« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月の20件の記事

2019年9月26日 (木)

四角の付き合い

2019/09/25(四角の付き合い)(自分と奥さん、知り合いと奥様)

今回の話は、ちょっとややこしい、です。

今日は、毎月恒例の水曜会(邦人同士の飲み会)。
今回は、日本からのお客さんが参加して、その方の彼女さん(タイの方)も同席するという話だったので、家(うち)の奥さんも参加した。


O2_20190926002201
水曜会(飲み会中)(手前左、奥さん)(手前右、お客さんの彼女さん)


家(うち)の奥さん、「奥」じゃなくて、むしろ「表」で、奥に引っ込んでいるより、表に出たがるタイプ。
酒も飲めないのに私の宴会に参加したがる。
逆に、奥さんの友人との飲み会や食事会に私を参加させたがる。

自分の考えは基本的に自分の友人や知り合いとの付き合いは自分のもの、奥さんの、奥さんの友人との付き合いは奥さんのもの、その2つは交わる事は無い。
(要するに、奥さんのタイ人の友達なんかと関わりたくないし興味もない)
(逆に、自分の日本人同士の付き合いに、「一部の例外」を除いて、奥さんを混ぜたくない)
(ここで言う「一部の例外」が今日の本題の「四角の付き合い」で、この内容は後述する)

日本人は日本人同士でつるむ、タイ人はタイ人同士でつるむ、のが正しい。家族内の付き合いとは別。自分はそういう考え方。
(旦那さんは旦那さんの友人同士でつるむ、奥さんは奥さんの友人同士でつるむ、のが正しい)
(まあ、100%否定する分けでなくて、多少は旦那さんと奥さんの友人との会話とか、その逆は有ってもいいとは思う)
(しかし、基本は「自分の友達は奥さんの友達じゃないし、奥さんの友達は自分の友達じゃない」、そういう考え方)

また、親戚との付き合いは微妙で、本音としてはタイの方とはご一緒はしたくない事が多いのだけど、それは世間的には不味そうなので、例えば、お義兄さんのお子さんの誕生パーティに呼ばれれば出席する事も有るし、奥さんとお義兄さんがお義母さんを連れて何処かに行く時にご一緒させて頂いた事も有った。

パーン(の田舎)に居た頃は近所付き合い(当然、ご近所は皆さんタイ人)も少しはした。
しかし、本音はそう言う事は(余り)したくない。

何で、タイの方との一緒の宴会などを(余り)したくないかと言うと、言葉の問題とか食べ物の問題も(ほんの少し)有るが、価値観や知識の内容が違い過ぎる事が大きい。
(例えば、バンコクのお義兄さんだと、価値観や知識の内容が割と日本人に近いので、そうでもない)
(パーンの(田舎の)お義兄さんだと、お金に対する考え方、仕事の姿勢、対等の関係と言う事の理解、科学や社会・経済の仕組みに関する知識などに違いが有り過ぎるので話が噛み合わない)

こういう事は、対日本人の場合でも少し有るが・・・。

ついでに言うと、余りにも自己中心的な方や、余りにも客観的な視点に欠ける方も、ちょっと・・・。

家の奥さんに関して言えば、「日本人が好き」、みたいな所があって、「日本人の仲間に成りたい」みたいな感じがある。
たまに、日本人でタイ人の友人や知り合いの多い事を自慢したがる方が居るが、それの逆バージョンみたいなものだと思う。
(似た様なものに、ファランや中国人、韓国人の知り合いが居る事を・・・)

ちょっと話が違うが、家の奥さん日本人に間違われると喜ぶ。
つい先日も、自分の友人が奥さんを見て、「日本人かと思った」と言ったら、機嫌が良くなった。

まあ、そんな事で、余計に日本人の宴会などに参加したいというバイアスが掛かっているらしい。

例えば、タイ人の奥さんの旦那さんもタイ人だったら、タイ人同士の付き合い、交流が沢山有って、自分の様な日本人の旦那の場合とは違うかも知れない。
家の奥さんは、私が日本人で有る為に交流範囲が狭まっているという可能性もある。
外国人の旦那が居る事は、奥さんにとっては人間関係に於いてはハンデかも知れない。
(特に、大勢でつるむのが好きなタイ人にとっては)

そう考えると、それを少しは補う事を、こちらも考えなければならない。

自分の友人や知り合いは全員日本人の男性だけれど、その中に、タイ人の奥様や彼女さんを持たれている方が沢山居る。
そういう方達との交流、旦那さんを通してその奥様や彼女さん達との交流を奥さんもすれば、少しは、ハンデを補えるかも知れない。

実際、家の奥さんの場合○○さん(私の友人や知り合いの日本人男性)の奥様や彼女さんと話が合う(らしい)方が数名居て、そういう方達との交流はストレス解消に役立っている気がする。
(Oさんの奥様、Mさんの奥様、Aさんの奥様、今回のお客さんの彼女さん、最近お会いして無いがYさんの奥様、日本人会のIさんの奥様など)

そういう繋がりは、自分にとっても好ましいものだと思うし、自分と似た様な立場の邦人一般にとっても当て嵌まると思う。

と、ここまで書いて、「どう好ましい」のか、考えてしまった。
そういう四角の付き合い↓、有る方がいいのは感覚的に分かるが、具体的には何なのか、どう言葉で表現すればいいか、結構難しい。
なので、ちょっと考えます。

O1_20190925235901
四角の付き合い

「自分」と「知り合い」は日本人男性。「奥さん」と「奥様(または彼女さん)」はタイ人の女性。

「奥さん」と「奥様」が気が合うと、好都合だと思うが・・・。


以下、次回。




ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2019年9月22日 (日)

なんか楽しみ(株)

2019/09/22(なんか楽しみ)(株)

あ~すれば良かったとか、こうすれば良かったとかは有るのですが、株は趣味ですから、あ~だ、こ~だ、考えるのは面白いです。


Q11
今年の全株取引

先週の17日(火)に三井物産が売り目標の1900円を超えたので1903円で1000株を売った。
それは、利益が出ているので良かったが、実は、1900円を超えたら2000株売ろうと思っていたのに、1000株しか売らなかった。
週末の値段は1855.5円と1903円より47.5円下がっているので、予定通り2000株売って置けば良かった。
(ADRの株価を見ると連休明け24日は1840円と、更に下がりそうな感じ)


Q13_20190922220901
直近6ヶ月ぐらいの三井物産の株価推移

今見ると、1903円の辺り()ってピークかも知れないと思う。
8月の終わり頃から上げて来て、特に17日の上げ幅は大きかった。
こういう時って、「もっと上がりそう」と思って売らない事も多い。
まあ、目標額を設定していたので1000株売ったのを良しとする。


Q15_20190922222001
週明け24日からの目標

以上の結果を踏まえて、24日からの目標は上の表のように成った。
三井物産以外は売り目標株価を変えてない。

今週は9月末の権利確定銘柄の権利付き最終日が26日(木)、権利落ち日が27日(金)なので、三井物産は取り敢えず配当の権利を取るまでは売らない事にした。なので、現時点で「売り目標無し」。

ソフトバンクは一応売り目標は設定して有るが、あと数日では1650円は超えそうもないので、これも権利を取る迄は売らない積り。

微妙なのはセコムだが、20日のADRの終値が9746円のなので3日で10000円は超えないと思う。もし、超えて来たら少し売るかも知れない。

まあ、火曜日(月曜は祝日で休み)は、今の雰囲気では大きく下げそうだけど、先週ロゼッタとか、表に無いけどブロードリーフとか、いい感じで上げて来たので、楽しみではある。

兎に角、ソフトバンクとか三井物産、三井住友FG、の様に株価に比して配当のいい銘柄は、株価が上がらなくても配当金で利益が得られるのがいい。


尚、以下に自分の持ち株と日経平均との比較を示す。


Q17
(9月17日に売った三井物産の分は売値で集計して有る)

自分の場合、株取引が上手く行ったか否かを見る時は、損得よりも日経平均との比較の方を重視している。
そういう意味では、8月9月はトントン。良くもなく悪くもなくだった。

今週は、24日にどれだけ下がるか(或いは予想に反して下がらないか)と、配当の権利落ち日に、権利落ち分を埋めるか或いはそれ以上に下げるか、そういうのを見る楽しみがある。
もう一つ、果たしてセコムが10000円を超えるか、というのも有るが、これは、確率が低そうだと思って居る。





ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html






見方を変えれば(株)

2019/09/22(見方を変えれば)(株)

自分の持ち株の内、今、一番酷い状態にあるのがAGC(旧、旭硝子)で平均買い単価4545円が現在(9月20日終値)3305円に成っている。
買い値の73%。約3割の損失。
これは持ち株の主要8銘柄の中で最低。しかも、保有額では一番大きい(2番目は17日に1000株だけ利食い売りをした三井物産)。

しかし、三井物産を利食い売りした時、キャピタルゲイン(株価の値上がり益)も大きいが7年間のインカムゲイン(配当収入)も大きい事に気が付いた。
実は、それは、分かっていたが今迄計算した事は無かった。
今回の三井物産1000株の売りの場合、64.9万円のキャピタルゲインに対し、7年間のインカムゲインは約43.5万円(ただし、両方とも税引き前の利益)だった。

AGCは2000年から持っている。
AGCは昔から、株価に対して配当金の高い会社だった(それだけ、株式市場の評価が低かったとも言える)ので、今、持っているAGCの過去のインカムゲインを計算したら結構大きな数字に成るかも知れない。
そうすれば、3割という損失は、もっと小さいものに成るかも知れない。

そう思ってざっと計算してみた。
ただし、AGCは売買をもう19年余りも繰り返しているので、何年度の分からが今の手持ちの株の配当金なのかの特定が難しい。
で、売った株は古い方(先に買った方)の株から償却する事にすると、それでも2000年からに成る。

AGCは 2000/03/28~2003/12/05 に買っているが2000年に買った分が大きいので、今迄の全売り分を合わせても2000年の買い分に足りない。
最後の買いは2003年5月なので、売り買いの株数などを考慮すると、大体2002年3月期の配当から累積するのが妥当と思われた。
途中で、決算期の変更とか、株式併合などが有るがそれも考慮すると、今の1株当たりの過去の配当金は以下のように成る↓。

45円(2002年)、(以下「円」と「20」と「年」を省略)45(03)、60(04)、75(05)、80(06)、100(07)、120(08)、80(09)、130(10)、130(11)、130(12)、90(13)、90(14)、90(15)、90(16)、105(17)、115(18)、60(2019年6月分のみ)となり

合計すると(現在の)1株当たり 1635円 の配当金を受け取った計算に成る。

此れを現在の株価に足すと↓。

3305+1635=4940円と成り


平均買い単価 4545円 < 4940円 で損失は出ていない事に成る。
(ただし、配当金に掛かった税金は考慮して無い)

まあ、18年間も資金が固定した事をどう評価するという問題はあるが、この期間の金利などを考慮しても、個人で安全で高金利の資金運用は難しかったと思うので、金利の問題はそれ程考慮しなくてもいいと考える(注)。


(注)金利の推移----------------------------

2000年から今までの金利で、例えば郵便局の定期預金の利率の推移があれば分かり易いと思ってネットで探したが見付からなかったので、代りに日銀のサイトより、基準割引率および基準貸付利率の表を作ってみた。


Q1_20190922180601

基準割引率は昔の公定歩合に相当するものらしく、これが分かれば市中金利の想像が付くものらしい。
(実は、良く分からない)


Hakusi-8
現在の郵便局の定期貯金の利率

大体3年物も5年物も、郵便局や主要都市銀行の利率は年利0.01%・・・殆ど無いに等しい。

日銀の基準割引率も2009年から0.3で変わって無いので、この間の銀行等の金利も、ほぼ0に等しい物だったと思われる。
(少なくとも、AGCで支払われた2%とか3%という配当金から比べれば0に等しい)
2007年と2008年の基準割引率はちょっと高く成っているが、この間も多分銀行金利は0に等しい物だったと思われる。
2006年以前の公定歩合は更に低く成っている。

なので、2001年頃から今までの、もしAGCの株価と同じ程度の資金を銀行等の金融機関で運用した場合の金利収入は、AGC株の配当金から見れば取るに足りないもの、と言えると思う。

(注)終わり---------------------------------

以上の考察から、AGCの株価3割減という数字も、今現在ではそれ程深刻な数字ではない。
(これからもっと値下がりすれば分からないが)

更に、この株に関しては、以前に随分利益を出していて、過去に売った分のキャピタルゲイン(売却益)は、今の含み損にほぼ匹敵する。

2006年~2007年に、平均売単価約1620円で結構売っている。尚、5株から1株への株式併合が有ったので、当時の1620円は現在の8100円に相当。

まあ、この頃に全株売って置けば良かったのだけど、そう上手くは行かない。

因みに旭硝子(当時はそういう名称だった)を最初に買ったのは、「画期的な光ファイバーを開発した」、というニュースで、住友電工も古川電工も藤倉電線も日立電線も超える凄い技術革新だと思った時。
その後、この技術で儲かったという話は出なかったが、テレビのパネル(プラズマディスプレイパネルも液晶パネルも有ったと思う)で大儲けして株価が上がった。
ここで、一部を売って、更なる値上がりを期待したが、その後、プラズマディスプレイが下火に成ったり、パネルが価格競争になったりして儲からない会社に成った。

この会社、新技術開発の話は時々出て期待を持たせるのだが、それで儲けたという話に成らない。
今も、5G関連の話が出るので期待はしているが、多分、肩透かしに終わる気もする。

会社の規模は大きいし、ガラスではNO1だと思うのだけど、何かそれに胡坐をかいている様な、そんな感じの会社の気がする。
ただ、何かの拍子に株式市場で注目を浴びる事もあると思うので、その時が来たら売ろうと思って居る。





ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2019年9月19日 (木)

決死の想い

2019/09/19(決死の想い)

・・・ひもじい・・・。


R1_20190919222301
2019/08/01~2019/09/19の朝の体重の推移(青線=8月)(オレンジ=9月)

只今、ダイエット中・・・しかし、9月に入って全然体重が減って無い。

9月8日に一旦65kgに成っていい感じだったが、9月19日現在また8月末の水準である65.5kgに戻っている。

9月の日数も、もう残り少ない・・・何とかしなければ・・・。

という事で、今日は非常事態宣言。
とは言っても朝(11時頃)は普通に食べた。
その後、午後2時頃からは40分間ルームランナーで有酸素運動。
3時頃に、納豆とポテサラと干貝柱を食べて、今日はこれ以上食べないと心に決めた。

しかし、容赦なくお腹は空く。
食べられない、と思うと余計に、何か食べたく成る。


R3
インスタントのコーヒーとお茶

ノンカロリーのコーヒー(ブラック)とお茶を交互に飲んで空腹を胡麻化そうとするが、なかなか上手く行かない。

奥さん達の夕食の時間(午後8時頃)が近付いて来た。


R5_20190919225301
ピクルス

野菜ならいいか、と思ってキャベツぐらいないかと奥さんに聞いたが「無い」という。
で、奥さんが出してくれたのが此れ↑。

・・・まあ、いいか・・・何も食べないよりはいいだろ~・・・。

食べた・・・しかし、やっぱり物足りない・・・って言うか、余計、何か食べたく成った・・・。


R6_20190919225801
食卓の上に乗っていた正体不明(?)のタイ料理

お腹が空いていると、こんな物でも食べたく成る。
ウンセン(左のしらたき見たいなやつ)を少し食べた。これは、多分、カロリーは殆ど無いだろう。
右のタケノコも少し食べた。

こんな物でも、もっと食べたく成るのだから情けない。

しかし、ここまで。


R8
奥さんの夕食

カオニャオとプラーニンは食べたいけど我慢。

因みに、今の体重↓。


R9
65.5kg、2019年9月19日、午後8時半頃撮影

今朝と同じ体重。

このまま、何も食べなければ明日の朝には64.5kgに成るか・・・?。

もう、運動する気は無いので一気に1kg減は難しいかな~。
体重計は0.5kg単位なので、ひょっとしたら・・・?。

しかし、これから寝るまで空腹との戦いが続く。
いっそ寝てしまおうか。

只今、午後9時・・・寝るには早過ぎる・・・。

しかし、こんな事をしていて本当に健康の為に成るのか・・・却って、体を壊しそうな感じもする・・・。





ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2019年9月18日 (水)

「作」で夕食

2019/09/18(「作」で夕食)

週に2回ぐらい「作」で食事をする。

チェンライでも日本食っぽい物が食べられるお店は幾つか有るが(例えば、FUJIとか8番ラーメンとか)、自分は「作」が一番日本食という感じがする。

マスターも日本人だし、お客も日本の方が多いので、たまに知り合いの方と偶然お会いしたりして、何となくくつろげる。

ここに来ると日本が有る・・・そんな感じ。

自分にとっては、ホッとする、「ホットスポット」。

不思議な事に、何故か奥さんも「作」に行きたがる。
今日も、奥さんと二人で「作」にやって来た。出掛ける前に一応娘にも声を掛けたが、面倒臭いらしい。
帰りに、お土産を買って来る事に成った。


S1_20190918221001
「作」のディスプレイ

2ヶ月程前に導入されたディスプレイ。

普段は、日本の四季の風景などの映像が流れているが、ある時はカラオケ機器に成ったりする。


S2_20190918221801
イズミダイのお刺身

新メニューの候補らしい。美味しそうに見えます。

左上のタレは美味しいです。


S3_20190918222401
奥さんはブリカマ

何故か奥さんのお気に入り。

まあ、美味しいから、この選択は正しい。


S4
タコ焼き

これも何故か奥さんの好物。

奥さんは、「作」に限らず、他のビヤガーデンとかビュッフェに行っても好んで「たこ焼き」を食べる。
タイのチェンライの様な田舎で、日本と関係無い様な所でも普通に有るという事は、何かタイ人の味覚に合うものが有るらしい。


S5_20190918223401
奥さん、食事中(?)

いかなる時でも携帯は手放しません。

自分は、例によってイカ納豆。美味しいし、ヘルシーだし、血がサラサラに成る効果も有りそう。
メインは、牡蠣フライ定食。
兎に角、健康に気を使った食事を摂りたい時は、此処に来るに限る。
奥さんの買って来る脂っこいタイ料理では健康を維持するのは難しい。

今日は、たまに(一週間に1回ぐらい)(←「たまに」じゃないか)カラオケをご一緒する知り合いの方も居て、マスターもちょっと混ざって色々と面白い話も聞けたので良かった。


S6
娘へのお土産、串カツ

何故か、娘は此処の、「串カツ」とか「牛たたき」、といった肉系の物が好きらしい。

将来、「肉食系女子」に成るのかな・・・?・・・今は、単に「肉好き女子」だけど・・・。





ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





5ヶ月振りの利確

2019/09/17(5ヶ月振りの利確)

今日、三井物産を売った。
久し振りの利益確定。


T05
今年(2019年)の全取引

今日三井物産を1903円で1000株売った。

平均買い単価が1254円なので、(1903-1254)×1000=649000円の利益。
ただし、売却益に掛かる税金を差し引くと約52万円の利益。

率で言うと、1903÷1254≒1.517・・・買値の約5割増し。

前回の利確が4月24日のロゼッタの売りだったので、約5ヶ月振り、久々の利確。
やっぱり、株は利確する時が一番楽しい。


T15_20190917223601
三井物産の全売買

仕込み(買い)は 2010/06/23~2013/05/24 まで13回に分けて買い(表の青線の期間)。
最初の買いが1152円。最後の買いが1476円。手数料を含む平均買い単価が1254円(細い青線)。

売り(利確)は 2014/11/04 から継続中(表の矢印)。
最初の売りが1687.5円。今の所一番高い売りが 2018/10/11 の2022円。

この株、自分の保有中の株で2番目に額の大きな株で、今の所、いい感じで売買出来ている。
(保有額の最大のAGC(旧、旭硝子)はちょっと悲惨な状況に成っている)

尚、2012年からの配当金を計算すると、43(13年)+59(14年)+64(15年)+64(16年)+55(17年)+70(18年)+80(19年)=435円/株に成る。

(注、複数回に分けて買っているので、いつからの分が、今回売った分の配当かを特定するのは難しいので、大体12年9月期分の配当から計算した)

1000株だと大体43.5万円の配当金を受け取った計算に成る。
譲渡益の64.9万円よりは少ないが、7年間の配当金の受取額43.5万円も大きい(譲渡益の約67%に匹敵)。

キャピタルゲインとインカムゲインを合わせると約108.4万円に成る。
買値からの利益率は、(1903+435)÷1254≒1.864・・・買値の約86%の利益を得た計算に成る。

(金利の高い時代なら、約7年間分の利息相当額は引き算する必要があるが、今はほぼ0金利の時代なので配当金はほぼ利益としていいと思う)

ただし、ここでも、配当金に対する課税を計算すると、配当金の実質受取額は約34.8万円に減額される。
(損切した分を含めて損益通算を考慮すると複雑に成るのでそれはしない。尚この期間中、損切は殆どして無い)


何故、今日売ったか・・・。
 
T11_20190918011101
(予想配当利回りは最新の数字ではないです)

このブログでも何回かこの表を出しているが、持ち株の売り目標はあらかじめ設定して有る。

三井物産に関しては1900円を売り目標としていて、今朝11頃株価を見たら1900円に近い株価で、高値は1900円を超えていたので、暫く様子を見ていた。

13:19に1903円付近の株価だったので、1903円で1000株の指値売を入れたら、ちょっと間を置いて売れた。
目標株価の1900円もそれ程深い意味は無いし、1903円も株価ボードを眺めていて、そろそろいいか、という感じだった。

目標株価を設定して置かないと上がって来た時欲が出て、もうちょっと上がるのを待とう、とか成って売り損なったりするのが心配なので、割と機械的に売れる様に具体的数字で設定してある。
ブログには載せて無いが、何株売るかの数字も入れてある。

実は、三井物産の1900円の売りの目標株数は2000株だったのだけど、今年に入って売り越し額が多い(最初の表参照、今日で1088万円の売り越し)ので1000株だけにした。
次の売りも1000株で、目標株価は明日決める予定。

基本、損切はしたくないので、何円を切ったら売る、というラインは設定しない。
(下がったら、基本、塩漬け)

自分は、安値買いや高値売りの自信がないので、期間や売買価格を分散させる事で、その銘柄の平均的収益(?)を確保しようと思っている。
大雑把には、1割3割5割、倍、ぐらいで分散させる。ただし、切りのいい数字、とかを設定する事も有る(セコムの売り目標10000円とか)。


最後に、最近の全体の成績↓。


T21_20190918015501
8月と9月の日経平均と自分の持ち株主要8銘柄合計の推移

8月は低迷してたけど、9月に入って取り戻して来た。
まあ、このぐらいの数字の変化は1日で逆転する事もあるので何とも言えないが、全体を把握して置くことは無駄ではないと思っている。




ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2019年9月15日 (日)

「作」で娘の誕生日

2019/09/15(「作」で娘の誕生日)

先日、娘の誕生日が有った。

奥さんはこういうのが好き(?)でいつもケーキを用意して誕生パーティをやるのだが、今回はケーキも用意して無いしパーティをやる予定もないらしい。

そう言えば、ここ数年は大勢の人を呼んでの誕生パーティはやらない年もある。
奥さんも少しは大人に成ったのかも知れない。

でも、ケーキもパーティも全く無い年は無かった。

自分は出掛けていて7時半頃家に帰って、そういう事に成っているのを知った。
その代わり(?)「作」に食事に出掛ける事に成った。


W5_20190915214701
「作」で夕食

メインはすき焼き。ただし、奥さんは豚肉。娘は牛肉。

奥さんは牛肉は食べない・・・牛肉の方が美味しいのに・・・。

一応、宗教上の理由らしいのだけど、豚は良くて牛はダメとか、その逆とか、何か面倒くさい。
(鯨だって美味しいから食べたっていいと思うが、身勝手な白人が・・・)
(イスラムもヒンドゥーもキリストも仏教も、宗教って面倒くさい)

ケーキとローソクが無いので、「(代わりに)(すき焼きの)ガスの火を消すか?」、と娘に話したら、笑っていた。


W7_20190915214901
お刺身

自分は、ダイエット中なので食事は無し。その代わりにチューハイを少々。

ご飯とチューハイでは、どちらがヘルシーかは微妙だけど、両方よりはチューハイだけの方が・・・。
でも、すき焼きも結構食べたので、カロリーの摂取量では普通に1食分ぐらいは食べた。
ダイエットの道のりは遠い。


W11_20190915215601
ケーキ

今日はケーキは無いハズだったが、サプライズでケーキが出て来た。
照明も少し暗く成って。

♪ ハッピバースディー トゥー ユー ♬

最初、奥さんのサプライズかと思ったが、「作」さんからのサプライズだった。
奥様が買って来てくれたらしい。

ローソクが3本。娘は15歳なので、「1本5年か」、と娘に話したら笑っていた。


W15_20190915221601
お誕生日ケーキ

後から食べたけど、美味しいケーキだった。


W3_20190915222701
家族だけのパーティ中

誕生会なんて、このぐらいでいいと思う。

尚、ケーキのサプライズが有って、照明が暗く成った時は、奥のテレビに誕生日らしい映像が流れた。

ネットから拾ったのかな・・・?。

まあ、サプライズも有ったし、いい誕生パーティ(?)だった。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2019年9月14日 (土)

韓国人が嫌いなみかん

2019/09/14(韓国人が嫌いなみかん)

先日マクロで買ったみかん↓。


U1_20190914022301
オーストラリア産のみかん



U2_20190914022401
みかんのシール

韓国だったら不買運動を起こされそうなマーク。


韓国人の(多分)入らないディスコ↓。


U3_20190914022701
チェンライのタワンデーン

実は、自分も入った事が無いので中がどう成っているのかは知らないが、韓国人は入りそうも無い。
って言うか、怒り出しそうなマーク↓。


U4_20190914023001
タワンデーンのマーク

反日を煽って求心力を得ようとする指導者も問題だけど、それに踊らされる国民のレベルも・・・。

まあ、嫌韓で日本の与党も支持率が上がっている様だが・・・。


U5_20190914025501
パラリンピックのメダル

某国がクレームを付けているらしいデザインのメダル。

ここまで来ると、もう、何て言うか・・・殆ど、言いがかり・・・坊主憎けりゃ袈裟まで憎い・・・。

沢田研二だったらきっとこう言う・・・勝手にしやがれ。





ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




ピンク・バッファロー

2019/09/13(ピンク・バッファロー)

レストランです。


V11_20190913233101
ピンク・バッファローの入り口付近

チェンライ辺りのタイ人って、如何にもチープって感じの人形を配したレストランが好きらしい。
このお店のメインキャラは写真の桃色水牛らしいが、他にも、脈絡なく雑多なキャラが配置されている。


V13_20190913233801
奥の建物がレストラン

営業時間は8:00~18:00と成っていた。


V15_20190913233901
イースター島のモアイ像みたいな?


V17_20190913234401
LINEのキャラみたいのも有る


V18_20190913234401
カンフーパンダ


V19
アンキケラトプス

左に山岳民族のブランコみたいのも有る。


V20
超人ハルクみたいな

ちょっと顔がタイ人っぽいが・・・。


V22
水牛

本物の水牛(クワーイ)も十数頭いました。

何の為に飼っているのかイマイチ分からない・・・?。


V25
レストランの裏側の風景

見晴らしはいい。


朝の11頃、「お腹が空いた」、と奥さんに話掛けたら何故か、トゥーンの方のレストランの話をし始めた。
朝飯(昼飯?)を食べるのにわざわざトゥーンまで行くのかよ、と思ったが、「まあ、どこでもいい」、とも思った。
それに、トゥーンの方は暫く行ってないので、たまには行って見てもいい。

チェンライ市内のコンドー(センタンの辺り)から、このレストランまでは約44km。
国道1号線を南に約2km走って、左折して1020号線に入って後は、道なりに約42km。
50分ぐらいで着いた。



V27
ピンク・バッファロー・コーヒーの店内

写真手前左側にも席がある。

この写真を撮った時点では後ろに1組み客が居たが、自分達の食事中にもう2組入って来た。
辺鄙な場所に有る割には、お客さんが多い様だ。


V29
本日の朝食(?)

今日初めての食事なので、自分としては朝食の積りだが、時間的には12時なので昼食。

左上、チャーキアオ・ノムソト(牛乳抹茶)。右上、カオパット・クン(エビ炒飯)。
中央左、クン・カティアム・トート(エビのニンニク揚げ)。中央右、プラームック・ヌン・マナーオ(蒸しイカとマナーオ)。
左下、紅茶(だと思う)。右下、カオパット・カティアム(ニンニク炒飯)。

手前が自分、奥が奥さん。

エビは14匹有った。不味くは無いが、もっとカリカリに揚げて有った方が自分としては良かった。
カリカリのニンニク揚げなら、殻を剥かずに頭から(尻尾から?)バリバリ食べても美味しいと思うのだけど、揚げが足りなかったので、殻を剥いて食べるのが面倒くさかった(面倒くさがり屋には自信があります)。

イカ料理は何処で食べても、タイではイマイチ。
自分はイカが好きなのでそれでも食べるが、日本のイカと比べるとタイのイカは屑みたいで、味も弱い。イカらしい美味しさが足りない。
このイカ料理もイマイチだった(不味くはない)。

ニンニク炒飯はタイとしては美味しい炒飯だった。タイは脂でベトベトした炒飯が多いが、この炒飯はそんな事はなく、逆にニンニクのカリカリした風味が良かった。


V31_20190914004601
クン・カティアム・トート

クン(エビ)・カティアム(ニンニク)・トート(揚げる)。

エビのニンニク揚げ。

美味しかったけど・・・もっと上手く料理出来ないものか・・・?。


V35
チェンライ方面から来ると、お店の入り口はこんな感じです

右に居るのが、最初の写真のピンク・バッファロー。
国道1号線を左に曲がって1020号線(HOME-PROの有る通り)に入り、約42kmの所にあります。
まあ、市内からわざわざ行く程のお店ではないと思いますが、何かのついでに、行って見ても良いかも。
(子供っぽい)タイ人は喜ぶかもです。




ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2019年9月13日 (金)

3連敗回避

2019/09/12(3連敗回避)

前回の麻雀の記事の題名は、「久々の連敗」。
もし、今日負ければブログのタイトルは、「久々の3連敗」、と成るところだった。
で、前回の記事にこう書いた。

「前回の負けが46で今回の負けが56。これを、取り返すには102勝たなければならないが・・・。」

果たして、102の負けを取り返せたか。


X1_20190913010101
本日の成績

倍返し、とまでは行かなかったけど、ほぼ倍返し。
5回中4回トップだから、ほぼ完ぺきな勝ち。やっと、本来の調子に戻った。

4回目はちょっと惜しかった。オーラスでトップと3700差。
3900以上で上がればトップだったが、結局上がれず3位に沈んだ。

まあ、でも、今日は楽しい麻雀だった。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2019年9月10日 (火)

男の料理教室(おいなりさん)

2019/09/10(男の料理教室)(おいなりさん)

前回の料理教室は、いかめし、今回は稲荷寿司、ご飯を詰める料理が続いてる。
どっちも嫌いじゃない。今日も、出来上がりが楽しみ。

集合は、いつもの様にマクロ10時だったが、今日は出掛ける前に、ちょっと焦った。
家からマクロまでは30分弱で、9時15分にコンドーを出ようとした時、車が無い事に気が付いた。
いつもは前日に、「明日、車を使うから」と奥さんに言って鍵を預かって置くのだが、それをすっかり忘れていた。

出掛けたくても車が無い。
正確に言うと、(ホンダの)CRVなら有るのだけど、CRVは運転した事が無い。自分がいつも乗っているシビックは奥さんが、娘を学校へ送る為に、乗って行ってしまった。

・・・さあ困った・・・。

大体、家の奥さん、一旦出掛けるといつ帰って来るか分からない。
しかし、きょうはついていた。奥さんは直ぐに帰って来た。ラッキーだった。

日本の家(東京)なら車など無くても困らないが、チェンライでは急に車が使えないと困る、という事を改めて感じた。

余談。
車が有っても、飲みに行く時は困る。
最近は、飲みに行くお店は徒歩圏内が多いが、ちょっと遠くで飲みたくても足が無いので躊躇ってしまう事もある。
日本なら(東京なら)、バス、タクシー、電車も地下鉄も何でも有るし、遅くまで有るので、足の心配は殆ど無いが、チェンライでは足が無い事が行動のネックに成る事が多い。
日本とタイの暮らし易さを比べたとき、足の問題は大きいと思う。「足」に関しては日本が(東京が)絶対有利。


話がちょっと横道に逸れました・・・。

元の話に戻って、結局、マクロには9:45に着いた。遅れ無し。
ただし、他のメンバー5人は既にマクロに集合していた。毎回思うのだけど、皆さん集まるのが早い。

で、今日からは新メンバーが1人加わった。料理教室の初心者クラスが出来てから初めての追加メンバー。
しかも、まだ50代と若い(?)。度々書いているが、チェンライでは50代は完全に若手。期待の新人。
ま、自分は10年程前から面識は有るが、ここ数年はお会いした事が無かった。


マクロでの材料の買い出しの模様は毎回書いているので今回は省略して↓。


Img_8339
料理中

今日の料理はメインは「おいなりさん」だが、豚汁とキュウリの漬物も作る事に成った。


Y2_20190910210801
豚汁作成中

玉葱、豚バラ肉、椎茸と人参を少し。

豚バラ肉は先に炒めて。


Y3_20190910211201
おいなりさんの具材の準備

実は、「おいなりさん」は「普通」具材無しかと思っていた。
(具入りのおいなりさんも食べた事は有るので知ってはいた)

そしたら、具材を入れるのが「普通」という意見が有って、そっちの方が多数派だったのだけど、今日から加入した新人さんが東京の方だったので、自分の見解に賛同してくれた。
東京の仲間が増えたのは、今後、心強い。

先生も世田谷で本来は東京なハズなのだけど、違う時がある。今回のおいなりさんも先生のレシピ。そういう時は「杉並と世田谷は違う」と言う事にしている。
(先生の今日のレシピは実は、千葉の方のレシピらしい)
(尤も、東京人がみんな同じとは限らないし、それは、千葉も名古屋も同じなのだけど)

タイまで来て、しかも、チェンライなんて言う僻地で、食べ物の地域差で話が盛り上がるってのも面白い。

何処からが関東で関西かという話題も出て、自分は「関ケ原」がその境界だと思っていたのだが、今日のメンバーは「静岡の浜松辺り」が境界だと思って居たらしい。

なかなか、「日本」と一括りに言っても、食べ物の嗜好とか微妙に地域差が有る。

自分は、これからも、自分の感覚で、「東京はこうだ」、と言い続ける積り。
このフレーズ、嗜好の違い等で結論の出ない話に成った時、結構便利な決め台詞。
(このブログでは、「自分の感覚で」「日本はこうだ」というフレーズも良く使いますが、実は、日本人でも違う感覚を持たれている方も居るであろう事は承知して使っています)


またまた話が逸れました。料理の話題に戻って↓。


ご飯詰め作業中

今日の「おいなりさん」は東京風じゃなくて具材入り。

形は関東風?・・・三角形じゃないし・・・。

自分としては、タップリの油揚げで包んだ甘い「おいなりさん」が好きなのだけど、先生のレシピの「おいなりさん」も美味しかった。


Y21

本日の昼食

いつも、料理教室の昼食は美味しいが、今日のおいなりさん&豚汁&キュウリの漬物も美味しかった。

組み合わせ、全体のバランスも良かった。
意外とキュウリの漬物がアクセントに成って良かった。

ちょっと残念だったのは、10個とか食べた方も居たが、自分はダイエット中なので5個で我慢した事。
もっと、たらふく食べたかった。


Y22
みんなで食事中

今回は他の回と比べて、比較的簡単に出来たので、ゆっくり話す時間も有ってその点は良かった。

日本から遠く、約4000キロも離れたチェンライの片田舎の一コマでした。





ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2019年9月 9日 (月)

タイのうなぎを料理した

2019/09/05(タイのうなぎを料理した)

パーン郡の家へ行った帰り、道端に鰻の露店を見付けた。
鰻の露店って、何処にでも有る物では無い。自分は、パーンの家の近くでしか見た事が無い。しかも、売っている期間が限られる。
(この話を、ある方にしたらチェンライの街のタラートでも売っていると言っていた)
以前から、一度食べて見たいと思っていたが、買った事はなかった。

鰻屋と言っても蒲焼を売っている分けではない。生きた鰻を売っている。
鰻は自分の大好物。
日頃、タイではろくな物が食べられないので、鰻が食べられるなら嬉しい。ただし、料理の仕方が分からないので買った事は無かった。


Z1_20190908193501
パーン郡の国道1号線沿いの鰻屋

買った事が無かった理由の1番は、料理の仕方が分からなかった事だが、他には、何となく泥臭そうとか、ホントに鰻か?とか、売っている期間も限られているので、「どうしよう」、と躊躇っている内にお店が無くなってしまった、というのも有る。

しかし、今回、奥さんが「買え買え」と言うので、奥さんは料理が出来るのかと思った。

奥さんが、鰻屋さんの前で車を止めた(運転は奥さん)。こうなれば、買うしかない。


Z2_20190908195001
うなぎ?

日本の鰻とはちょっと見た目が違うな、とは思ったが、ここはタイだから鰻も日本とは違うのだと思った。

大きな鰻が1袋150バーツで、細いのが1袋100バーツらしい。
折角なので、150バーツの方を買った。

買ってから、家に帰る途中で奥さんに聞いたら、鰻の調理は全く出来ないらしい。

ま、しょうがない。自分でやるしかない。鰻の蒲焼は何度も食べた事が有るので何とか成るだろう。

家に戻って、鰻の料理の仕方を考えた。取り敢えずネットで調べて、血に毒がある事が分かった。


Z3_20190909000301
うなぎ?

まあ、蒲焼を作るのは大変そうだし、今回は、取り敢えず試しに食べて見よう、というスタンスなので、油で炒める事にした。
美味しかったら、もっと色々試せばいい。


Z4_20190909000901
うなぎの調理中

先ずは、頭を落として、腹から捌いて、内臓を取って、(血は毒らしいので)良く洗って。
取り敢えず、1匹(の半分)。残りは後で考える。

ブログに載せる積りだったので娘に、「写真を撮って」、と言ったら、娘は「怖い」、と言って部屋に引きこもってしまった。
なので、写真は奥さんの撮ったもの。


Z5_20190909001801
骨を取る

骨も取った方が良さそうなので骨も取る。

料理教室で使う包丁と違って、切れ味が悪いので力任せにゴリゴリという感じで切る。


Z6_20190909002101
炒める

一応、鰻の肉はそれらしい形に成った。
随分、赤みが掛かった肉だと思っが、まあ、タイの鰻だから・・・。
しかも、養殖じゃない天然鰻、もしかしたら日本で食べる鰻より美味しいかも知れない。

ここまでくれば、後はそう難しくない。


Z7_20190909002401
炒め中

寄生虫とか心配だったので、念入りに炒めた。

まあ、食べ物として売っているぐらいだから、それ程の危険は無いと思ったが、なにせ此処はタイ、どんな物を売っているか分からない。
一応、初めて食べる物は警戒した方が良い。
十分に火を通せば寄生虫は死ぬだろう。毒は心配だけど。


Z8_20190909003401
うなぎの炒め物の完成で~す

取り敢えず味見なので、ちょっとだけ。此れが、美味しい鰻だったら大発見。
タレは醤油ベースのタレで、一応、甘タレ、蒲焼風の味付け。

試食してみた。先ずは1口。ちょっと鰻っぽい感じはするけど、脂が乗って無い、何か鰻とは違う感じ。
やっぱり、タイの鰻は日本とは違うのか・・・?。

兎に角、これは旨い、という感じでは無かった。まあ、不味くは無い。
一応、写真の分は全部自分が食べた。
しかし、完全に安全であるかは確信が持てない。

面倒だし、奥さんも娘も、食べそうも無かったので、残りの鰻は料理しなかった。
残りの鰻は、結局、奥さんが、コンドーの守衛さんに上げたらしい。


後から、分かった事だが、タイの鰻はタウナギという物で、鰻とは全く別の物らしい。
そうとは知らず、期待して損した。
でも、何でもやって見なければ分からない。食べ物なら食べて見なければ分からない。

それで、体調を壊したり、お腹を壊したりしたら良くないが、幸い、お腹も壊さなかったし、特に体に悪い影響も無さそうだったので、まあ、今回は良かった。
一応、経験値が1つ増えたので良かった、と言う事にする。

でも、もう、タウナギは買わない。料理をする手間に見合った美味しさは無い。

誰かが、美味しく料理した物を食べさせてくれるなら食べてもいいが・・・。


余談。

残りの鰻を、そのままにしておいたら1匹袋から逃げ出して、それを奥さんが見付けて大騒ぎに成った。
奥さんは、ミミズでも怖がる人だから・・・。
自分がつかまえて袋に戻したのだけど、鰻ってホントにヌルヌルして、ぎゅっと掴んでも手からヌルっと抜け出して行く。
話としては知っていたけど、鰻(正確にはタウナギだけど)のヌルヌル感、捕まえ難さを始めて経験した。





ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2019年9月 8日 (日)

65kg達成!

2019/09/08(65kg達成!)

今、体重を量ったら65kgだった。


A1_20190908125201
今朝の体重、2019年9月8日、10:50撮影

目標は64kgだけど、65kgというのは切がいいので、一応、記録する。


A2_20190908125601
2019/08/01~2019/09/08 の朝の体重の推移(青線=8月)(オレンジ=9月)

9月に入って、2日3日4日と飲み会が続いて、5日の朝には66.5kgまで戻ってしまったので、5日6日7日と気合を入れて減量して遂に65kgまでの減量に成功した。
(2日はカラオケ&飲み会)

折角65kgまで減量した体重だけど、今夜は飲み会、明日のカラオケも飲みそうだし、明後日は料理教室なので、維持は難しそう。
でも、出来るだけ増やさない様にしなければ。


昨日は9月に入って体重が増えているし、今日以降も飲み会などの要注意のイベントが控えているので、特に気合を入れてダイエットを行った。
ここで、減らさなければ、減らす時が無い。下手をすると9月初め頃の水準に戻ってしまう。

しかし、朝は普通に食べた(と言っても、数か月前から比べれば少なめ)。
筋トレもする積りだったので、ほうれん草とベーコンとアサリの炒め物、エビ餃子など、たんぱく質は多めに摂った。

11時半頃から1時間半ぐらい、ルームランナーや筋トレでいつもより多めに運動。
これで後は、昼食と夕食を摂り過ぎない様にすれば、今日のダイエットは問題ないと思ったら、問題が発生した。

外に出掛けていて1時頃戻った奥さんが、「作(日本食レストラン)に行きたい」、と言い出した。
自分は10時頃ご飯(朝ご飯?)を食べたので、「もう食べちゃったよ」、と言ったがどおしても行きたいらしい・・・困った・・・。

ま、自分はご飯を食べなければいいか・・・。


A3_20190908133101
「作」にて、奥さん食事中

奥さん、少食なのだけど、天婦羅うどんにたこ焼き、甘々の抹茶飲料まで頼んでいる。

心の声。

・・・そんなに食えるのかよ・・・。

・・・自分は(食べるのを)手伝わないからね・・・。

とは思っても、奥さん、一緒に食べる事を前提として頼んで居る。
(もしかしたら、ただ単に何も考えずに頼んで居るだけかも知れない)

しょうがないので、タコ焼き1個と、玉葱のかき揚げ天ぷら1個は付き合って食べた。

自分の注文は、イカ納豆だけ。
此れは最近よく食べる。低カロリーで、血液をサラサラにする効果も期待できるので健康に良さげ。
もろきゅうはお試しメニューで試食。これも低カロリーで問題無い。

で、きのうは、物を食べたのはここ迄。後は午後3時頃から寝る迄、何も食べなかった。
夜は、猛烈にお腹が空いたが、お茶とブラックコーヒーで我慢した。

結果、今朝は65kgと、前日の朝より1kgも減っていたので、一応、目的は達成。

兎に角、かなり苦しい思いをしてダイエットをしていて、表面的には上手く行っているが、ダイエットの本来の目的である、健康管理、健康向上、という面ではイマイチ分からない。

運動と飢餓感で疲れが溜まって、ホントに健康にいいのか、もしかしたら、逆効果ではないか、という感じもする。
まあ、もう少し続けて、様子を見てみようと思っている。




ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





久々に連敗

2019/09/06(久々に連敗)

前回の麻雀は、「2019/08/19(久々に負けた)」、に書いた。
その中で、こう書いた、「久々の負けで6連勝はならず」。
で、今回も負けたので、表題が、「久々に連敗」、と成った。


B11_20190907235101
本日の成績

6回中1回しかプラスが無い。
その1回は親満を2回連続で自摸って、たまたまSさんがドボンに成ったので、比較的大きなトップが取れた。
良かったのはそこだけ。
後は、全てじり貧。惜しい手が殆ど無い、耐えるだけの麻雀だった。

余りにツキがないと、どうしたらいいか分からなく成る時がある。
終わりの方の5回6回は、打ち方も少しおかしく成って、余計な振り込みもした。

ここ暫く、ツキに見放されている(実力じゃないと思いたい)。
来週も、またやるかも知れないので、何とか流れを変えないと・・・。

前回の負けが46で今回の負けが56。これを、取り返すには102勝たなければならないが・・・。

まあ、今日は、日本から来たお客様がメンバーに居て、その方が勝たので、良かったという事にして置く。
(わざと負けた分けじゃ無いけど)


2回目が終わった後に昼食に出掛けた。


B1_20190908001401
本日の食堂

ビルマとの国境のイミグレーションの方に有る。

「上海小籠包」、メーサイのバス停のそばに有るお店と姉妹店らしい。
この店も割と美味しいし、コスパもいい。

食事処に関しては、メーサイはいいお店が結構有る。

例えば、パーン郡だと美味しいお店は無いが、この違いは、住んでる人達の違いだと思う。
パーンはほぼ100%タイ人。メーサイは中華系や少数民族など多様な民族が居るので、美味しいお店も有る。
プーケットに旅行した時も、イスラム系の人達や白人の観光客が多いので、美味しいお店が有ると思った。
兎に角、タイ料理に美味しい物は少ない。


B2_20190908002801
店内

丸テーブルは中華風?。


B3_20190908003101
食事中

本日の昼食は、焼きそば、エビ炒飯、餃子、小籠包、麻婆茄子、とほぼいつもと同じ定番メニュー。


B4
焼きそば

普通に美味しい焼きそばだった。
(「普通に」というのは、「タイとしては」という意味では無く、「日本基準でも」という意味)
(っていうか、もしかしたら、日本の其処ら辺のお店より美味しいかも知れない)


B5_20190908004501
エビ炒飯

タイとしては、美味しい炒飯だった。




ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2019年9月 7日 (土)

パーンの家の近所

2019/09/05(パーンの家の近所)

街のコンドーに移ってから、パーンの家には年に4~5回しか来なくなった。
今回は6月19日以来、約2ヶ月半ぶりに来た。

折角なので、ちょっと近所を散歩した。
同じチェンライでも、コンドーのある市内と、パーン郡のしかも田圃の中に有る様な村とは全然違う。

どちらがタイらしいかと言うと、日本の市街地とタイの市街地は違うし、日本の田舎とタイの田舎も違うので、どちらとも言えない。
ただ、自分は、日本では生まれた時から今迄ずっと東京なので、パーンの田舎の方がより違う土地という感じはする。

田舎の、のんびりした感じは、少しだけ居る分には悪くないが、長く暮らすのはつまらない。
(今は、ネットとか有るので、やり様によっては、僻地のハンデを弱める事は出来ると思う)
でも、この土地で9年間(途中1年は日本)暮らしたので、此処に来ると懐かしい感じはする。


C31
道を挟んだ向かい側に有るお義母さんの家

元々は奥さんの一族は此処から15m程の所に有ったお婆さんの家に集まって居た。
その家は、土地は枝分かれした一族と分け合ったが、お義兄さんの家が今も建っている。

お婆さんの家は、高床式のタイらしい家で、広い家だった。多分、建てたばかりの頃は、村でもいい方の家だったと思うが、今はもう無い。


C33
家から30m程離れた近所の家の庭先

10年ぐらい前までは殆どの家で鶏を飼って居て、自分の家の庭にも良く遊びに(?)来ていたのだけど、今では、鶏を飼って居る家は少ない。


C35
田圃

家の辺りの産業は、基本は田圃、米造り。


C37
近所の風景


道端のオジギソウ(?)

本当の名前は知らない。ただ、日本で見たオジギソウに感じが似ている。場所によっては一面に生えている。

触ると葉を閉じるのが面白くて、娘を連れて散歩している時に木の枝で叩いて遊んだ。
日本で霜柱の上をザクザク歩いたり、薄氷の上をバリバリ歩く感じに似ている。
何となく、爽快感。






ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html






2019年9月 5日 (木)

久々のパーンの家

2019/09/05(久々のパーンの家)

娘の中学入学と共にパーンの田舎から、チェンライの街のコンドーに移って来た。
娘は今、中学3年なので、移って来てから約2年半に成る。

パーンの家はまだそのまま有り、多少は劣化しているが使おうと思えば使える。
自分は殆どパーンへは戻らなく成ったが、奥さんは、近くにお兄さんやお母さんが居るので月に1~2回は戻っている。

今回、ちょっとした用事があって久々にパーンの家へ行って見た。約2ヶ月半ぶりのパーンの家。
帰省と言うのとはちょっと違うが、少し懐かしい感じがした。


C1_20190905213401
パーンの家のベランダ

建物は特に壊れてはいない。
ただ、掃除がして無いのでベランダの床や階段にはチンチョの糞(キーチンチョ)がいっぱい。
(家の中には、キーチンチョはそんなに無い)


C3_20190905214001
家のリビング

時計は止まっている。
電気は来ているが、(多分)水は直ぐには出ない。
冷蔵庫は動いていたと思う(見てない)。
(奥さんがたまに来るので飲み物ぐらい有ると思う)

実は、今日来たのはちょっとした工具が欲しかったので、パーンまで取りに来た。あとCDとか傘とか本とか、コンドーに持って来た方が便利そうな物も何点か取って来た。
しかし、コンドーも狭いので、何でも持って来る訳には行かない。


余談。
パーンの家からコンドーに移った時に、特に引っ越とかはしていない。
車で、行き来する時に、その時必要とする物を運んだりはしたが、大体の家具は元々コンドーに備え付けだったし、テレビやベッド、冷蔵庫などは新規で買ったので、大きな物を運んだ事は無い。
移転も一気に引っ越しでは無く、少しづつコンドーに居る事が多くなった感じなので、まだパーンの家に色々な物が残して有る。
因みに、パーンの家とコンドーの移動は車で30分程度。


今日来た用事は直ぐに終わって、ついでに、家のまわりを周って見た。


C5_20190905214901
マンゴーの木

前回来た時、約2ヶ月半前の6月19日には沢山生っていたマンゴーがもう1つも生って無かった。


C7_20190905215201
ラズベリー

ラズベリーはまだ沢山生っていた。でも、いらない。


C9_20190905215301
パパイヤ

パパイヤも生っていた。
実は、パパイヤは余り好きじゃないのだけど、折角なので1つぐらいは食べて見てもいい。
でも、まだ取るには早い。もう少し大きく成って、色も少し黄色みがかって来ないと。
(このパパイヤ、高い所にあるので取り難そう)


C11_20190905220701
バナナとバナナの花

このバナナももう暫くしたら食べられる様に成るハズ。
バナナの花も食べられるし、食べた事も有るが美味しくない。


まあ、今の所、家で食べられる植物はこれぐらい。
花は、ブーゲンビリアが有るが、今は殆ど咲いて無かった。


この後、家の近所を少し散歩してから帰った。
自分が散歩している間、奥さんは訪ねて来たお兄さんと、おしゃべりをしていた。

お義兄さんには、たまに雑草の草刈り(有料)とか郵便物の保管などをお願いしている。
家は空き屋でも、近くにお義兄さんやお義母さんが居るので、多少、安心なのはいい。

お義兄さんは、自分達が行くと大体直ぐに訪ねて来る。いい事だとは思うけど、基本、暇なのかな・・・?。


次回は、家の近所の散歩。





ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2019年9月 4日 (水)

チェンライの串焼き屋

2019/09/03(チェンライの串焼き屋)

チェンライの飲食店の、流行り廃り、開店閉店は激しい。
ちょっと前に開店したと思ったお店が数か月後に無くなる、なんて事はザラにある。

女性の店員さんがビールを注いでくれるようなお店に偶に行くが、こういうお店は特になくなるのが早い。
最初は、店員さんも沢山居て、客もそれなりに居るお店が、数週間か数ヶ月ぐらいで客が減って来て、店員さんも減って来て、客も殆ど居なくなったら閉店、というのが多い。
新規に開店したお店は1年も持たない店が多い。
(タイ人の計画性の無さ、も影響している気がする)

逆に、古いお店で安定している店も有る。
でも、そういうお店でも、店員さんの回転は早い。1~2回行って、顔を覚えたり覚えられたりして、数か月後に行くと、もう居ない事の方が多い。
飲み屋に限らず、飲食店の店員は1年以上居る事は少ない。
(1ヶ所に落ち着いて仕事をしない、というタイ人の特性がよく表れている気がする)

しかし、邦人の「飲み会好き」な方達は少しもめげず、通っていたお店が閉店に成れば、直ぐに新しいお店を見付けて来る。
自分など、初めてのお店に入るのは躊躇うが、チェンライの邦人の方達はこの辺の行動力のある方が多い。


D1_20190904201601
チェンライの串焼き屋(?)

(右のお店は「水曜会」をたまにやる、キンセープキンヌア)

そんな訳で(←どんな訳だ?)、今日は、つい最近出来たお店で、早速「飲み会好き」な友人が偵察済みのお店にやって来た。

バービヤって言う範疇のお店に成るのか・・・?。

このお店は、一応、女性の店員がビールを注いでくれるがそれだけ。
席に、座る事はお店の方で禁止されているらしい。チェンライは割とこういう形式のお店が多い。
別に変なお店では無い。女性連れの客も来るような健全なお店。

ただし、店員さんと話したければ会話は自由。
尤も、相手はタイ語しか分からないから大した会話も出来ない。
性別も違うし、年齢も違う、価値観や習慣も異なるので、共通点は少ない。

まあ、逆に、それがいいという面も有るが・・・。

飲むのを勧めれば、飲める店員さんは大体付き合ってくれる。
(多分、飲めない人は雇わない)
(しかし・・・何でストローでビールを飲むんだ・・・?)

自分の知り合いには、こういう環境で店員さん達と打ち解けて(?)話せる方も多くて、タイ語だけなら自分の方がコミュニケーション能力が有るハズだと思っても、なかなかついて行けない。
言葉以外のコミュニケーション能力で負ける。

みなさん、最近は、携帯を上手く使ってコミュニケーションを取っている。
日本語を携帯に向かって喋って、そのタイ語訳の文字を見せたり、逆に店員さんがタイ語で喋って、その日本語訳を見せてくれたり。
タイ人の店員さんも、そういう操作には慣れている様で、彼女達は自分の携帯を使う。
(昔、自分が使った、「指差し会話帳」の時代ではなくなった)


D2_20190904210401
串焼き色々1



D3_20190904210401
串焼き色々2

基本は、ビールなどの酒類を飲むお店で、摘みには写真の串焼きなどがある。
(他の、タイ料理っぽい物も有る)


D4_20190904210801
串を選ぶ

食べたい串を選ぶと、店頭で焼いてくれる↓。


D5
串焼き作成中

ハツ、貝、オクラ、(豚の)レバ、ししゃも。

まあ、シンプルな料理なので、変なタイ料理よりはいい。

今回に関して言えば、焼き係り(?)のお兄さん、まだ慣れてないせいか焼きが甘かった。特にレバなど、「良く焼いてね」って言った方が良かったかも知れない。

春巻きみたいな料理や、イカを揚げた物なども美味しかった。


D6
店内の風景1

バンドは居ないが1人ギターのお兄さんが居た。

客が少なかったせいか、やる気無さそうに偶に演奏していた。
自分的には、煩くなくて良かった。


D7
店内の風景2

ビールは「ビヤシン」と言ったら「無い」と言われたので「ハイネケン」。

今日は、自分達以外の客も2~3組来たが、直ぐに帰った客も居て、店内は殆どガラガラだった。
チェンライのこういうお店の傾向として、数か月後には、なく○る、かも知れない。行って見るなら今のうち。
(以前、この場所には「18+」という同じ様なお店が有ったが、そのお店も1年ぐらいで閉店に成った)

チェンライは、移ろいやすい街、今日話した店員さん達も数か月後には居ないかも知れないし、一緒に飲んだ仲間達だって1年後には居ないかも知れない。


余談。

日本人の経営する飲食店もチェンライではなかなか続かない。
新規開店しても大体1年~3年で閉店に成る。
自分の知っている範囲でも、ここ10年ぐらいで、5~6店ある。
折角、こんな異国の、しかもド田舎に開店した日本食のお店には頑張って貰いたいと思っている。





ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2019年9月 3日 (火)

最近お気に入りのお菓子(乾燥ドリアン)

2019/09/03(最近お気に入りのお菓子)(乾燥ドリアン)

昔から有ったのかな~・・・?。

タイ在住者なら、「別に珍しくもない」、「何を今更」、と思われるかも知れない。
しかし、このブログは日本在住の方も意識して書いているので、という事で。

自分が初めて知ったのは最近の事で、約1ヶ月前にチェンマイのワロロット市場で買ったのが最初。
初めて食べた時、「なんと美味しいお菓子だ」、と思った。

で、それと同じらしいお菓子を、昨日チェンライのBIG-Cで見付けたので買ってみた。


E1_20190903173101
乾燥ドリアン

この分で約77バーツ(約270円ぐらい)。お菓子としては少し高い。

色々なメーカー(?)の物が有ったので、特に珍しい物では無いらしい。多分、タイなら(大きなマーケットなら)何処でも売っている物かも知れない。

ドリアンは好きな人と嫌いな人が割とハッキリと別れる果物で、嫌いな人はその匂いが嫌い、という人が多い。
自分は、ドリアンは結構好きな果物で暫く食べないと、食べたく成る。臭いは気に成らない。

ドリアンを加工したお菓子も好きで、ドリアンを羊羹状にした物や、スライスして乾燥させた物なども美味しいと思う。

で、今回は乾燥ドリアン。スライスして乾燥(?)させた物に似ているが、スライスした物がパリパリした感じに対して、今回の乾燥ドリアンはサクサクした感じ。
このサクサク感が結構いい。
(食感は玄米ポンに似ている)

乾燥させた物でも臭いは結構あるので、この匂いが嫌いな人にはダメかも知れない。
でも、生のドリアンよりは、かぐわしい香りに成っていると思うので、生よりは一般受けしそうな気がする。
日本では、まだ、余り売って無いと思うので、日本人に食べさせて見て、どう思うか感想を聞いて見たい気がする。

タイから日本にお土産などで持って行く物に「これは」といった物がないので、今度持って行って知り合いに食べさせてみたい気がする。


E2_20190903182201
今回買った、乾燥ドリアンの袋

フリーズドライで乾燥させて作るらしい。


余談。

日本からタイに持って来たい食材は山程あるが、逆に、タイから日本へ持って行きたい物は殆ど無い。
以前、此れは珍しいかな、と思ってロッドドゥアン(ウジ虫のから揚げみたいな物)を持って行ったが、みんなに引かれてしまった。
高級な、かっぱえびせん、みたいでパリパリしていて美味しいと思うのだけど。
ビールの摘まみには最適で・・・でも一般的日本人には・・・見た目が・・・。

ココナッツミルクやナンプラーを欲しがる人も居るが、日本でも買えるし。

奥さんは、日本に旅行する時にナムプリックを持って行った事も有るが1回だけ。日本に行けばいくらでも美味しい物が有ると分かったらしい。
(その割には、チェンライの家では、和食っぽい物は余り食べない)




ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2019年9月 2日 (月)

パックドン丼

2019/09/01(パックドン丼)

単に、「パックドンドン」って言うのが語呂が良かったので思い付いた題名です。

パックドン(ผักดอง=漬物)の「丼」。

ここ暫く、食事の話は書いて無かったので偶には。


F1_20190902001601
本日の夕食、2019年9月1日、午後10時頃

夕食の時間が10時ていうのは良くないとは思うのだけど・・・。


F2_20190902002601
パックドン丼、アサリとチンゲン菜の炒め物

今日は奥さんの料理が食卓に乗った。
アサリとチンゲン菜の炒め物。
もっとも、材料は奥さんとTOPSで買い物をした時に自分が選んだアサリとチンゲン菜で、料理方法も自分が指定した。
まあ、材料の組み合わせさえ間違えなければ、炒め物や煮物は大概美味しい。
この炒め物も美味しかった。貝類は自分の好物。

タイ語で野菜はパック。漬物はドン。日本食材のお店、神戸屋STATIONで買った「辛子高菜漬け」なのだけど、奥さんはパックドンと呼んでいる。
それを、ご飯の上に乗せて「パックドン丼」・・・ちょっと無理があるかな・・・?。
でも、美味しい。
(ご飯の量が少ないのは減量中の為です)

まあ、この2つだけ有れば満足なのだけど、一応、他のおかず(?)も↓。


Img_8224
玉子焼きとネーム

例によって脂っこい玉子焼き。玉子焼きは娘に作らせた方が上手い。

このネームはまあまあ美味しかった。


Img_8225
ナムプリックとイワシのトマト煮(缶詰)

「何のナムピック?」と聞いたら、「ナムピック・ケープムー」だと言っていた。

何故か、この「イワシのトマト煮」は奥さんの好物らしくて、2回に1回ぐらいは食卓に乗る。
自分も青魚(で健康にいい)と思って少し食べたが、自分の口には合わない。イワシは嫌いじゃ無いが・・・。


Img_8226
ローティらしい

クレープみたいなお菓子。

偶々テーブルの上に置いて有っただけで、食事とは関係無いらしい。

ちょっと食べたけど、ダイエット中なので、何でも美味しい。


Img_8227
揚げバナナと揚げ芋

揚げバナナもちょっと美味しい。


で、本日の夕食、
自分は日本米のご飯と「アサリとチンゲン菜の炒め物」と「辛子高菜漬け」で、他の物もちょっとづつ。
娘は日本米のご飯と「アサリとチンゲン菜の炒め物」と「玉子焼き」。
奥さんはカオニャオと「イワシのトマト煮」と「ナムプリック」と他の物をちょっとづつ。

今日は、「自分と娘の日本連合」対「奥さんのタイ帝国」の食卓でした。




ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2019年9月 1日 (日)

株って面白い(ロゼッタ)

2019/08/31(株って面白い)(ロゼッタ)

麻雀でも株でも勝ち負けは「運」の要素が大きいのだけど、多少は「読み」も絡んで来る。
将棋とか囲碁の様に殆ど実力の差で勝負が付くゲームとは違う。

運の要素が大きいゲームの場合、読みがどんなに正しくても運に見放されれば勝てないし、逆に間違った読みでも運が有れば勝てる。
こういうゲームの醍醐味は如何にして「読み」で不確実な「運」を引き寄せるかに有ると思う。
読みが当たった時の気持ちよさは、将棋や囲碁で読み勝った時とは違う爽快感がある。

麻雀の場合は相手が居るので読みが当たると、「どうだ、まいったか~」、見たいな面白さが有るが、株の場合は実際に儲かるので読みが当たった時は格別に気持ちがいい。

勝ち負けが数字でハッキリ表れるのもいい。
よく、麻雀や株で理屈をこねる人が居るが、実績が伴わない人も多い。
どんなに口が上手くても、こういうゲームは最後は実績だと思う。


最近、自分が上手い事やったと思っている株に、昨年の暮れから手掛けているロゼッタという銘柄がある。
まあ、これも基本的には「運が良かった」、という話なのだけど、一応「読み」も有る。


G11_20190901121501
ロゼッタ(東証マザーズ)の2018/10/25~2019/08/30までの株価の推移

ロゼッタという銘柄に目を付けたのは、英語を日本語に翻訳するのにAIを使っているという点。
自分が英語が苦手というのも有るし、外国に(タイに)暮らして居て、日々、言葉の壁に苦労しているというのも有る。

言語の壁を取り除ければ、社会に非常に大きなメリットをもたらすハズで、そのメリットを金銭に換算すれば、億とか言うレベルではなく兆のレベル成るという気がした。
(ちょっと、話が大き過ぎて分からないぐらい超大な価値を生み出すと思った)

これが、先ず第一の理由(読み)。

ただし、会社として利益に結び付かなければ、株式投資には成らない。
しかし、ロゼッタは自分が目を付けた昨年暮れ頃の時点で一部AIを使った翻訳システムを商業化していて、これはネット等で調べた事だが、その分野では先頭を走っているという話だった。

AI は今(と言うか、かなり以前からだけど)注目の技術で、将棋や囲碁のAIを見てもドンドン進歩して来ている。翻訳や通訳が出来るように成るのはあとちょっと、と言う気がした。
しかも、それが、特殊な環境でしか使えないという事なら、商業化して大きな利益を生み出す事は出来ないが、5Gとかの通信技術の進歩で、誰でも何処でも、そのAIを使った通訳システムが使える条件が整いつつあると思った。

加えて、電子技術の進歩は、人間と機械とのインターフェースをより使い勝手のいいものに変えて行くと思った。
(イメージとしては、デスノートの死神の目やドラえもんの翻訳コンニャク)

これが、第二の理由(読み)。

まあ、多くの部分はネットから得た知識や勘なのだけれども、この会社は大きな可能性を秘めていると感じた。
自分は、情報システムの構築に関する仕事にちょっと関わっていたので、この辺の勘はいい方だと思っている。
(実際、1999年頃のITバブルでは、結構、儲けた)

しかし、当然不安も有る。
一番は、Google の存在。この規模の会社とのガチンコ勝負は厳しい感じがする。
しかし、巨大企業の隙間を突いて得意分野に特化した会社が成長する、と言う事は良くある。これは賭け。

他には、技術の進歩が停滞して、後続に追い付かれたり、利益を上げられる水準に成る前に会社の体力が尽きてしまう事。こういうのも良くある。
これは、この分野(AIや5G)の技術は早いテンポで進むという自分の勘を信じる。

もう一つは、ロゼッタという会社自体をよく知らない事。もしかしたら、技術が有る様な振りをしているが、経営陣も技術陣も実は大した事はないかも知れない。
こういうのは、内部事情に詳しい人でないと、IR資料を見ただけでは分かり難い。
(実は、自分の場合「勘」が主で、IR資料は余り見ないし、分析する能力もほぼ無い)
なので、これも「勘」でOKと言う事で。

最後に、株価水準が妥当かどうか。もしかしたら、これが一番重要かも知れない。
自分が、昔から手掛けている会社なら、自分なりの判断が出来るが、今まで気にも留めなかった会社の株価の妥当性なんて判断出来ない。


グラフのA

とまあ、こんな事を考えて、最後は、「エイ、ヤー」てな感じで、昨年の11月12日に2174円で300株、打診買いを入れた。
株価水準の妥当性が分からない時に時間を掛けて複数回に分けて売ったり買ったりするのは自分のよくやる手。
更に、11月22日に2200円で100株と同日2208円で400株の買い。12月3日に2302円で400株の買い。12月13日に2470円で400株の買い。
結局、此処までで平均買い単価2303円で1600株を買った。総投資額、約368万円。


グラフのABの間

此処までは、順調に値上がりしているし、上手い事やったかな、もう少し買おうかな、と思っていたら12月中旬頃から暴落に近い様な下げを始めて年明けの1月4日には1665円まで下がってしまった。約102万円の評価損。

この頃、ほぼ同時期に買ったソフトバンクも下げていて、約60万円の評価損を出していた。もう、泣きそう。

しかし、今考えれば此処が最大のチャンスで、この時めげずに、もっとロゼッタを買って置けば良かった。
グラフを見て貰えれば分かるが、今年の年初辺りが一番安い時期。しかしこれだけ急激に下がる(2500円ぐらいから1665円まで)と普通、怖くて買えない。

しかし1月15日から急に流れが変わる。いいIR情報が出たらしい。15日に400円高、16日に167円高で一気に2372円に成り、平均買い単価2303円を再び上回って来た。
(実はこのIR情報は自分の意図したものとは違って、文書の翻訳、に関するものだった。自分は、もっと広く、音声の通訳機能に期待した)
しかし、このぐらいの利幅では売りたくない。危ない思いをして、ちょっとの利幅で満足する分けには行かない。

その後、2月には、また平均買い単価を下回ったが、ここは持っているしかない。長期戦(塩漬け)も覚悟。基本的に損切はしない。


グラフのB

そして、3月後半。3月18日に2500円を超えたと思ったら25日の終値は2949円。
更に次の26日も上がって、ここで堪らず2994円で300株売ってしまった。
(昨年の12月後半の痛い思い出が有るので、少しは利益を確定させて置こうと思った)

(2994 - 2303) × 300 = 207300円

税引き前で約20万円の利益。

しかし、この日の終値は3380円なので、そこまで待ってから売れば

(3380 - 2303) × 300 = 323100円 の利益が得られた。

売るのは下手くそ、と思った。


グラフのC

その後も、若干波乱は有ったが、4月の中旬ぐらいから、また急激に上げて4月18日の終値は4945円。
この時点で、買値の倍以上の値段で、もう十分評価益は出ているが、自分の目標は「言語の壁を取り除く」という高い目標なので更に倍、更にその倍とかを考えていた。
(ソフトバンクグループの(株式分割前の)平均買い単価は1291円で4月12日には11440円(約8.9倍)で売っているので、そんなに夢物語ではない)

しかし、そうは言っても、やはり少しは利益を出して置きたい。折角なので目安は、買値の倍。2303円の倍は4606だけど、刻み幅が5円単位なので4610円で、4月24日に200株の売りを出したら売れた。

(4610 - 2303) × 200 = 461400円

税引き前で約46万円の利益。

実は、この売りを出す時200株にするか300株にするか迷った。
昨年の11月~12月に買った株数が1600株で、既に300株売っているので手持ちが1300株。300株売ると残りが丁度1000株に成って切がいいと思ったのだが、この株に対する期待が大き過ぎた。
待っていれば10000円とか、それ以上に成るかも知れない。今、売ったらもう追加で買う事は出来ない、と思って、中途半端に200株の売りにした。


グラフのC以降、現在(8月30日)まで

実は、現在(8月30日終値)ロゼッタの株は3165円と下がっているので、この時300株売って置けば良かったと思っている。

今現在の手持ちは1100株。その分の評価益は

(3165 - 2303) × 1100 = 948200円

まだ、十分(?)な評価益は残っているが、夢のある株なので余程の事が無い限り売る気は無い。
少なくとも、以前売った4610円より上じゃないと売りたくない。なので、次の売り目標は一応5550円に設定している。

自分の場合、ケイ線的な分析は出来ないし、しないので、売り目標は適当に覚えやすい数字や、切りのいい数字、例えば、買値の2倍とかを勝手に設定する事が多い。
これを立てておかないと、焦って早く売ってしまうとか、欲が出て売り損なう、とかしそうなので、一応目標値は設定するし、機械的に売買を行う事も有る。

ロゼッタに関しては、買いの目標も設定して有る。
今の株価は4月18日の大体5000円をピークに随分下げて来たので、最初に売った2994円より低い数値。取り敢えず2700円ぐらいを買いに入る目安にしている。

今の株価を見ると、5550円で売れる可能性より2700円で買える可能性の方が高いと思っている。

いずれにしても、確定利益を66万円ほど取っていて、評価益もまだ94万円ほど有るので、この株に関しては余裕が有る。


補記。

8月28日に久し振りに株の売買を行った。
ブロードリーフ株を549円で1000株買い。

尚、前回の売買もブロードリーフの買いで、5月20日に574円で1000株の買いだった。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼