« 娘とやよい軒 | トップページ | 本日の利益 »

2020年6月16日 (火)

父と娘の料理教室(牛丼)

2020/06/15(父と娘の料理教室)(牛丼)

料理教室と言っても、最近は作るのは殆ど娘で、自分はネットのレシピを見ながら手順を指示するだけ。
ここ1週間は奥さんがいないのでほぼ毎日1~2食は娘と作っている。
(因みに、コロナの影響で娘の学校は6月は休校中)

で、今朝は牛丼。
そろそろ奥さんがチェンマイから帰って来る頃なので、牛丼を作るなら今の内。
(奥さんは牛肉を食べないが、娘は牛肉大好きっ子)

パソコンを開いて牛丼のレシピを見て、材料を集めてから「お~い、牛丼を作るぞ~」、と娘を呼ぶ。


N3_20200617003801
ユーチューブで牛丼の作り方を検索

牛丼なんて玉葱と牛肉を煮るだけだけど一応レシピを確認して(ほぼ)その通りに作る事にした。


N1_20200617004501
牛肉と玉葱

写真右下は大根おろし器兼スライサーの機器。

牛丼を作ろうと思って牛肉と玉葱を買って来たのではなく、牛肉と玉葱が有ったから牛丼を作ろうと思った。

玉葱は、「切ってね」、と言ったら娘は写真の形に切った・・・正解!・・・。


N2_20200617004701
レシピに従って、水、砂糖、味醂、料理酒、醤油を入れて最後に生姜を入れる。

水は自分が適当に入れて、その後娘に「醤油大さじ2、酒大さじ2、味醂大さじ1」、と指示。

その後、「砂糖大さじ1.5」、と言ったら、「砂糖が多過ぎない?」、と言うので、大さじ1ぐらいに変更。
色々やってみて、自分の好みの量が分かるように成ればいい。

レシピには生姜は少々、と書かれていたので、ここは適当に。尚、生姜は自分がおろした。

生姜は前の写真右下の大根おろし器を使っておろした。

料理に使う小道具は(タイにも売っているかも知れないが)日本から持って来た物が多く、大根おろし器兼スライサーも日本から持って来た物。
娘には最近、リンゴのすりおろしをやらせた事が有る。

あと、娘は皮を剥くとき、包丁よりもピーラーの方が使い易い様で、よく使っている。

段々、道具の使い方も覚えて、料理の幅も広がる。
和食作りに関してはもうお母さんを抜いている。
まあ、お母さんは殆ど料理をしない人なのだけど。


後は、玉葱を煮て適当な所で牛肉を入れて、更に煮るだけ。


牛丼作成中(動画)

牛肉を入れるタイミングと出来上がり(火を止める)のタイミングは今回は自分が指示。
次からは、娘が自分で判断出来るかな?。


N5_20200617013801

完成した牛丼

写真は自分の分。娘の分もほぼ同じ量。
お肉多めの牛丼。
レシピより牛肉の比率が高いのだけど、残しても面倒なので1袋全部使った。

日本の「吉○屋」さんの牛丼やタイの某日本食店の牛丼より美味しい。
娘と「○○の牛丼より、こっちの方が美味しいね」、と話し合った。
これは、料理の上手い下手と言うよりは、(まあまあ)いい牛肉がタップリ使ってあるからで、余程作り方を間違えなければ自家製の方が美味しくて当たり前。
因みに、甘さ(砂糖の量)はユーチューブのレシピより少なめにして正解だったかも知れない。

これに、紅ショウガと玉子があれば完璧なのだけど、紅ショウガは(滅多に使わないので)置いてない。
玉子は有ったが、買ったばかりの玉子ではなかったので、ここはタイなので、心配なので使わなかった。

後は、サラダと漬物で朝食。

食後にりんごも食べたので、栄養バランスとしてもまあまあじゃないかと思う。

1人分だけではわざわざ料理を作るのも面倒くさいし、娘と2人だと手間も半分ぐらいに成るので、ここ1週間は色々よく料理をしてそこそこ旨い物が食べられた。

ついでに、「娘に料理を教える」という大義名分(?)も果たせたので、色々無駄なく良かった。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





« 娘とやよい軒 | トップページ | 本日の利益 »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

今は作業工程全てをお嬢さんがなされるようになったのですか!
良かったですね。
牛丼の出来栄えも、とても美味しそう。
これからはちょっぴり楽出来そうですね。

zurru様、コメントありがとうございます。

色々と役に立つように成りました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 娘とやよい軒 | トップページ | 本日の利益 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼