« ダイエットに苦戦中 | トップページ | パックドン丼 »

2019年9月 1日 (日)

株って面白い(ロゼッタ)

2019/08/31(株って面白い)(ロゼッタ)

麻雀でも株でも勝ち負けは「運」の要素が大きいのだけど、多少は「読み」も絡んで来る。
将棋とか囲碁の様に殆ど実力の差で勝負が付くゲームとは違う。

運の要素が大きいゲームの場合、読みがどんなに正しくても運に見放されれば勝てないし、逆に間違った読みでも運が有れば勝てる。
こういうゲームの醍醐味は如何にして「読み」で不確実な「運」を引き寄せるかに有ると思う。
読みが当たった時の気持ちよさは、将棋や囲碁で読み勝った時とは違う爽快感がある。

麻雀の場合は相手が居るので読みが当たると、「どうだ、まいったか~」、見たいな面白さが有るが、株の場合は実際に儲かるので読みが当たった時は格別に気持ちがいい。

勝ち負けが数字でハッキリ表れるのもいい。
よく、麻雀や株で理屈をこねる人が居るが、実績が伴わない人も多い。
どんなに口が上手くても、こういうゲームは最後は実績だと思う。


最近、自分が上手い事やったと思っている株に、昨年の暮れから手掛けているロゼッタという銘柄がある。
まあ、これも基本的には「運が良かった」、という話なのだけど、一応「読み」も有る。


G11_20190901121501
ロゼッタ(東証マザーズ)の2018/10/25~2019/08/30までの株価の推移

ロゼッタという銘柄に目を付けたのは、英語を日本語に翻訳するのにAIを使っているという点。
自分が英語が苦手というのも有るし、外国に(タイに)暮らして居て、日々、言葉の壁に苦労しているというのも有る。

言語の壁を取り除ければ、社会に非常に大きなメリットをもたらすハズで、そのメリットを金銭に換算すれば、億とか言うレベルではなく兆のレベル成るという気がした。
(ちょっと、話が大き過ぎて分からないぐらい超大な価値を生み出すと思った)

これが、先ず第一の理由(読み)。

ただし、会社として利益に結び付かなければ、株式投資には成らない。
しかし、ロゼッタは自分が目を付けた昨年暮れ頃の時点で一部AIを使った翻訳システムを商業化していて、これはネット等で調べた事だが、その分野では先頭を走っているという話だった。

AI は今(と言うか、かなり以前からだけど)注目の技術で、将棋や囲碁のAIを見てもドンドン進歩して来ている。翻訳や通訳が出来るように成るのはあとちょっと、と言う気がした。
しかも、それが、特殊な環境でしか使えないという事なら、商業化して大きな利益を生み出す事は出来ないが、5Gとかの通信技術の進歩で、誰でも何処でも、そのAIを使った通訳システムが使える条件が整いつつあると思った。

加えて、電子技術の進歩は、人間と機械とのインターフェースをより使い勝手のいいものに変えて行くと思った。
(イメージとしては、デスノートの死神の目やドラえもんの翻訳コンニャク)

これが、第二の理由(読み)。

まあ、多くの部分はネットから得た知識や勘なのだけれども、この会社は大きな可能性を秘めていると感じた。
自分は、情報システムの構築に関する仕事にちょっと関わっていたので、この辺の勘はいい方だと思っている。
(実際、1999年頃のITバブルでは、結構、儲けた)

しかし、当然不安も有る。
一番は、Google の存在。この規模の会社とのガチンコ勝負は厳しい感じがする。
しかし、巨大企業の隙間を突いて得意分野に特化した会社が成長する、と言う事は良くある。これは賭け。

他には、技術の進歩が停滞して、後続に追い付かれたり、利益を上げられる水準に成る前に会社の体力が尽きてしまう事。こういうのも良くある。
これは、この分野(AIや5G)の技術は早いテンポで進むという自分の勘を信じる。

もう一つは、ロゼッタという会社自体をよく知らない事。もしかしたら、技術が有る様な振りをしているが、経営陣も技術陣も実は大した事はないかも知れない。
こういうのは、内部事情に詳しい人でないと、IR資料を見ただけでは分かり難い。
(実は、自分の場合「勘」が主で、IR資料は余り見ないし、分析する能力もほぼ無い)
なので、これも「勘」でOKと言う事で。

最後に、株価水準が妥当かどうか。もしかしたら、これが一番重要かも知れない。
自分が、昔から手掛けている会社なら、自分なりの判断が出来るが、今まで気にも留めなかった会社の株価の妥当性なんて判断出来ない。


グラフのA

とまあ、こんな事を考えて、最後は、「エイ、ヤー」てな感じで、昨年の11月12日に2174円で300株、打診買いを入れた。
株価水準の妥当性が分からない時に時間を掛けて複数回に分けて売ったり買ったりするのは自分のよくやる手。
更に、11月22日に2200円で100株と同日2208円で400株の買い。12月3日に2302円で400株の買い。12月13日に2470円で400株の買い。
結局、此処までで平均買い単価2303円で1600株を買った。総投資額、約368万円。


グラフのABの間

此処までは、順調に値上がりしているし、上手い事やったかな、もう少し買おうかな、と思っていたら12月中旬頃から暴落に近い様な下げを始めて年明けの1月4日には1665円まで下がってしまった。約102万円の評価損。

この頃、ほぼ同時期に買ったソフトバンクも下げていて、約60万円の評価損を出していた。もう、泣きそう。

しかし、今考えれば此処が最大のチャンスで、この時めげずに、もっとロゼッタを買って置けば良かった。
グラフを見て貰えれば分かるが、今年の年初辺りが一番安い時期。しかしこれだけ急激に下がる(2500円ぐらいから1665円まで)と普通、怖くて買えない。

しかし1月15日から急に流れが変わる。いいIR情報が出たらしい。15日に400円高、16日に167円高で一気に2372円に成り、平均買い単価2303円を再び上回って来た。
(実はこのIR情報は自分の意図したものとは違って、文書の翻訳、に関するものだった。自分は、もっと広く、音声の通訳機能に期待した)
しかし、このぐらいの利幅では売りたくない。危ない思いをして、ちょっとの利幅で満足する分けには行かない。

その後、2月には、また平均買い単価を下回ったが、ここは持っているしかない。長期戦(塩漬け)も覚悟。基本的に損切はしない。


グラフのB

そして、3月後半。3月18日に2500円を超えたと思ったら25日の終値は2949円。
更に次の26日も上がって、ここで堪らず2994円で300株売ってしまった。
(昨年の12月後半の痛い思い出が有るので、少しは利益を確定させて置こうと思った)

(2994 - 2303) × 300 = 207300円

税引き前で約20万円の利益。

しかし、この日の終値は3380円なので、そこまで待ってから売れば

(3380 - 2303) × 300 = 323100円 の利益が得られた。

売るのは下手くそ、と思った。


グラフのC

その後も、若干波乱は有ったが、4月の中旬ぐらいから、また急激に上げて4月18日の終値は4945円。
この時点で、買値の倍以上の値段で、もう十分評価益は出ているが、自分の目標は「言語の壁を取り除く」という高い目標なので更に倍、更にその倍とかを考えていた。
(ソフトバンクグループの(株式分割前の)平均買い単価は1291円で4月12日には11440円(約8.9倍)で売っているので、そんなに夢物語ではない)

しかし、そうは言っても、やはり少しは利益を出して置きたい。折角なので目安は、買値の倍。2303円の倍は4606だけど、刻み幅が5円単位なので4610円で、4月24日に200株の売りを出したら売れた。

(4610 - 2303) × 200 = 461400円

税引き前で約46万円の利益。

実は、この売りを出す時200株にするか300株にするか迷った。
昨年の11月~12月に買った株数が1600株で、既に300株売っているので手持ちが1300株。300株売ると残りが丁度1000株に成って切がいいと思ったのだが、この株に対する期待が大き過ぎた。
待っていれば10000円とか、それ以上に成るかも知れない。今、売ったらもう追加で買う事は出来ない、と思って、中途半端に200株の売りにした。


グラフのC以降、現在(8月30日)まで

実は、現在(8月30日終値)ロゼッタの株は3165円と下がっているので、この時300株売って置けば良かったと思っている。

今現在の手持ちは1100株。その分の評価益は

(3165 - 2303) × 1100 = 948200円

まだ、十分(?)な評価益は残っているが、夢のある株なので余程の事が無い限り売る気は無い。
少なくとも、以前売った4610円より上じゃないと売りたくない。なので、次の売り目標は一応5550円に設定している。

自分の場合、ケイ線的な分析は出来ないし、しないので、売り目標は適当に覚えやすい数字や、切りのいい数字、例えば、買値の2倍とかを勝手に設定する事が多い。
これを立てておかないと、焦って早く売ってしまうとか、欲が出て売り損なう、とかしそうなので、一応目標値は設定するし、機械的に売買を行う事も有る。

ロゼッタに関しては、買いの目標も設定して有る。
今の株価は4月18日の大体5000円をピークに随分下げて来たので、最初に売った2994円より低い数値。取り敢えず2700円ぐらいを買いに入る目安にしている。

今の株価を見ると、5550円で売れる可能性より2700円で買える可能性の方が高いと思っている。

いずれにしても、確定利益を66万円ほど取っていて、評価益もまだ94万円ほど有るので、この株に関しては余裕が有る。


補記。

8月28日に久し振りに株の売買を行った。
ブロードリーフ株を549円で1000株買い。

尚、前回の売買もブロードリーフの買いで、5月20日に574円で1000株の買いだった。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





« ダイエットに苦戦中 | トップページ | パックドン丼 »

」カテゴリの記事

コメント

すごい!

・SBは完全にリカバー
・ロゼッタは一時どうなるのか、と人ごとながら心配しましたが、敵重巡洋艦撃沈といったところでしょうか?

・小野薬品への手出しはお止めになったし、

名人の域に達しておられますね。

それから、今後のブログでは
① 買おうかと検討したものの
② 見合わせた銘柄にどんなものがあるのか、
③ 見合わせの判断基準がなんだったとのか
④ お買いになっていたら現在のポジションがどうなっていたのか

といったとこrもお願いします。(「買わなかったから損をしなかった」というのも勝利には大事な要素ではないかと思料するのでお伺いする次第です。)


P-tax様、コメントありがとうございます。

買って失敗している銘柄も多いです。
失敗したのを書いてもつまらないと思うし。
ま、その内書きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイエットに苦戦中 | トップページ | パックドン丼 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼