« カボチャのスープ | トップページ | パーンへ(街道の花) »

2020年4月22日 (水)

タイ料理は不味い(5)

2020/04/21(タイ料理は不味い)(5)

タイの揚げパンと甘い豆乳をご飯の代わりに食べていて、ふと思った。

確かに、お腹が空いている時に微かに甘い揚げパンは美味しい。しかも、後を引く美味しさがある。

しかし、これって正しいのか・・・?。

よく考えると(よく考えなくても)この組み合わせ、肉も野菜も無い。非常に栄養の偏った(?)食事だと思う。

揚げパンだから油分も有るし、揚げパンも豆乳も甘いので糖分が入っている、パンのでん粉と油と糖分でカロリーは満たされそうだが、タンパク質とか他の栄養素が殆ど無い(?)。
豆乳の原料は大豆だから、その分の栄養は多少は有るだろうけど、食事として十分とは言えない気がする。

これは、体に必要な栄養を摂る為の食事では無くて、取り敢えず体を動かすのに必要なカロリーを得る為だけの食事ではないか。

よく考えて見ると、タイにはこういった発想の食事が多い。
兎に角、何でも甘くしたり、大量の油を含んでいたり、そうやってカロリーを水増ししている料理が多い。

極端に辛かったりするのも、辛さで誤魔化してご飯を食べる為ではないか。ご飯を食べればカロリーは取れる。
(暑くて食欲のない時、辛いカレーを食べる、というような発想)

臭いのは良く分からない。臭いと食欲は抑えられると思うが・・・?。
これは、熱帯で物が腐るのが速く、保存の仕方も悪い、古く成って腐りかけた物を別の匂いで誤魔化したのが習慣化したものかもしれない。
(ハーブの殺菌作用を利用して防腐剤としたという事もあると思う)

兎に角、和食の発想の様に、素材の美味しさを最大限に生かす、栄養の有る美味しい素材をバランス良く集めて料理する、という考えが無い。

どうもタイ料理って豊かさが感じられない。
栄養バランスや美味しさは二の次で、取り敢えず食べられればいい、という発想。

日本の刺身の様に、新鮮ないい素材を美味しく食べる、という努力に欠ける。

中には、カオニャオとソムタムとガイヤーンの組み合わせの様にバランスのいい物も有るが、全体として、タイ人の食べ物の選び方って豊かさが感じられない。
「貧そう」な食事というイメージ。


追記。

「揚げパン」に関するコメントが有りましたので、参考までに自分が食べた「揚げパン」に似た物の写真です↓。


Q4_20200422125301
揚げパン(パトンコー?)
ネットで検索したものからのパクリです。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



« カボチャのスープ | トップページ | パーンへ(街道の花) »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

「揚げパンと豆乳」の組合せが、タイで発想されタイ独自の食べ方と思われ、それを基にタイの食文化を批評されている様に見えます......
どうでも良い事かもしれませんが、「揚げパンと豆乳」の組合せは、中国や台湾が元祖で、タイより一般的と思います。ちなみに、「揚げパン 豆乳 台北」や「揚げパン 豆乳 上海」でインターネットを検索してみれば、おわかりになられると思います。

余計なことかもしれませんが........、お気を悪くされません様に!!

P太郎様、コメントありがとうございます。

ご見識のとおりだと存じます。

なお、アメリカの貧困層(7~8千万人?)も空腹を満たすだけの食事のようですね。

P-tax様、コメントありがとうございます。

貧困という事の影響は大きいと思いますが、問題は栄養のあるものを美味しく食べる努力だと思ってます。
手間暇かけるのが偉いとは思いませんが、「安易に」甘くしたり辛くしたりして「誤魔化す」というタイ人の姿勢に疑問を感じています。

因みに、本場の中華料理は殆ど知りませんが(香港の旅行で食べた事はあります)、横浜の中華街やタイのヤワラーで食べる範囲では、中国人は「栄養のあるものを美味しく食べる努力」はしていると思います。

againです。

「安易に」甘くしたり辛くしたりして「誤魔化す」というタイ人の姿勢:

ご指摘で一瞬にして長年の疑問(タイでは日本人の代名詞になっているという某社の風味調味料がなぜ何十年もバカ売れなのか。)が氷解しました。

迷人様  こんにちは。
タイ飯が美味しいか不味いかは。。。🤔、コックさん次第と言うことにしておいて。。

タイ飯は炒める、揚げるが殆どでゲーンでも炒めてから作るらしいのでほぼ全ての料理に油が多く使われていますね。目玉焼きでも中華鍋で作るので焼いて❓いる様で揚げていますね。

タイ飯は殆どが油ギトギトなので、私は自分の健康管理としてタイに居ながら、日本にいる時と同じ様に自炊しています。食生活は健康管理の基本ですよね。今ではタイでも色々な食材が入りますし、ネットで作り方も簡単に分かりますしね。

たまに近くの食堂に行くとそこの子供が何時も、カオムートート(豚肉をニンニク風味で揚げてご飯に乗せた)を食べています。子供はもう既に太って将来がとても心配になります😨😨

なるべく油や糖分の摂取を少なくする様に努めた方が良いと思います。。なので日本食>タイ飯じゃないですか❓ タイ人でも日本食のバランスの良さが分かって来ていますよね。

よっちゃん様、コメントありがとうございます。

確かにあの「油ギトギト」、何とかならないものかと思います。
奥さんの作る玉子焼きも「油ギトギト」、ですが、ローカルな外食の玉子焼きだと、油も悪い様に感じます。
それでも、他のおかずが(自分にとって)得体の知れない物だと、消去法で揚げた玉子焼き(?)を食べる事もあります。
まあ、もうタイに来て18年経ちますので、諦めと慣れはあります。

揚げパンとはバトンコーのことですか?

オボー様、コメントありがとうございます。

実は、「パトンコー」、の定義がイマイチ分からなかったので、「揚げパン」、と書きました。
現物は食べてしまってもう無いので、ネットで見た目のほぼ同じ物を探したので、パクリですが、その写真を本文中に載せます。

補足。
別に、揚げパンがタイの不味い食べ物の象徴、という事を言いたかった分けでは無いです。
揚げパン自体は、本文中にも書いて有りますが、ちょっと美味しい、と思います。
ただ、栄養バランスを考えず、砂糖と油で誤魔化すような、それを食事代わりにするような、そんな姿勢に疑問を感じました。

揚げパンは美味しいですよね。
でもたまに食べるからかな。
バンコクで初めてタイの卵焼きを食べた時はびっくりしました。
卵と油が同じ量なんじゃないかと(笑)

zurru様、コメントありがとうございます。

揚げパンはお腹が空いている時に食べると美味しいです。

娘がたまに作る玉子焼きは、自分の作る玉子焼きと同じです。
タイでも、ホテルのビュッフェなどのオムレツはそんなに油を使ってないので、自分ぐらいの油の量が世界標準かも、と思ってます。
将来、タイ人も油の多過ぎに気が付いて、普通の玉子焼きを作るように成るかもです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カボチャのスープ | トップページ | パーンへ(街道の花) »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼