« 食卓の国境線(主にタイ料理) | トップページ | カボチャのスープ »

2020年4月19日 (日)

父と娘の料理教室(スイカの輪切り)

2020/04/18(父と娘の料理教室)(スイカの輪切り)


R1_20200419031601
スイカの輪切り1

タイのスイカはラグビーボールの様な形をしている。
今回は、それを輪切りにしてみた。

見慣れない形状のスイカ・・・自分的にはちょっと面白い。


R2_20200419032101
スイカの輪切り2

スイカの頭と尻尾(?)の部分は写真上の様におわん型に成るので、スプーンですくって食べる。
中央の部分は写真下左右の様に(ほぼ)円柱型に成る。
写真左下の様にラップに包んで保存するには形がいい。
写真右下の様に食べるには、形が悪い。種も取り難い。

という事はさておき、本日の夕食。
長い休みを持て余している娘と一緒に共同作業。
「教える」、というより、自分が指示して実際の作業は娘にやらせる、という感じ。

今日は、「カレーを作る」、とかテーマが有って作るやり方ではなく、椎茸と葱とベーコンが有るので、それで何かを作るというアプローチ。
まずは、Googleで「椎茸と葱とベーコンの料理」、で検索する。


R10_20200419035601
Google検索の結果

多分この3つの組み合わせの料理なら有るだろう、と思ったら、やっぱり有った。
組み合わせ的には割と相性のいい組み合わせで、美味しい物が出来るという想像はつく。

先ずは、干し椎茸を水で戻す。

暫くして、椎茸を切ってから娘を呼んで、「料理するぞ~」。


R3_20200419040401
葱を切る娘

「葱を洗ってから、このぐらいの大きさに切ってね」


R4_20200419040601
炒める娘

フライパンをIHヒーターに乗せて、油を入れて少し熱してから娘に、

「ベーコンを入れてね」、「椎茸を入れてね」、「炒めてね」、と順番に指示。

尚、ベーコンを入れた後にバターを入れた。これは、参考にしたレシピと別のレシピに書いて有った。娘はチーズとかバターを入れた料理は大体気に入る。

頃合いを見計らって、「葱も入れてね」。
(娘は、ずっと炒め作業中)

更に頃合いを見計らって、砂糖醤油を自分で掛けた。
(レシピに書いて有った)

「多分、もういいと思うけど、味見してね」、「パパにも味見させて」、で出来上がり。


R5_20200419042001
椎茸と葱とベーコンの炒め物

娘、「パパこれ何て言う料理?」。

私、「椎茸と葱とベーコンの炒め物」・・・まんまやんけ・・・。

でも、「カレー」とか「麻婆豆腐」とか「肉じゃが」と言った、気の利いた(?)名前の無い料理なので、そう言うしかない。

(カシューナッツを一緒に炒めたら更に美味しかったかも知れない)


これ1品では寂しいので、もう1品。


R6_20200419042801
オクラ

娘に、「これ(オクラ)を洗って、そこ(の鍋)に入れてね」。

で、暫くして熱湯から取り出したオクラを皿に盛って、娘に花かつおを渡して、「これを掛けてね」。


R7
カツオ掛けオクラ

何と言う名前の料理か知らないが、これは、自分の好きな料理。


R8_20200419043501
本日の夕食

どちらも結構美味しかった。和風のおかず。

私、「美味しいだろ?」。

娘、「うん」。

因みに、食べる前に一応奥さんには「食べる~?」、って声を掛けたのだけど、「お腹空いてない」、だった。

この2品だけではちょっと寂しかったので、食べ終わった後に最初の写真の「スイカの輪切り」、を食後のフルーツとしたのでした。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




« 食卓の国境線(主にタイ料理) | トップページ | カボチャのスープ »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

「葱」: 切っても目、鼻は大丈夫ですか?お嬢さまは?

(それとも、とても切れ味の良い包丁を遣っておられ、刺激物の空中放出はなし?)

ロゼッタ大々的中のご感想をぜひ!!

P-tax様、コメントありがとうございます。

玉葱を切る時はよく「目が痛い」と言ってます。

ロゼッタは値動きの変動が激しい株で、いいと思った途端に下げ始めて、此処まで下げるか、って事がよくある会社なので、まだ疑ってます。
でも、まあ、先週の動きは良かったです。

スイカの輪切りとは斬新ですね。
確かに楕円形だと切っても櫛形にはならないし、深みがあって食べにくいですね。
志村けんが瞬時で食すスイカの食べ方は、タイの場合難しそうですね(笑)

zurru様、コメントありがとうございます。

スイカの輪切りは、切るのが面倒くさかったのと、ラップに包んで取って置くときに包み易いと思って試しにやって見ました。

タイのスイカは楕円状なので思い付きました。

因みにタイ人は、スイカの赤い所を皮から切り離して食べる事が多いようです。
屋台のスイカ売りでも、皮と赤い身を切り離してから、身に切り込みを入れて、三角形にしてくれます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食卓の国境線(主にタイ料理) | トップページ | カボチャのスープ »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼