« 安い? | トップページ | 遂に30000バーツ »

2020年8月 5日 (水)

金価格2000ドル突破

2020/08/05(金価格2000ドル突破)

遂に金価格が1トロイオンス当たり2000ドルを超えた。


F1_20200805142801
金価格の2000ドル突破を伝えるYAHOOニュース(時事通信の記事)

此れをチャートで見ると以下の様に成る。


F2_20200805144401
直近約7年間の金価格の推移、1トロイオンス(約31.1グラム)当たりのドル額で表示
今日2020年8月5日、日本時間13:13頃は金1トロイオンス(約31.1グラム)当たり約 2012.97 ドル。

(赤の縦線と横線が交差する点は、自分が日本の田中貴金属で1グラム当たり平均買い単価4588.24円で金を購入した所)

2019年5月頃から上がり始めて、コロナの広がりが本格化した2020年4月頃より急騰した。そして、今日(8月5日)遂に2000ドルを突破した。

「2020/07/28(金価格高騰)」の記事に「自分の希望的観測としては2000ドルは近い内に超えそうな気がする」、と書いたが希望通り早くも達成。


「金価格高騰」の記事にも書いたが、ここでもう一度、円、ドル、バーツ、の金取引の違いを纏めた表を示す。

取引通貨 取引単位 取引単位当たりの重量 純度 今現在の取引単位当たりの概算値 適用地域
グラム 1グラム 純金 7562
日本
ドル トロイオンス 約31.1グラム 純金 2027
ドル
世界一般
バーツ バーツ 約15.2グラム 96.5%が多い 29530
バーツ
タイ

尚、「今現在の取引単位当たりの概算値」の「今」は2020年8月5日、日本時間の14:00時頃

備考。自分が2014年3月に、新宿の田中貴金属で2回に分けて買った時の平均買い単価は 4588.24 円(当時の税込小売価格)だった。


F3_20200805150501
過去1ヶ月半ぐらいの田中貴金属の税込小売価格の推移

尚、今日(8月5日)の税込買取価格は7516円。
(小売価格と買取価格の中間値は7562円)


タイでの金価格は以下。


F4_20200805151001 
2020年8月5日、日本時間14:00頃のタイの和成興大金行の金価格

和成興大金行はバンコク・ヤワラーにある有名な金行。

グーグル翻訳が少し変だが、表示価格の左が(金行側の)買取価格、右が小売価格。
タイの金取引は純度96.5%が多い。

「トンファン」も翻訳が変だが、ネックレスや指輪など、金の加工品の値段。
顧客の立場から見ると、加工品は売るには不利(金地金の方が高く売れる)で、買うのは金地金で買うより高い。

昔、和成興大金行で金取引をした事が有って、その時は金の現物は持たず預かり証みたいなもので取引した。
大分値上がりしたので売りに行ったら、店頭の表示価格で買い取って貰えたが、他の金行だとどうなるのか分からない。
もしかしたら、金の本物か偽物か調べる手数料みたいなのを取られるかも知れない。これは、分からない(知らない)。
(追記。金を売る時は買ったお店で売った方が明らかに高く売れる。サンプル数は1回だけだけど、約2%違う。)

因みに、この時の取引は2010年3月~2011年2月までの間に、平均買い単価18800バーツぐらいで買って、2011年8月に全量を25850バーツで売って、200万バーツぐらいの差益が有った。


補足。

金価格って、秒単位で変わるので、この記事を書いている間にもクルクル変わっている。
日本時間15:30頃の値段で、タイの和成興大金行の買取価格が29570円(文中の価格より+70バーツ)。
ドルの価格が2031ドル(文中の価格より+4ドル)と成っている。

因みに、金(きん)が目立って上がると、菱刈に金鉱山を持っている住友金属鉱山の株価が上がる事が多く、今日も昨日の終値と比べて184円値上がり(5.73%の値上がり)した。
(1500株持っているので 184円/株 × 1500株 = 276000円 で、評価益が増えた)

住友金属鉱山の場合、金価格だけでなく、銅価格やニッケル価格にも影響を受けるし、電気自動車の普及等にも影響を受けるので単純ではないが、金価格が目立って上昇した時は連動して上がる事が多い。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




« 安い? | トップページ | 遂に30000バーツ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

<<2010年3月~2011年2月までの間に、平均買い単価18800バーツぐらいで買って、2011年8月に全量を25850バーツで売って、200万バーツぐらいの差益.>>

あの時期はリーマンショックからの落ち込みが癒えず、どこも不景気だったと記憶するのですが、どういうご判断だったのでしょうか?あの時期に小さくない金額をゴールドに投資なさったのは?

管理人さまは運が良いだけでなく、思い切りの良い方だと深く感じ入りました。

P-tak様、コメントありがとうございます。

タイに資産の一部を移そうと考えました。
値上がりしたのは偶々偶然でした。

もはや異常としか言いようのない価格ですよね。
タイのお寺で、仏像に貼り付ける金箔に影響がないと良いのですが。

zurru様、コメントありがとうございます。

目の付け所がユニークですね。
お寺の金箔の事を心配するとは・・・。
多分、タイ人の信仰心はこれくらいの事には影響されないと思いますが、コロナ騒動で所得の下がっている居る人が多いので、そういう影響は有りそうな気がします。

金価格に関しては、今日も上がってますし、まだまだ上がりそうな気配です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 安い? | トップページ | 遂に30000バーツ »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼