« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月の21件の記事

2020年8月26日 (水)

督促状など

2020/08/26(督促状など)

以下は、自分のメモ的な意味も有るので、面白くは無いかも。
日本とタイの2重生活は面倒な事も多いというお話です。

生活の中心はチェンライだが、経済的な基盤は日本に有り、東京都杉並区民と千葉県大網白里市の準市民と山梨県北杜市の準市民をやっているので、長期間日本に居ないと税金の関係など色々と支障が出て来る。

今回9ヶ月振りに8月18日に帰国して、先ずは締め切りの迫っているものから手を付けた。
一番先に締め切りが来るのは、特別給付金の申請で、それは8月24日だったので既に手続きを済ませた。

次の作業は締め切りが今月末、8月31日の分。


Q1_20200826012301
加給年金の受領に必要な、生計維持確認届、関連資料

誕生月の末日が提出期限で、8月生まれの自分は8月31日が提出期限だった。

加給年金は奥さんや子供が居ると年金額が増額されるもの。
提出しないと支給は止まる。
しかし、遅れて提出しても遡及して支払われるので損する事は無いが、期限内に提出するに越した事は無い。

プレプリントされたハガキに住所・氏名などを書いて切手を貼って投函するだけなので面倒な事は無い。

これも既に投函したので、8月31日には間に合うハズ。

次に、「督促状」が3件来ていた。いずれも税金の納付の遅れ。


Q2_20200826014601
国民健康保険料の督促状など

6月15日頃に10回分の納付書が来て、その内の初回の分に対する督促状が来ていた。
督促状の納付期限は8月31日だった。
10回の分納は面倒だし、日本に居ない時も有るので全期分一括で払い込んだ。

余談。
特別給付金の申請届と年金の生計維持確認届は夜間にポストへ投函した。
払い込みの有るものは、一応、人通りの少ない夜間に行ったが、コンビニは入るしかない。
(当然マスクはして、長居はしない様にした)
(今の時期、自分が感染するのも怖い)
(今、日本で感染しても、タイでの感染が疑われると問題が大きく成る)
(14日間が過ぎた後はたとえ感染しても、タイは関係なく成るので大分気が楽に成る)


Q3_20200826021101
千葉県の大網白里市から来た固定資産税の督促状など

多分4月頃、1期分から4期分までの納付書が来て、その後1期分の督促状が来て、更にその後に2期分の督促状が来たらしい。
1期分と2期分を督促状で支払い、3期分と4期分を4月に来た納付書で支払った。

通常の年でも、税金等の支払いが遅れない様に、出来るだけ自動的に銀行振り込みに成るように手配してあって、山梨県北杜市の固定資産税とか市民・県民税は郵貯銀行からの振り込みにしてある。


その他、自動的にされた(予定を含む)引き落とし等。

杉並区、介護保険料は年金からの自動引き落とし。
杉並区、特別区民税・都民税は年金からの自動引き落とし。
東京都、固定資産税・都市計画税は銀行(みずほ銀行)からの自動引き落とし。

纏め

  国民健康保険 介護保険 固定資産税等 住民税等
東京都杉並区 セブンイレブン 年金より引落し みずほ銀行 年金より引落し
千葉県大網白里市   ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐   ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐  セブンイレブン  ???
山梨県北杜市   ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行


当面8月末までの年金・税金関係はクリアしたと思われるが、まだ、何か見落としが有るかも知れない。


その他、受け取りに関するもの。

子育て臨時給付金、10000円がみずほ銀行の口座に振り込まれているハズ。
(みずほ銀行やゆうちょ銀行の記帳は9月2日以降に行う予定)
児童手当は昨年度、娘が15歳に達した為、今年度より支給無しの連絡が来た。


感想。

「税金で取って、給付金で還元する」、全く面倒くさい。
税金を徴収する方(役所)も払う方(自分)も、相当な手間を掛けている。
税金で集めた金を給付する方(役所)も、受け取る方(自分)も、相当な手間が掛かっている。
だったら、最初から余計な税金など取らずに、余計な給付もしなければ、役所の人員も減らせるし(それだけ、人件費も減らせる)、国民(自分など)も余計な手間暇を掛けずに済む。

今回のコロナの臨時給付金だって、貰えればちょっと嬉しい気もするが、10万円の受け取りに掛かる事務コストは相当掛かっているハズで。
その分の付けは結局国民に跳ね返って来るのだから、長い目で見ればマイナスに成ると思う。
政治家の人気取りに国民が踊らされているだけ。

この事だけでは無いが、こんな無駄な事をやっているから、世界の経済的成長に日本が取り残されて行く。


ちょっと話が逸れましたが、今後の話として。
外出が原則出来ないので9月2日以降にならないと手が付けられない作業がまだ沢山残って居る。
(コロナの危険地帯の?)新宿に行く用事も幾つか有る。
まあ、コロナ自体は統計的に見て、(罹患率が低いし、重症化率もそれ程でも無いので)そんなに心配はしていない。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html






2020年8月25日 (火)

保健所からのメール

2020/08/22(保健所からのメール)

外国帰りの人間がコロナを発症してないかの確認のメールが来た。
(普通はLINEの方が多いらしいが自分はメール対応)


R1_20200825014901
杉並保健所から来たメール

朝8:30に来たメールを15:00頃までに返信する。
報告は後半の5問のみ。

この程度の作業は何でもない。こんな事でコロナの感染の広がりが防げるなら協力します。

9月1日まで、自宅待機中の迷人でした。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2020年8月24日 (月)

コロナ禍の帰国(空港から自宅まで)

2020/08/24(コロナ禍の帰国)(空港から自宅まで)

バンコクからANAの夜行便で飛んで来て、朝の6時頃羽田に着いた。

羽田では先ずコロナの抗原検査をする。
抗原検査の時に提出する質問票などの書類は既に飛行機の中で記入済。


S40
検査会場までの通路

検査会場までは結構歩く。
折角、動く歩道が有るのに何故か歩かされた。
この辺がお役所仕事なのかな~という気がした。

この後の抗原検査については既に「擬陽性の恐怖」、の記事で書いて有るので省略する。

抗原検査が終わって、結果が分かって、待合室を出て、最後に係官とその後の事について話す。


S43
自分は最後にこのピンクの紙を貰った

抗原検査で陰性判定を聞いた後、検査結果の待合室を出た所で、係官から14日間の待機場所と、そこへの行き方について質問を受ける。
ただし、その事は「申告書」に既に書いて有るので、係官はそれを口頭で確認するだけ。

「係官が、駐車場まで着いて来て、車に乗る所まで確認する」、と書いて有る記事も有ったが、それは無かった。
ここで、ピンクの紙を受け取った後は、1人でイミグレに向かった。

なので、別にハイヤーやレンタカーなど予約をして無くても、或いは家族や友人の迎えなど無くても、そういう事にしてしまえば多分、そのままイミグレに行けると思うが、それは明らかな嘘をつく事に成る。
(虚偽申告?、大袈裟に言えば公文書偽造?・・・法律は詳しく無いので分からない)

或いは、此れからハイヤーを予約するとか、此れからレンタカーを予約する、という事でとおるのか・・・?。
日本でネットが使えるスマホを持っていれば出来ない事も無いか・・・?。

また、自分はピンクの紙を貰ったが、待機場所をホテルにした人は別の色の紙を貰っていたようだった(どういう人がどういう紙を貰うのかはちゃんと確認して無い)。

その他、気に成った点。

① LINEでやり取りをする事を承諾するサインみたいなのが有って、自分はLINEの使い方に不安が有ったのでサインをせずに提出して係官に聞いたら、「外国の電話番号のスマホは、今回のコロナのLINEのシステムでは使えません」、みたいな事を言われて、メールでのやり取りをする事に成った。
でも、本当にタイの電話番号のスマホではコロナの連絡システムでLINEは使えないのか、ちょっと疑っている。
(タイのAISで使っているスマホでも、日本に持って来て家のWi-Fiで普通に使えるけど)

② タイ人らしい2名の女性が係官と話しているのをちらっと聞いたら、日本での連絡先が分からなくて(日本での連絡先が無くて?)係官が困っているようだった。

③ 日本での待機場所や待機場所への行き方を考えずに帰国した人も居た様で、検査結果の待合室で電話して知り合い(家族?)とどうしようか連絡を取り合っている人も居た。
何も用意して無ければ、多分、コロナの防疫担当が用意した車で、担当が手配した隔離用のホテルへ案内されるのだと思う。
(「何も用意してなければ・・・」、この条件は自分の勘違いかも知れない)
(更に追記。厚生労働省の新型コロナウィルスに関するQ&Aに「移動手段が確保できない場合、(中略)ご自身で空港周辺の宿泊施設等を確保して、そこで待機~」、と書いて有りました)

④ 自分がチェンライでネットで予約したハイヤー(実際はマイクロバス)は8時に配車して貰う事に成っていた。
しかし、コロナの結果が分かるのが8時を過ぎそうだったので、羽田空港のフリーWi-Fiを使ってネットで「少し遅れます」、とメールした。
運転手の電話番号も聞いていたので電話した方が確実だったと思うが、タイで買ったスマホは圏外で使えなかった。
後から、気が付いたのだが、検査結果の待合室にも公衆電話が有ったので、それで連絡すれば良かった。


その後、イミグレも特に問題なく、預入荷物を受け取り、税関を通り、保安エリアを抜けた。


S44_20200823030401
羽田空港の国際線保安エリアを出た所

ここから、ハイヤーの駐車場所へ向かった。


S46_20200823030701
ハイヤーじゃなくてマイクロバス

1台貸し切り。


S48
自分以外お客は居ない

羽田から杉並区の自宅まで30000円だったのだけど、後から15000円の業者も見つかった。
まあ、面倒くさかったのでそのまま予約した。
しかし、此処でちょっと不思議に思ったのは、ハイヤー乗り場にも、このマイクロバスが止めてあった駐車場にも、他にそれらしき車が止めてなかった事で、皆さんどうやって帰ったのだろう?。


S50
自宅前の敷地は雑草が伸び放題に成っていた

除草剤を撒いて置いても9ヶ月も経てば雑草も伸びる。

まあ、郵便物は郵便受けにちゃんと収まっていたし、泥棒にも入られて無いし、家の破損も無かったし、水道、電気、ガス、ネット(Wi-Fi)もちゃんと使えたし、取り敢えずは無事、家に着いた。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2020年8月23日 (日)

コロナ禍の帰国(空の旅)

2020/08/23(コロナ禍の帰国)(空の旅)

いよいよ日本に帰れる。
いつもなら、ちょっと嬉しい感じもするのだが、今回はいつまたタイに戻って来れるか分からないので、ちょっと寂しい感じもする。


搭乗開始のアナウンス(動画)

搭乗はソーシャルディスタンスを守って(一定の距離を空けて)指定された順番で行う。
もっとも乗客は全部でも15人ぐらいしか居ないので直ぐに終わった。


S24_20200822170001
ガラガラの機内1

そういえば、書き忘れていたが空港内も機内も、何かを食べる時以外は常にマスクをしていた。
自分も他のお客さんも空港関係者もCAさんも。


S26_20200822170101
ガラガラの機内2

少しは乗客も居るが、自分の見渡せる範囲では5人ぐらいしか居なかった。
こんなに少ないのは初めて。
以前、サーズが流行った時も少なかったが、今回はそれよりも遥かに少ない。

CAさんは通常の人数だった様で、客が少ないのでサービスは良かった。

席について暫くしてCAさんが、コロナに関する質問票や申告書、羽田での抗原検査に関する説明書などを持って来た。

ここ数年はLCCばかり乗っていたので、客席にディスプレイが有ったのを「オオー」っと思った。
そういえば、昔はディスプレイ付きの飛行機に乗っていたな~。

座席の間隔もスクートやエアアジアよりも広い。やっぱり、レガシーキャリアはいいな~、と何故か感心した。

座席は、いつも通路側を予約する。今回も通路側の席を取ったが、前後左右誰も居ない。CAさんに断って窓側に移動した。
っていうか、途中、寝た時は繋がっている3席独占。


S30
空から見たバンコクの灯り

これで暫くタイとはお別れ。次にいつ戻って来れるか見通しは立たない。

まあ、折角、空いていて快適な機内、どうやって日本まで過ごそうか・・・。
3席空いているから横に成って寝ようか、はたまた、久しぶりのディスプレイ付きなので映画でも見るか。

結局2時間半ぐらいは映画を見て後は寝た。


ちょっと目が覚めた時に(日本時間4:30頃?)CAさんが「お食事にしますか?」、と聞いて来たのでお願いした。
外はまだ暗い。


S32_20200822172401
機内食、そぼろ弁当

洋風か和風の選択で、和風を選んだ。

不覚(?)にも、このそぼろ弁当「何て美味いんだろう」、と感激してしまった。
それだけ、如何に日頃、食べ物に恵まれていなかったか、という事だと思う。


それから暫くうつらうつらして、ふと窓を見たら夜が明け始めていた。


S34
もうすぐ夜明け



S35
夜明け



S36
夜が明けて雲海の上を飛ぶ飛行機

もう直ぐ日本。久しぶりの日本。
通常はタイ滞在は3ヶ月以内、長くても4~5ヶ月なのに、今回は約9ヶ月振りの日本。
嬉しい様な気もするが、日本に来てしまうといつタイに戻れるか分からないので、いつもと違って、ちょっと気が重い。

飛行機は予定通り6時(日本時間)に羽田に着陸した。


S38
2020年8月18日、6:20頃、羽田空港

この後、先ずはコロナの抗原検査がある。


以下、「コロナ禍の帰国(空港から自宅まで)」、に続く。
抗原検査ついては既に公開した「擬陽性の恐怖」、を参照。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2020年8月22日 (土)

コロナ禍の帰国(スワンナプーム空港)

2020/08/22(コロナ禍の帰国)(スワンナプーム空港)

日・タイの移動に関する記事は、いつもアクセス数が多い。
それだけ、皆さんが関心を持つ話題という事だと思う。


S1_20200821115401
日本ブログ村、タイ情報カテゴリーの記事別アクセス順位

つい最近、自分のブログの、タイから日本への移動に関する記事が1位と2位に成った。こういうのは珍しいし、ちょっと嬉しい。
(2020/09/23 14:50 追記、今、この記事「コロナ禍の帰国(スワンナプーム空港)」も、日本ブログ村のタイ情報でアクセス数1位に成った)

元々皆さんの関心の高い、日・タイ移動の記事に話題のコロナが重なってより多くのアクセスが集まったものと思われる。
なので、もう少し「コロナ禍の帰国」に関する記事を書いて見ようと思う。

今、この時期に帰国する人は少ないので、情報を発信出来る人も少ないと思うし・・・。

時系列で示すと、今回の、タイ⇒日本、に関する記事の構成は以下の様に成る。

① コロナ禍の帰国(スケジュール編)
② コロナ禍の帰国(スワンナプーム空港)
③ スワンナプーム空港の国際線保安エリアはガラガラ
④ コロナ禍の帰国(空の旅)
⑤ 擬陽性の恐怖
⑥ コロナ禍の帰国(空港から自宅まで)

こんな感じで纏めてみる。
尚、①③⑤は既に書いた。

今、この記事は「②コロナ禍の帰国(スワンナプーム空港)」編に当たる。

①~⑥は大体時系列で書くが、②と③及び⑤と⑥は、一部時期が重なっている。


S4_20200821203101
スワンナプーム空港4階、出発フロアの入り口付近、2020年8月17日、15:20頃撮影

バンコク市内での用事を済ませて、奥さんと2人でタクシーでやって来て、この写真の辺りでタクシーを降りた。

ラッチャダーのソイ3からのタクシー代は220バーツ(端数のチップを含む)プラス、高速道路代25バーツ。

今日の空港での予定は、先ずは奥さんを17:50スワンナプーム発⇒チェンライ行のタイ航空(機材はタイスマイル)の便に乗せて、その後、自分が21:45スワンナプーム発⇒羽田行のANA便で帰国する。


S6_20200822032601
前の写真のの入り口を入った辺り

国内線の保安エリアへの入り口は写真の左奥に有る。
国際線の保安エリアへの入り口は写真の右奥。

写真左側はスワンナプーム空港の運行状況の掲示板。
国際線は殆ど(90%ぐらい)CANCELLEDと表示されていた。

コロナの影響で国際線は殆ど飛んでないので、立ち入り禁止の場所とかがロープで囲ってある事を想像したが、4階の出発(Departures)エリアに関しては通常と変わりが無かった。
ただし、国際線のチェックインカウンターの有る辺りはお客が少なくひっそりとしていた。


S8_20200822033301
奥が国内線の搭乗カウンター

国内線は便数は減っているが飛んでる便も多いし、お客も結構居る。

ちょっと早く着き過ぎたので、一旦座って暇潰し。


S10_20200822121601
3階の Shops & Restaurants 街 16:00頃

4階で奥さんの国内線の搭乗手続きを済ませた後、2人で、ちょっと散歩して3階の様子を見に来た。

殆どのお店は営業しているがお客は少ない。
暇そうにしている従業員が多い。

最初の予定ではここで食事でもしてから奥さんをチェンライに送り出す積りでいたが、バンコクでの用事が意外にアッサリ終わって、市内で既に食事を済まして、その後スタバでコーヒーも飲んだので、レストランには入らず。


S12_20200822125101
ANAのチェックインカウンター、2020年8月17日、19:00頃

16:40頃、奥さんを国内線保安エリアの前で見送って、まだ時間が有るので、もう一度3階に行ってジュースとサンドイッチを食べたりして時間を潰した。
また4階に戻ってANAのチェックインカウンター前の椅子に座って居たら、搭乗手続きが始まった様なので、自分もそこに向かった。

お客は2組ほど見たが列を作る様な状態じゃない。
全く並ばずに搭乗手続きは出来た。
コロナで何か特別な作業が有るかなと思っていたが、特に変わった事は無かった。ただ人が少ないだけ。

特にする事も無いので、搭乗手続き後、直ぐに国際線の保安エリアへ向かった。

イミグレや機内持ち込みの荷物検査も無事に通過して・・・。


S20_20200822131301
国際線の保安エリア内のショップはガラガラ

以前の記事、「スワンナプーム空港の保安エリアはガラガラ」、でも書いたが殆ど客が居ない。
居るのは店員や空港関係者らしき人ばかり。

でも、お店は7~8割がた開いていた。店員は普段より少ない様に感じた。

まあ、普段の時でもグッチとかの高級ブランドショップに人が入って入るのを殆ど見た事は無いが、店の前を歩いている人が居ないのがいつもと違う。

ANA便の搭乗待合室に向かう時、30人ぐらいの客が集まっていた所があって、そこはドバイ行の搭乗待合室前だった。
アラブの金持ちはこういう時でも、ン十万円とかン百万円の高級ブランド物を買ったりするのかな・・・?。

写真1枚では閑散とした雰囲気が十分伝わらないと思うので以下↓動画にて。


搭乗待合室へ向かう通路のショップの様子

ホントに客も居ないし、店員も少ない。


S22_20200822161501
自分の乗るNH850便の搭乗待合室の入り口

かなり早く来たのでまだ誰も居なかった。
でも、最終的にも乗客は15人程だった。

片道(羽田⇒スワンナプーム)(?)は空便(からびん)で飛んで来て、乗客を乗せた後(スワンナプーム⇒羽田)も15人程じゃ、いつもよりも高い運賃を取っても採算が合うのか心配になった。
(運賃78200円+各種税金等2640円=80840円)


以下、「コロナ禍の帰国(空の旅)」編へ続く。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2020年8月20日 (木)

溜まった郵便物

2020/08/20(溜まった郵便物)

9ヶ月も留守にすると郵便物が溜まりまくっている。


T1_20200820154101 
郵便受けに溜まっていた郵便物、2020年8月18日、帰国直後に撮影

大きな箱に落ちる様にしてあるので詰まらなければ、もう1年ぐらいは平気そう。

取り敢えず大雑把に分類して見た↓。


T2_20200820154701
この9ヶ月間で溜まった郵便物

上から、

① 不在連絡票7枚。
② VISAカードからの雑誌や不動産の売買の広告、政治家からのレポート、チラシ広告、など、全部で約60通。
③ カード会社や電気・水道・ガス・電話などの引き落としの連絡、42通。
④ 投資している会社からの各種連絡、約110通。
⑤ 役所の税金関係や年金関係の通知、25通。
⑥ その他、比較的大事な郵便物(マスク、自動車保険関係、年賀状、東京都からのお知らせ、など)、30通。
⑦ 新聞5部。


① 不在連絡票はカード会社からNEWカードを送って来たと思われる物が4件で、これは再度手続きをする必要が有るかも知れない。

3枚は、株主優待の製品を送って来たものと思われる。
7月1日頃に帰国していれば全て受け取れたので、出来れば此処までには帰国しようと思っていたが、一旦帰国すればタイには容易に戻れないという事が分かって、それどころじゃなくなった。

勿体なかったけど、一万数千円ぐらいの景品に釣られて帰国する訳には行かなかった。


② 主に広告類なので、多分、ここには重要な物は無いと思う。内容をちょっと確認して捨てるか、一時的に保管するだけ。


③ これも、余程変な領収書(金額が異常に大きいとか)が無い限りざっと見て保管。
(通帳を記帳すれば大体分かるのだけど、記帳に行くのがちょっと問題)

ただし、今回は、チケットをVISAカードで結構買っているし、キャンセルに成ってカードへの返金を依頼したものもあるので、そこは注意して見る。


④ 投資会社関係の通知は、一応全部目を通して、必要な物は所定の場所へ保管。


⑤ 税金関係などの役所関係や年金関係の通知。ここが一番重要で、真っ先に手を付けるべき書類。

殆どが、納税期限や手続き期限を過ぎているハズなので、問題があるかも知れない。
でも、こういったものは大概の場合、遅れても何とか成るもので、しかも今回の場合、理由がハッキリしているので多分、大丈夫だと思う。

ただし、これ↓だけは「遅れたらダメです」、とタイに居る時に事前に確認したので、既に昨日(19日)手続きを済ませた。


T3_20200820164201
特別定額給付金20万円(自分と娘の分)の申請

(自宅待機期間中だが)深夜、人が居ない頃を見計らって、ポストに投函した。
(一応、マスクはして外出した)


⑥ 今回は、こんな↓物も有った。


T4_20200820162001
アベノマクス。

噂のアベノマクス、やっと手に入った・・・って、今更だけど・・・。
因みにマスクはタイから10枚程持って来た。

自動車保険関係の通知は今見ても、もう手遅れだけど、自動車の登録や、自動車税の納税、車検からやらなければならないハズで頭が痛い。
これが有るので、最初は3月に帰国する積りだったが、締め切りが特例で延びて、自分も帰国をズルズル伸ばしている内にコロナ騒動が大きく成って帰国しづらく成った。


⑦ 「新聞は入れてくれるな」、と新聞会社には以前クレームを付けたのだけど、それでも5部入っていた。
まあ、これぐらいならいいが、以前、新聞会社が勘違いをして毎日配達されたことが有って、その時は郵便受けがもう少しで詰まる所だった。
9ヶ月も留守にして、そうなる事は心配だった。
(隣の家の方に色々確認して貰った時に、郵便受けが一杯に成って無いかも見て貰った)


T5_20200820164801
空になった郵便受け

一応、9ヶ月分の郵便物の分類は済ませたが量が多い(約300)ので大変。
特に、期限切れに成った税金や保険やカードの関係の手続きには面倒なものもあるかも知れない。

しかし、どうせ14日間の自宅待機中は(テレビを見たり、ブログを書いたりすること以外は)他にする事も無いし、自宅待機が終わった後もいつタイに戻れるか分からないし、外出して遊ぶのも付き合ってくれる人が(コロナの自粛中で)居ないかも知れないし、なので時間は有りそうだし、急ぐ必要のないものはゆっくりやればいいと思っている。

(自分の知り合いの方で、このブログを読まれたら、9月2日以降は自宅待機が解けるので大手を振って外出出来ます。自分はコロナなんてそんなに気にしない(少しは気にする)ので、そこのところ宜しくです)


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




スクートからメールが来た

2020/08/19(スクートからメールが来た)

以下の記事は、事実関係をちゃんと調べずに書いてます。
その点を注意してお読み下さい。


スクートは潰れたと思ってたんだが、その(?)スクートからメールが来た。


U1_20200820121301
2020年8月19日に来たスクートよりのメール

死者からのメール?。

ちょっと調べて見たら、シンガポール航空の子会社のスクートとタイのノックエアの合弁会社としてノックスクートが設立されたらしい。
(ここで登場する会社は、シンガポール航空、スクート、ノックエア、ノックスクートの4社?)
自分が4月に使う予定だった、ドンムアン⇒成田、の便はコロナの影響でキャンセルされたが、その後、「スクートが潰れた」、と聞いた。

この、潰れた「スクート」というのは「ノックスクート」の事なのか、それともシンガポール航空の子会社の「スクート」の事なのか、或いは両方なのか?。

このメールが来た事を考えると「スクート」は生きていて、死んだのは「ノックスクート」だけと考えると辻褄が合うが、良く分からない。

自分宛てにメールが来たという事は、自分が予約したのは「スクート」で、乗る予定だったのは「ノックスクート」だったのか?。
お金を払ったのが「スクート」だったとすれば、もし「スクート」が潰れて無ければチケット代は返金されるのか?。
(もしかしたら、もう返金されているのかも知れない。まだ、カード会社の明細を見ていない)
(或いは、生きているかも知れないスクートのページも調べていない)

これと関連して、ノックエアも潰れたと聞いたが、取り敢えずそれは、自分のチケットとは関係なさそう。

因みに、19日に来たメールの最後はこう↓成っていた。


U2_20200820133101
スクートから来たメールの最後

最後も「スクートより」、と成っているので、やっぱりスクートから来たメールなのか。それともシンガポール航空が送って来たのか?。


別の話で、タイ航空も潰れたと聞いたが、先日(8月18日)奥さんが乗ったスワンナプーム⇒チェンライのチケットはエクスペディア経由で買ったタイ航空のチケットで、運行はタイスマイルの便だった。
(タイスマイルはタイ航空の子会社らしい。親が死んでも子は死なないという事なのか?)
(チェックインはタイスマイルのカウンターで行なった)
潰れた会社(タイ航空)のチケットを買うのはちょっと不安だったが、この便は予定通り運行されて、奥さんは無事にチェンライへ帰れた。
(タイ航空は死んだあとも動き回るゾンビみたいなものか?)
(或いは、冥界から霊波で子供をコントロールする魔物か?)

因みに、その後、タイスマイルも潰れるという噂を聞いたのだが、それは事実なのか?。


ついでにエアアジア。

エアアジアは潰れてないし、5月に成田⇒ドンムアンで取ったチケットは、5月の便はキャンセルされたが、その分の料金をエアアジアのクレジットに入れた分は、8月16日のチェンライ⇒ドンムアンの便(エアアジアの国内線)で使えたし、その国内線はほぼ満席だった。

そこだけ見ると、エアアジアは(このコロナ禍にあっても)健闘している様に見える。
(ただし、国内線乗り放題みたいな格安プロモーションで、客数ほどは儲かって無いかもしれない)

まあ、エアアジアには何とか頑張って貰って、もう一つのキャンセルされた便(6月末のドンムアン⇒成田と7月末の成田⇒ドンムアンの往復チケット)の返金(これは、エアアジアのクレジットでは無くて、カード会社への返金を依頼した)もやって貰いたい。

8月16日に乗ったエアアジアの国内線の搭乗率を見ると、エアアジアは持ち直せそうな気もするのだけど、「エアアジアは早晩潰れる」、見たいな情報もあるので、実際はどう成るのだろ~?。

ここを乗り切れば、競合相手も減って、今まで以上に儲かる会社になる可能性はあると思うのだが。
何とか頑張ってLCCの火を絶やさないで欲しいと思う。

自分は、コロナが収まれば、以前の様に大勢の人が空を飛ぶ状態に戻ると思っている。
1年先か2年先かは分からないが、コロナ騒動が完全に鎮静化すれば、暫くは却って反動で乗客が増える気もする。


「あつものに懲りてなますを吹く」、という言葉も有る。

コロナが流行り出す兆しが出た頃、不用意に外国人を入国させたのは失敗だっかかも知れないが、これだけ国内で感染が広がった今、しかも空港での抗原検査をする様に成った今(8月頃から羽田と成田でその日に分かる抗原検査が行われるように成った)、14日間の隔離とか公共交通の使用禁止なんてしたって意味が薄い(「意味が無い」とは言わない)。
14間の隔離も公共交通の使用禁止も、それを課せられる立場から言うと負担が大き過ぎる。

(まあ、何処だかは分からないが、特に危ない国は有ると思う。そういう国・地域は例外でいい。)


国内での感染がほぼ0のタイが、神経質に外国人の入国を規制するのは理解出来る・・・14日間の隔離はしょうがないとして、もっと大勢の人を受け入れて欲しいとは思うが。


この記事、何か最初の方と最後で視点がズレてしまいましたが、まあ、こういう事もあります。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2020年8月19日 (水)

食糧難

2020/08/19(食糧難)

日本は6日連続の猛暑らしい、ニュースでは酷暑と言っていたが、昨日から自宅待機中の自分はずっと家の中。
9ヶ月振りに戻った自宅は、泥棒にも入られず、電気水道ガスも(ほぼ)問題なく使えた。
エアコンも室外機に絡みついていた蔦を取り除いたらちゃんと動いた。
なので、昨日から涼しい室内にずっと居る。

しかし、ここで一つ問題が生じた。
それは、タイを飛び立つ前から分かっていた事だが、簡単に言うと食糧難。

自宅待機なので、原則、外食にも行けないし、買い物にも行けない。
それを予想して、バンコクでインスタントラーメンと若干の缶詰を買って来て、昨日はそれを食べていた。
夜は、飛行機の中で出たお菓子の余りを食べた。


W3_20200819171401
飛行機の中で貰った菓子類

パン類は機内で食べたので、昨夜は、残って居たアーモンドとキットカットとビスケットを食べた。

家にも、レンジでチンのご飯とか、非常用の乾パンとか、冷凍室に入っていた若干の食べ物(ジャム、納豆、胡麻、食べるラー油など)は有るがとても14日間は持たない。
(第一、冷凍してあったとはいえ、9ヶ月前の納豆が食べられるかは現時点で不明)

今日(19日)食べるまともな物も無い。
こうなれば選択肢は1つ、デリバリーを頼むしかない。
(それも、タイを旅立つ前に想定していたシナリオであるが)


W1_20200819171101
デリバリーで頼んだお寿司(2食分)とタイから買って来たラーメンなど
(因みに、タイで売っている日清ラーメンは香港製らしいです)

まあ、兎に角、何かを食べなければ話が先に進まない。必要な事務作業も出来ない。

・・・腹が減っては戦が出来ぬ・・・

こんな感じ。

これで、当面の餓えは凌げたが栄養バランスは極めて悪い。
野菜・果物類が殆ど無い。
(野菜をバンコクで買って行こうかとも思ったが、野菜・果物・肉類は検疫が必要なので躊躇った)

昨日から食べた野菜と言えば、寿司に付いていた生姜ぐらい。今夜食べる予定のチラシ寿司にキュウリがほんの少々。

もっと普通のおかずらしい食事のデリバリーを考えなければならない。栄養バランスのいい食事を考えなければならない。
そうしないとコロナじゃなくて、他の要因で体を壊してしまう。


食事の話とは別に、さっき、特別給付金申請書を書いて、免許証や預金通帳のCOPYも添付して後はポストに投函するだけだが、これも厳密に自宅待機を守ろうとすれば出来ない。
幸い、郵便ポストは自宅の近く(30m程先)に有るので、これは夜中の人通りのない時に投函しに行くしかないか・・・?。

まあ、恐らく、自分がコロナに感染している確率は昨日の「擬陽性の恐怖」の記事で10万分の1と書いたが(人口が日本の半分ぐらい居るタイで、国内での新規感染者はほぼ0)、抗原検査で問題が出なかったので更に減って100万分の1ぐらいかなと思ってる。

なので、自分から見れば、日本でうつされる可能性の方が断然大きい。怖いのはこっちである。

今、コロナの疑いが出れば、(羽田での)抗原検査で陽性反応が出た場合と一緒で、タイに居る人達にも危害が及ぶ可能性が有るので、そこも考えて行動しなければならない。

あと、コロナ騒動に便乗して、他県ナンバーの車を問題視するとか、嫌がらせをしても正義だと思う人が若干いるようなので、そこは注意しなければ、と思っている。
(コロナより、そういう人の方が遥かに怖い)

一応、家の隣の方には、状況を(タイから電話で)説明して(日本の方がタイの100倍も1000倍も感染率が高いという状況を説明して)理解を得られたと思っている。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2020年8月18日 (火)

擬陽性の恐怖

2020/08/18(擬陽性の恐怖)

今回の帰国で、羽田空港でコロナの抗原監査を受けるが、最初はそれを怖いとは思わなかった。
(羽田空港は7月29日より唾液によりコロナの有無を調べる抗原検査に移行した)

タイなんて新規感染者がほぼ0で、しかもバンコクの様な人の多い都会では無く、田舎のチェンライでコロナに感染する訳がない。
99.9999%ぐらい(百万分の1ぐらい)の確率でコロナには感染してない。
だから問題ない。そう思っていた。

しかし、帰国する数日前、タイから帰国した日本人がコロナに感染していたというニュースが流れて来た。
タイで感染する可能性は自分と同じでほぼ0なので、多分、空港の何処かか帰国便の機内で感染したのか、と思って、仲間内でもそう話していた。

確かに、タイは0でも、国際線の保安エリア内や飛行機の中は危ないかも知れない。
此処は少し注意をした方がいい。
しかし、それがそんなに危険な事とは思わなかった。

万一(実際には10万分の1ぐらいか?)それでコロナに罹っても重症化する可能性は小さいし、治せばいいだけの問題で、仮に重症化して、最悪、死んだとしてもそれは運命でしょうがない。他の病気で死ぬ可能性より特別にコロナが危険な分けじゃない。

しかし、帰国前日、或る方のユーチューブを見て怖くなった。
抗原検査でコロナの感染を疑われた方は、実は感染してなく「擬陽性」、であったらしい。
まだ、確定はしてないらしいが、要するに濡れ衣。

しかし、影響は甚大であったらしい。
日本の保健当局(?)からタイの保健当局(?)に連絡が行って、その方の家族やその方の住んで居たコンドーの全員がコロナ感染の疑いを掛けられて調査されたらしい。

そういった例が、これ1件だけでなく他にも有ったらしい。

もし、自分が羽田の抗原検査で擬陽性であろうが本当の感染であろうが、疑いを掛けられたら終わり。
最悪、自分の住むコンドミニアムの全員が隔離対象に成ったり、最近会った知り合いや、そのご家族が隔離対象に成ったり、行ったお店が感染のクラスターの疑いを掛けられたりするかも知れない。

この場合、擬陽性か真性かというのは大した問題では無い。疑いを掛けられたら終わりで自分の周りの人を巻き込んで大問題に成る。
後で擬陽性だと分かっても、もう大勢の人を犠牲にした後で、それは取り返しが付かない。


兎に角、空港内や機内では細心の注意を払う。
後は、擬陽性の疑いを掛けられる可能性を減らすにはどおすればいいか。
ネットで調べたが分からなかった。

兎に角、体力が落ちると危ない(擬陽性の疑いを賭けられ易くなる?)ので抗原検査が終わるまでは体力を消耗をする事は避けるとか、抗原検査は唾を取る検査なので口の中を清潔にして置くとか注意した。
(実際は、そんな事、役に立たないと思うが、他に対策も思い付かなかった)


X3_20200818142801
降機して最初にコロナの抗原検査の概要説明をする部屋に通される

ここに来る前に機内で渡された「質問票」や「申告書」を書いて置く。
(バンコクで全日空機に乗った後、直ぐにCAさんが持って来た)


X1_20200818143401
質問票

飛行機の座席番号を入れるのは機内感染の疑いがある時使うのかな。


X2_20200818143501
申告書

ハイヤーはチェンライに居る間にネットで依頼して置いた。
滞在期間は8/18~9/1の待期期間を入れる。
(9/1を入れなかったら係員が書き込んでいた)

この他にも記入を必要とする用紙が有った。


抗原検査は基本的に唾を取って容器に入れて、それを検査官に渡すだけなので、そこは誤魔化しようがない。
指定された作業を行うだけ。

(抗原検査の検体採取室の写真も撮ったのだけど、その中に「撮影禁止」の張り紙が写っていたので非公表)


後は、待機ルームで結果の発表を待つ。
自分が行った時、待機ルームには60人程の人が待っていた。


X4_20200818145101
結果の発表を待つ、待機ルーム

検査は連番で行なわれているらしく、自分は73番目で、検査結果が送られてくると7~8名の番号が呼ばれて1人ずつ結果を教えてくれる。で、呼ばれる番号は殆ど連番で呼ばれるが稀に欠番が有る。

係りの人が「16番、17番、19番、20番、21番、22番、の方・・・」、とか言って結果の分かった人は列に並んで結果を聞く。

アレ・・・18番はどおしたんだ・・・?。
5分ぐらい経ってから18番の人が1人だけ呼ばれた・・・エッ・・・ヤバいんじゃないの・・・?。
もしかして「陽性?」・・・?。

「擬陽性」、って言葉が頭をかすめる・・・意外と、擬陽性って多いのか・・・?。

(ここ、自分がそうだったらやだな~、と妄想しただけで、本当はただ順番が狂っただけかも知れないけど)

兎に角、試験の発表を聞くような気持ちで待っていたら、66番ぐらいから始まって、連番で自分の番号の73番が最後に呼ばれた。

・・・ヨシッ!・・・

声には出さねど、アクションも起こさねど、心の中でガッツポーズ。
係官の説明も単純に「陰性です」。

・・・あ~良かった・・・。

心配し過ぎかな・・・?。

尚、検体を提出してから結果判明までの時間は1時間弱だった。
(当然、混み具合によって待ち時間は違うと思う)


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2020年8月17日 (月)

スワンナプーム空港の国際線保安エリアはガラガラ

2020/08/17(スワンナプーム空港の国際線保安エリアはガラガラ)

今、スワンナプーム空港のANA便の搭乗待合室に居る。
そこで、今、通って来た国際線エリアの状況を書いている。


Y0
スワンナプーム空港の運行状況の掲示板

自分の乗る予定のNH850便以外は、前後の便、軒並みキャンセル。


Y1_20200817225801
イミグレを出た後の国際線エリアの入り口付近

いつもは、もうちょっと活気が感じられるのだけど、寂しい感じ。
(この辺は明るいからまだいい)

此処から、今回の搭乗ゲートであるE10へ向かう。


Y2_20200817225401
ANA便の搭乗ゲートE10に向かう通路



Y3_20200817225601
待合室E10付近の様子



Y4_20200817225701
これから乗る予定のANA便(E10の待合室より)

まあ、何とか日本には帰れそうです。

あっ、そろそろ搭乗が始まりそうなので今日はここまで。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2020年8月14日 (金)

コロナ禍の帰国(スケジュール編)

2020/08/14(コロナ禍の帰国)(スケジュール編)

表題は「コロナ下の帰国」の意味ですが「コロナ禍の帰国」、の方がイメージが合うので、コロナ禍、としました。


8月17日~8月18日に帰国する事にした。
その為の手続き等について記す。

まず条件。

自分はチェンライに住んで居る。日本には東京都杉並区に自宅が有る。

手配した交通機関は以下の3つ。

① チェンライからバンコクへの便はエアアジア。

② バンコクから東京への便は全日空。

③ 日本の空港から自宅まではハイヤー。


以下それぞれを手配した理由の説明など。

① チェンライからバンコクへ。

バンコクでちょっとした用事が有って、奥さんと2人で前日(8月16日)にチェンライ⇒ドンムアンでエアアジアのチケットを予約した。

②の日本行の便はスワンナプーム空港発なのだけど、一気に、チェンライ⇒スワンナプーム⇒羽田、と行く訳では無いので、バンコク着はドンムアン空港でもスワンナプーム空港でもどちらでもいい。

エアアジアは以前コロナでキャンセルに成った便のクレジットが有ったので、それを使ってチケットを購入した。

尚、16日の夜のバンコクの宿泊先のホテルも予約した。

もう一つ、17日に奥さんがチェンライへ戻る便はタイ航空(機材はタイスマイル)の便を予約した。
タイ航空は潰れたハズだがエクスペディアで予約出来るように成っていたので多分大丈夫だと思う(ちょっと心配だけど)。

コロナ前の通常の時と比べると、スワンナプーム⇒チェンライ間の国内便も随分減っている気がした。


② バンコクから東京へ

バンコクならスワンナプーム空港発とドンムアン空港発の2種類。東京なら羽田着と成田着の2種類。
通常なら、発着空港や航空便は色々な選択が有るが、コロナの影響で運行している航空会社が限られる。


A1_20200814142901
スワンナプーム空港発、羽田着、の便の一覧(一部編集してあります)

8月にはドンムアン空港発の日本行は多分無い。
(すべてを調べた訳では無いが、多分無いと思う)

スワンナプーム空港発、羽田着は上の表(FlyTeamの表)を見るとかなりある様に見えるが、実際にはANAとJALしか飛んでない。
他は、ANAかJALの機材を使ったコードシェア便。

ANAは毎日飛んでいるし、マイレージカードも持っているので今回はANAを選択して、表のの便で帰国する事にした。
片道で普段の往復料金の倍以上はするがしょうがない。

コロナ騒動で4月と6月の2回も帰国便がキャンセルされたので、ちょっと神経質に成っているが、ANAなら多分大丈夫。
(例えば、ANAが突然倒産して4月のスクート便の様に、全てがパーに成る可能性は低いと思う)

あと、普段はLCCで成田着が多かったが、今回の便は羽田着で、これも好都合。
(羽田の方が自宅に近い)(空港からの帰宅に公共交通機関が使えないのでハイヤーにしたが、近い方が有利)

これで、乗れれば羽田までは行ける。
既に2回もキャンセルされているので、兎に角「乗れれば」何とか成ると思っている。
あとは空港や機内でコロナに感染しない様、細心の注意を払う積り。

ただし、チェックインの仕方が変わっているかも知れないので、そこは注意しなければならないと思っている。
(コロナで空港の様子がどう変わっているか分からない)


余談(ちょっとした疑問)

知り合いで、9月頃に関空に帰国を考えている人が居るが、関空まで行けるのか?。

ちょっと調べたらスワンナプーム発、関空行、の便は有るのだけど、これで関空まで行けるのか。
9月の初め頃(注)は直行便が無くて、有るのは羽田とか成田の経由便。
(注、全部調べた訳ではないので、直行便も有るかも知れない)
羽田か成田で国内線への乗り継ぎは出来ない、と言われる事は無いのか?。

経由便として飛んでいるのだからトランジット扱いで、コロナの検査や隔離は関空に着いてからでいいのか?。
(ここ、知っている方がいたらコメント等で教えて貰えると有難いです)


③ 羽田から杉並区の自宅までのハイヤー。

兎に角、公共交通機関を使う移動が出来ないので、誰かに迎えに来てもらうか、レンタカーか、ハイヤーしかない。
(ハイヤーはOKらしい)

自分はハイヤーにして、ネットで業者を探して事前予約した。

抗原検査等の手続きには2時間~2時間半ぐらい掛かるらしい。
朝の6時に羽田に着くので8時に迎車して貰う様に予約した。
遅れても2時間までは無料で待ってくれるらしいので、まあ、大丈夫だとは思うが、もし遅れる様なら電話して延ばして貰えるらしい。
ただし、その場合追加費用が発生する。
また、心配いらないとは思うが、万一、抗原検査で陽性になれば迎車は無料で中止出来るらしい。

自宅が東京23区で良かった。
遠くの他県だったらハイヤー代もバカにならないし、遠くへは行かない業者も居るので益々帰国のハードルが高く成る所だった。
(電車やタクシー、国内線は利用出来ない)


余談(いつタイに戻れるか)。

実はこれが最大の問題で、日本でする事が山ほど有るのに、今まで帰国を引き延ばして来たのは、公共交通機関の利用が出来ないなど帰国へのハードルが高かった事も有るが、一番は、一旦帰国したら次はいつタイに戻って来れるかが分からなかった為。

これは、今でも分からない。
次にいつ、タイに居る妻子と再会出来るか。

仮に3月に帰国していたとすれば、既に5ヶ月間ぐらい会えて無い分けで、それはまあ(タイに居て)良かったかな、と思っている。

もしかしたら、10月頃には戻って来れるかも知れないと思っているが、それが年内いっぱいはダメとか、1年間戻れない何て可能性も有る。

まあ、いいワクチンやいい薬が開発されるとか、タイ経済が耐えられなく成って渋々外国人を受け入れるとか、幾つか考えられるが、日本のコロナが近々収束する可能性はかなり低い気がする。

現時点で、かなり厳しい条件でビジネスマンなどの日本人の受け入れを開始した様なので、その条件が徐々に緩和されていく事を期待している。
例えば、10月過ぎて、14日間の隔離を我慢すれば、タイ人の配偶者の居る者はタイに入国出来るとか。
今は、募集すると直ぐにいっぱいに成ってしまう政府公認のタイ行きの便に容易に乗れるように成るとか。

そうなる事を期待している。

一番いいのは、隔離無しで一般の旅行者も受け入れる様に成る事だが、年内は難しい気がする。

タイはコロナの感染対策が上手く行き過ぎて、逆にそれが、感染率の遥かに高い(100倍とか1000倍高い)外国人の受け入れを中々認めない要因に成りそうな気がする。

また、ず~~っと日本の事が心配でしょうがなかったが、一旦タイを出ると容易には戻って来れないというのが有ったのでズルズルと帰国を引き延ばしていたが、今この時期に帰国を決めたのは、この辺で帰国しないと、もおどおにもならないという差し迫った事情が有った事と、どうせなら、行き帰りの交通費の出る内に(注)帰国しようと思った為。
(注、杉並区のコロナ給付金の申請期限が8月24日までなので、それまでに申請すれば自分と娘の分、20万円が受け取れる)
(行きと帰りの交通費が大体それぐらい、20万円ぐらい、掛かる)
(戻りの時の14日間の隔離のホテル代を考えればもっと掛かるかも)

また、タイ入国の手続きを日本のタイ大使館でする時に必要に成るかも知れない書類、婚姻証明書、タビアンバーンのCOPY、タイの本人以外の連絡先、奥さんの身分証明書のCOPY、などは考えて持って行く積りで居る。


・・・面倒なのは嫌いなのに・・・コロナのお陰で・・・。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


エアアジアのクレジットを使って見た

2020/08/12(アジアのクレジットを使って見た)

8月16日に奥さんと一緒にバンコクに行く用事が有ったので、チケットの購入にエアアジアのクレジットを使ってみた。

まずはエアアジアのホームページ(?)より↓。


B21_20200813183301
エアアジアのホームページ(?)

右上の「BIGログイン」をクリックして、会員でログインする↓。


B22
会員としてログインするページ

会員登録したメールアドレスとパスワードを入力。

会員としてエアアジアのフライト、ホテル、SNAP、等を選択するページに入って、フライトを選択。

後は通常の予約と同じで、日程とか氏名とか入力して行って、最後の支払いのページまで進む↓。


B23
支払いのページ

ここでクレジットアカウントの適用を選択する。

単にそれだけ。簡単にクレジットアカウントを使った支払いが出来た(と思う)。

後で、クレジットアカウントの残高を調べたら、ちゃんと今回の分が引かれていた。


B24_20200814004901
今回購入したチケットの分15563円を差し引いた残高が42877円

エアアジアはその内、成田⇔ドンムアンも飛びそうだし、エアアジアのクレジットは無駄なく使えそう、と思った。


ちょっとした計算。

以下は本題とは関連が薄いです。読み飛ばした方がいいかもです。
読み飛ばす方は最後の「タイ情報」、だけポチしてから抜けて下さると嬉しいです。

円/バーツのレートがどう成って居るのか計算してみた。

58440円 ÷ 18332.39バーツ = 3.1878円/バーツ
使用前のクレジットの額でレートを計算すると上記のレートに成る。

4882.2バーツ × 3.1878円/バーツ = 15563円
支払のページの「小計」の額(4884.2バーツ)を円に換算すると15563円に成る。
これはクレジットアカウントのページに示されている差し引き金額ー15563円と同じ額なので、円バーツのレートは3.1878円/バーツで間違いないと思う。

そうすると、分からなくなるのは、支払いのページに有る、支払手数料の256.8バーツで、これが何処から引かれるのか。
BIGポイントの額に近いが同じじゃ無いし。
自分のVISAカードの情報が会員登録と一緒に登録してあって、そこから自動的に引き落とされるのか・・・?。
ここが良く分からない。

何か勘違いしているのか・・・分かった人が居ましたらコメントで教えて下さい・・・。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2020年8月11日 (火)

エアアジアの返金2件

2020/08/11(エアアジアの返金2件)

非常に反響の大きかった(アクセス数が飛び抜けて多かった)「2020/06/21(エアアジアの返金)」の記事に関して、そこから状況が進展したわけでは無いですが、その時に書かなかった「もう一つの返金要求」も含めて現在(8月11日)の状況を纏めました。


コロナ騒動に成る前にエアアジアのチケットを2つ予約していた。
この便は2つ共コロナ騒動の為、飛行がキャンセルされた。

1つは5月9日発の 成田⇒ドンムアン の便(仮に予約番号をQQQQQQとする)。

もう1つは6月25日発の ドンムアン⇔成田 の便(仮に予約番号をYYYYYYとする)。
(YYYYYYが「2020/06/21(エアアジアの返金)」で返金要求した便)

QQQQQQは片道だが家族3人の予約、YYYYYYは自分一人だが往復の予約。

因みに、もう一つ、4月10日発の ドンムアン⇒成田 の便の予約も有って、これはスクート便だった。
スクートに関しては完全(?)に潰れてしまったので、返金やスクートのクレジットへの入金は半ば諦めている。
(一応、返金される事には成っていたハズだが、その後何も連絡が来ていない)
(もしかしたら、クレジットカードへの返金がなされている可能性も有るが、確認して無い)


① QQQQQQは6月12日にエアアジアのチャット(AVA)で、エアアジアのクレジットアカウントへの入金を依頼して、
7月8日にクレジットアカウントの発行が完了したというメールが届いた。


C1_20200811163401
7月8日にエアアジアから来たメール(一部編集してあります)


試しに、エアアジアのページから会員ページに入って、クレジットアカウントの状況を確認してみた↓。


C21_20200811191701
QQQQQQの金額が発行されたクレジットアカウントの内容(一部編集してあります)

思っていたより金額がほんの少し多いが何故だか分からない。

実は、エアアジアのクレジットアカウントって使った事がないのだが、今度、タイの国内線で使ってみようと思う。


② YYYYYYは6月21日にAVAで、(三井住友VISAカードの)クレジットカードへの返金を依頼して、
今日(8月11日)確認したところ依然「処理中(Status : In Progress)」だった。

以下↓は本日の(8月11日の)AVAとのやり取り(一部省略)。

C2_20200811170101
AVAのスタート画面


C4_20200811170401
AVAに返金処理を依頼した時に振られたケース番号を入力。
その後、メールアドレスを入力。

すると、以下の様な返答が来た。


C5_20200811171201
返金処理(YYYYYY)の現在の状況は「処理中」

まあ、当初から返金処理の完了は11月~12月ぐらいの積りだったので、予定通り。
(予想より早く終了していたり、処理内容が変わったり、消えたりはしていなかった)

因みに、日本語で回答出来ないか試しに聞いてみた↓。
(以下のAVAからのメッセージは、「なんか、ややこしそう」という事を示す為に載せただけで、読んでも詰まらないです)


C12_20200811172901

C13
何かの初期設定をすれば出来るらしいが、面倒なのでしてない。

英文の回答はグーグル翻訳で調べた。


まあ、今回のコロナ騒動で潰れてしまった会社も有るので、エアアジアは(まだ?)潰れてないだけ「まし」かも知れない。
今年の末頃にYYYYYYの分の返金、40000円ぐらいがクレジットカードに戻ればいいな~と思ってます。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2020年8月 9日 (日)

在留抑制?

2020/08/09(在留抑制?)

最近VISAの更新が出来なかった、という話をたまに聞く。

具体的な例は、個人を特定する話にも成るし、自分が状況を正確に分かって無いし、もしかしたら問題が有った方自身が、何でVISAが取れないのか分かって無い場合もある様なので(具体的な例は)書かないが、そういう話をたまに聞く。

とは言っても、ちょっと書くと、VISA取得のカテゴリーの変更(ロングステイVISAから家族VISAへ)を要求されたりとか、健康保険の加入の有無や保証金額でVISA取得に問題が生じたりとか、銀行に預けて有るお金の出し入れに関して問題視されるとか、そういう事が有るらしい。
(ここ、具体的事実を正確に把握してないので、質問されても答えられません)

何年か前に、VISA取得の為に銀行預金の最低額を引き上げられた事が有ったが、その時は、ただ金額の問題なのでまだ良かったが、ここ2~3年で、外国人のロングステイを安易にさせない、という方向に動いている様に見える。

どうも聞いていると、去年はOKだったものが、今年はダメと言われるケースが有るらしい。
(念の為もう一度言うと、自分も個々のケースの状況をきちんと把握してないので、「そんな気がする」、というレベルの話です)

VISAの種類によって健康保険の保証金額が上げられたり、とか、銀行に預けて置く預金の期間が変更されたり、とかは1年程前に出来たルールで、この頃から外国人のロングステイを抑制する方針変更がなされたのかも知れない。

以前なら、問題が有っても逃げ道が有って、何とかタイに滞在する事が出来たものが、最近は逃げ道が無いケースが増えた様に感じる。

しかも、それが、今回のコロナ騒動と重なって一層問題をややこしくしている。

まず、現状ではVISAの更新が出来ない場合、9月26日まではVISAが無くてもタイに合法的に滞在出来るらしい。
一見、それはVISAに関する縛りが弱まった様にも見えるが、9月26日が近付いた段階、及び9月26日が過ぎた時の事を考えると大きな問題に成る。

今までは、ミヤンマー、ラオス、カンボジア、などにいわゆるVISAランをしていた人も居ると思うが、国境が閉鎖されていて、いつ閉鎖が解除されるかが分からない。

日本に帰国する事は出来るが、一旦帰国したら、再びタイに戻って来るのは相当ハードルが高く成って居る。
現状では、一般の人のタイ入国は不可能に近い。

ビジネス関係でタイに入国をされる場合は、航空券の手配とか、14日間の隔離のホテルの予約とか、10万ドル(?)相当以上の健康保険の手当てとか、コロナに感染してない事の証明の手続きとか、それらを揃えて日本のタイ大使館(領事部?)へタイ入国手続きの申請とかは、事務面でも資金面でも会社の協力が得られると思うが、個人でそれをやるのは相当ハードルが高い。

要するに、今、VISAの更新を拒否された人は、一旦日本に帰国するにしても、簡単には再びタイに戻って来れない。

希望的観測としては、VISA無しの人のタイ滞在可能期限が9月26日とハッキリしているので、逆に、そこに近づけば何らかの緩和処置とか救済処置とかが取られるかも知れない(と仲間うちでは話し合っている)。

あるいは、これも内輪の希望的観測かも知れないが、メーサイ⇔タチレク間の行き来が可能に成れば、ミヤンマーとタイの間のVISAランは従来通り可能に成る、という話も有る。

兎に角、ここチェンライでは情報を正確に把握している人は居ない様で、皆さん自分の希望的観測を交えて話しているので、何が真実なのかを見極めるのが難しい。

イミグレの担当官の裁量で扱いが違うような事は以前から有ったが、それがコロナ特別ルールと、自分が感じている「ロングスティを抑制する方向」、と重なって余計に状況を複雑にし、ロングスティヤーを不利な状況に追い込んで居る気がする。

以前は、観光客の誘致の為の行政による無料の「観光促進ツアー」、みたいのも有って、その頃はタイとして外国人が来る事を歓迎している雰囲気は有ったが、今は逆に、外国人の訪タイを抑制する方向、或いは、選別する方向に動いている様に見える。

此れが、コロナの為の一時的なものなのか、今後も継続するものなのかは分からないが、健康保険の額に関する規制や、VISA更新の時に要求されるタイの銀行への預入期間の変更が行われたのはコロナ騒動の起こる前なので、やはり方向性としては外国人の在留抑制、或いは、選別、に動いている気がする。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2020年8月 7日 (金)

OISHIラーメン

2020/08/06(OISHIラーメン)

2時半頃、昼食を食べようと思って「作」へ行ったら閉まっていた。
夜に行ったら既に閉まっていたという事はたまにあるが、昼間行って閉まっていたのは初めてかも知れない。

しょうがないので家に戻って何か作って食べようかとも思ったが外食する積りで既に出て来ているので、このまま戻るのも・・・。

で、此処に↓入った。


D1_20200807023401
BIG-C、OISHIラーメン

「オイシ・ラーメン」は自分の認識では「美味しくないラーメン」。
しかし、もう5年(?)ぐらい入って無いし、もしかしたら美味しく成ったかも知れない。


D2_20200807024201
お店の外に貼ってあったポスター

味噌チャーシュー麺・・・「是非お試しください」、と日本語で書いて有るので試してみるか・・・。


D3_20200807024401
入り口には、消毒用のジェルと、検温用の機器と、入店記録を記入する用紙が置いて有る

店員が居なかったので素通り。


D4_20200807024701
店内

帰る時撮った写真で、入った時は客が2人居た。黒いどんぶりが置いて有るのが自分が居た席。

BIG-Cの道路沿いの入り口から入ると正面に有るお店で、目に入り易いので、何となく見る事が多いが、いつもお客は0か1~2人、とても儲かっている様には見えないが、それでももう5年程(?)潰れずに営業しているので、客が入る事も有るのかも知れない。


D5_20200807025401
味噌ラーメン登場

見た目は悪くない。チャーシューも美味しそうだし、ゆで玉子もいい感じ、海苔も有る。

食べて見た・・・ウ~ン・・・マア、ギリギリ合格・・・?・・・いや、やっぱダメ・・・?。

全体的に味が薄い。旨味が無い。期待した味噌ラーメンじゃない。


D6_20200807025801
小鉢に味付けしたひき肉が入っていた

此れを入れれば、肉の旨味が追加されて美味しく成るのか。
でも、唐辛子がいっぱい入っている様で、かなり辛い。

試しに、一つまみ入れて見た・・・その辺りを食べると舌がピリピリする様な辛さ。
でも、旨味が無いので、辛さを我慢すればいいのか、と思って半分ほど入れて見た。

結果、辛くは成ったが旨くは成らなかった。
お腹が空いていたので食べたが、ラーメンを食べた、という満足感は得られなかった。

結論。

タイ人の味覚ではラーメンは無理だと思う。
それでもこのお店が潰れないのは、タイ人に訴える何かが有るのだと思うが、日本人の味覚の自分には分からない。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2020年8月 6日 (木)

60代最後の

2020/08/06(60代最後の)

昨日は60代最後の誕生日だった。

なんか年寄りってあんまりいいイメージが無い。

人の話を聞かないとか、頑固だとか、怒りっぽいとか、柔軟性が無いとか、視野が狭いとか、許容力が落ちて来るとか・・・。

まあ、歳を取っちゃったものはしょうがない。客観的事実だし。死んじゃうよりはいい。


E1_20200806185001
誕生日プレゼントのポロシャツとビールのおもちゃ


E2_20200806185301
ビールのおもちゃ

このビール、いつまで経っても無くならない。その代わり飲めないけど。


E3_20200806185501
誕生日パーティって事でもないけど

夕食はちょっと豪華に、家族で外食。


E4_20200806185701
お刺身


E5_20200806185701



E6_20200806185801
イカ


チューハイの摘まみとしてはイカ揚げが一番美味しかった。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


遂に30000バーツ

2020/08/06(遂に30000バーツ)

何となく和成興大金行の金価格の表示を見ていたらスルスルと上がって遂に買取価格が30000バーツに成った。


F50
和成興大金行の買取価格が30000バーツに成った瞬間

2020年シンハーコム6日、12時31分53秒(タイ時間)。
30000の数字が出そうだったので、十数秒前から「30000」に成ったらパソコン画面のCOPYを取ろうと待ち構えていた。

タイの金価格のレートは、円・バーツの交換レートと同様、お店によって違う。
此処は(和成興大金行は)レートがいい事で有名なので、この時点でまだ30000バーツに成ってない店が多いと思うが、そのうち30000を超えたら、きっと金行に金製品を売りに来るタイ人が殺到すると思う。

金(きん)はまだ値上がりすると思って買いに来るタイ人も居るだろうが、儲けを確定しようと売りに来るタイ人が多い気がする。
1バーツ(15.2g)とか細かく金製品(ネックレスが多い)を買っていたタイ人は大喜びだと思う。
30000超えは、タイ人にとってはドル価格のトロイオンス当たりの2000ドル超えより、意味が大きい。


F51
チェンライの金行、2020年8月6日、タイ時間14:00頃

ここはまだ30000を超えて無いが、客はいつもより多かった。
顔の無い人(写真中央)も来ていた。


この後、更に金価格が値上がりしたので追記する。

6日の日本時間23:00頃(タイ時間21:00)の状況↓。


F54_20200806230701
6日、日本時間午後11時頃のタイの和成興大金行の金価格


F55
6日、日本時間午後11時頃のアメリカの金価格


何か凄い勢いで上がっている。

もしかしたら、アメリカでの2000ドル超えや、タイでの30000バーツ超えは、今回の金価格上昇のゴールではなく、これからの大幅上昇のスタートかも知れない。

取り敢えず、ゴールドマンサックスの(7月28日の)予想の2300ドル。その後は1~2年先の3000ドル。
タイだったら、40000バーツ超え。
日本だったら、1g10000円超え。

さて、どうなるか・・・物語は続く・・・。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2020年8月 5日 (水)

金価格2000ドル突破

2020/08/05(金価格2000ドル突破)

遂に金価格が1トロイオンス当たり2000ドルを超えた。


F1_20200805142801
金価格の2000ドル突破を伝えるYAHOOニュース(時事通信の記事)

此れをチャートで見ると以下の様に成る。


F2_20200805144401
直近約7年間の金価格の推移、1トロイオンス(約31.1グラム)当たりのドル額で表示
今日2020年8月5日、日本時間13:13頃は金1トロイオンス(約31.1グラム)当たり約 2012.97 ドル。

(赤の縦線と横線が交差する点は、自分が日本の田中貴金属で1グラム当たり平均買い単価4588.24円で金を購入した所)

2019年5月頃から上がり始めて、コロナの広がりが本格化した2020年4月頃より急騰した。そして、今日(8月5日)遂に2000ドルを突破した。

「2020/07/28(金価格高騰)」の記事に「自分の希望的観測としては2000ドルは近い内に超えそうな気がする」、と書いたが希望通り早くも達成。


「金価格高騰」の記事にも書いたが、ここでもう一度、円、ドル、バーツ、の金取引の違いを纏めた表を示す。

取引通貨 取引単位 取引単位当たりの重量 純度 今現在の取引単位当たりの概算値 適用地域
グラム 1グラム 純金 7562
日本
ドル トロイオンス 約31.1グラム 純金 2027
ドル
世界一般
バーツ バーツ 約15.2グラム 96.5%が多い 29530
バーツ
タイ

尚、「今現在の取引単位当たりの概算値」の「今」は2020年8月5日、日本時間の14:00時頃

備考。自分が2014年3月に、新宿の田中貴金属で2回に分けて買った時の平均買い単価は 4588.24 円(当時の税込小売価格)だった。


F3_20200805150501
過去1ヶ月半ぐらいの田中貴金属の税込小売価格の推移

尚、今日(8月5日)の税込買取価格は7516円。
(小売価格と買取価格の中間値は7562円)


タイでの金価格は以下。


F4_20200805151001 
2020年8月5日、日本時間14:00頃のタイの和成興大金行の金価格

和成興大金行はバンコク・ヤワラーにある有名な金行。

グーグル翻訳が少し変だが、表示価格の左が(金行側の)買取価格、右が小売価格。
タイの金取引は純度96.5%が多い。

「トンファン」も翻訳が変だが、ネックレスや指輪など、金の加工品の値段。
顧客の立場から見ると、加工品は売るには不利(金地金の方が高く売れる)で、買うのは金地金で買うより高い。

昔、和成興大金行で金取引をした事が有って、その時は金の現物は持たず預かり証みたいなもので取引した。
大分値上がりしたので売りに行ったら、店頭の表示価格で買い取って貰えたが、他の金行だとどうなるのか分からない。
もしかしたら、金の本物か偽物か調べる手数料みたいなのを取られるかも知れない。これは、分からない(知らない)。
(追記。金を売る時は買ったお店で売った方が明らかに高く売れる。サンプル数は1回だけだけど、約2%違う。)

因みに、この時の取引は2010年3月~2011年2月までの間に、平均買い単価18800バーツぐらいで買って、2011年8月に全量を25850バーツで売って、200万バーツぐらいの差益が有った。


補足。

金価格って、秒単位で変わるので、この記事を書いている間にもクルクル変わっている。
日本時間15:30頃の値段で、タイの和成興大金行の買取価格が29570円(文中の価格より+70バーツ)。
ドルの価格が2031ドル(文中の価格より+4ドル)と成っている。

因みに、金(きん)が目立って上がると、菱刈に金鉱山を持っている住友金属鉱山の株価が上がる事が多く、今日も昨日の終値と比べて184円値上がり(5.73%の値上がり)した。
(1500株持っているので 184円/株 × 1500株 = 276000円 で、評価益が増えた)

住友金属鉱山の場合、金価格だけでなく、銅価格やニッケル価格にも影響を受けるし、電気自動車の普及等にも影響を受けるので単純ではないが、金価格が目立って上昇した時は連動して上がる事が多い。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2020年8月 4日 (火)

安い?

2020/08/04(安い?)

今日はBIG-Cで買い出し。

娘のお弁当のおかずにしようと思ってプラートゥー売り場を見た。


G1_20200804172401
手前、BIG-Cのプラートゥー売り場

首が曲がって無いプラートゥーだった。


G2_20200804172501
本日のプラートゥー

左が今日買ったプラートゥー。7.75バーツ。

周囲のプラートゥーは大体1袋60バーツぐらいだから、これだけ異常に安い。

古いのか・・・?。

安い理由は何だ・・・?

何か罠が有るのか・・・?。

隣のプラートゥーは 434gで 56.25バーツ。
買ったプラートゥーは 60gで 7.75バーツ。
グラム当たり約0.13バーツ。

まあ、測り間違えだと思う。本来は 600gで 78バーツ。

こういう事が有るのがタイらしい。

因みに、小数点以下2桁は、.00か .25か .50か .75に成っているらしい。
貨幣の最低の25サタン(=1サルン)単位で値付けしている様だ。


G3_20200804175601
本日のお買い物

水、油、冷凍食品、お菓子、コーヒー、野菜、果物、ジュース、衣類、ティッシュ等、全部で2882バーツ。

奥さんと一緒に買い物に行くと、大体カートいっぱいに成るまで買うのが目安に成る。


追記。

試しに食べて見た・・・しょっぱい・・・しょっぱ過ぎる。
普通のプラートゥーとは違うらしい。

慣れない物を買うと、こういう事も有る。
塩抜きしないと無理みたい。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2020年8月 3日 (月)

お弁当

2020/08/03(お弁当)

心地よい眠りの中に落ちていたら、突然のアラーム・・・なんだ!・・・?。

そうか、娘のお弁当を作るんだった。
その為に、昨日、寝る前に5:50にアラームをセットしたのを思い出した。
アラームが無ければ完全に忘れる所だった。


この歳で娘の弁当作りをする事に成るとは思わなかった。
自分の弁当何て作った事は(殆ど)無いし、娘のお弁当も遠足とか特別の時だけだったから、今まで10回も作った事はないと思う。

先日、娘から「お弁当作って」、と頼まれた。
学校(中高一貫校)には大きな食堂が有って、食事を提供するお店も何店か有って、今まではそこで食べていたのだが何故かお弁当が欲しくなったらしい。

どうやら、高校に成って新しく出来た友達が弁当を持って来る子で、その子と一緒に食べたいらしい。
「お弁当を持って来る子が多いの?」、と聞いたが、それは少数派らしい。
多分、お弁当も、日本人の考える「お弁当」とはだいぶ違う物だと思う。

まあ、毎日は大変なので、その辺は言葉を濁して、取り敢えず作ってみた。


H4-2
先々週のお弁当

牛肉弁当。
焼肉と、高菜風味と、レタスと、ゆで玉子と、マカダミアナッツ。


H4-1
今日のお弁当

から揚げ弁当。
から揚げと、イカ巻きと、レタスと、リンゴと、柿。

おかずを考えるのはそれ程難しく無いし、材料は近くのTOPSやBIG-Cで揃う。
料理をする必要のあるものは、今では、ユーチューブなどを見れば大概の物は出来る。
暫くやっていた料理教室で得た知識も役立っている。

なので、作る事自体はそれ程負担にはならない。

問題は、いつ作るか、でここは熱帯のタイ、前日の夜に作れれば簡単なのだけど腐敗が怖い。
これがよく分からない。

先々週の焼肉弁当は夜中の3時頃作った。今日のから揚げ弁当は、から揚げは昨夜作って置いたが、弁当箱には今朝詰めた。
ご飯はレンジでチンするが、直ぐに弁当箱に詰めて蓋をすると腐敗を速めそうで、暫く冷ませてから蓋をする。

リンゴなどは皮を剥いて時間が経てば酸化して赤く成って来るので、前日に剥いてしまっては早過ぎる気がする。
ラップで包む方法もあるが・・・?。

なので、今朝は6時に起きて、弁当を作った。
普通は9時頃に起きる自分としては、此れは結構つらい。

段々、分かって来れば、夜寝る前に作れるように成ると思うが暫くは試行錯誤が必要と思われる。

抗菌作用のある食材なども覚えなけれならない。
抗菌シートなんて物も有るらしいが、タイにそんな物が有るのかも分からない。

まあ、毎日は無理なので当面週に2回ぐらいかな、と思っている。

因みに、今、考えているメニュー。

肉じゃが、プラートゥー、海苔&カツ節弁当、牛丼みたいな、麻婆ナス、生姜焼き。
ウインナソーセージ、揚げるだけのコロッケ、ヒジキ煮、和風の玉子焼き、和風の練り製品。
ブロッコリー、キャベツと人参の千切り、漬物類。
リンゴ、柿、ブドウ、チェリー。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2020年8月 1日 (土)

王様のお店

2020/08/01(王様のお店)


I1_20200801180201
センタン、グランドフロア、ROYAL PROJECTのお店

王様のお店は野菜や果物など割といい物を安く売っているので、以前は良く利用していたが、センタンの改装で一時閉店していた。
そのまま、閉店したのかと思っていたら、知り合いが、元の場所で営業しているよ、と教えてくれたので久しぶりに行って見た。


I12_20200801181101
お店の中

ロイヤルプロジェクト財団は山岳少数民族の生活を助けるために農産物や様々な産品の生産や販売を行っている組織らしい。
(チェンライ、チェンマイ、パヤオ、ランプーン、メーホンソンなどに開発センターが有るらしい)

ロイヤルプロジェクトの意義とかいう話は置いといて、ここの農産物は品質がいい割に安いので、買い物に来る価値は有る。
それに、タイの農産物というと、農薬とか何となく心配だが王様のプロジェクトなら、そんなに危ない物は使っていないだろう、という期待も有る。


I9_20200801182901
野菜類が色々

レタス、カボチャ、桃(?)、アボカド、メロン、などこのお店に来る一番の目的は野菜や果物などの農産物。

ただし、TOPSなどのスーパーと違って品数は少ないし、今日有った物でも明日有るとは限らない。欲しい物が有れば、ラッキー、と思う様なお店。


Img_1183
葉物野菜

レタス、ホウレンソウ、キャベツなどの葉物野菜は割と種類が豊富。


Img_1179
レタス

いくらだか忘れたが、かなり安い。
でも、1袋に10個ぐらい入って入るので、家(うち)の様な少人数の家で買っても半分も食べない内に茶色くなってしまうと思う。
ここの弱点は、野菜類は安くて品質もいいと思うが販売の単位が大き過ぎる物が多い事。

キュウリも良さそうな(日本品種の?)物が有って買いたかったが、1袋に5本ぐらい有ったので、買うのを躊躇った。
(買った物を食べずに腐らせるのは好きじゃない)


I10_20200801185101
柿、野菜セット

柿は4個50バーツ。見た目はまだ十分に熟れて無い様だったが、味はまあまあだった。
(でも、十分に熟れている甘さではなかった)


I24
左、メロン(105バーツ)。右、カボチャ(70バーツ)。

右のカボチャ、70バーツはちょっと高いな、と思ってよく見たら英語で「ジャパニーズ・パンプキン」、って書いて有った。
タイの一般的なカボチャより甘いのかも知れない。


I25
他にも、お茶とかパプリカとかマカダミヤナッツとかジュースとか色々な物を売ってます



I14_20200801193701
日本人らしき人達も結構買い物に来ています

右下に有るのはミニトマトでとっても美味しいという話ですが、こんなに大量に買ったって「作」の様なお店で無ければ、使い切れないと思う。
家(うち)は奥さんも娘もトマトが嫌いなので、このトマトを1袋を買ったら、朝昼晩の3食、ご飯の代わりにトマトを食べても3~4日掛かりそう。


I16_20200801194501
本日のお買い物

以下、バーツをBと表示。

ドイトンのマカダミヤナッツ(蜂蜜味)150g(245B)、アボカド5個1kg(80B)、ホーレンソー200g(30B)、ナス300g(25B)。
チョコレート・クッキー(80B)、柿4個500g(50B)、キノコ(ヘット・ホーン)150g(60B)。

合計で570バーツの買い物でした。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼