで家から比較的近い、というのも有るがもう一つ↓。


B42
株主優待のカード

優待が使えるのが大きい。

タイは物価が安くて暮らし易いという話も有るが、自分の場合は日本の方が、むしろお金は使わない気がする。
まあ、厳密に比較した分けでは無いが、1人ならそんなにお金は使わない。

奥さんと娘を連れて来ると凄く金が掛かるが・・・。



ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




バンコク~成田の動画

2019/06/27(バンコク~成田の動画)

6月27日に日本に帰国した時の記録です。
今回は動画だけで纏めて見ました。
動画は拡大してから見ると、見易いです。

ドンムアン空港を飛び立った飛行機は、先ずは、バンコクの夜景を見ながらタイにさようなら↓。


バンコク上空、2019年6月27日、午前2時半頃(タイ時間)

座席が前の方(22C)で羽根が邪魔しない位置であった事と、窓が丁度いい位置に有ったので、機外の写真や動画を撮る条件に恵まれていた。


バンコクの夜景から5時間あまりで、日本の陸地が見えて来た↓。ここまで来ればもうあと僅かで成田到着。


日本、多分、九十九里上空、27日9時半頃(日本時間)
(以下、時間は正確に覚えて無いので大体です)


飛行機が段々と高度を下げるに連れ、日本の風景がハッキリと見えて来る↓。


日本上空、27日、9:45頃

多分、千葉県の九十九里と成田の間だと思う。


成田空港着陸は大体10時頃。

成田空港到着、27日、10時頃

ボーディングブリッジが口を開けて待っている。


成田空港のイミグレに向かう通路にて

最近導入されたセコムの警備ロボット。

こういうロボットが将来、警備で活躍する様に成るのか・・・?。
でも、今はまだ完全に自動化されてない様で、後ろに警備員が見守っていた見たいだった。
空港業務も、顔認証とか警備ロボットとか自動チェンクインとか、色々 IT 化されていく。


イミグレ→荷物の受け取り→税関、と通過して電車乗り場へ。

今回は、JRの特急が丁度良い時間だったので、それに乗る事にした。


千葉の田園風景、JRの車窓より

久し振りの日本。同じ田園風景でもタイとは違う。何故か分からないが日本らしい感じがする。


以上、ドンムアン空港を飛び立ってから、成田辺りを通過する7時間余りの、移動中のダイジェスト動画でした。



ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




2019年6月29日 (土)

いきなり大勝

2019/06/28(いきなり大勝)

昨日(27日)日本に帰国した。

家に着いて直ぐ、麻雀仲間に帰国メールを送った。

暫くして、「明日18時半西船橋で・・・」、という返事が返って来た。
こんなに直ぐにメンバーが揃う事は珍しい。

という事で、帰国2日目(28日)から、いきなり麻雀・・・嬉しいかぎり・・・。

今回の6月27日~7月28日までの帰国も結構する事が有って、前半は特に忙しい。
しかし、「甘いものは別腹」という言葉が有るが、自分の場合は、「趣味は別時間」みたいな所が有って、余程の事が無い限り、遊びが優先。


C1_20190629115301
帰国、第一戦目の成績

結果、+255と、いきなり大勝(おおがち)。

最初から勝過ぎると、この後、遊んでくれなくなるんじゃ、と心配に成るぐらいの完勝だった。


という話とは別に、これが今年の上半期の最終戦なので、此処までの成績を纏めて見た。

その前に、昨年1年間の成績↓。


C7_20190629120401
2018年の成績

去年も調子が良かった。

で、今年は・・・↓。


C5_20190629120601
今年の上半期の成績

上半期の合計で+1060と、相変わらず調子がいい。 (^。^)ノ

後半戦(7月~12月)もこの調子が続くか・・・?。

まあ、麻雀はやるのが楽しいのであって、勝ち負けはそれほど。

・・・でも、やっぱり、勝った方が面白い・・・。



ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


2019年6月28日 (金)

ドンムアン空港にて

2019/06/27(ドンムアン空港にて)

ドンムアン空港深夜1時頃。

既に、スクート航空のカウンターでの搭乗手続き、イミグレーションでの出国手続き、手荷物検査を済ませて、今は、搭乗ゲート(今回は25番ゲート)の有るサテライトに居る。

出発予定時刻は2:20なのでまだ大分時間は有る。

チェンライ空港で奥さんと娘と別れる前に、サンドイッチを少し食べたがお腹が空いた。
ラーメンが食べたいと思っていたら、丁度ラーメン屋(?)が有った。
(ラーメン屋を見てラーメンが食べたく成った、のではなくて、ラーメンを食べたい、と思っていたらラーメン屋が有った)
(こんな所、タイ、にも食べたいと思ったらラーメンが有るのはある意味凄い?)


D21
ラーメン屋(?)

「SUSHI DEN」という名前なので寿司屋かな・・・?。

まあ、今はラーメンが食べたいのでどっちでもいい。ラーメンの広告が出ているのでラーメンは有りそう。

これは、食べるっきゃない。

お店のお兄さんに向かって、ラーメンの絵を指さして「ラーメン(日本語?)」。

お兄さん(タイ人)、分からないらしくてキョトンとしている。

チャーシュー入りの豚骨ラーメンが欲しかったので、「ムー(豚)」と言っても分からない。

困ったな、と思った瞬間、後ろの方に居たお姉さんが、お兄さん達に指示して、自分の所へやって来た。どうやら注文は通じたらしい。

飲み物は何にするか、というので、「お茶」を指さして「ワーンマイ?(甘いですか?)」と聞いたら「ワーン」と言ってニコッとしたのでお茶は止めて水を注文。

・・・危ない危ない・・・タイの甘いお茶なんか飲みたくない・・・。

お金を303バーツ払って、お姉さんの手招きに従って、後ろの席へ。


D22
待つこと暫し、ラーメンが来た


D23_20190628143101
本日のラーメン

見掛けは美味しそう。海苔の香りもなかなかいい。

食べて見た・・・まあ、普通のラーメン。ちょっと薄味だけど、不味くは無い。ここがタイだと思えば合格点。

でも、これで約1000円は高い。空港内だからしょうがない・・・?。

もう一度、食べながら考えて見た・・・荻窪だったらこのラーメンは(多分)売れない。



D25_20190628144201
スクートの機内

自分の座席は22Cで写真手前の通路側の席・・・結局、通路側も窓側も関係なかった・・・全部空席、3席独り占め。

やけに空いていた。実は自分が予約した便は最初は深夜0時頃出発の便だったのが、時間が変更されて次の便に成った。多分、乗客が少なくて深夜0時の便は欠航に成ったらしい(単なる推測です)。


D26_20190628144801
空の旅を少しでも快適にするためのグッズ

安眠マスクとスリッパ。

LCCだから食事は無いし(予約もしてない)、6時間ゆっくと寝て行こう。幸い、席も3席使えるので横に成って寝られる。ラッキー。


D28_20190628145401
バンコク上空

この後、明るく成るまで横に成って寝ていたが、ウインドブレーカーが無ければちょっと寒かったと思う。

空の旅を快適にする為に、一番必要なものは、スリッパや安眠マスクやネックピロー(首枕)よりも(自分の場合)セーターとか上着1枚あった方がいい。



ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



2019年6月27日 (木)

帰国間際の水曜会

2019/06/26(帰国間際の水曜会)

今日の夜から日本へ行くが、飲み会(水曜会)と重なった。

でも、日本行きはチェンライ21:45発の便なので20:00頃家を出ればいい。飲み会は大体12:00~15:00なので、大丈夫。
(チェンライ21:45→23:00ドンムアン2:20→10:00成田)

きょうは暫く会って無い日本から来たお客さんも居るので是非参加したかった。


E1_20190627190501
飲み会中(水曜会)

以前は、毎週水曜日に気の合った仲間が集う「毎水会」だったが、最近は不定期で開催。大体、月に1回ぐらいのペースに成っている。

メンバーがオープンなのもこの会の特徴で、基本的に「来る人拒まず」。

チェンライは割と人の出入りが多いし(移住してきたり、他所へ移ったり)、在住者でも自分の様に日本に行ったり、バンコクとかプーケットとかへ行ったり来たり、居ても体調が悪かったり、都合で来なかったりで、参加メンバーは毎回コロコロ変わる。

「何時、チェンライに戻って来たの」とか「○○さんは今、日本に居るらしい」とか、「(病気は)治ったの」とか、そういう話題で始まる事が多い。

で、今回は何故か、家(うち)の奥さんも来たがったので、一緒に連れて行った。
(今日から、日本に行くので少しは気を使って・・・)

その他に、日本から来たお客さんが居たり、たま~にしか参加されない方が来たりで、今日の参加者は11人と多かった。これは、この会の最大値に近い盛会。


E2_20190627202801
飲み会の食べ物

ビールは自分はビヤシン。大体、シン派とチャーン派が半々ぐらい。

まあ、ビールの味の違い何て自分は良く分からないのだけど・・・。

他に、写真に写って居るのはコームーヤーン(豚の喉という話です?)、何かの貝、パックブンファイデーン。

左側の黄色い瓶は日本から来たお客さんがお土産に持って来た焼酎。
(タイは持ち込んでも問題無いお店が多い)

日本から来たお客さんは、将来、チェンライへの移住を考えている様で、在住者の皆さんは色々アドバイスをしますが、(自分も含めて)基本いい加減なので、どれだけ役に立つか・・・。

道を踏み外さなければいいのだが・・・冗談です・・・でも、「いい加減」というのはある意味当たってるかも・・・。


E3_20190627204101
何故か奥さんだけ昼食

まあ、奥さん、酒の席は好き見たいだけど本人はコップ1杯ぐらいのビールしか飲まないので。


E4_20190627204801
鶏のから揚げ

飲み会が「メイン」でブログの写真は「ついで」なので、半分ぐらい食べてから、「アッ、写真を撮っておこう」と成ります。
(奥さんと食事をする時は、まず奥さんが写真を撮るので、忘れる事は少ないのですが)


E5_20190627205601
イカの料理

かなり辛い。


まあ、(今回のチェンライ滞在)最後まで時間を有効(?)に使えて良かった。

次の、ブログネタは日タイの移動中の話・・・?。




ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村





6月の麻雀は晴れのち曇り

2019/06/26(6月の麻雀は晴れのち曇り)

今頃(注)はチェンライ発ドンムアン行きのエアアジア便の機内に居るハズ。
ドンムアン空港でスクート便に乗り換えて、明日(27日)の朝、成田に到着する予定。
その前に、先日行ったチェンライ最終戦の結果。

(注)この記事は、公開時刻を6月27日、午前零時(日本時間)(タイ時間だと26日 PM10時)に設定しました。


G1_20190624203801
6月のチェンライシリーズの最終戦の結果。

最終戦はー8の負け。やっている時は気が付かなかったが3回目のトップ以外、全部マイナス。

最後の6回目はトップを走っていたのだけど、Mさんに役満の四暗刻を積もられて大逆転された。

これで、今回のチェンライシリーズ(5月9日~6月26日)の成績は、

+80(1回目)⇒ +45(2回目)⇒ +94(3回目)⇒ 0(4回目)⇒ -19(5回目)⇒ -56(6回目)⇒ -8(7回目)

の、合計+136。

日別の勝ち負けだと3勝3敗1分け。前半3連勝のあと引き分けを挟んで3連敗。負け分は小さいので、「晴れのち雨」ではなく、「晴れのち曇り」という感じか。

まあ、勝ち負けよりも、7回も麻雀が出来たのが良かった。

6月27日からは場所を日本に移して、果たして何回出来るか、勝敗は如何に・・・?。



ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




2019年6月25日 (火)

LINEで多言語トーク

2019/06/25(LINEで多言語トーク)

日本語とタイ語の自動翻訳をしながらLINEでトークをする方法を見付けた。
かなり以前からそういう事は出来たらしいが自分は知らなかった。
知り合いから、そういう事が出来る(らしい)という話を聞いて、ネットで調べてやってみた。
(なので、既に使っている方も大勢居て、「何を今更」と思った方は読み飛ばして下さい)



F1_20190625205601 
多言語でトーク中のLINE画面

 奥さん(タイ人)が奥さんの携帯でタイ語で「サワディーカー」と入れると、自分の携帯に「こんにちわ」「Hello」というメッセージが届く。

 自分が日本語で「こんにちは」と入れると、奥さんの携帯に「Hello」「サワディー」というメッセージが届く。

 奥さんがタイ語で「フォントック・ルーヤンカー」と入れると、自分の携帯に「雨が降っていますか。」「Is it raininng?」というメッセージが届く。

タイ語の入力は面倒なのでこのブログではカタカナで書いてますが、実際は奥さんはタイ文字で(奥さんの携帯で)入力している。
写真は自分の携帯の画面ですが、似た様な画面が奥さんの携帯にも出ている。

写真のトーク画面は、自分と、奥さんと、トラレ君(翻訳ロボット?)の3人のグループトークの画面。
(トラレ君は単に通訳するだけで、ほぼ即時に翻訳文が返って来る)
(英語は出さない方法も有るかも知れないが、正しく翻訳されているか、英文が参考に成るので、暫くこのままにして置く)


F2_20190625203001
多言語でLINEトーク中のLINE画面(その2)

誤訳もあるみたいだが、注意して入力すれば使えるレベルの翻訳はしてくれそう。
例えば、質問なら最後に「?」を付けるとか、名前などの固有名詞はローマ字で入力するとか。

日本から何を買って来て欲しいか、の質問に奥さんは、ラオブアイ(梅酒)とカノムイープン(日本のお菓子)と入れたが、ラオブアイは翻訳されなかった。
奥さんの言うカノムイープンは和菓子ではなく、日本のお菓子全般を指すので「和菓子」ではちょっとニュアンスが違う。


27日に帰国するので、帰国中の奥さんとのLINEは、トラレ君(?)に通訳を頼んで見ようと思っている。
(実際は、音声通話でタイ語で会話した方が早そうだが、文字での交信の方がいい場合も有ると思う)


その他、色々やって見た。


F3_20190625223901

固有名詞は上手く翻訳されない?。
(「作」=SAKU、チェンライの日本食レストラン)

F4_20190625223901

質問は「?」マークを入れた方がよい?。


F5_20190625224201

上から3行目のトラレ君の訳文の末尾が「カー」に成っているので、トラレ君は女性なのかな?。



F6_20190625224301


自分もさっき始めたばかりで、まだよく分からないので、使い方等の質問をされても答えられませんのであしからず。ネットで調べて下さい。




ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



2019年6月24日 (月)

メーサイで惨敗

2019/06/23(メーサイで惨敗)

6月27日に帰国するので、今回のチェンライシリーズ(5月9日~6月26日)の麻雀もほぼ打ち収め。

前々回までの結果は、

+80(1回目)⇒ +45(2回目)⇒ +94(3回目)⇒ 0(4回目)

ここまで、は既にこのブログに書いた。この後5回目の成績は↓。


H1_20190624002701
5回目の成績

-19と初めての負け。

4回目までの合計が+219だったので、5回目までの合計は丁度+200。

で、今日はメーサイまで遠征して、もう少し勝ち分を増やそうと意気込んでやって来たのだが・・・。


H2_20190624003301
本日(6月23日)の成績

プラスが1回も無い惨敗だった・・・負けるのに慣れてないんだから・・・。


で、今日は竹寿司(麻雀牌を寿司にみた立てている)は不味かったので・・・。


Img_7390
本日の夕食(本物の寿司)

どうせタイでは旨い寿司は食べられないと思って暫く食べてなかったのだけど、久し振りにタイで食べたお寿司、意外と美味しかった。



ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




2019年6月20日 (木)

パーンの家のマムアン

2019/06/19(パーンの家のマムアン)

約2年程前、娘の中学進学に伴ってパーンの田舎からチェンライ市内のコンドーに移って来たが、たまにはパーンの家へ様子を見に行ったりする。

近所には妻のお母さんやお兄さんも居るので、奥さんは月に1~2回は見に行くが、自分は年に数回しか行かない。

きょうは、約3ヶ月振りにパーンの家へ行って見た。


J1_20190620211301
パーンの家、2019年6月19日撮影

犬はお兄さんの家の犬。



J2_20190620211301
パーンの家のリビングルーム

2年と4ヶ月、空き家に成っているが思った程劣化していない。



J6
近所の田圃、コメの苗床

家の正面は村だが、後ろ側は田圃が広がっている。


J7
近所の田圃(に成るハズの場所)

まだ稲作は始まって無い(?)。


J8
ラズベリー



J9
これも何かの果物

食べられる(らしい)けど美味しくはない。



J21
マムアン(マンゴー)の木

沢山生っている。

写真左側はお義母さんの家。


J22
マムアン

大きく成っているマムアンを50個程採ってコンドーに持って行った。
奥さんが守衛さんにあげたらしい。
まだ、大きいのだけで100個ぐらい残っている。小さいのも沢山あるので、採ろうと思えばいくらでも有る感じ。








J33
高い所にも生っている

ここで、鶏でも飼って、家の果物と玉子、たまに鶏肉、川で魚を獲って食料の自給自足が出来るか試して見たい気もするが、やっぱりマーケットやレストランを利用した方が快適だからやらない。
若かったら、試して見たかも知れない。


マンゴーの数ぐらい、ポチッ が集まるといいのだけど・・・。


ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



2019年6月19日 (水)

男の料理教室(ラメン・ヘーン)

2019/06/18(男の料理教室)(ラメン・ヘーン)

「冷やし中華」なんですが、そのままの題名では面白くないので、「ラメン・ヘーン」。

今日は毎月1回の料理教室の日。

朝、家を出る時、奥さんに、「今日は、ラメン・ヘーン(汁なしラーメン、と言った積り)を作って持って来るから」、と言って出掛けた。

そういう話を、料理教室のメンバーにしたら、「冷やし」だから、「ラメン・イエン」、或いは、「バミー・イエン」ではないかと言われた。
まあ、タイには無い料理なのでタイ語は無い(と思う)のだけど、奥さんはラーメンは日本でもタイでも食べる(タイでは、8番ラーメンやルナ、FUJIでもたまに食べる)ので、ラメン・ヘーンで(大体の)意味は伝わった様だった。


K11_1
マクロで買い出し中

先ずは、マクロで材料の仕入れ。写真は鶏肉売り場。

冷やし中華って、茹でた麺を冷やした上に、鶏肉やハム、玉子焼きやキュウリ、支那竹などを細く切った物を載せてつゆを掛けるだけなので特に難しくは無い。
チャーシューやカニを載せるとちょっと高級(?)に成る。


K21
ハムを切る

これは包丁の切れが勝負。切れの悪い包丁では細く切るのは難しい。


K22
薄焼きの玉子焼き

薄く焼いた玉子焼きも細く切る。

ただし、これは冷やし中華に載せてはいけない・・・錦糸玉子・・・だって。

コラ、Yさん、駄洒落を言ってないで真面目にヤレ~!。


K23
鶏肉を茹でる

茹で上がったら、これも筋に沿って細長く成るように毟る。

茹で汁は、「つゆ」のベースとして使う。


K24_1
細く切ったキュウリ

キュウリも細く切る。

ハムとか玉子焼きとかキュウリとか、細く切るような緻密な作業、精密作業はSさんの得意技。


K25
細く切ったレタス

冷やし中華の具材にレタスを使うのは珍しい・・・?。

まあ、特に決まりは無いし、冷やし中華の具材って割と何でも合うので・・・。
(自分としては、玉子焼きは必須で後は何でも)


K26
「つゆ」作成中

鶏肉のゆで汁に麺つゆや酢、味醂、醤油、砂糖などを混ぜて秘伝(注)のつゆを作る。

(注)「秘伝」なので教えません・・・実は、単に調合割合を忘れただけです。


K27
麺を茹でる

これは単に茹でるだけなので簡単。

で、茹で上がった麺は水で冷やしてお皿に盛って、いよいよ冷やし中華作成の最終工程。

自分の分は自分で盛り付ける・・・ここからが皆さんのセンスの見せどころ。

因みに、本日の具材は、玉子焼き(黄色)とハム(ピンク)、鶏肉(クリーム色)、キュウリ(緑)とレタス(緑)、の細く切った具材が5種類。

それに、Sさんが持って来てくれた三つ葉と紫蘇。あと、ゆで玉子。

ここで、迷人が考えた・・・何か、色が足りない・・・欲しいのは「赤」・・・紅生姜が有れば・・・。

誰かが、生姜が無いか・・・しょうがないね~、と言ったが先生のお宅に紅生姜が有ったので持って来てくれた。

これで、必要な色は揃った。



K31_1
本日の冷やし中華

さて、どれが一番センスがいいか・・・。

正解は右下です(単に、自分が作ったという理由ですが)。

まあ、そう言う事とは関係なく↓。


K32_1
食事中

冷やし中華を美味しくいただきました。

本日の食事会、先生1人、生徒4人、ゲスト2人、の7人でした。


追記。

麺に関する質問を頂きましたので↓。


K51
マクロで購入した麺


ポチッ↓。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


2019年6月18日 (火)

ヘタレ犬

2019/06/18(ヘタレ犬)

何となく、やる気の無い様な、ぐた~っとした犬や猫をタイではたまに見かける。そういうのを見ると、自分は何故か、タイらしいな~、と思う。


K1_2
ヘタレ犬

「ヘタレ」という言葉が相応しいか否かは分からないが、他に適当な言葉を思いつかなかった。

「精悍」とか「溌剌」、「アグレッシブ」、とは対極にあるイメージで、やる気がなさそう~で、だら~っとしている、ぐで~ってしている、そんな感じ。

熱帯の気候と平和な環境がそうさせているのかも知れない。
(安心しきっている様にも見える)


因みに、以前に「2019/05/16(ヘタレ猫)」の時に載せた写真↓。


T1_21
ヘタレ猫



ポチッ↓。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村





2019年6月17日 (月)

本日の夕食

2019/06/16(本日の夕食)

まあ、特に変わった夕食では無いですが、暫くブログを更新して無かったので、こんな感じで生活してます、という事で。


L1_4 
本日の夕食

今日は珍しく家族3人(私、妻、娘)一緒の夕食(夕食に3人揃うのは週に2回ぐらい)。

アジフライ、串カツ、チンゲン菜とベーコンの炒め物と多分豚の内臓の揚げ物。上の写真には無いが、この他に辛子高菜、イワシのトマト煮(?)。

今日は昼間から結構間食をしていたので、お肉系の揚げ物3種類と炒め物のおかずはちょっときつい感じがしたが、奥さんが作ったものなのでしょうがない。
作る前に、聞いてくれればいいのだけど、そういう事はしない。

奥さんも娘も少食なので、見た瞬間、これは余るな(食べきれないな)と思った。


L2_1
アジフライ

これは自分の好物。神戸屋ステーション(日本食材のお店)で買った物を揚げた物。

タルタルソースを掛ける事も有るが、今日は「作」で貰ったウスターソースが有ったのでそれを掛けた。

娘も、結構好きらしい。


L3_1
「作」で買った串カツ

昼間、昼食を(1人で)食べに「作」に行った時にテイクアウトした物。


L4_1
ベーコンとチンゲン菜の炒め物

この組み合わせは結構いいと思うのだけど、上の揚げ物2品と組み合わせると、油物が多過ぎる・・・ていうか、脂っこいものばっかり。

どうも家(うち)の奥さん、全体のバランスとか量とかを考えるのが苦手らしい。

しかも・・・↓。


L5_1
何かの内臓の揚げ物(らしい)

奥さんは、「タプ・トート」と言っていたから、レバーの揚げ物の様な・・・?。

何か、見た目が悪い・・・牛か馬のウ○コ見たい・・・。

如何にも不味そうだが実際食べて見ると・・・やっぱり、不味い。

奥さん曰く、「日本のは美味しいのに(これは余り美味しくない)」。この場合、奥さんが美味しいと言っているのは、日本の焼鳥屋のレバーの事らしい。

確かに、全然違う。


L6_1
辛子高菜

脂っこいおかずだけには耐えきれないので、すこし違う物。

神戸屋ステーション(日本食材のお店)で買った辛子高菜。でも、これも、ちょっと脂の臭いがした。


L8
イワシのトマト煮(?)

結局、奥さんは、アジフライも串カツも食べず、イワシのトマト煮(缶詰)を食べていた。

これは余り美味しくないのだけど、不味い物が好きなタイ人だからしょうがない・・・?。

まあ、イワシだから健康にはいいと思ったので、奥さんには「スカパーク・ディー・クン」と言っておいた。


食事中に、まだ何か揚げている様な音が聞こえて来る。

私 「まだ何か作ってるの?」

奥さん 「ピザ・イープン」(お好み焼きの事を奥さんはそう言う)

私 ・・・もう、そんなに食べられないよ、と思う・・・

・・・なかなか、終わらない・・・ず~っとパチパチ揚げる音が聞こえて来る・・・

娘 「(揚げてるの)忘れないでね(と母に)(タイ語)」

私 「もう、真っ黒に成ってるよ(日本語)」・・・この意味は奥さんには(多分)分からない。どっちみち、もうお腹いっぱいだから、出来ても出来なくても(真っ黒焦げに成っても)構わない、と思う。

暫くして、奥さんが台所に向かった。


L7
お好み焼き

後で、この写真を見せたら、奥さんは笑っていた。失敗したとは思ったらしい。

食べられない事はないか・・・?・・・でも、誰も食べなかった。

この後どう成るのだろう・・・明日あたり捨てるか、自分が食べるか・・・?。

美味くなさそうだな~。


追記。

結局、この真っ黒なお好み焼き(?)は翌日、自分が食べた。
焦げた所は削って食べた。

4つ前の写真の牛か馬のウ○コ見たいな物は、パーンの家の近所のお兄さんの家の犬の餌に成った。
奥さんの話に寄ると、犬達は喜んで食べたらしい。



ポチッ↓。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2019年6月11日 (火)

月曜日はカラオケの日

2019/06/10(月曜日はカラオケの日)



M1_1
カラオケ中1

最近、麻雀は余りやらなくなって、その代わりという分けでは無いがカラオケをやる機会が増えた。

今月(6月)は3日(月)、10日(月)と2回、カラオケをやった。



M2_1
飲み会中

「カラオケ」と言っても、そんなに熱心にカラオケだけをやる分けでは無い。最初の1時間ぐらいは飲み会とか雑談会に成る事が多い。



M3_1
摘まみ

宴会という程では無いが、軽い摘まみは有る。湯豆腐とか豆腐料理が比較的多い。サラミとか生ハムとかを持ち込んで来る方も居る。



M4_1
カラオケ中2

周りがタイ語の世界に暮らして居ても、此処は日本語オンリー。食べ物もタイ料理は無い。

歌は、日本の昭和の歌ばかり、しかも殆ど、演歌とムード歌謡・・・自分としてはちょっと重いがまあいい・・・。

昭和の曲ばかりに成るのは全員が昭和20年代生まれなので、しょうがないにしても、自分達が過ごして来た時代には、歌謡曲とか、フォークとか、ニューミュージックとか、GSとか、J-POPとか、色々有ったのでもう少し多様性が有ってもいいと思うのだけど・・・何故か、チェンライに住む邦人には演歌好きが多い。

という事で、皆さんのいい声を聴かせて頂いて、本日も楽しいひと時を過ごしたのでした。

・・・まあ、自分としては、あんまり上手い下手に拘らずに・・・



ポチッ↓。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



2019年6月 8日 (土)

趣味のメモ

2019/06/08(趣味のメモ)

基本的に読んで頂く事を念頭に書いているブログですが、自分のメモ代りに書いている部分も有ります。

今回は、ほぼメモなので、読んでも面白くないかもです。


① 週明けの株は上がりそう。

土日は市場が休みなのでつまらないが代りにニューヨーク市場の動き(タイ時間の金曜の夜)や日経平均先物の動きなどを見ている。
それでも、土曜の日中から日曜に掛けては見るものが無いので、今後の展開などをアレコレ考えている。


N2_1
今週末のニューヨーク市場の動きなど

結構上げている。こういう時は日経平均の先物も上げる事が多い。


N4_1
今週末の日経平均先物の動き

此れも結構上げている。なので、週明け10日(月)も高く始まりそうな予感。

この他に、自分の手持ち銘柄のADRの動きなども見るのだけど、今回は省略。


N6_1
最近の日経平均の日足

先週の終値は20885円。週明けは21000ぐらいから始まりそう。尤もまだ土日があるのでその間に何か事件でも起きれば全く違った展開に成る。

今の相場の私見(予測じゃないです、あくまで「私見」です)。

5月は折角順調に下がっていたと思っていたのに、6月に入って戻って来た・・・動きずらい(買いのタイミングがなかなか掴めない)。

今年は、利益確定で随分売り越している(約953万円)ので、このまま上げ続けると取り残されるという不安が有る。
しかし、何を買ったらいいかが分からない。ブロードリーフ(5月20日の買値より少し下がっているが)をもう1000株買い足すか、セコムが8880円ぐらいまで下がって来たら買い足すか。他にいい銘柄は無いか?。

まあ、多分、来週は我慢して動かない方がいいと思うけど、急に気が変わるかも知れない。

因みに、5月と6月7日(金)までの、日経平均と自分の持ち株との比較。


N9_2
4月末を100%とした日経平均と自分の主要持ち株8銘柄合計金額との5月の比較表


N8_1
5月末を100%とした日経平均と自分の主要持ち株8銘柄合計金額との今週末(6月7日)までの比較表

5月も6月の今週末までの数字も、日経平均よりはいいので、この点はいい。
(たまたま偶然とは思う)

株は麻雀の様なゼロサムゲームではないが、それに近い要素は有るので、平均より勝ちが多い、或いは、平均より負けが少ない、というのは長い目で見れば大切な要素だと思う。

後、上げる時に資金を市場に沢山置いて置く、逆に、下げる時に少なくして置く、これは、非常に大切な要素で、かつてITバブルが弾けた時に資金の大部分を1点(富士通)に集中しておいて、しかも引かなかった(どんどんナンピン買いを入れた)ので大損害を被った経験が有る。

これからが上げ過程なのか下げ過程なのか(自分は3年ぐらいの範囲で考える事が多い)は分からないが、今は(ここ数年は)、「下げ過程」だと思って対応して来た(実際の株価は2015年の中頃から中立だったと思う)。
なので、今、株の保有比率はかなり下がっている(昨年はソフトバンクの失敗なども有って大きく買い越しているが)。
もし、ここから株の上昇が始まって、取り残されると、もう「一生」、株で大きく儲ける事が出来なくなるという不安が有る。

20年前は、もっと頻繁に売り買いして面白かったのだけど、今は、先が見えない(結果として、下げ過程という予想が外れている)ので対応が重たい感じ。
(正確に言うと、「先が見える」何て時は無い。ただ、調子のいい時は「先が見える気がする」時はある。こういう時が一番面白い)


② 今週の麻雀。

今週はちょっとだけ麻雀をやった。


N9_1
今週の成績

病気休養明けのHさんが入って久々の麻雀。結果は書く事も無い様な 0 点。

一応、Sさんの1人勝だった・・・と言っても・・・+8点。


ポチッ↓。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村






2019年6月 7日 (金)

チーウィットタマダー

2019/06/07(チーウィットタマダー)

今日はチーウィットタマダーにやって来た。


O7
チーウィットタマダーから見るコック河

河の対岸の様に見えるのはコック河が2手に分かれた中州の様な所。コック河は普通はもっと幅の広い大きな河。

ちょっとした用事が有ってチェンライの街の北側(コック河の北側)に来た。
用事が終わって、お腹が空いていたので何処かに行こうか・・・。

で、奥さんの希望でコック河沿いのチーウィットタマダーにやって来た。

コック河沿いの洒落たレストランとしては、マノロムカフェもたまに行く。
しかし、マノロムカフェはレストランと言うよりは、ケーキなどのあるカフェという感じで、食事をするにはチーウィットタマダーの方がいいと思って此処に来た。



O1_1
コック河を臨む風景

左上に国道1号線が写っている。

入る前に(冷房の利いている)屋内の席か、(景色のいい)屋外の席か迷ったが、屋内の席はいっぱいだったので屋外の席へ。



O2_1
本日の昼食

奥さんは、カオパット・サパロット(パイナップル・炒飯)とヤムウンセン(←いつも同じものを食べている)。

自分はカフェラテと海鮮スパゲッティ(←これも、いつも同じに近い)だが、スパゲッティはまだ来てない。
(今日は、スパゲッティが出て来るのが遅かった)
(もしかしたら忘れたのかな、と思って声を掛けようとしたら出て来た)

BGMにスローテンポな曲が流れて、ゆったりとした雰囲気を演出している。

ちょっとだけ、その雰囲気↓。






動画を撮った時は気が付かなかったけど、結構、鳥のさえずりも聞こえる。

あと、音で言えば、中国人って一気に大勢入って来るので目立つ。中国語を話しながら・・・。

バンコクの観光地でも結構居たし・・・。

帰る時に見たら、駐車場にロットゥー(観光用のワゴン車)が沢山止まっていたので、中国の人達は団体で行動される方が多いらしい。




O3_1
カオパット・サパロット

パイナップルをくり抜いた中にカオパット(タイ風チャーハン)が入っている。奥さんの大好物。
パイナップルの甘味と酸味がアクセントに成ってちょっと美味しい。

果物とご飯の組み合わせには、カオニャオ・マムアンとかも有って、そういうのはタイ人の女性の好きな食べ物らしい。


O4
ヤムウンセン

今日のヤムウンセンはやたらナッツが多くて、写真ではウンセン(シラタキの様な物)が殆ど写って無い。

これも、奥さんの、というより、タイ人の女性の大好物らしい。自分は、特に美味しいとは思わないが・・・。

尤も、日本の「ところてん」も何が美味しいのか分からない。



O5
遅れて来た、自分のシーフード・スパゲッティ

これは、まあ、シーフード・スパゲッティとしてはあんまり・・・。
シーフードが少ないし、酸っぱ過ぎる。
シーフード・スパゲッティに関しては、マノロムカフェの方が美味しい。


今日の昼食は、全部で940バーツ。1000バーツ札で払って残りをチップにしたので丁度1000バーツだった。



O6
魚を獲る人

目の前のコック河で魚を獲る人がいて、沢山獲れるのか、大きな魚が獲れるのか、楽しみに見ていたが、小魚が数匹獲れただけみたいだった。



ポチッ↓。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




2019年6月 6日 (木)

ダムヌンサドアク水上マーケット

2019/05/31(ダムヌンサドアク水上マーケット)

ここの地名はダムヌンサドゥアックと表記しているものが多いが、今回はパンダバスのパンフレットに従ってダムヌンサドアクとした。

バンコクからパンダバスのツアーで水上マーケットへやって来た。

先ずは、マーケットの少し手前から尾長船(ガイドさんはエンジンボートと言っていた)で水路で水上マーケットを目指す。


P31
船着き場

この船に乗って水上マーケットへ向かう。自分達6人とガイドさんと船頭さんの8人。


P32
水上マーケットの辺りは水路が張り巡らされている

景色も、ココナッツの木などが有って、熱帯ぽいし、海の近くっぽい。


P33
水路に隣接する家

観光客が勝手に来て、勝手に写真を撮って行く。もしかしたら、この家に住んで居る人にとってはいい迷惑かも知れない。

エンジンボートはうるさいだろうし・・・。それでは、その音↓。



エンジンボートからの景色と音



P41
船からの景色

写真だと止まってますが結構スピードは出ています。それでは、そのスピード感↓。


もう少し、長い時間の動画が載せられればいいのだけど、ココログの制限で3MB以上のファイルは入れられない。なので、もっと長い時間を入れ様とすると解像度を落とさなければならない。


P51_2
ダムヌンサドアク水上マーケット

エンジンボートはここまでで、此処から水上マーケットの雰囲気を味わう為に手漕ぎのボートに乗り換える。

実は、自分はエンジンボートに乗ったのは初めてだったけど、この水上マーケットへは、今回が3回目。手漕ぎ船には過去2回とも乗ったと思う(正確に覚えてない)。


P56
手漕ぎ船からの風景

元々は地元の人の生活マーケットだったのだろうけど殆ど観光マーケットに成っている。
売って居るのは観光客用のお土産品ばっかり。


P58
船で営業している物売のおばちゃん

普通は人の顔を載せる時はモザイクを掛けるが、ここは写真を写される事を承知で商いしていると見なしてモザイクは無し。

ビールや焼き鳥、海老、イカなど、酒や酒の摘まみに成りそうな物を色々売っている。

こういう船が、次から次へと自分達の船に近付いて来る。


P59
船の上の友人

友人達は早速ビールや摘まみを買って船の上で宴会(←ちょっと大袈裟?)が始まった。

因みに、ビールの小瓶が100バーツ。ビヤチャーンもビヤシンも一律100バーツ(だったと思う)。当然、ビールは冷えている。
写真の焼いたイカが美味しかったと話していた。

自分ともう一人は、この宴会には参加しなかった。
自分の場合は、車の中でトイレに行きたくなると困ると思って自重した。もう一人はエンジンボートで乗り物酔いをしたらしい。



P60
土産物屋1

お店と船がくっ付いている様に見えますが、左下が自分達が乗っている船です。
(船とお店の水面からの高さがピッタリと一致している)

船は水路に面して有る土産物屋の前で次々と止まるのでなかなか先に進まない。


P61
土産物屋2

自分的には大して欲しい物は無かったが、友人達は何点か買っていた。まあ、観光何てこんなものかと思う。

一応、皆さん、値切って買っていた・・・。
2割ぐらいは普通にまけるみたいだ。粘ればもっとまけそうな感じ・・・?。

船の上で酒を飲みながら、次々とお店を周って皆さん楽しそうだった。



ポチッ↓。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



2019年6月 4日 (火)

メークロン線路市場は中国人だらけ

2019/05/31(メークロン線路市場は中国人だらけ)

日本からバンコク旅行に来た友人達と観光旅行でメークロン線路市場の見学に来た。


P0
メークロンの線路市場(中央にレールが写っている)

日本でもテレビで紹介されていたのを見た事が有る「線路市場」。線路の上や線路の周りが市場に成っている。

線路なので当然、電車が通る。その時だけ電車が通れるように線路周辺が片付けられるが、電車が通り過ぎれば直ぐに元の様に商品が並べられる。そんな市場。

何となく、「何でもあり」、のタイらしい風景と言えなくもない。

元々は、地元のローカルな市場だった様だが、そのロケーションの珍しさから観光地化されているらしい。


今日は、バンコクからパンダバスのツアーで、此処メークロン市場やダムヌンサドアクの水上マーケットの観光にやって来た。
場所的には、バンコクの南西90kmぐらいの所とガイドさんが話していた。

メークロン線路市場には、電車に乗って行った。実は、初めてタイに来てから20年近くに成るが、電車に乗るのは今回が初めて。


P1
メークロン駅の4つ前のバンナクワン駅

此処まではパンダバスで来て、ここから電車で4つ先のメークロン駅へ向かう。
1日に数本しか走って無いので、乗り遅れない様に余裕を見て早めに到着。写って居るのは友人達とガイドさん。


P2
これが駅

一応ベンチがあるけど、改札も何も無い。


P3
駅名標

この駅の看板、何て言うか分からなくてGoogleで調べた。駅名標とか駅名版と言うらしい。

何となく、日本の古いタイプのものに似ている。壊れかけているけど、これが有ると駅らしい。


P4
電車がやって来た

ちょっとボロいけど、普通の電車みたいだ。


P5
ホームに着いた電車

4両編成だった。ホーム(?)より電車の方が長いが、車両ごとに扉が開くので好きな所から乗っていいらしい。
自分達は1番先頭の車両に乗った。

ここから自分達6人と中国人らしき観光客20人ぐらいが電車に乗った。
(パンダバスは自分達6人で貸し切り状態。中国人らしき人達は別のツアー客だと思う)


P6
電車の中

乗車料金はパンダバスのガイドさんが車掌さんに払っていた様だった。

暫く、のどかな田園風景(?)の中を進む。

1駅前から、中国人が大勢乗り込んで来て、騒がしく成った。


いよいよメークロン駅に近付いて、線路市場の辺りに差し掛かった。

此処からは、車上からの動画で↓。


 

上の動画ではまだ市場らしき部分(商品の置いて有る所)も見えるが、この次の動画では、中国人らしき人達しか撮れなくなった。


 

車窓からメークロン市場の様子を撮ろうとしたのだが、その前(市場の前)に立ち塞がる中国人しか撮れなかった。
中国の人達は市場に入って来る電車を撮ろうとしていたらしい。

残念な面もあるが、これはこれで中国人のパワーを見られて、別の意味で面白かった。友人の1人は(下から写真を撮られて)有名人に成った気がして、ちょっと面白かった、と言っていた。

(補足)別に、中国の人達を批判する気は無いです。自分達も同じ事(野次馬的観光)をやってますから。

しかし・・・中国人凄いね~・・・!。パワーに圧倒されて疲れた。

中国でもテレビか何かで、「世界発見、線路の上の市場」、とかやってたのかな~。



P17
メークロン市場から見るメークロン駅

今乗って来た電車が止まっている。市場は中国人らしき人達でいっぱい。


P18
メークロン市場1

線路の側まで商品が並べられている。写真には写って無いが線路の中まで商品が並んでいる所も有る。



P19
メークロン市場2

左右の線路が写っている。

大体、人は線路を歩くが、線路が人で渋滞している。かき分け、かき分け、しないと先に進めない。

タイの暑い日中だったし、ホント疲れた。



ポチッ↓。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


2019年6月 3日 (月)

ドンムアン空港で迷う(後編)

2019/06/01(ドンムアン空港で迷う)(後編)

自己オペで発券したチケットに搭乗ゲート番号が印刷されていなかった、と言うのが前回の話。

搭乗ゲート番号が無くて一瞬焦ったのは事実なのだけど、実は、焦ったのは一瞬で、フライトNO.が分かれば搭乗ゲートは掲示板に出ているので困る事は無いと直ぐに気が付いた。

で、手荷物検査場を出た所に有る、電光掲示板↓を見た。


D23
近くに有ったフライトスケジュールの掲示板

しかし、14:20までの分しか出ていない。自分の便は14:35発なので、まだ出ていない。

しょうがないな~、15分ぐらいこの辺でブラブラするしか無いか・・・。

しかし、何故、搭乗ゲートの印刷がされてなかったのか・・・?。

それは未だに分からないが、この時思ったのは、チェックインの手続きが早過ぎてまだ搭乗ゲートが何処に成るか決まって居なかったのか、或いはエアアジアのチェックインシステムのバグか、自分の発券機の操作ミスか・・・?。
或いは、エアアジアの担当者が発券システムに搭乗ゲートの情報を入力するのを忘れたか、遅れたか・・・?。
いずれにしても、LCCだし、多分タイ人が運用してるのだから、このぐらいの事が有ってもしょうがない、と思った。


D24
フライトスケジュールの掲示板2

ブラブラ歩いて居たら、もっと大きな掲示板が有って、そこにはもっと遅い時間の便の案内が出ていて、そこに14:35発のエアアジア便の案内も出ていたので、自分の行くべきゲートは35番ゲートで有る事が分かった。

やっぱり、単にエアアジアの担当が発券システムにゲート番号の入力を忘れただけじゃないか・・・?。

ゲート番号が分かれば後は其処に行くだけ。


D25
35番ゲートを目指して1


D26
35番ゲートを目指して2


D27
35番ゲートを目指して3


D28
35番ゲートを目指して4

なかなか辿り着かない。


D29
35番ゲートを目指して5

結局、35番ゲートは一番遠いゲートだった。

気のせいか、自分の乗る便はいつも空港の外れの一番遠い所に有る事が多い気がする。

LCCだから不便な所に回されるのか、タイの北の外れのチェンライ行きだから、一番端っこに回されるのか、単なる自分の思い過ごしか・・・?。


D30
結局35番ゲートはサテライトの一番奥まった所に有った

まあ、ここで間違いないとは思ったのだけど、念の為、カウンターや入り口の電光掲示板に、次に出る便の便名が出て無いか確認しに行ったが、まだ何もそれらしき案内は無かった。

結局、搭乗は20分遅れで開始された。まあ、所詮、エアアジアだし、LCCだし、タイだし。



ポチッ↓。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


2019年6月 2日 (日)

ドンムアン空港で迷う(前編)

2019/06/01(ドンムアン空港で迷う)(前編)

日本からバンコクに遊びに来ていた友人達、昨日1人帰って、明日2人、その後少ししてあと2人帰国する。
自分は今日1人でチェンライに帰る。

朝9:00頃、残っている友人達にロビーで軽く別れを告げて、ホテルを10:30頃チェックアウト。
ドンムアン空港へ。

普通はメーターで行くタクシーが何故か今日はボッて来る。

最初は400バーツと言うので断った。次は500、当然これも断る。更に600と言って来る運転手もいて、相手にしない。
流石に、面倒に成って、次に来たタクシーは高速代込みで500バーツというのを450にして乗った。
ただし、この車も最初の50バーツの高速代は払ったが、途中から高速道を通らず下の道(高架に成っている上の道が高速道)を通ったので、「高速道路は上の道だろ~」と言ったら空港のちょっと手前で高速に入った。
まあ、下の道も殆ど渋滞して無かったし、時間の余裕も有ったので困る事は無かったのだけど。

実は、昨日、バンコク郊外にみんなと観光旅行に行った帰りに、バンコク市内で凄い渋滞に巻き込まれたので、今日も警戒してかなり早めにホテルを出た。
出発予定時刻が14:35の便を予約していて、11:30頃には空港に着いた。ちょっと早く着き過ぎたが、まあホテルに居て特にする事も無かったし。

暇なので、空港のフリーWi-Fiでブログを書いていた。この前の記事、「ソンブーンシーフードで夕食」はその時に書いたもの。


そろそろ搭乗手続きをしようと、ターミナル2の国内線搭乗フロアのエアアジアのカウンターへ。
ただし、今は搭乗手続きはカウンターではなく、発券機で自己オペをするシステムに成っている。

手続きの補助をしてくれる係りのお姉さんの近くでやると、殆どお姉さんがやってくれるが、今日は係りのお姉さんが1人しか居なくて、お客も多くて忙しそうだったので、自分で操作した(発券機は5~6台有る)。

言語の選択で日本語が有るので、それに従ってやれば難しくは無い(この操作をしたのは初めてではない)。
昔は日本語の選択は無かった様な気がするが、いつからか日本語が使える様に成ったらしい。
(昨年の7月頃には、もう有った。「2018/07/29(ドンムアン空港、国内線搭乗)」参照)

発券機でチケットを発券した後は、預入荷物が無い人はそれで搭乗手続きは終わりだが、自分は預入荷物が有ったので、その手続きカウンターで並ぶ。
預入荷物が有る場合、結局カウンターに並ばなければならないので、ユーザーの立場から言えば発券の手間が増えただけで全然便利じゃない。まあ、LCCのコストダウンを手伝っている、という事だと思う。

預入荷物と手荷物を含めて14kgぐらい有った。機内持ち込みの重量のMAXは7kgと成っていたので、預入荷物の予約をしたのだけど、このぐらいのオーバーなら、しらばっくれて全部手荷物にした方が良かったかも知れない。その方がチェンライに着いた時、荷物が出て来るのを待つ必要もないし。


搭乗手続きも済んで、手荷物のX線検査も済んで、さあ、最終ゲートを目指そうと思って、先程自分でオペして出したチケットを見て・・・?。



Q21_1
ドンムアン発チェンライ行きのエアアジアのチケット

・・・あれ・・・?・・・私は何処に行けばいいの・・・?。

普通は2桁のゲート番号が印刷して有るハズだが、何処を見てもそれらしき番号が無い。

よく見たら、Gate no という文字列が見付かったが肝心の Gate no が書かれて無い。

・・・困った・・・?・・・発券機の操作ミスでもしたかな・・・?。


「ドンムアン空港で迷う(後編)」へ続く。


ポチッ↓。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2019年6月 1日 (土)

ソンブーンシーフードで夕食

2019/05/30(ソンブーンシーフードで夕食)

今回一緒にバンコクを旅行中の友人達の内の1人が、「ソンブーンシーフードに行きたい」、と言うので一緒にやって来た。



Q12-2
ラッチャダーのソンブーンシーフードにて、2019年5月30日撮影

此処に来るのは3年ぶりぐらいだと思う。ラッチャダーSoi3の定宿に比較的近いので家族連れで2年に1回ぐらいは来ている。
顔見知りのお爺さんの従業員もいて、「元気にまだ仕事をしてるんだ」、と思っていたら軽く挨拶に来た。


Q15
プーパット・ポンカリー

(自分のイメージでは)ソンブーンシーフードと言えば此れ↑。

ただし、いつもは殻付きの蟹だったが、今回は注文を取りに来た方が、「殻無しがいいか?」、と聞いて来たので殻無しのプーパット・ポンカリーを注文した。

プーパット・ポンカリーは美味しいのだけど、手がべちゃべちゃに成って食べるのが面倒くさいのが欠点だったが、これなら食べ易い。
ただ、殻が無いのはちょっと寂しい気もする。でも、まあ、食べ易い方がいい。

他には、こんな物↓を注文。


Q12-1
豚肉、カシューナッツ、玉葱などの炒め物

ピーナッツとかカシューナッツとか、ナッツ類の入って居る料理は割と好きなので良く注文する。


Q14
カナーと豚肉の炒め物

豚肉が(前の料理と)被ったが、これはこれで美味しい。カナー(だと思う)はタイの野菜では割と好きな野菜。ハーブでないのがいい。
オイスターソース炒めだと思う。



Q13
何かの魚をカリカリに揚げた物

ガパオやニンニク等とやや甘酸っぱいタレが掛かっている。まあ、普通に美味しい。

魚の見た目はナマズみたいなのだけど良く分からない。
ガパオ、そんなに好きではないが、揚げて有るのでハーブ臭さは気に成らなかった。


ソンブーンシーフードの料理は、「タイ料理」、か聞とかれたので、「タイ料理だ」、と一応は答えたが実は良く分からない。
中華料理の様な気もするし、中華風タイ料理、或いは、タイ料理風中華料理・・・?。
まあ、どっちでも美味しければいい。日本人には食べ易い料理だと思う。
ただ、ちょっと脂っこい。
あと、このお店のいい所はメニューに日本語が併記して有るので注文がし易い。

2人で来たので、今日は、4品とご飯を少し、あと飲み物だったが、このお店は4人ぐらいで来て、5~6品注文した方が色々食べられていいかもしれない。



ポチッ↓。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼