« 食卓の国境線(アジフライなど) | トップページ | TOPSにてタイの果物2 »

2020年5月16日 (土)

TOPSにてタイの果物

2020/05/15(TOPSにてタイの果物)

5月は色々な果物が出回る季節。
タイのスーパーマーケットTOPSにも色々な果物が並べられている。
タイ(熱帯)独特の果物も有るし、日本にも馴染みの有る果物も多い。

今回は2回に分けて、今この時点でTOPSの店頭に並んだ果物を紹介します。
(自分の好き嫌いも併せて書きます)
(味の評価は、自分の感覚です)

尚、「タイの果物」、と書くと物知りの方から、「それはタイの果物では無い。中国産だ」、とかいうコメントを頂く事が有りますが、自分の様な生活者の立場で言うと、産地はそれ程重要では無いです。
売っているかいないか、買えるか買えないか、という問題です。

また、日本の読者の方の為に補足すると、TOPSはタイではやや高級な方のマーケットなので、一般の市場(タラート)より輸入物が多かったり、季節外の物が置いて有る事も多いです。
それでも、よく見れば季節を反映した品揃えに成ってます。


先ずは、日本でもよく見かける果物から。


Y1_20200515221201
左上、梨。中央、りんご。右上、柿。

梨は数年前(5年程前?)から見る様に成ったが売って無い事も多い。不味くは無いが、日本で売っている梨の方が美味しい。

りんごは売り場面積で他の果物を圧倒している。赤いりんご、緑のりんご、大きいりんご、小さいりんご、高いりんご、安いりんご、と種類も豊富。
季節性は無いように感じる。いつでも売っている。
割と、価格が正直に味に表れる果物で、値段の高い物は日本と同じレベルか、日本で売っている物より美味しい。安い物は酸っぱい。

りんごはBIG-Cでも売り場面積が大きい。
売り場面積の大きさがタイ人の好き嫌いに比例するとすれば、TOPSやBIG-Cの顧客の一番好きな果物はりんご、という事に成る。
まあ、そんな事もないと思うが、りんごがタイ人の心を大きく惹き付けているのは確かだと思う。

柿は売って無い事も多い。季節性は分からない。
自分が好きな果物なので、見付けると偶に買うが外れも多い。
今回は試しに1個買ってみた。1個69バーツ。美味しい柿だった。


Y2_20200515225701
スイカ

タイのスイカはラグビーボールの様な長細い形。
味は日本のスイカとほぼ同じだが、日本で売っている、いいスイカの方が甘味が強くて美味しい。
偶に買うのだけど、自分以外余り食べないので食べ切るのが大変。
いつでも売っている気がする。


Y3_20200515230101
バナナ

自分は小さいバナナ(モンキーバナナ)が好き。
日本もタイもバナナは安い。
パーンの家でもバナナは採れるが、甘みが少し弱いので売っているバナナの方が美味しい。
季節性は無い(と思う)。


Y5_20200515230501
オレンジ(?)

日本のミカンみたいのもよく有るがこれは大きいのでオレンジ(?)。
食べた事が(殆ど)無いので分からない。


Y7_20200516211301
ぶどう

奥さんが好きなので、ぶどうは割とよく買う。
緑や紫、黒っぽい物もある。日本と違って細長い物が殆ど。大体種無し。
巨峰とかと比べると日本のブドウの方が美味しいが、一般的にはほぼ日本のレベルの味。
季節性は無いと思う。


続いて、自分が熱帯らしいな、タイらしいな、と感じる果物。


Y11_20200515232901
マンクット(マンゴスチン)

果肉が白い果物。
自分は上品な甘さで美味しいと思う。
爪を立てて剥くときに上手く剥かないと苦みの有る外郭(5mmぐらいの厚さ)の部分が混ざるのが欠点だと思う。

雨季の果物で出回るのはこれかららしい。


Img_0474
マムアン(マンゴー)

3月頃(?)から出回る、今が正に旬の果物。
チェンライではよく採れる(タイじゅう何処でもよく採れる?)。
パーンの家でも沢山採れる。
でも、家で採れる期間が有るので、それ以外は奥さんは買う事も多い。

まだ青いマンゴーもタイ人は良く食べるが、酸っぱいので自分は余り食べない(野菜だと思って食べる事もある)。
よく熟れたマンゴーは甘味が強くて美味しいと思う。
タイに来た当初は余り美味しいとは思わなかったが、段々食べて行く内に美味しいと思う様に成った。
でも、当たり外れは有る。


Img_0476
マラコー(パパイヤ)

雨季の果物らしい。

自分はこの果物の臭みが嫌い。出されても食べない事が多い。


Img_0464
ケーオマンコン(ドラゴンフルーツ)

派手な外観で、タイに来た当初は如何にも熱帯らしい果物と思った。

中身は白い果肉か赤い果肉。
水っぽくて、薄甘い味。胡麻の様な黒い粒々が入って入るが味に影響は無い。

出されれば食べるが、特に美味しいとは思わない。

これも雨季の果物らしい。


Img_0469
ンゴ(ランブータン)

謎の生物のような外観で、怪しげで如何にもタイらしい果物だと思った。

果肉自体は不味いとは思わないが、食べている時、なんか余計な物が混ざるのがイマイチ。
嫌いという程ではないが、「好き」と言える果物ではない。


以下次回、ドリアン、リンチー、などまだまだ有ります。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





« 食卓の国境線(アジフライなど) | トップページ | TOPSにてタイの果物2 »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

豊富で羨ましい。

次回は、イチゴも登場でしょうか?(タイのいちごは日本品に負けないとか。)

P-tax様、コメントありがとうございます。

イチゴは売って無かったみたいです。
多分、季節的にイチゴはもう終わってます(2月頃まで?)。

訂正。
勘違いでした(?)。
今日(5月16日)行ったら売ってました。

日本は手間暇かけて栽培するのでおいしいのは当たり前で値段も高い。タイは安くてうまい

オボー様、コメントありがとうございます。

確かに日本は高いけど美味しいです。
あと、自分の子供の頃から比べると、日本では殆どの果物が甘く成ってます。
品種改良の成果が大きい気がします。
日本とタイは気候が違うので、日本で品種改良されたものをそのままタイに持って来ても上手く栽培出来ないという事も有る様な気がしています。

今回は売っていませんでしたがイチゴなど、日本の方が来て栽培されても、それまでのタイのイチゴよりは美味しい物が出来ても、なかなか日本のレベルには追い付かないみたいです。

日本の果物は、品質改良が進んでどれも甘く、美味しくなりました。
でも、その分値段が高くって…。
タイでは安くって、気兼ねなくたらふく食べられるので最高です。

zurru様、コメントありがとうございます。

タイに来始めた頃(18年前)と比べると、果物は日本的な物も色々売る様に成りました。
タイに(あまり)売って無くて食べたいと思う果物はビワとモモぐらいです。
ただし、イチゴ、スイカ、ブドウ、などは日本の物が食べたいと思う時は有ります。

イチゴは日本製にはかなわないですね。メーサイからチェンライまでの国道沿いにイチゴとジュースの販売店が軒を並べていますがやはり、日本製にはにはかなわないですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食卓の国境線(アジフライなど) | トップページ | TOPSにてタイの果物2 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼