« 父と娘の料理教室(牛肉と玉ねぎ炒め) | トップページ | 孤立は避けるべき »

2020年3月28日 (土)

タイのおかず(やっぱ無理)

2020/03/26(タイのおかず)(やっぱ無理)

小腹が空いたので奥さんの食べ残しがテーブルの上に有ったので食べて見た。


D51
タイのご飯

カオニャオ(もち米)とナムプリックガピとマクア(タイのナス)。

最初、カオニャオをナムプリックガピに付けて食べていた。
ナムプリックガピは以前にも食べた事は有るが、忘れて居た。名前もこれがナムプリックガピだとは忘れて居た。

特に美味くはないが、そんなに不味くもない。付け過ぎると辛いがカオニャオだけで食べるよりはいい。
「プリック」は唐辛子の意味。

マクアも食べた事は有るが滅多に食べない。

試しに食べて見た・・・やっぱ、不味い・・・これは無理・・・。

このマクアは生。

それを見ていた奥さん、「マクアはナムプリックガピに付けて食べるのだ」、と教えてくれた。
そうか、これが、ナムプリックガピだったか・・・思い出した。

奥さんの教えに従って、マクアをナムプリックガピに付けて食べて見た・・・やっぱ、無理・・・。

元々不味い生のナスが美味くなる分けが無い。

娘がやって来て目の前でチーズケーキを食べていたので、「マクア食べる?」、と聞いたら「要らない」、と言う。

「食べた事有るよね?」、と聞いたら、「無い」、だって・・・そんな事はないと思うが・・・。

「お腹壊すよ」、と言われた。

娘の味覚は幸いにして、ほぼ日本人。
こんな不味い生のナスなど食べない、という事らしい。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




« 父と娘の料理教室(牛肉と玉ねぎ炒め) | トップページ | 孤立は避けるべき »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

娘の味覚は幸いにして、ほぼ日本人:

味覚は、結局、DNAなのでしょうか?(幼少期に何を食べて育ったかではなく。)


P-tax様、コメントありがとうございます。

DNAという意味ではタイ人が半分ありますから、どうなのでしょうか。
単純に、タイ料理より日本食の方が美味しい。
子供の頃、味覚を覚える頃から両方を食べていれば、日本食に軍配が上がる、という事かも。

一度美味しいものを知ってしまうとね。
ましてや幼い頃に体験してしまうと、お嬢さんの反応は冷静かつ的確ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 父と娘の料理教室(牛肉と玉ねぎ炒め) | トップページ | 孤立は避けるべき »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼